【上級者向け】資産運用

【上級者向け】資産運用

米国ETFをNISAで積立した結果!初心者の投資成績を公開

投資初心者がNISAで米国ETFを積立した結果を紹介。初心者がNISA口座をフル活用してVTに投資しています。VT100%のポートフォリオ成績を公開しているのでぜひご覧ください。バイアンドホールドを掲げながら米国ETFをコツコツと積立したいと思います。
【上級者向け】資産運用

【米国ETFの手数料】損しない・負けない運用法

米国ETFの手数料について解説。米国ETFの手数料には「信託報酬」と「売買手数料」があります。信託報酬は保有期間中にかかるので低コストを最優先しましょう。売買手数料は証券会社によって違いますが手数料負けしないための工夫をするべきです。ちなみに1回の買付金額4445ドル以上で割安な手数料を受けることができます。
【上級者向け】資産運用

米国ETFの為替差益を解説!税金を発生させない運用法とは

米国ETFの為替差益について解説。「米国ETFの為替差損益は気にする必要がない」と主張する投資家はいますが、米国ETFの運用で為替差益が生じた場合、雑所得として確定申告して決められた税金を納めないといけません。正直なところ、米国ETFの為替差益を誤解して、申告漏れしてしまっている投資家は多いと思います。
【上級者向け】資産運用

米国ETFの税金について(譲渡益・配当金・為替差益)

米国ETFの税金について解説。米国ETFの税金には譲渡益課税・配当金課税・為替差益課税がありますが、特定口座(源泉徴収あり)を選ぶと証券会社が納税作業を一部代行してくれます(為替差益課税は確定申告が必要)。税金管理が苦手な投資初心者は特定口座(源泉徴収あり)を選びましょう。
【上級者向け】資産運用

米国ETFの高配当銘柄(1~20位)を紹介

米国ETFの高配当銘柄(1~20位)を紹介。SBI証券サイトを参考に米国ETFの高配当銘柄をランキング形式で紹介しています。また、SBI証券の週間保有残高上位の米国ETFについて利回り・配当金を調査。さらにVYM・HDV・VIG・DVYといった配当重視銘柄を比較しています。
【上級者向け】資産運用

米国ETFのポートフォリオは「シンプルな世界分散」にするべき

米国ETFのポートフォリオ作成について解説。米国ETFのポートフォリオは「シンプルな世界分散投資」を意識すべきだと思います。なぜなら、銘柄数を増やすと税金関係の手間が増えて管理が大変になるから。特に投資初心者は米国ETFのポートフォリオを広げすぎると危険です。
【上級者向け】資産運用

米国ETFのおすすめ3銘柄をピックアップ

米国ETFのおすすめ銘柄を3つだけ紹介。米国ETFの種類は多いので「どれに投資しようか?」と悩みますよね。もし1銘柄だけに投資するなら「VTI」「VOO」「VT」のどれかをおすすめします。VTI・VOO・VTはSBI証券の保有残高ランキング上位に名を連ねる人気商品です。
【上級者向け】資産運用

米国ETFを積立するメリット・デメリット

米国ETFを積立するメリット・デメリットを解説。米国ETFという素晴らしい投資商品を積立することでコツコツと資産を形成することができます。しかし、米国ETFを積立する分だけ売買手数料がかかるので買い方には注意が必要です。メリット・デメリットを把握して世界最大の米国ETFを運用してみましょう。
【上級者向け】資産運用

米国ETFの買い方を画像つきで解説(SBI証券)

米国ETFの買い方を解説。米国ETFの投資にはSBI証券と住信SBIネット銀行のコンビが最適です。この記事では住信SBIネット銀行で円をドルに振り替える方法からSBI証券の外国株式口座で米国ETFを買う方法までを紹介します。今の時代はパソコンがあれば米国ETFに直接投資できるのです。
【上級者向け】資産運用

米国ETFとは

米国ETFについて解説。米国ETFとは株式のように売買できる投資信託ですが、資産規模が大きくて流動性があり素晴らしい投資商品だと思います。米国ETFは種類が多いので投資家のニーズに合った資産運用が可能です。また、運用コストの安い商品が多いので長期投資に向いています。
スポンサーリンク