皮膚科医に「スキンケアはしない」と言ったら笑われた!

皮膚科医にスキンケアはしないと言ったら笑われたスキンケア
スポンサーリンク

このページでは皮膚科医が肌断食(スキンケアをしない美容法)をどう思っているかを紹介します。

私は肌断食というスキンケア法を試していた時期あって、その当時はスキンケアを全くしなかったのです。

しかし、肌断食によって肌の状態は改善しませんでした。

スキンケアをしないことで肌はボロボロになり、限界を感じた私は皮膚科を受診したのです。

最初の皮膚科受診のとき、私は皮膚科医に「スキンケアは全くしていません」と言ったら笑われました。

笑われたと書くと語弊がありますが、驚きを通り越して笑ってしまったという感じでした。

肌断食を試そうと思っている人はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

「スキンケアはしない」と言ったら皮膚科医が笑うほど驚いた

スキンケアを全くしなかった私が皮膚科を初めて受診したときの会話は以下のとおりです。

医:あなたの肌はひどい状態ですね
私:そうですか...
医:その肌の状態はいつからですか?
私:ひどくなったのは1か月前くらいです
医:どうしてそんな状態になったのですか?
私:特に何もしていないんです
医:変な化粧品を試したとか?
私:特にしていません
医:洗顔とか、保湿とかはしていますか?
私:いえ、スキンケアは全くしていないです
医:へっ!?
私:家ではぬるま湯で顔を流すくらいで、半年ほどスキンケアを全くしていません
医:・・・・・
私:・・・・・
医:…フ…フフフンッ(笑)

最初の皮膚科受診のときはこんな感じのやり取りでした。

当時の私は初めての皮膚科受診で緊張していたのですが、皮膚科医とのやり取りは鮮明に覚えています。

「先生笑ったでしょ!」と心の中で思っていました。

皮膚科医の微笑で不安になりましたが、その後の対応に問題はなかったので、「驚きすぎて笑ってしまった」と解釈しています。

スポンサーリンク

皮膚科医は肌断食をおすすめしない

最初の皮膚科受診のとき、皮膚科医と話す時間があったので、肌断食について尋ねてみました。

「皮膚科医は肌断食をどう思いますか」

結論をいうと、皮膚科医は基本的に肌断食をおすすめしないとのこと。

皮膚科医も肌断食の存在を知っており、従来のスキンケアを断つことにいろいろと思うことがあるみたいです。

「肌断食でキレイになった」という人はいるかもしれませんが、なかには自力では治せない皮膚疾患を抱えた人もいます。

皮膚疾患に対しては治療と日頃のスキンケアをしっかりすることが大切です。

肌断食によって皮膚疾患が重度化して、取り返しのつかない状態になるかもしれません。

私の印象に残った皮膚科医の言葉を紹介しておきます。

「私は肌断食がメディアに取り上げられることに不安を感じています」

「なぜなら、肌断食によって不幸になる人がいるからです」

「肌断食によって幸せになる人もいるでしょうが、肌断食によって不幸になる人もいます」

「あなたみたいに・・・」

「あなたには肌断食を試すより、少しでも早く皮膚科を受診して欲しかったです」

スポンサーリンク

スキンケアの基本は洗顔と保湿

肌がボロボロだった私は、皮膚科医から「適度な洗顔と保湿」をするように言われました。

皮膚科医に指導された内容としては

①泡立てた洗顔料でなでるように洗顔
②化粧水とクリームでしっかりと保湿
③処方された塗り薬の用量・用法を守る

というシンプルなスキンケアでした。

「えっ!?それだけ」と思いましたが、皮膚科医から「それ以外に余計なことはしないで下さい」と念を押されたので何も言いませんでした。

人間の皮脂分泌によって汚れはたまるので、適度に洗顔することが大切です。

そして、弱った肌には栄養を補ってあげる必要があります。

治療とスキンケアで肌の環境を整えてあげると肌の回復は促進していくとのこと。

スポンサーリンク

間違ったスキンケアをしないことがいちばん大切!

