スポンサーリンク

介護職の平均給料はいくら?手取り・ボーナス・年代別金額を紹介

スポンサーリンク
介護職の平均給料・手取り・ボーナス・年代別金額を紹介医療・福祉

このページでは介護職の給料事情について紹介します。

介護職の仕事は「きつい」「汚い」「危険」というイメージから「3K」と呼ばれるそうです。

しかし、介護職は「給料が安い」を含めた「4K」だと思います。

私は病院で働いていますが、給料の安さを嘆いている介護職は多いです。

介護職の給料について以下の情報をまとめています。

  • 平均給料
  • 経験年数別の給料
  • 年代別の給料
  • 平均ボーナス
  • 現役介護職の手取り給料

高齢化社会が進行する日本において、介護職の不足は大きな問題であり、給料が安いという問題は早急な解決が求められます。

※金額は「平成30年度 賃金構造基本統計調査」より引用。
※金額は所定内給与金額(きまって支給する現金給与額のうち、時間外勤務手当、深夜勤務手当、休日勤務手当など超過労働給与額を差し引いた金額)
※調査した企業の規模は10人以上。

スポンサーリンク

介護職の平均月給

介護職の平均月給は以下のとおり。

福祉施設介護員(全体)22万6300円
福祉施設介護員(男性)23万9100円
福祉施設介護員(女性)21万9200円

額面が21~23万円であれば、手取りは20万円を下回ると思います。

税金を引かれた後の介護職の月給は悲惨です。

「きつい、汚い、危険」は努力・慣れ・工夫によって改善の余地がありますが、給料が安いのはどうしようもありません。

情報として福祉施設介護員(全体)の平均月給の推移も紹介します。

  • 平成29年 21万9900円
  • 平成28年 21万5200円
  • 平成27年 21万400円
  • 平成26年 20万7800円
  • 平成25年 20万5700円
  • 平成24年 20万6300円

(過去の賃金構造基本統計調査より抜粋)

介護職の月給が安いのは事実ですが、以前と比べると給料水準は上がっています。

介護福祉士の処遇改善は少しずつ実現されていますし、議案として話し合いもされているので今後の動向に期待しましょう。

スポンサーリンク

介護職の経験年数別の給料

介護職の経験年数別の給料は以下のとおり。

経験年数男性女性
1~4年21万4900円20万4900円
5~9年23万6800円21万5900円
10~14年25万7400円22万5600円
15年以上28万3200円24万2500円

介護職を長く続けると給料は上がっていき、昇給額は1000~3000円くらいだと思います。

ただ、1000円昇給したからといって、毎日の生活が劇的に変わることはないでしょう。

介護職を続けるかぎり、安い給料との戦いは終わりません。

しかし、最近では国から介護職員の処遇改善を目的とした議決案が提出されています。

「勤続年数10年以上の介護福祉士は月額8万円相当の処遇改善を行う」というもので、実現すればリハビリ職の給料を簡単に超えると思います。

介護職からは疑いの声が多いですが、実現すれば介護業界の追い風になること間違いなしです。

スポンサーリンク

介護職の年代別の給料

介護職の年代別の給料は以下のとおり。

男性女性
20~24歳20万4500円20万6500円
25~29歳22万6800円22万1000円
30~34歳24万2200円22万2900円
35~39歳25万2200円22万5000円
40~44歳25万6900円22万5400円
45~49歳26万500円22万5400円
50~54歳24万4600円21万9800円
55~59歳23万9500円22万4500円
60~64歳21万400円20万7100円
65~69歳19万5600円18万8200円
70歳以上19万9000円18万8500円

介護職の給料の最大は男性で45~49歳の26万500円、女性で40~49歳の22万5400円です。

男性だとピーク時の給料で手取り20万円にギリギリ到達しますが、女性の場合は絶望的だと思われます。

そして、20~24歳の介護職は男性で20万4500円、女性で20万6500円と苦しい給料に悩まされます。

19~21歳で子供を産んで介護職として働いている人は多いので、そのような人達は本当に大変だと思います。

関連記事:介護職の男性は結婚できないのかを聞き取り調査

スポンサーリンク

介護職の平均ボーナス

介護職の平均ボーナスは以下のとおり。

福祉施設介護員(全体)51万9900円
福祉施設介護員(男性)57万9000円
福祉施設介護員(女性)48万7000円

介護職のボーナスは医療・福祉職の中で2番目に少ないです(最下位はホームヘルパー)

