医師の平均給料はいくら?手取り・ボーナス・年代別金額も紹介

医師の平均給料・手取り・ボーナスを紹介医療・福祉
スポンサーリンク

このページでは医師の給料事情を紹介します。

具体的にいうと

・平均給料
・手取り給料
・年代別の平均給料
・平均ボーナス

に関する情報をまとめています。

※金額は「平成30年度 賃金構造基本統計調査」より引用。
※金額は所定内給与金額(きまって支給する現金給与額のうち、時間外勤務手当、深夜勤務手当、休日勤務手当など超過労働給与額を差し引いた金額)
※調査した企業の規模は10人以上。

スポンサーリンク

医師の平均月給

医師の平均月給は以下のとおり。

医師(全体)78万1200円
医師(男性)82万1000円
医師(女性)67万1900円

月給78万1200円は医療・福祉業界では高いですが、医師の仕事量を考えたら低いと思います。

当直、残業、カンファレンス、訪問診療、手術など、医師の仕事は他の医療・福祉職と比べ物にならないほど過酷です。

拘束時間の割に給料が低いと感じている医師は多いでしょう。

ちなみに医師(全体)の平均給料の推移は

・平成29年 84万9000円
・平成28年 85万8900円
・平成27年 76万9200円
・平成26年 79万5000円
・平成25年 75万3200円
・平成24年 78万9300円

(過去の賃金構造基本統計調査より抜粋)

医師不足を解決するためには、「報酬・給料」と「仕事の質」のバランスが大切だと思います。

スポンサーリンク

医師の経験年数別の給料

医師の経験年数別の平均給料は以下のとおり。

経験年数男性女性
1~4年50万8500円42万9500円
5~9年65万7100円61万9000円
10~14年82万2200円78万7700円
15年以上116万7700円100万6000円

新人とベテランでは倍以上の給料差があります。

新人は給料が少ないうえに、先輩にこき使われるので大変でしょう。

経験年数が増えるほど、開業医の割合も増えるので、ベテラン医師の給料は高水準です。

スポンサーリンク

医師の年代別の給料

医師の年代別給料は以下のとおり。

男性女性
20~24歳31万9200円25万6500円
25~29歳41万8800円39万円
30~34歳57万2600円54万2500円
35~39歳78万4200円69万2200円
40~44歳95万1300円97万1600円
45~49歳106万3800円90万4500円
50~54歳121万7300円116万9900円
55~59歳124万5900円133万5600円
60~64歳137万9700円105万5300円
65~69歳115万8200円84万5800円
70歳~105万6700円100万6400円

20代は研修医時代の給料を含んでいるので少し低くなっています。

医師の場合、2年以上の臨床研修が義務付けられており、研修を終えるまでは研修医として低い給料で頑張らなくてはいけません。

40代前半になると医師全体の平均給料(78万円)を超えていき、60代まで給料を上げていきます。

給料が一番高いのは60~64歳代の男性で137万9700円です。

60~70歳代でも100万円以上を稼ぎ続ける医師は強いですし、将来安泰といって間違いないでしょう。

スポンサーリンク

医師の平均ボーナス

医師の平均ボーナスは以下のとおり。

医師(全体)92万1200円
医師(男性)96万1800円
医師(女性)80万9700円

医師の平均ボーナスが90万円台は少ないと思います。

ピンからキリまであると思いますが、知り合いの中小企業サラリーマンがボーナス100万円なので余計に低いと感じました。

スポンサーリンク

医師の手取り月給

およそですが、額面の約80%が手取りとして手元に入ってくると言われています。

医師(全体)の平均給料(78万1200円)から計算すると

781200×0.8=624960


医師の手取り月給:約62万4960円


さらに、手取り給料から年収を計算すると

624960×12+921200=8420720


医師の手取り年収:約842万720円


残業手当、当直手当、休日手当などがつくと、1000万円は超えるのではないでしょうか。

しかし、あくまで平均なので、平均より高い給料の医師もいれば、平均より低い給料の医師もいます。

ネットを見ると、手取り33万円の医師もいるという情報がありました。

真意のほどはわかりませんが、医師で手取り33万円はあまりにも低すぎますし、下手すれば看護師長クラスに負けているかもしれません。

スポンサーリンク

医師の仕事はブラック企業並み!

医師のブラック勤務がわかるニュースが毎日新聞に載っていました。

・水戸市の病院に勤務していた男性医師(当時47歳)が死亡。
・死亡前の時間外労働は月300時間近く。
・時間外労働の割増賃金は月60時間分しか支払っていない。
・休日出勤が強制されており、完全な休日は夏休みの5日程度。

高齢化と医師不足で犠牲になるのは現場の医師です。

月に残業300時間してまで年収1000万円は欲しくありません。

過酷な労働をこなしても給料が上がらないなら、私の場合は迷わず転職するでしょう。

「もうダメだ・・」と感じたらすぐに辞めるべきです。

スポンサーリンク

医師の給料に不満を感じた方へ

医師の給料の不満を解消するためにはどうすればいいのか。

それは転職と投資です。

簡単なアドバイスですが、実践できる人は少ないでしょう。

転職する

「今の職場がきつすぎる」
「サービス残業で身体がもたない」
「仕事量と給料が割に合わない」

そう思ったなら、今すぐ転職しましょう。

いろいろな都合を考えて職場を辞めれない人はいますが、悩んでいる時間がもったいないです。

医療・福祉の仕事は患者第一であり、責任感をもって取り組む必要はありますが、自分の生活を犠牲にしてまで頑張らないといけない仕事はこの世にありません。

辞めたいと思ったら辞めてもいいのです。

転職したいと思ったら転職していいのです。

株式投資をする

給料に不満があるのなら、自分のお金を使って、さらにお金を増やしたらいいのです。

私は作業療法士の仕事をしながらインデックス投資でお金を増やしています。

SNSを見ていると投資をしている医師は多いのですが、全体でいうとまだまだ少ないでしょう。

「株式投資をしている暇がない」
「仕事が忙しくて時間がない」
「失敗するのが怖い」

ネガティブが先行してしまう医師は多いと思います。

今の時代は仕事をしながら、インデックス投資でお金を増やしていけるのです。

スポンサーリンク

まとめ

私はこの統計をみて、医師の給料は少ないと思いました。

医師の仕事量を考えたとき、割りに合わないと思ってしまいます。

しかし、医師の給料はさらに悪化するかもしれません。

高齢者の減少、日本人口の減少、診療報酬の削減などにより、医師の給料事情が苦しくなる可能性はあります。

将来への対策として、転職活動と投資を始めるのはどうですか?

コメント