ハトムギ化粧水の成分と効果を解説!コスパ最高だからおすすめ

「ナチュリエ/ハトムギ化粧水」の成分と効果を徹底解説スキンケア商品
スポンサーリンク

男女ともにおすすめできる化粧水があります。

学生、主婦、サラリーマン、OL、誰にでもおすすめできる化粧水があるのです。

「ハトムギ化粧水」はコストパフォーマンスが高く、男女年齢を問わずに使っていただけます。

「自分にあった化粧水が見つからない」
「どの化粧水を使えばいいのかわからない」

化粧水選びで悩んでいる方は「ハトムギ化粧水」を試してください。

十分な保湿力と大容量を兼ね備えた「ハトムギ化粧水」はあなたの救世主になるでしょう。

このページでは「ハトムギ化粧水(ナチュリエ)」の成分と効果を解説します。

「ハトムギ化粧水(ナチュリエ)」のコストパフォーマンスは業界一です。

ピアソンHPクリームはヒルドイドの市販薬として超おすすめ!
ヒルドイドの市販薬である「ピアソンHPクリーム」を紹介。皮膚科で処方されるヒルドイドに負けずとも劣らない保湿剤「ピアソンHPクリーム」はおすすめです。ネット通販で手軽に買うことができますし、成分にヘパリン類似物質を含んでいるので乾燥を防いでしっかりと保湿してくれます。
スポンサーリンク

ハトムギ化粧水とは

いろいろなブランドからハトムギ化粧水が販売されていますが、一番有名なのは「ナチュリエ/ハトムギ化粧水」です。

引用:ナチュリエHP

ブランド名:ナチュリエ
名称:ハトムギ化粧水
定価:650円
容量:500ml

「ナチュリエ/ハトムギ化粧水」は最も売れているハトムギ化粧水といっても過言ではありません。

【ハトムギ化粧水の特徴1】
しっかりとした保湿力があり、角質層に水分を補給してくれる。肌の乾燥を改善し、潤いのある肌を取り戻す。
【ハトムギ化粧水の特徴2】
ベタつかないさっぱりした使用感で浸透力に優れており、重ねるほど肌になじむ化粧水。
【ハトムギ化粧水の特徴3】
毎日たっぷりと使える500mlサイズ。惜しみなく保湿することができるので心地良く効果的なスキンケアを実現。
【ハトムギ化粧水の特徴4】
安心して使えるシンプルな処方。香料や着色料など保湿に不要な成分は極力使わず、低刺激性で肌にやさしい。

「ナチュリエ/ハトムギ化粧水」はドラックストアで市販されています。

また、Amazon・楽天からでも購入することができるので使い勝手は素晴らしいほどいいです。

さらに、低価格なので学生、主婦、サラリーマン、OL、誰にでもおすすめできます。

高価な化粧水は簡単にお試しができないですが、ナチュリエのハトムギ化粧水は安価なので気軽にお試しできるはず。

スポンサーリンク

ハトムギ化粧水の成分を解説

ハトムギ化粧水はシンプルな成分構成で不要な成分を極力使っていないことが強みです。

ハトムギ化粧水の成分は以下のとおり。

水、DPG、BG、グリセリン、ハトムギエキス、グリチルリチン酸2K、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

化粧水の成分をみても、ほとんどの人は何が何だかわからないと思います。

ここではハトムギ化粧水の成分を詳しく解説していきます。

化粧品に最も配合されている成分。肌へのうるおいの源であり、多くの原料の溶媒として利用されている。

DPG

グリセリンなどと同様の保湿成分。

BG

グリセリンなどと同様の保湿成分。グリセリンに比べてベタツキがないのが特長。

グリセリン

吸水性が高く、保湿目的に幅広く配合されている。肌へのなじみを良くしたり、感触の調整としても便利な原料。

ハトムギエキス

保湿効果、消炎効果を持っているので、うるおいのある滑らかな肌を作る成分。

グリチルリチン酸2K

抗炎症、抗アレルギー作用があり、ニキビや肌荒れのケアなどに効果がある。

(スチレン/アクリレーツ)コポリマー

皮脂や汗で化粧品が崩れないための皮膜形成(フィルム形成)目的で幅広く使用。また、白濁した不透明な性質があり、不透明化剤として日焼け止め製品やスキンケア製品にも配合。

