スポンサーリンク

肌が綺麗になりたい人は必見!皮膚科受診で美肌を手に入れた話

スポンサーリンク
【肌が綺麗になりたい人は必見】皮膚科を受診して美肌を手に入れた話スキンケア

このページでは皮膚科受診で美肌を手に入れた実体験を紹介します。

人間が大気に触れて生活しているかぎり、スキンケアを全くしないままで健康な肌を保つことは容易ではありません。

さまざまな環境要因を受ける現代において、美肌を保つためにはスキンケアが必要不可欠です。

私はスキンケアの第一歩として皮膚科の受診をおすすめします。

なぜなら、肌荒れに悩んでいた私は皮膚科を受診することで美肌を手に入れることができたから。

スポンサーリンク

肌が綺麗になりたいなら皮膚科を受診するべき

高校生女子です。

周りのみんなのように綺麗な肌になりたいです。

思春期になってからスキンケアに手を出さなかったことを後悔しています。

鼻と頬あたりの肌荒れをなんとかしたいです!

思春期になると皮膚分泌の亢進やホルモンバランスの影響によって肌荒れが起こりやすいのです。

私も中学~高校時代にニキビで悩みました。

肌荒れに悩んだ学生生活でしたが、皮膚科を受診すれば良かったと後悔しています。

顔の肌荒れは悩みが深刻ですし、家族や友達にも相談しにくいです。

だからこそ、一人で悩まずに肌の専門家である皮膚科医に相談するべき。

テレビやネットからスキンケア情報を手に入れることはできますが、場合によっては肌荒れが悪化するケースはあります。

肌が弱っている状態で間違った化粧品を使用すると、成分・化合物が刺激となって肌荒れがひどくなのです。

皮膚科医に肌の状態を診断してもらって、適切なアドバイスをもらった後なら、市販の化粧品で肌荒れが悪化することはないでしょう。

肌荒れに悩んでいるあなたが最初にすることは「皮膚科を受診して、専門家に現在の肌状態を診断してもらって、適切なアドバイスをもらう」ことです。

関連記事:【美肌になるための習慣8選】キレイな肌を手に入れる近道

スポンサーリンク

私が皮膚科受診で美肌を手に入れるまで

私は今でこそ美肌を手に入れていますが、学生時代は本当に肌が汚かったです。

他人と顔を合わすのがストレスでしたし、通学の満員電車は最悪の場所でした。

私のスキンケア経歴を簡単に示すと以下のとおり。

  • 思春期~青年期にニキビ出現
  • 日焼けとスキンケアなしで肌荒れ悪化
  • ネットにあるスキンケアを試す
  • 肌断食を実践して肌荒れがさらに悪化
  • 皮膚科受診
  • 治療と正しいスキンケアを継続
  • 肌荒れ改善&正しいスキンケアの継続

私の学生時代はニキビと日焼けで最悪だったのですが、皮膚科を受診することで私の人生は大きく変わりました。

「もし皮膚科を受診していなかったら・・・」と考えるとゾッとします。

思春期~青年期にニキビが出現

私の肌荒れの悩みはニキビから始まりました。

思春期になると皮脂分泌が増えるので、毛穴に角栓が詰まりやすいうえ、皮脂を好むアクネ菌が増殖して、ニキビが引き起こされてしまいます。

特に男性ホルモンは皮脂分泌を刺激するので、男子のほうがニキビで悩むケースが多いです。

私もニキビがひどかったので(特に鼻周り)、友達からの視線や通学の満員電車は苦痛でした。

友達からニキビを指摘されることはなかったのですが、相手の視線でニキビを見ていることはわかりますし、無言の視線がストレスになっていました。

日焼けとスキンケアなしで肌荒れが悪化

私は部活動で屋外スポーツをしていたので、学生時代には日焼けもひどかったです。

夏になると真っ黒で皮はボロボロと剥けていました。

今では考えられませんが、当時の私は日焼けを気にしておらず、日焼け止めやスキンケアはほとんどしていなかったのです。

また、私は色白なので日焼けのダメージが深刻でした。

日焼けというより火傷に近い感じだったので、水ぶくれができたこともありました。

それでも日焼け予防やスキンケアは手抜きしていたので、肌荒れはさらに悪化していったのです。

関連記事:【肌が白いと言われる男の告白】抱える悩みと現在の心境

ネットにあるスキンケアを試す

中学~高校にわたる部活動を終えて、私に残ったのはひどい肌荒れでした。

肌荒れの深刻さに気づいた私は、ネットで調べていろいろなスキンケアを試していきます。

オロナインを塗ったり、ヨーグルトでパックしたり、蒸しタオルをしたり、洗顔料を変えたり、いろいろなスキンケアを試しましたが効果は出ませんでした。

私の肌はひどいダメージを受けていたので、専門的な診断・治療が必要だったのでしょう。

健康な肌であればネットやテレビで紹介されるスキンケアは効果があるかもしれません。

しかし、ダメージを受けた不健康な肌には、ネットやテレビのスキンケアは逆効果だったのです。

肌断食を実践して肌荒れがさらに悪化

肌荒れの改善が見られず悩んでいた私は、ネットで知った肌断食という美容法を実践しました。

肌断食とはスキンケアを全くしない美容法ですが、当時の私はぬるま湯での洗顔以外は何もしなかったのです。

ネットには「肌断食で美肌が手に入る」と書かれていたので、ワクワクと期待しながらスキンケアをしない生活を続けたのです。

その結果!!

