肌が綺麗になりたい人は必見!皮膚科受診で美肌を手に入れた話

肌が綺麗になりたいなら洗顔と保湿が大切スキンケア
スポンサーリンク

美肌はすべての人の憧れです。

今の時代では男女ともに「肌が綺麗になりたい!」と思っています。

スキンケア技術が発達して、肌の綺麗な人が本当に増えました。

テレビに映る芸能人は驚くほどに肌が綺麗ですし、街中を歩いていても人形のような美肌をもっている人がいます。

美肌を見れば見るほど「肌が綺麗になりたい」と思いますよね。

人間が大気に触れて生活しているかぎり、スキンケアを全くしないままで、健康な肌を保つことは容易ではありません。

人間の行動範囲が増えて、さまざまな環境要因を受けるようになった現代において、美肌を保つためにはスキンケアが必要不可欠です。

そして、私はスキンケアの第一歩として皮膚科の受診をおすすめします。

なぜかというと、肌荒れに悩んでいた私は皮膚科を受診することで、美肌を手に入れることができたから。

このページでは皮膚科受診によって美肌を手に入れた実体験を紹介します。

「肌が綺麗になりたい」と悩んでいる人はぜひご覧ください。

【限定お試し】オルビスユーの成分・特徴・口コミを解説
【限定お試し】オルビスユーのトライアルセットを紹介。肌本来の機能を回復させるスキンケア商品「オルビスユー」の7日間体験セットの成分・特徴・口コミを解説しているのでぜひご覧ください。今なら初回サービスと今治タオルがセットになって通販限定価格で販売しています。
スポンサーリンク

肌が綺麗になりたいなら皮膚科を受診するべき!

高校生女子です。

まわりのみんなのように綺麗な肌になりたいです。

思春期になってからスキンケアに手を出さなかったことを後悔しています。

鼻と頬あたりの肌荒れをなんとかしたいです!

多くの人が肌荒れの悩みを抱えています。

特に思春期になると、皮膚分泌の亢進やホルモンバランスの影響によって、肌荒れが起こりやすいのです。

思春期の肌荒れに悩んでいる人は、思い切って皮膚科を受診しましょう。

私も中学~高校時代にニキビで悩みました。

思い返すと肌荒れに悩んだ学生生活でしたが、皮膚科を受診すれば良かったと後悔しています。

顔の肌荒れは人から見られるので悩みが深刻ですし、家族や友達にも相談しにくいです。

だからこそ、一人で悩まずに肌の専門家である皮膚科医に相談するべき。

テレビやネットからさまざまなスキンケア情報を手に入れることはできますが、場合によっては肌荒れが悪化するケースはあります。

肌が弱っている状態で間違った化粧品を使用すると、成分・化合物が刺激となって肌荒れがひどくなのです。

あなたに合っていない間違ったスキンケアをしているかぎり美肌は手に入りません。

肌荒れに悩んでいるあなたが最初にすることは「皮膚科を受診して、専門家に現在の肌状態を診断してもらって、適切なアドバイスをもらう」ことです。

皮膚科医に肌の状態を診断してもらって、適切なアドバイスをもらった後なら、市販の化粧品で肌荒れが悪化することはないでしょう。

肌の状態は一人ひとり違うので、皮膚科医に診てもらうことは大切だと思います。

美肌になる習慣を心がけるだけで肌は綺麗になっていく
美肌になる習慣を解説。美肌を一日で作ることはできず、毎日の生活習慣が美肌を作っていきます。肌に良い習慣をしていれば美肌は近づくのですが、肌に悪い習慣をしていれば美肌は遠ざかります。肌に悪い習慣をしている人は意外と多いです。間違った習慣で肌を傷つけているかもしれません。
スポンサーリンク

私が皮膚科受診で美肌を手に入れるまで

私は今でこそ美肌を手に入れていますが、学生時代は本当に肌が汚かったです。

他人と顔を合わすのがストレスでしたし、通学の満員電車は最悪の場所でしたね。

私のスキンケア経歴を簡単に示すとこんな感じです。

①思春期~青年期にニキビ出現
②日焼けとスキンケアなしで肌荒れ悪化
③ネットにあるスキンケアを試す
④肌断食を実践して肌荒れがさらに悪化
⑤皮膚科受診
⑥治療と正しいスキンケアを継続
⑦肌荒れ改善&正しいスキンケアの継続

