スポンサーリンク

ケアマネジャーの平均給料はいくら?手取り・ボーナス・年代別金額を紹介

スポンサーリンク
ケアマネジャーの平均給料・手取り・ボーナス・年代別金額を紹介医療・福祉

このページではケアマネジャーの給料事情を紹介します。

介護職からケアマネジャーに転職する人は多いですが、介護職と比べてケアマネジャーのほうが給料は良いです。

ケアマネジャーの給料について以下の情報をまとめています。

  • 平均給料
  • 経験年数別の給料
  • 年代別の給料
  • 平均ボーナス
  • 手取り給料

ケアマネジャーを目指している方はぜひ参考にしてください。

※金額は「平成30年度 賃金構造基本統計調査」より引用。
※金額は所定内給与金額(きまって支給する現金給与額のうち、時間外勤務手当、深夜勤務手当、休日勤務手当など超過労働給与額を差し引いた金額)
※調査した企業の規模は10人以上。

スポンサーリンク

ケアマネジャーの平均月給

ケアマネジャーの平均月給は以下のとおり。

ケアマネジャー(全体)25万7600円
ケアマネジャー(男性)27万7900円
ケアマネジャー(女性)25万700円

ケアマネジャーの月給は額面だけを見るとそこそこありますが、ここから税金を取られると寂しい数字になるでしょう。

ケアマネジャーの月給だけで子どもを育てるのは苦しいと思います。

私の働いている病院のケアマネジャーはほとんどが共働きです。

情報としてケアマネジャー(全体)の平均月給の推移も紹介します。

  • 平成29年 25万6200円
  • 平成28年 25万5800円
  • 平成27年 25万1600円
  • 平成26年 25万3500円
  • 平成25年 24万9300円
  • 平成24年 25万2600円

(過去の賃金構造基本統計調査より抜粋)

ケアマネジャーの月給に大きな変動はなく24~25万円で安定しています。

ケアマネジャーは介護保険制度のなかで仕事をするからこそ、月給の安定が実現できるのです。

スポンサーリンク

ケアマネジャーの経験年数別の給料

ケアマネジャーの経験年数別の給料は以下のとおり。

経験年数男性女性
1~4年24万4300円22万9200円
5~9年27万9600円24万6700円
10~14年28万8700円26万2300円
15年以上30万8400円27万円

ケアマネジャーの年間昇給額は4000~6000円くらいだと思います。

経験年数によって昇給はしていますが、ケアマネジャーで30万円台は難しい印象を受けます。

医療・福祉職種で月給を30万円にのせるのは簡単ではないです。

スポンサーリンク

ケアマネジャーの年代別の給料

ケアマネジャーの年代別の給料を以下のとおり。

男性女性
20~24歳22万6600円18万6600円
25~29歳23万5900円23万2000円
30~34歳25万3300円23万5900円
35~39歳27万3000円23万1300円
40~44歳28万300円26万500円
45~49歳30万1800円24万8200円
50~54歳27万8400円25万3800円
55~59歳27万4000円26万3200円
60~64歳31万6500円24万1500円
65~69歳21万3300円23万5100円
70歳以上27万7000円24万8800円