肌荒れがさらに悪化しました!!

肌断食をすることで肌が綺麗になるどころか肌は汚くなりました(笑)

今でこそ笑い話にできますが、当時は精神的なダメージが強すぎて、外に出るのも嫌になるほどでした。

ひどいときは鼻全体に汚れが溜まって、うろこをまとっているような肌になっていたので、誰が見ても異常だったと思います。

家族も心配するほどだったので、さすがの私も皮膚科の受診を決断しました。

関連記事:肌断食はまったく効果なし!むしろ悪化した経験を語る

皮膚科受診~肌荒れ改善

限界を迎えた私は皮膚科を受診して、結果的に皮膚科を受診することで肌は綺麗になりました。

もっと早くに皮膚科を受診しておけばと後悔することはありますが、手遅れになる前で良かったと思っています。

治療の内容としては以下のとおりです。

  • 固くなった角層を柔らかくするためのウレパール
  • 肌の乾燥を防ぐためのヒルドイド
  • ニキビ菌の増殖を防ぐためのダラシンTゲル
  • 毛穴のつまりとニキビを防ぐためのディフェリンゲル

上記の治療は私の場合であり、肌荒れの状態や皮膚科医の方針によって、皮膚疾患の治療はさまざまです。

しかし、皮膚科を受診したのなら、少しの間は先生を信じて治療を続けてみましょう。

効果が出ないと不安になる気持ちはわかりますが、悪くなったものを良くするためには時間が必要です。

私も肌が綺麗になるまで、悪くなる3倍以上の時間が必要でした。

ただ、皮膚科を受診したことで肌荒れ改善への大きな一歩は踏み出せたと思います。

スポンサーリンク

肌が綺麗になりたいなら日頃のスキンケアが重要

今では皮膚科を受診しなくても美肌を保つことができています。

皮膚科の先生もいっていましたが、肌が綺麗になりたいのならスキンケアは必須です。

スキンケアを全くしない肌断食はもってのほかだと思います。

関連記事:皮膚科医に「スキンケアはしない」と言ったら笑われた!

大気中の刺激にさらされる皮膚を適切に手入れ(スキンケア)することで、若々しい肌を維持できることが研究でもわかっています。

そして、スキンケアの基本は洗顔と保湿です。

  • 皮脂やホコリなどの汚れを取り除く
  • 角層に水分を補給して滑らかな肌を保つ

上記2つのケアを日頃からしっかりと行うことで肌が綺麗になっていきます。

ちなみにですが、私が使っている保湿剤はピアソンHPクリームです。

ピアソンHPクリームはヒルドイドと成分がほぼ同じなので、十分な保湿力を発揮してくれます。

関連記事:ピアソンHPクリームはヒルドイドの市販薬としておすすめ

顔に有効性の高い保湿クリームを1日2回塗布すると、角層水分量だけでなく、皮膚炎のために低下していたバリア機能までも回復してくれます。

肌が綺麗になりたいのならスキンケアに優る方法はないでしょう。

乾燥して起こる「ひび割れ」や「ささくれ」は、病原微生物や真菌の侵入経路になるので、しっかりとスキンケアをして防ぐことが大切です。

スポンサーリンク

肌荒れをほうっておくと後悔することになる

肌荒れを放置して改善することは少ないでしょうし、悪化したり後遺症が残ったりと後悔することが多いと思います。

肌荒れを起こしている状態では、皮膚が肌荒れの原因を追い出そうと、角層のターンオーバーを早めるので、角層の形成が不十分となりやすいのです。

不完全な角層は天然保湿因子が十分につくられないため、結果として皮膚の保湿性は低下していき、肌の状態はますます悪化していくでしょう。

つまり、肌荒れを放置しておくと、正常な角層の形成が妨げられ、質の悪い角層がつくられて、肌荒れがますます悪化するという悪循環が起きるのです。

お風呂後の清潔で潤った皮膚に、適切なスキンケアをしてあげると、肌荒れには効果抜群だと思います。

肌荒れで後悔しないために今すぐ洗顔と保湿から始めましょう。

スポンサーリンク

テレビやネットのスキンケア情報は信じすぎないほうがいい

私は肌断食というネットの情報を信じて肌荒れが悪化したわけですが、テレビやネットの美容法は信じすぎないほうがいいでしょう。

  • 美肌
  • 美白
  • ニキビ改善

宣伝文句を使って化粧品や美容法がコマーシャルされていますが、すべての人に適用するかは疑問です。

特に肌が弱い人や肌にダメージがある人は注意が必要でしょう。

肌のバリア機能が低下しているということは、体外から体内への薬剤・刺激物質が伝わりやすいのです。

テレビやネットのスキンケア情報は、健康な肌の人には問題なくても、肌が弱っている人には悪影響となるかもしれません。

関連記事:高校生のシミで悩んだ私が美肌を手に入れるまで

スポンサーリンク

まとめ

肌荒れで悩んでいるなら、まずは皮膚科医に相談して治療を行うべきです。

皮膚科を受診して、ある程度まで良くなったなら、個人的なスキンケアに移行していけばいいと思います。

専門家の力を借りながら、焦らずに自分の肌を応援してあげてください。

適切な治療とスキンケアをしていればゆっくりと改善していくはずです。

関連記事:25歳でも肌荒れのあった私がスキンケアを続けた結果

コメント