プロフィール

プロフィール
スポンサーリンク

私は作業療法士投資家ブロガーです。

【プロフィール】
名前:オオチ ケンジ
年齢:20歳代
複業:作業療法士・投資家・ブロガー

資産を公開しているので、出身地、職場、具体的な人物像などは書きません。

簡単な人生略歴を紹介してプロフィールとします。

興味がある方はご覧ください。

スポンサーリンク

小学生時代

小学生のときはとても活発でした。

毎日のように外で遊んでいたし、遊ぶことが仕事でした。

振り返ってみると、小学生のころが一番楽しかったかもしれないです。

外を走りまわったり、木登りをしたり、自転車で爆走したり、何をしても楽しかった気がします。

今になって文章で書いてみると気味が悪いですが、当時はそれが最高だったのでしょう。

小学校時代で最悪だったのは修学旅行に行けなかったことです。

当日の朝、友達とじゃれ合っていたら首を痛めてしまい、そのまま帰宅。

修学旅行は大きな荷物を自宅と学校へ運んだだけでした。

1時間で修学旅行が終わった。

あれは思い出すだけで涙がでる。

スポンサーリンク

中学生時代

私の小学校は規模がそれほど大きくなかったので、中学校の大きさと人の多さにビックリした記憶があります。

むちゃくちゃ怖そうな人が隣の席だったから最初は脚がふるえました。

小学校と比べてクラスの数は多いし、教室は遠くにあるし、先生はたくさんいるし、文化祭や体育祭の規模は大きいし、1年生のころは異世界に飛び込んでいった感覚でした。

本当に色々な人がいて世の中は広いなと感じた時期。

30代にしか見えなかったヒゲボーボーの委員長はどうしているのだろう。

スポンサーリンク

高校生時代

高校生のときは部活動がとにかく楽しかった。

部活動に始まり、部活動に終わった高校生活です。

できればもう一度やり直して、また本気で部活動に取り組みたい。

特に先輩が卒業した2年生の夏ごろからが一番楽しかったです。

「時代がきた!!」と思いました。

あと、高校生のときに親のすすめもあって作業療法士を目指そうと思い始めました。

後日談として、両親は私に資格をとって欲しかったみたいで、色々と調べて洗脳しようと努力していたらしい。

恐ろしすぎる。

作業療法士という職業と出会うまでは、自分はどっかの会社に勤め、デスクワークをこなし、定年退職すると思っていました。

人生において、作業療法士という職業を知ることのない人もいるわけで、私の人生の分岐点となった高校生活です。

スポンサーリンク

大学時代

大学生のときは勉強とアルバイトを頑張りました。

作業療法士学校はカリキュラムがつめ込まれているので、必須科目を落とすと来学期に再履修できないことがほとんどです(落とした科目のコマに新たな必須科目が入ってくるため)

そのため、留年する人や退学する人は多く、定期試験はヒヤヒヤでした。

ただ、作業療法士学校の最難関は実習です。

臨床実習は見学、レポート、症例発表など地獄の日々が続きます。

臨床実習を耐えきると「あの地獄の日々を乗り越えたんだ!」というよくわからない自信がつきました。

今後の人生において、臨床実習以上の苦しいことはないと思えます。

臨床実習を乗り越え、卒業研究をこなし、無事卒業しました。

そして、国家試験に合格して、就職活動をして、一般病院へ就職です。

スポンサーリンク

社会人時代

一般病院から何度か転職を経験し、現在の病院に就職しました。

現在進行中ですが、最近になって感じるのは仕事に対するモヤモヤです。

病院という組織に所属していると色々な不合理を経験します。

仕事をせず椅子に座っている上司が高給取り

患者さんを歩かせるだけのセラピスト


担当患者数や単位数に格差がある(サボる)


努力しても評価に反映されない

上司はゲラゲラと笑って雑談しているが、私は書類作成に追われている。

上司の無駄で価値のない時間のために自分の時間が使われる。

せめて意味のあることに時間を使って欲しいです。

ただ、そんな尊敬できない上司に感謝することがひとつだけあります。

それは上司を見ていて

私もこんな人生を歩むのかな、、、嫌だ!それだけは絶対に嫌だ!何かを変えなければいけない!不満をいうだけの上司になってはいけない!行動しなければいけない!

と本当に強く決意できました。

それが私を変えてくれました。

それだけは感謝しています。

スポンサーリンク

まとめ

これまでの人生を振り返ることはとても良いことです。

自分の人生を再評価し、未来に向けて気をつける点、改善する点、努力する点など、いろいろと考えさせられました。

「あのときこうすれば良かった」
「あのときに戻れたら」

後悔を感じる部分も多かったです。

ただ、過去は変えようがありません。

できることは、過去を反省して、後悔のない未来をつくっていけるように、今を全力で生きていくことです。

朝、希望をもって目覚め、昼は一生懸命に働き、夜は感謝とともに眠る

これからも作業療法士投資家ブロガーとして頑張っていきます。

スポンサーリンク
オオチ ケンジをフォローする
スポンサーリンク
こころどブログ