個人的にですが、ケアマネジャーは40~50代が多くて、20~30代は少ないイメージがあります。

ケアマネジャーは介護職から転職するケースが多いので、若い年代のケアマネジャーは少ないのだと思いますが、20代のケアマネジャーの給料はかなり厳しいです。

ケアマネジャーの給料を年代別にみたとき、給料の限界は30万円くらいだということがわかります。

主任レベルになってようやく30万円というところでしょう。

リハビリ業界と同じくケアマネ業界の財布事情も暗いです。

スポンサーリンク

ケアマネジャーの平均ボーナス

ケアマネジャーの平均ボーナスは以下のとおり。

ケアマネジャー(全体)62万3600円
ケアマネジャー(男性)72万9300円
ケアマネジャー(女性)58万7500円

ケアマネジャーのボーナスは可もなく不可もなくという感じで、年間ボーナスは月給2.5~3か月分くらいだと思います。

介護職からケアマネジャーに転職する人は多いですが、介護職よりケアマネジャーのほうが給料は全体的に良いです。

重労働で給料が低い介護職をずっと続けるより、将来のためにケアマネジャーへ転職を考える気持ちは大いにわかります。

スポンサーリンク

ケアマネジャーの手取り月給

およそですが、額面の約80%が手取りと言われています。

ケアマネジャー(全体)の平均月給25万7600円から計算すると

257600×0.8=206080


ケアマネジャーの手取り月給:約20万6080円


さらに、ケアマネジャーの手取り月給から年収を計算すると

206080×12+623600=3096560


ケアマネジャーの手取り年収:約309万6560円


男性目線からすれば、奥さんの年収が300万円だったら御の字です。

しかし、女性目線からすれば、旦那さんの年収が300万だったらガッカリです。

雑誌の女性アンケートで「旦那の理想の年収は1000万円」というのを見かけて驚愕しましたが、医療・福祉業種のほどんどは年収1000万円を達成できません。

スポンサーリンク

ケアマネジャーの仕事は楽ではない

私は介護職よりケアマネジャーの仕事のほうが身体的には楽だと思っています。

ケアマネジャーが利用者さんを頻繁に介護したりすることはありませんし、仕事で腰痛になることもないでしょう。

しかし、ケアマネジャーの仕事も楽ではありません。

ケアマネジャーは介護保険利用者のサービス担当者なので色々とやることが多いのです。

  • 利用者の介護保険更新や区分変更のサポート
  • 利用者のご希望やサービス変更の受付
  • サービス担当者会議の日程調整
  • 介護サービスの調整(見学、お試し、契約)

私はケアマネジャーではないので業務内容を詳しく知りませんが、客観的に見ていて大変そうに思います。

「自宅へお迎えに行ったけど利用者がいなかった」という場合、ケアマネジャーに連絡がくるので対応をお願いされます。

「サービス中に利用者の体調が悪くなった」という場合、ケアマネジャーに連絡がくるので様子や今後についてご本人や家族に連絡する必要があります。

自由気ままに好き勝手する利用者さんの場合、ケアマネジャーは苦労すると思います。

他の職種の給料もまとめているので気になる方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ケアマネジャーの給料に不満を感じた方へ

いろいろな利用者さんがいるので、ケアマネジャーの仕事はストレスがあります。

思い通りにいかないことや無茶な要求をしてくる人に悩まされることもあるでしょう。

ケアマネジャーの給料が良ければ耐えられるかもしれませんが、ケアマネジャーの給料事情が劇的に改善することはないと思います。

ケアマネジャーの給料に不満があるのなら変化を起こすべきです。

自分から行動して日常を変えなければ何も変わりません。

転職する

ケアマネジャーの資格を取ったからといって、ケアマネジャーを絶対にしないといけないわけではありません。

ケアマネジャーから看護師へ転職した人、ケアマネジャーからリハビリ職へ転職した人は多いです(リハビリ職はあまりおすすめできません)

別に医療・福祉業界を離れてもいいでしょう。

ケアマネジャーの仕事で鍛えたスキルを使えば、他の業界でも活躍できるかもしれません。

リハビリ職でもそうですが、資格を取ったからといって、ひとつの枠に収まる必要はないのです。

一度きりの人生だから、いろいろなことにチャレンジしてもいいと思います。

株式投資をする

作業療法士である私は仕事をしながら株式投資をしています。

なぜかというと、給料が少なくて老後が不安だからです。

20代からコツコツと投資することで老後資金をつくろうとしています。

仕事をしながらでも株式投資はできますし、インデックス投資であればほったらかしでお金を運用できるのです。

投資にはリスクがつきものなので、すべての投資は自己責任ですが、リスクを恐れていたらお金を増やすことはできません。

投資リスクを背負うことができない人にお金を増やす資格はないのです。

関連記事:リハビリ専門職の投資成績を公開

スポンサーリンク

まとめ

医療・福祉業界だけでいえば、ケアマネジャーの給料は可もなく不可もなくという感じです。

職域が介護保険制度に守られているので、ケアマネジャーはそこそこ仕事をしていけるでしょう。

仕事量や給料事情を見ていて、介護職からケアマネジャーに転職する理由がわかります。

しかし、介護士の待遇改善が実現するとケアマネジャーは介護士に抜かされるかもしれません。

ケアマネジャーに転職して後悔する介護職が続出する可能性はあります。

コメント