スポンサーリンク

看護師の平均給料はいくら?手取り・ボーナス・年代別金額を紹介

スポンサーリンク
看護師の平均給料・手取り・ボーナス・年代別金額を紹介医療・福祉

このページでは看護師の給料事情を紹介します。

看護師の給料は安定感が抜群です。

看護師の給料について以下の情報をまとめています。

  • 平均給料
  • 経験年数別の給料
  • 年代別の給料
  • 平均ボーナス
  • 手取り給料

最新の情報なので看護師の給料が知りたい方はご覧ください。

※金額は「平成30年度 賃金構造基本統計調査」より引用。
※金額は所定内給与金額(きまって支給する現金給与額のうち、時間外勤務手当、深夜勤務手当、休日勤務手当など超過労働給与額を差し引いた金額)
※調査した企業の規模は10人以上。

スポンサーリンク

看護師の平均月給

看護師の平均月給は以下のとおり。

看護師(全体)29万8300円
看護師(男性)30万1900円
看護師(女性)29万7900円

夜勤、休日、手術室、残業などの手当次第では月給をもっと上げることはできるでしょう。

私の病院の看護師は仕事量と夜勤手当を考えたとき、日勤より夜勤のほうがコスパが良いと言っています。

求人情報をみても、夜勤専従の看護師の月給は良いです。

情報として看護師(全体)の平均月給の推移も紹介します。

  • 平成29年 29万9600円
  • 平成28年 29万9300円
  • 平成27年 29万5700円
  • 平成26年 29万5600円
  • 平成25年 29万1300円
  • 平成24年 29万1800円

(過去の賃金構造基本統計調査より抜粋)

看護師の平均月給は29万円台を維持しており大きな変動はありません。

看護師の給料の安定感は魅力的です。

関連記事:看護師の人間関係に疲れたときの対処法

スポンサーリンク

看護師の経験年数別の給料

看護師の経験年数別の給料は以下のとおり。

経験年数男性女性
1~4年27万4400円26万9500円
5~9年30万円28万9700円
10~14年31万7900円30万1100円
15年以上33万4400円32万2600円

経験とともに給料は上がっていきますが、昇給額はそれほど大きくありません。

また、経験を重ねるにつれて、看護師の仕事は大変になってくるでしょう。

副師長、師長、看護部長など役職を任されることもあります。

リーダーとして1日の看護業務をまとめる役割もしなければいけません。

どのような仕事でもそうですが、経験年数にともない仕事の幅と量も増えていきます。

関連記事:貯金1000万円を超えたら急激に変化!20代が達成後の生活を語る

スポンサーリンク

看護師の年代別の給料

看護師の年代別の給料は以下のとおり。

男性女性
20~24歳24万8600円25万3800円
25~29歳27万8300円27万7700円
30~34歳30万7200円29万200円
35~39歳29万9900円30万200円
40~44歳30万9000円30万8600円
45~49歳34万3200円31万9800円
50~54歳35万9000円33万3400円
55~59歳36万円32万9300円
60~64歳30万3200円26万6100円
65~69歳25万9300円26万8100円
70歳~データなし26万1600円

看護師の給料を年齢別で比べると、最大は55~59歳の男性で36万円です。

全体的に男性のほうが給料は高いのですが、4つの年代(20~24歳、35~39歳、60~64歳、70歳~)で女性のほうが給料は高くなっています。

70歳以降は男性看護師の給料データがありません。

定年後も病院・施設で働いている男性看護師を見たことがないですし、環境的に男性は働き続けるのが難しいのでしょう。

しかし、女性看護師は60~70歳の人も見かけます。

女性看護師のほうが絶対数が多いので、単純な比較はできないですが。

関連記事:【貯金をする意味がない理由】お金は使うことで価値を持つ

スポンサーリンク

看護師の平均ボーナス

看護師の平均ボーナスは以下のとおり。

看護師(全体)81万6500円
看護師(男性)82万8600円
看護師(女性)81万5100円

医師(全体)の平均ボーナスが92万1200円なので看護師のボーナスは高水準だと思います。

ただ、勤務先によっては看護師のボーナスカットがあるのです。

赤字の病院や経営不振で潰れるデイサービスは多いですし、私の病院でも「今月は赤字」という話を聞くことがあります。

関連記事:【早くお金を貯める方法】学生でも簡単にできる貯金術とは

スポンサーリンク

看護師の手取り月給

およそですが、額面の約80%が手取りと言われています。

看護師(全体)の平均月給29万8300円から計算すると

298300×0.8=238640


看護師の手取り月給:約23万8640円


さらに、看護師の手取り月給から年収を計算すると

239680×12+816500=3692660


看護師の手取り年収:約369万2660円


看護師の給料も税金を引かれると物足りない印象は受けます。

手取り23~24万円は女性の一人暮らしでは十分ですが専業主婦(主夫)だと厳しいでしょう。

結婚・子育てという人生プランがあるのなら、看護師も共働きでお金を稼いだほうが無難だと思います。

私の働いている病院の既婚看護師はほとんどが共働きです。

関連記事:【一人暮らしの家計簿を公開】20代男性が普通に生活した結果

スポンサーリンク

看護師の給料は割に合うのか

看護師の仕事はきついのに給料が少ないという不満を抱えている人はいるでしょう。

リハビリ職種からみて、看護師の大変そうだと思う部分が2つあります。

1つ目は人間関係。

看護師の仕事は女性職場です。

女性特有の人間関係は看護師の仕事を苦しめます。

仕事ができないと罵倒されたり、遠回しに嫌味をいわれたり、仲間外れにされたり、陰で悪口をいわれたり、派閥争いがあったり、男性からみて女性職場は面倒くさいと思います。