介護職の年間ボーナスは月給の2~2.5か月分が相場だと思います。

そして、現役の介護職(デイサービス勤務)のリアル賞与を公開します。

賞与206000円
控除36806円
手取り賞与169194円

知り合いの介護職の職場はボーナスが抑えられているとのことです。

ボーナスは職場によって大きく違うので、就職のときにしっかりと確認しましょう。

ただ、職場によっては介護職のボーナスカットやボーナスダウンはあるみたいです。

潰れているデーサービスは多いので、需要の多い介護職だからといって安心はできません。

今のご時世、ボーナスが貰えるだけでありがたいかもしれません。

スポンサーリンク

現役介護職の手取り月給を公開

およそですが、額面の約80%が手取りと言われています。

福祉施設介護員(全体)の平均月給22万6300円から計算すると

226300×0.8=181040


介護職の手取り月給:約18万1040円


さらに、介護職の手取り月給から年収を計算すると

181040×12+519900=2692380


介護職の手取り年収:約269万2380円


手取り年収が300万円に届かない介護職の現状をかなり厳しいと思います。

医療・福祉の世界は「患者さんのために」というのがモットーですが、それだけでは介護職は生きていけません。

そして、現役の介護職(デイサービス勤務)のリアルな給料明細を公開します。

基本給145000円
資格手当3000円
皆勤手当5000円
運転手当10000円
介護交付金23000円
通勤手当6800円
控除33253円
手取り月給159547円

知り合いの介護職に給料明細を見せてもらったときは愕然としました。

手取り15万円では一人暮らしはできませんし、結婚生活も不安になるレベルです。

デイサービスの介護職は夜間手当がないため、病院勤務と比べて給料は低くなってしまうのです。

スポンサーリンク

介護職の給料が安い原因

介護職の給料が安い原因は専門性の低さにあると思います。

医師は診断・処方・手術など、医療の中心的な役割として大きな専門性をもっています。

看護師は医師の補助・医療処置・採血など、医療・福祉に欠かせない専門性をもっています。

薬剤師は薬剤の調合・供給など、薬物治療になくてはならない専門性をもっています。

リハビリ職はリハビリの評価・治療など、生活の質の向上に必要不可欠な専門性をもっています。

では、介護職はどうでしょうか。

患者さんに負担をかけない介助方法、病気にあわせたコミュニケーションスキルなど、介護に必要な専門的知識・技術はあります。

しかし、介護職の専門性は他職種にも再現しやすいのです。

介護職の専門性である介助方法やコミュニケーションはリハビリ職や看護師も仕事で使用します。

極端にいうと、自宅で介護をしているご家族も使用しているでしょう。

つまり、介護職の専門性はあることはありますが、再現性が高い(専門性が低い)のです。

看護師の業務をリハビリ職は絶対にできません。

薬剤師の業務をリハビリ職は絶対にできません。

リハビリ職の業務を看護師・薬剤師はできません。

なぜなら、それぞれの職種に専門性があって簡単には再現できないからです(そもそも法律で決められています)

介護職の業務は看護師・リハビリ職・薬剤師がやろうと思えばできます。

資格のない人が看護助手として働くことができるのですから、医療・福祉の有資格者にもできるはずですです。

専門性が高いということはそれだけ価値も高くなって、給料も上がりやすい傾向にあります。

つまり、介護職が給料を上げるためには、自分の専門性を上げて価値のある人物になるしかありません。

関連記事:【介護職の辛いこと7選】辞めたいときに取るべき行動

スポンサーリンク

【介護職の処遇改善】介護福祉士の給与が月額8万円上がる

平成29年12月8日に閣議決定された「新しい経済政策パッケージ」のなかで、介護人材の処遇改善として介護職員の給与について下記のように書かれています。

他の介護職員などの処遇改善にこの処遇改善の収入を充てることができるよう柔軟な運用を認めることを前提に、介護サービス事業所における勤続年数10年以上の介護福祉士について月額平均8万円相当の処遇改善を行うことを算定根拠に、公費1000億円程度を投じ、処遇改善を行う。