いちばん大切なことは間違ったスキンケアをしないことです

間違ったスキンケアを挙げておきます。

・爪を立てて洗顔する
・スポンジやタオルなどで洗顔する
・洗顔のしすぎ(洗浄効果の強い石鹸を使う、力を入れてゴシゴシ洗顔する)
・毛穴パックを高頻度に使う
・爪などで角栓を無理に取り除く
・化粧水・保湿クリームのつけすぎ
・1日に何回も洗顔と保湿をくり返す

などなど。

力の入れすぎたスキンケアは肌を傷つけ、肌荒れを悪化させます。

顔や鼻を頻繁に触ったり、毛穴の角栓を無理やり取ったり、ニキビを潰したりするのはやめましょう。

余計なことをしすぎると治りが遅くなりますし、せっかく治ってきても逆戻りしてしまいます。

保湿のしすぎはべたつきの原因になりますし、潤いすぎると細菌が繁殖しやすいので、保湿はほどほどにしておきましょう。

間違ってスキンケアをやめるだけで、肌の環境は大きく改善するはずです。

肌の刺激はなるべく少なくして、洗顔と保湿はなでるように行ってください。

関連記事:【鼻の毛穴をなくす方法】いちご鼻と黒ずみを綺麗に治す

スポンサーリンク

皮膚科を受診して肌の状態は改善しました

私の肌は肌断食でボロボロになりましたが、皮膚科医の指導と治療のおかげで改善しました。

私が皮膚科を受診して感じたことは以下の2つです

・塗り薬の効果は素晴らしい
・皮膚科医に相談すると気持ちが楽になる

あなたが肌荒れで悩んでいるのなら、皮膚科の受診をおすすめします。

皮膚科医から処方される塗り薬は素晴らしい

日本の医療は素晴らしいので、皮膚科で処方される塗り薬も素晴らしいものばかりです。

ヒルドイド、ディフェリンゲル、ダラシンTゲルなど、保険適用の塗り薬の効果には驚きます。

症状に合わせて薬が作られているので、効用はしっかりとしていますし、皮膚科医が症状を判断して処方してくれるので安心して使えます。

また、健康保険によって保険適用の塗り薬は比較的安価で手に入ります。

日本の技術と医療制度には感謝しかありません。

皮膚科医に相談すると気持ちが楽になる

肌荒れの悩みはひとりで抱え込んでしまいがちです。

家族にも相談できず、友達にも相談できす、ひとりで苦しんでいる人は多いでしょう。

私は皮膚科を受診することで、肌荒れの悩みが楽になりました。

悩みを共有してくれる人ができて、心がとても安心したのです。

そして、皮膚科医が指導・治療してくれると、肌荒れ改善の希望が少しずつ見えてきました。

それまではひとりで悩みながら、正解か不正解かもわからない方法を試して、目の前が真っ暗のまま進んでいました。

けれど、皮膚科を受診してからは皮膚科医が道を照らしてくれている感覚でした。

ひとりで悩むのではなく、誰かと悩みを共有することはとても大切だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事で伝えたいことは以下のとおりです。

・皮膚科医は肌断食をおすすめしない
・スキンケアの基本は洗顔と保湿
・間違ったスキンケアはしないほうがいい
・皮膚科で処方される塗り薬は素晴らしい
・皮膚科医に話を聞いてもらうと気持ちが楽になる

肌断食で肌が荒れていたときの私もそうでしたが、肌荒れの悩みはとても深刻なのです。

顔の肌荒れは人の目にふれやすいので、ストレスや苦しみが半端ではありません。

肌荒れに悩んで毎日の生活が苦しい人は、一度でいいから皮膚科を受診してください。

自分なりのスキンケアを試すのは、皮膚科を受診してからでも遅くはありません。

コメント