私の学生時代はニキビと日焼けで最悪だったのですが、皮膚科を受診することで私の人生は大きく変わったのです。

「もし皮膚科を受診していなかったら・・・」と考えるとゾッとします。

思春期~青年期にニキビが出現

私の肌荒れの悩みはニキビから始まりました。

多くの人が悩み苦しむのが思春期のニキビですよね。

思春期になると皮脂分泌が増えるので、毛穴に角栓が詰まりやすいうえ、皮脂を好むアクネ菌が増殖して、ニキビが引き起こされてしまいます。

特に男性ホルモンは皮脂分泌を刺激するので、男子のほうがニキビで悩むケースが多いです。

私もニキビがひどかったので(特に鼻周り)、友達からの視線や通学の満員電車は苦痛でした。

友達からニキビを指摘されることはなかったのですが、相手の視線でニキビを見ていることはわかりますし、無言の視線がストレスになっていました。

思春期のニキビはある程度は仕方がないですし、慣れればたいしたことはなかったのですが。

日焼けとスキンケアなしで肌荒れが悪化

私は部活動で屋外スポーツをしていたので、学生時代には日焼けもひどかったです。

夏になると真っ黒で皮はボロボロと剥けていました。

ただ、当時の私は日焼けをそれほど重要視しておらず、日焼け止めやスキンケアはほとんどしていなかったのです。

今思うと考えられません(笑)

また、私は色白なので日焼けのダメージが深刻でした。

日焼けというより火傷に近い感じだったので、水ぶくれができたこともありました。

それでも日焼け予防やスキンケアは手抜きしていたので、肌荒れはさらに悪化していったのです。

美肌作りの正しい方法を解説!最も大切なのは肌の細胞を守ること
美肌作りの正しい方法を紹介!間違ったスキンケアによって美肌から離れている人は意外と多いです。美容・美白に力を入れる前にするべきことがあります。美肌作りは「肌を守る」ことから始まるのです。肌本来の機能を取り戻すと自然に肌は綺麗になります。そして、食事・運動・ストレスを意識するともっと綺麗になります。

ネットにあるスキンケアを試す

中学~高校にわたる部活動を終えて、私に残ったのはひどい肌荒れでした。

肌荒れの深刻さに気づいた私は、ネットで調べていろいろなスキンケアを試していきます。

当時の私は「とにかく肌を綺麗にしたい」と必死でした。

オロナインを塗ったり、ヨーグルトでパックしたり、蒸しタオルをしたり、洗顔料を変えたり。

本当にいろいろなスキンケアを試しましたが全く効果は出ませんでした。

当時を思い返すと、私の肌はひどいダメージを受けていたので、専門的な診断・治療が必要だったのでしょう。

健康な肌であればネットやテレビで紹介されるスキンケアは効果があるかもしれません。

しかし、ダメージを受けた不健康な肌には、ネットやテレビのスキンケアは逆効果なのです。

肌荒れが深刻だった私にはネットにあるスキンケアは無意味だったということ。

肌断食を実践して肌荒れがさらに悪化

肌荒れの改善が見られず悩んでいた私は、ネットで知った肌断食という美容法を実践しました。

肌断食とはスキンケアを全くしない美容法なのですが、当時の私はぬるま湯での洗顔以外は何もしなかったのです。

洗顔料は使わずにぬるま湯で洗顔して、スキンケアや保湿は一切しませんでした。

ネットには「肌断食で美肌が手に入る」と書かれていたので、ワクワクと期待しながらスキンケアをしない生活を続けたのです。

その結果!!

肌荒れがさらに悪化しました!!

肌断食をすることで肌が綺麗になるどころか肌は汚くなりました(笑)

今でこそ笑い話にできますが、当時は精神的なダメージが強すぎて、外に出るのも嫌になるほどでした。

一番ひどいときは鼻全体に汚れが溜まって、うろこをまとっているような肌になっていたので、誰が見ても異常だったと思います。

家族も心配するほどだったので、さすがの私も皮膚科の受診を決断しました。

肌断食はまったく効果なし!むしろ悪化した経験を語る
私は半年だけ肌断食を実践しましたが全く効果がありませんでした。むしろ肌の状態が悪化し見た目もひどくなりました。この記事では肌断食の実体験と肌トラブルの改善方法を紹介します。肌断食は人によって効果がさまざまなので悪化して困っている人はぜひご覧ください。