引用:内閣府HP-新しい経済政策パッケージ(平成29年12月8日)-

勤続10年以上の介護福祉士に月額8万円相当の処遇改善が実現されると、介護職の給料事情は大きく改善されます。

1000億円程度の財源を投じて、介護福祉士の処遇改善を行うとのことで、国は介護人材を確保するために必死です。

2016年度の約190万⼈に加え、2020年度末までに約26万⼈、2025年度末までに約55万⼈、年間6万⼈程度の介護⼈材を確保する必要があるらしいです。

現時点でも介護職員は不足していると思います。

職業別有効求人倍率(2017年)によると、介護関係職種は年平均の有効求⼈倍率が3倍を超えており、有効求⼈数も25万⼈を超えているとのこと。

介護サービス事業所における⼈⼿不⾜は強くなっています。

介護福祉士の処遇改善が実現されれば、雇用環境に追い風となるでしょう。

他の職種の給料もまとめているので気になる方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

介護職の給料に不満を感じた方へ

この記事を読んで「介護職の給料が安い」という事実を理解していただけたと思います。

私の職場では介護職の愚痴といえば給料についてがほとんどです。

ただ、給料の愚痴を聞いていて思うのが、「ほとんどの人が愚痴を言うだけで何も行動しない」ということです。

「給料が安い」と嘆くだけでは給料が上がりません。

あなたが行動しないかぎり給料は安いままです。

転職する

介護職の給料が不満なら転職するのはひとつの手段であり、介護の仕事にこだわる必要はありません。

私の知り合いには介護から美容関係の仕事に転職した人もいますし、普通のサラリーマンをしている人もいます。

医療・福祉の業界で介護職として働いても、貰える給料には限界があります。

月50万円とか、月100万円とか、夢のような給料は介護職では絶対に無理です。

介護職の給料の大元は国からの報酬です。

病院・施設が国から報酬をもらい、それを職員に給料として分配します。

国からの報酬以上の給料を介護職員に渡すと施設経営が破たんしてしまうので、介護報酬が決まっているかぎり介護職の給料の上限はなくなりません。

医療・福祉職種の給料水準に不満があるなら、他の分野に転職するしかないでしょう。

キャリアアップ

介護人材の処遇改善によって、勤続10年以上の介護福祉士は月8万円相当の賃上げがされるかもしれません。

今からキャリアアップを図ることで将来の給料アップにつながるのです。

今から介護の世界に飛び込む人は介護福祉士を取るべきでしょう。

介護職員初任者研修修了者(ホームヘルパー2級取得者)は介護福祉士へのキャリアアップを目指すべきです。

介護福祉士の給料が月8万円アップしたら、リハビリ職の給料なんて簡単に超えます。

株式投資をする

私はリハビリ職として働いていますが、変化のない給料に不満をもっています。

私は病院で働きながらお金を増やすために株式投資を始めました。

私がしているのはインデックス投資です。

インデックス投資は手間がかからないので、仕事をしながらでもほったらかしでお金を増やすことができます。

今の時代はパソコンとネット環境があれば簡単に投資が始められます。

やるのも自由、やらないのも自由。

ただ、貯金をしていても数十円の利息がつくだけでお金は全く増えません。

お金を増やしたいのなら、投資をしてお金に働いてもらうべきです。

関連記事:リハビリ専門職の投資成績を公開

スポンサーリンク

まとめ

介護職の給料の安さは早急に解決すべき課題です。

介護の仕事にやりがいはありますが、やりがいだけでは生きていけません。

そして、給料に不満をいうだけでは何も変わらないので行動しましょう。

介護職にかぎらずですが、ほとんどの医療・福祉職種は他人まかせなのです。

給料が不満ならあなたが行動して、自分の給料を変えていくことが一番の近道だと思います。

コメント