2つ目は仕事量。

私の病院では看護師の人数が極端に少ない時期がありました。

複数の看護師が一気に辞めたのが原因なのですが、その時の看護師の忙しさは半端ではなかったです。

看護師がいないと病院は回らない。

けど、看護師の人数が足りない。

休みたいけど休めない。

病院に看護師は欠かせないからこそ、急に人員がいなくなったとき、かなり大変なことになります。

劣悪な人間関係、マンパワー不足が重なったとき、看護師の給料は割に合わないと言えるでしょう。

他の職種の給料もまとめているので気になる方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

看護師の給料に不満を感じた方へ

看護師の給料の不満を消し飛ばす方法を紹介します。

私も実践している方法です。

お金の悩みはお金でしか消すことはできません。

転職する

看護師の仕事がストレスなら辞めたらいいと思いますし、看護師の給料が悩みなら転職すればいいと思います。

人生は何度でもやり直しできるので、自分が嫌だと思ったなら一度リセットすればいいのです。

看護学校を卒業して、国家試験に合格して、看護師資格を取得できたなら絶対にやり直しはできます。

  • 資格を取ったのだから辞めてはいけない
  • 上司からの圧力で辞めれない
  • 他の職員に迷惑をかけるから辞めれない

看護師の中でも転職を決意できない人は多いみたいです。

ただ、自分の人生を他人の顔色や意見で決めてもいいのですか?

一度きりの人生だから後悔のないように生きるべきです。

看護師の仕事や給料に不満があるなら転職もひとつの手です。

関連記事:仕事が面白くないときに問いかけたい5つの質問

株式投資をする

リハビリ職である私は株式投資をしています。

お金の悩みを抱えているなら投資で増やせばいいのです。

作業療法士の給料に不満があった私はインデックス投資でお金を増やそうと考えています。

経験談として、投資でお金を増やすことができるとストレスが減り、仕事をしていてもイライラしなくなりました。

インデックス投資は手間がかからないので、働きながらお金を増やしたい人におすすめです。

関連記事:リハビリ専門職の投資成績を公開

スポンサーリンク

まとめ

看護師の給料は安定していますが、仕事量を考えたときに割に合うとは言えません。

看護師であるかぎり、給料の不満をゼロにすることはできないのです。

  • 転職
  • キャリアアップ
  • 株式投資

人生にチャレンジをして自分で環境を変えるしかありません。

個人的には看護師も給料だけを当てにするのではなく、株式投資をしていくべきだと思います。

転職・キャリアアップは大きく環境を変える必要がありますが、株式投資は今の仕事を続けながらでもチャレンジできます。

関連記事:人生で後悔したくないなら○○を考えるべき

コメント

  1. 名無しさん より:

    私も作業療法士です。
    キャリアは15年以上ありますが。
    遅ればせながら今年からインデックス投資をはじめました。平均よりはもらっていますが、いかんせんやりがいがあまりない。
    記事にも書いてありましたが、医療関係者は株式とか投資とかの話大っ嫌いですね。なんでですかね。不思議です。
    病院みたいな世間の景気とあまり関係がない場所にいると景気による恩恵を受けるのはずっと後ですし、その恩恵も小さいです。投資家というのはこうした環境とは真逆の立場だと投資家になって気が付きました。私たちOTに勝ち負けがあるのならそれはポストかと思っていたのですが、ポストによって給料があまり違わないということもわかりました。ということはやはり個人の資産こそ勝ち負けを分けるものだと思います。
    主さんは40万以上の収益を上げていますね。ということは月に3万以上の稼ぎということです。OTは書類業務が多く残業も多いですが、残業はあまりつけられません。私の残業代は2250円ですから実に13時間以上の残業分を稼いでいるわけです。うらやましいです。

  2. オオチ ケンジ より:

    病院で勤務している作業療法士は自分の努力を給料につなげにくいと感じています。
    どれだけ患者さんの数をこなしても、どれだけ知識をつけても、どれだれ技術を磨いても、病院で勤務しているかぎり給料を上げることには限界があります。
    コメントしていただいた「景気とあまり関係がない」「ポストによって給料が違わない」という部分はまさにその通りで、作業療法士の給料に変化をつけることはとても難しいです。
    残業についても簡単にはつけられない病院が多いみたいでお金にはなりません(私の病院では暗黙ルールがあり残業代の上限が決まっています)
    そのため作業療法士としてお金を生み出したいのならOTキャリアをしっかりと考えていく必要があると思います。
    そういった意味ではインデックス投資家というのは素晴らしいひとつのキャリアだと感じています。
    株式や投資を毛嫌いする医療関係者が多いなか、インデックス投資に挑戦されているのは素晴らしいと思います。
    同じ作業療法士投資家として投資の成功を応援しています!!