皮膚科受診~肌荒れ改善

肌荒れを治すために皮膚科を受診しましたが、結果的には最高の決断だったと思います。

なぜなら、皮膚科を受診することで肌が綺麗になったから。

「もっと早くに皮膚科を受診しておけば」と後悔することはありますが、手遅れになる前で良かったと思っています。

皮膚科を受診したとき、先生はとても驚かれていましたが、親身になって治療をしてくれました。

治療の内容としては

・固くなった角層を柔らかくするためのウレパール
・肌の乾燥を防ぐためのヒルドイド
・ニキビ菌の増殖を防ぐためのダラシンTゲル
・毛穴のつまりとニキビを防ぐためのディフェリンゲル

こんな感じだったと思います(記憶があいまいですが)

上記の治療はあくまで私の場合であり、肌荒れの状態や皮膚科医の方針によって、皮膚疾患の治療はさまざまです。

しかし、皮膚科を受診したのなら、少しの間は先生を信じて治療を続けてみましょう。

効果が出ないと不安になる気持ちはわかりますが、悪くなったものを良くするためには時間が必要なのです。

私も肌が綺麗になるまで、悪くなる3倍以上の時間が必要でした。

ただ、皮膚科を受診したことで肌荒れ改善への大きな一歩は踏み出せたと思います。

ハトムギ化粧水の成分と効果を解説!コスパ最高だからおすすめ
ハトムギ化粧水の成分と効果を解説。私がおすすめするのは「ナチュリエ/ハトムギ化粧水」です。①シンプルな成分構成、②十分な保湿効果、③大容量で惜しみなく使える、④低刺激で安全というメリットがあります。コスパが高く、顔パックとも併用でき、男性でも問題なく使用できるので一度お試しください。
スポンサーリンク

肌が綺麗になりたいなら日頃のスキンケアが重要

私は皮膚科受診で美肌を手に入れたのですが、現在では皮膚科に通っていません。

今では皮膚科を受診しなくても美肌を保つことができています。

なぜかというと、日頃のスキンケアをしっかりとしているから。

皮膚科の先生もいっていましたが、肌が綺麗になりたいのならスキンケアは必須です。

スキンケアを全くしない肌断食なんてもってのほかだと思います。

大気中の刺激にさらされる皮膚を適切に手入れ(スキンケア)することで、若々しい肌を維持できることが研究でもわかっているそうです。

そして、スキンケアの基本は洗顔と保湿であり

・肌に溜まった皮脂やホコリなどの汚れを取り除く
・角層に水分を補給して柔らかく滑らかな肌を保つ

この2つのケアを日頃からしっかりと行うことで肌が綺麗になっていきます。

ちなみにですが、私が使っている保湿剤うち、保湿力が高いのはピアソンHPクリームです。

ピアソンHPクリームはヒルドイドと成分がほぼ同じなので、十分な保湿力を発揮してくれます。

ピアソンHPクリームはヒルドイドの市販薬として超おすすめ!
ヒルドイドの市販薬である「ピアソンHPクリーム」を紹介。皮膚科で処方されるヒルドイドに負けずとも劣らない保湿剤「ピアソンHPクリーム」はおすすめです。ネット通販で手軽に買うことができますし、成分にヘパリン類似物質を含んでいるので乾燥を防いでしっかりと保湿してくれます。

乾燥した冬、顔に有効性の高い保湿クリームを1日2回塗布してみると、角層水分量だけでなく、肉眼では気づかない皮膚炎のために低下していたバリア機能までも回復してくるそうです。

肌が綺麗になりたいのならスキンケアに優る方法はないでしょう。

乾燥して固くなり、ザラザラとして触れて、ボロボロと固まった角質が落ちてくる肌の状態は危険です。

なぜなら、乾燥して起こる「ひび割れ」や「ささくれ」は、病原微生物や真菌の侵入経路になり得るから。

病原微生物や真菌の皮膚感染は、アトピー性皮膚炎やニキビの原因となるので、しっかりとスキンケアをして防ぐことが大切です。

何度もいいますが、肌が綺麗になりたいなら日頃のスキンケアが重要です。

【即効】ニキビの治し方!朝起きたら吹き出物が消えている
ニキビの即効性のある治し方を紹介。赤ニキビや黄ニキビを明日・明後日までに治すことはできます。100%の確率で完治することは難しいですが、事実として私はニキビを即効で治しています。顔のニキビは気になりますし、できるだけ早く治したいものです。すべての方に適用するかはわかりませんが参考程度にご覧ください。
スポンサーリンク