エタノール

殺菌作用、清涼作用、肌の引き締め作用、防腐作用があり幅広い化粧水に使用されている。

クエン酸

pH調整剤。化粧品のpHを安定させる。収れん効果もあり、肌のキメを整える。

クエン酸Na

pH調整剤。化粧品のpHを安定させる。沈殿防止効果、保湿効果もある。

メチルパラベン

防腐剤として幅広く使用されている。安全性が高く、食品の保存料としても使用されている。

プロピルパラベン

防腐剤として幅広く使用されている。安全性が高く、食品の保存料としても使用されている。

ハトムギ化粧水の成分まとめ

「ナチュリエ/ハトムギ化粧水」はシンプルな処方を強みとして宣伝しています。

実際にハトムギ化粧水の成分をみてみると、不要な成分は極力取り除かれている印象です

pH調整剤や防腐剤は化粧水の性能を維持するために必要ですし、化粧水の感触・使い心地を良くするためにポリマー剤も必要だと思います。

また、ハトムギ化粧水は界面活性剤を使用していません。

すべての界面活性剤が肌に悪いとはいいませんが、「界面活性剤フリー」が肌に優しい(低刺激)のは間違いないです。

ハトムギ化粧水は保湿成分をしっかり取り入れながらも、必要最低限の成分でつくられていると思います。

スポンサーリンク

ハトムギ化粧水の効果を解説

ハトムギ化粧水を実際に使ってみた感想を紹介します。

まずは化粧水としての効果ですが保湿力は十分です。

DPG、BG、グリセリンなどの保湿成分は保湿力がバッチリですし、さまざまな化粧品に幅広く使われている成分なので安全性は保障されています。

また、水のようにサラッとした感覚なので、使い心地はさっぱりとしており、ベタツキや不快感は全くありません。

使用感がいいので顔だけでなく全身にも使うことができます。

さらに、ハトムギ化粧水は低価格・大容量なので、惜しむことなく使えて嬉しいです

「化粧水を使いすぎたら、すぐになくなってしまう」と気にする必要がないので、肌がしっかりと保湿されるまで重ねづけできます。

「美白」「シミ消し」「毛穴ケア」など、いろいろな強みを宣伝した化粧水が出回っていますが、化粧水の一番の役割は保湿です。

化粧水は保湿ができれば十分ですし、しっかりとした保湿が継続できれば肌はキレイになります。

ハトムギ化粧水は保湿効果・低刺激・大容量の強みをもっており、誰にでもおすすめできる化粧水です。

スポンサーリンク

ハトムギ化粧水のパックはおすすめ

ハトムギ化粧水の使い方として、ローションパックを活用すると効果的です。

コットンやフェイスマスクにハトムギ化粧水をたっぷり含ませて、約3分間パックすると角質水分量がさらに高まります。

コットン・フェイスマスクは何でもいいです。




あなたが普段から使っているコットン・フェイスマスクでもいいですし、ハトムギ化粧水用で新たに購入してもいいと思います。

ただ、コットン・フェイスマスクを選ぶときの注意として、①肌の刺激にならないもの、②余計な成分が入っていないものを意識してください。

そして、ハトムギ化粧水のパックはコットン・フェイスマスクがヒタヒタになるくらいまで化粧水を浸透させましょう。

ハトムギ化粧水は大容量なので惜しみなく使うのがポイントです。

スポンサーリンク

ハトムギ化粧水は全身に使える

ナチュリエHPにも書いてありますが、ハトムギ化粧水は顔だけでなくは全身に使うことができます。

首のシワ、肘の黒ずみ、背中のブツブツ、膝の黒ずみには保湿が効果的なので、大容量で惜しみなく使えるハトムギ化粧水は全身ケアにおすすめです。

さらに、日焼け後のケアにもハトムギ化粧水は使えます

日焼け後の肌は炎症している状態であり、早急な保湿・水分補給が必要です。

肌の状態を整えることで日焼けのダメージを最小限に抑えることができ、首の裏・腕・背中など全身の日焼けケアにハトムギ化粧水は最適でしょう。

また、ハトムギ化粧水を冷蔵庫で冷やしておくと、火照った肌を冷却することができるので、毎日の入浴後や日差しを浴びた後などのボディのスキンケアにもおすすめです。

日焼けでニキビが大量にできた!原因と対策法を紹介
日焼けでニキビが大量にできたときの原因と対策を紹介。日焼け後のニキビに悩まされる人は多いですが、対策をしないとニキビ跡になるかもしれません。紫外線はニキビ悪化・肌老化を引き起こす天敵です。日焼けのダメージは年齢とともに出てくるので早急なスキンケアをしましょう。
スポンサーリンク

ハトムギ化粧水は男も使える

ハトムギ化粧水は女性だけでなく、男性にもおすすめできる化粧水です。

むしろ、男性のほうがハトムギ化粧水を使うべきだと思います。

・スキンケアにお金をかけない男性向き
・大容量だから身体の大きい男性向き
・男性のスキンケアはシンプル保湿で十分

「ナチュリエ/ハトムギ化粧水」は、無香料・無着色・低刺激性・オイルフリー・界面活性剤フリーだから子供にも使えますし、若者~高齢の男性にも問題なく使えます。

肌荒れの少ない男性であれば、ハトムギ化粧水だけで十分でしょう。

男性はスキンケアにお金をかけることを嫌うので、コストパフォーマンスの高いハトムギ化粧水は最適です。

また、大容量なので皮膚面積の大きい男性が使っても、すぐになくなることはありません。

「妻のスキンケアにお金がかかる」と悩んでいる男性はハトムギ化粧水を買いましょう。

ニキビ跡の気にしすぎはNG!?正しい対処方法と治療を紹介
ニキビ跡の悩みと正しい対処法を紹介。ニキビ・ニキビ跡は気にしないほうがいいといわれます。しかし、ニキビの悩みは深刻ですし自然と気になるものです。ニキビは毎日の生活に支障が出ますし、顔のニキビは隠せないからこそ気になるのもの。ニキビで悩んでいる方はぜひご覧ください。
スポンサーリンク