肌荒れをほうっておくと後悔することになる

肌荒れを放置して改善することは少ないでしょうし、悪化したり後遺症が残ったりと後悔することが多いと思います。

肌荒れを起こしている状態では、皮膚が肌荒れの原因を追い出そうとして、角層のターンオーバーを早めるので、角層の形成が不十分となりやすいのです。

不完全な角層は天然保湿因子が十分につくられないため、結果として皮膚の保湿性は低下していき、肌の状態はますます悪化していくでしょう。

つまり、肌荒れを放置しておくと、それによって正常な角層の形成が妨げられ、質の悪い角層がつくられて、肌荒れがますます悪化するという悪循環が起きるのです。

少しの肌荒れでも油断してはいけません。

お風呂上がりだと水を吸った皮膚は綺麗に見えますが、たいていの場合は一時的であり、しばらくすると元の荒れた肌に戻ってしまいます。

そのためスキンケアが重要になるのです。

お風呂後の清潔で潤った皮膚に、適切なスキンケアをしてあげると、肌荒れには効果抜群だと思います。

肌荒れで後悔しないために今すぐ洗顔と保湿から始めましょう。

【年代別のスキンケア】肌の変化に合わせて対策するべき
年代別のスキンケアを紹介。20代、30代、40代、50代ごとに肌は変化していきますが、肌老化を遅らせるためには適切なスキンケアが必須です。いつまでも美肌を保ちたいなら今すぐに保湿と紫外線対策を徹底するべきでしょう。将来の美肌を作るのは今のスキンケアであり、後悔しないためにも明日から取り組んでください。
スポンサーリンク

テレビやネットのスキンケア情報は信じすぎないほうがいい

私は肌断食というネットの情報を信じて肌荒れが悪化したわけですが、テレビやネットの美容法は信じすぎないほうがいいでしょう。

・美肌
・美白
・ニキビ改善

などの宣伝文句を使って、いろいろな化粧品や美容法がコマーシャルされていますが、すべての人に適用するかは疑問です。

特に肌が弱い人や肌にダメージがある人は注意が必要でしょう。

肌のバリア機能が低下しているということは、体外から体内への薬剤・刺激物質が伝わりやすいのです。

テレビやネットのスキンケア情報は、健康な肌の人には問題なくても、肌が弱っている人には悪影響となるかもしれません。

皮膚科で処方される塗り薬は皮膚科医があなたの肌状態を診断して適切なものを選択します。

しかし、「肌が綺麗になる」と宣伝されている高級化粧品は、あなたが勝手に購入して使用するので、あなたの肌状態に合っているかは微妙なところです。

【ストレスによる肌荒れ】男性のほうが気をつけるべき理由
男性がストレスの肌荒れを気をつけるべき理由を紹介。「男に肌荒れは関係ない」と思っている人は絶対にスキンケアをするべきです。ストレスによる肌荒れを放置していると最悪の事態になります。肌荒れは仕事に悪影響を及ぼすのです。ストレスによる肌荒れの治し方を紹介しているので今すぐに実践してください。
スポンサーリンク

まとめ

あなたが肌荒れで悩んでいるなら、まずは皮膚科医に相談して治療を行い、ある程度まで良くなったなら個人的なスキンケアに移行していけばいいと思います。

肌は悪くなるのは早いですが、良くなるのは時間がかかります。

ただ、適切な治療とスキンケアをしていればゆっくりと改善していくはず。

角層のターンオーバーは1~2週間といわれているので、1~2週間ごとにゆっくりと生まれ変わっているのでしょう。

焦らずに自分の肌を応援してあげてください。

思えば人間の肌とは偉大なものです。

カエルや魚は外気に触れるとすぐに干上がってしまいますが人間は干上がりません。

なぜかというと、皮膚の表皮組織を角層が覆っているから。

私たち人間は皮膚(角層)があるから生きていけるといっても過言ではないのです。

そう考えると、大切な肌を綺麗に保つための手間を惜しんではいけないと思いませんか。

【セラミド配合】浸透化粧水がおすすめ!成分と理由を解説
おすすめのセラミド配合化粧水を紹介。「セラミド化粧水はどれを買えばいいかわからない」という方に市販のシンプルなセラミド化粧水を提案します。余計な成分が入っていないので乾燥肌・ニキビ肌の方にも使いやすく、市販されているので気軽に試すことができます。セラミドは肌に必須の成分でありスキンケアに欠かせないのでぜひお試しください。

コメント