ハトムギ化粧水は敏感肌には合わないかも

ハトムギ化粧水は低刺激を目指してつくられていますが、肌質・肌の状態は人によってさまざまです。

ハトムギ化粧水が肌に合わない可能性もあるので、肌の状態が悪化したり、肌荒れが出現したりする場合はすぐに使用を中止してください。

私は「ナチュリエ/ハトムギ化粧水」を最初に使ったとき、ヒリヒリした感じが少しありました。

おそらくですが、エタノールが刺激になっていたのだと思います。

正常な肌にとって、エタノールは大した刺激ではありません。

しかし、敏感肌でなおかつ肌が弱っていた私にとって、エタノールの殺菌・清涼作用は刺激だったのです。

今では肌の状態が改善したので、エタノールは顔に塗っても問題ありません。

どんな化粧品でも絶対に安全とはいえないため、新しい化粧品を試すときは少しずつ使用するといいでしょう

そして、皮膚疾患・アレルギーなど、ハトムギ化粧水が肌に合わない人はいるので、異常があれば皮膚科を受診するべきです。

スポンサーリンク

洗顔後の保湿はハトムギ化粧水だけで十分

ほとんどの人にとって、洗顔後の保湿はハトムギ化粧水だけで十分だと思います。

皮膚には天然の保湿成分(皮脂・天然保湿因子)があり、これらが過不足なく存在すれば美肌を維持できるはず。

赤ちゃん・子供の肌が余計な化粧品を使用しなくてもキレイなように、人間の肌には自分でキレイになる力があるのです。

現代人は「洗いすぎ」によって、肌の皮脂を取り除き、肌を傷つけて、余計な化粧品で肌を覆っています。

・肌の洗いすぎ
・最低限のスキンケア

肌の洗いすぎを改善して、皮膚にある天然の保湿成分(皮脂・天然保湿因子)と上手く付き合っていけば、最低限のスキンケアで美肌を維持できるでしょう。

私の理想としては「ハトムギ化粧水と椿油だけで1年間を乗り切る」ことです。

夏はハトムギ化粧水だけで保湿し、冬はハトムギ化粧水と椿油で保護し、最低限のスキンケアだけで美肌を目指したい。

「化粧品で肌の状態を維持する」のではなく、「肌本来の力で美肌を維持する」ために、余計な化粧品を少しずつ減らしていく努力が必要です。

そして、シンプルな成分で構成されている「ナチュリエ/ハトムギ化粧水」は、私の理想とする最低限のスキンケアに最適だと思うのです。

鼻の毛穴をなくす方法!?いちご鼻と黒ずみにさようなら
鼻の毛穴をなくす方法を紹介。男女ともに「鼻の毛穴が目立つ」と悩んでいる人は多いと思います。鼻の毛穴が小さくなれば悪目立ちしないので鼻の毛穴がなくなったと実感できるはずです。鼻の黒ずみ・いちご鼻を改善したいなら適切な毛穴ケアをするしかありません。
スポンサーリンク

まとめ

「ナチュリエ/ハトムギ化粧水」は超有名ですし、現時点でも使用している人は多いでしょう。

ナチュリエのハトムギ化粧水は改悪されることなく、現在のシンプルな成分構成で販売して欲しいです。

「ナチュリエのハトムギ化粧水が販売停止になったらどうしよう!」と不安になるくらい素晴らしい商品なので(笑)

ハトムギ化粧水を試してみようと思っている方はナチュリエの化粧水をおすすめします。

現在の私のスキンケアはいくつかの商品を併用していますが、将来的にはハトムギ化粧水だけで済ませたいです。

ただ、肌の性質は人によってさまざまなので、自分なりの化粧品の組み合わせを見つけてください

「ヒルドイドの市販薬」や「セラミド化粧水」など、素晴らしいスキンケア商品は他にもあります。

「私の肌は私の肌」であり、「あなたの肌はあなたの肌」なので、試行錯誤しながら自分なりの美肌を目指しましょう。

【セラミド配合】浸透化粧水がおすすめ!成分と理由を解説
おすすめのセラミド配合化粧水を紹介。「セラミド化粧水はどれを買えばいいかわからない」という方に市販のシンプルなセラミド化粧水を提案します。余計な成分が入っていないので乾燥肌・ニキビ肌の方にも使いやすく、市販されているので気軽に試すことができます。セラミドは肌に必須の成分でありスキンケアに欠かせないのでぜひお試しください。

コメント