スポンサーリンク

お金をかけずに美肌を手に入れる方法

スポンサーリンク
お金をかけずに美肌を手に入れる方法スキンケア

このページではお金をかけずに美肌を手に入れる方法を紹介します。

美肌を作るために考えられないほどのお金と手間をかけている人はいます。

しかし、お金をかければ美肌が手に入るわけではありません。

間違った美肌作りをしている人は意外と多いです。

美肌を手に入れるために、高額な化粧品、エステ、パック、美容治療は必要ではありません。

美肌作りに大金は必要ではなく、シンプルなスキンケアがあれば十分です。

スポンサーリンク

美肌作りの基本は肌細胞を守ること

美肌作りの基本は、外部の刺激から肌を保護することであり、お金をかけずに十分できます。

美肌を手に入れたいなら、高額な化粧品、エステ、パックにお金をかけるより、肌を保護してあげることを最優先に考えましょう。

美肌作りを栄養や水分の補給と勘違いしている人がいますが、お金をかけて美容液やクリームを塗っても肌の奥には届きません。

綺麗な肌を作りたければ、毎日のダメージから肌を守ってあげて、肌本来の機能回復に努めるべきです。

人間の肌には自然治癒力があるので、健康な状態を維持してあげれば、自然と肌が綺麗になっていきます。

肌の状態が悪いとしても、外部の刺激から肌を保護することを続ければ、健康な肌に戻っていくはずです。

テレビやネットでは、お金をかけたスキンケアが紹介されていますが、ほとんどの商品は必要ありません。

以下より、お金をかけない美肌作りを紹介します。

スポンサーリンク

保湿と紫外線対策にお金をかける必要はない

美肌作りに必要なのは保湿と紫外線対策です。

保湿と紫外線対策だけを考えて化粧品を選んでください。これは私がスキンケアの方法について尋ねられたときの答えです。

引用:美肌のために必要なこと/北條元治

ただ、美肌に保湿と紫外線対策が必要だからといって、高額な商品を使う必要はありません。

高額な商品には美肌成分が入っているよう宣伝されますが、化粧品の成分は肌に害のない程度まで薄められているので肌の奥まで浸透しません。

化粧品による保湿を考えたとき、グリセリン、BG、PGなどの保湿成分が入っていれば十分です。

私はハトムギ化粧水のシンプルな保湿で美肌を手に入れました。

ハトムギ化粧水はシンプルな保湿成分で構成されていて、なおかつ値段が安いのでコスパ最高だと思っています。

肌の奥まで効果を発揮しようと思ったら、化粧品ではなく医薬品が必要であり、保湿目的であればハトムギ化粧水で十分です。

皮膚科医が処方する医薬品は有効成分の濃度が高いので、化粧品と違って肌に浸透して効果を発揮します。

そして、肌作りでもうひとつ大切なことは紫外線対策です。

綺麗な肌を作りたいなら、年間を通して紫外線対策をするべきだと思います。

紫外線対策の基本は日焼け止めですが、お金をかけて高額な商品を買う必要はありません。

日焼け止めの値段より「SPF値」と「PA値」に注目してください。

SPF値とPA値の高いほうが紫外線による日焼けを軽減できるので、ドラッグストアに売っている日焼け止めから自分で選んで購入しましょう。

ちなみに、私が使っているのはNIVEAの日焼け止めです。

毎年、色白の私は日焼けで苦労するのですが、NIVEAの日焼け止めで肌荒れを防ぐことができています。

日焼け止めはSPF値とPA値がしっかりあれば、日焼けの肌荒れを防止して美肌を保つことができるので、日焼け止めにお金をかける必要はありません。

関連記事:【肌が白いと言われる男の告白】抱える悩みと現在の心境

スポンサーリンク

ワセリンならお金をかけずに保湿ができる

美肌作りのために保湿するとしても、大切なことは自分に合った保湿剤を使うことです。

保湿効果が高くて、副作用の少なく、お金のかからない保湿剤としてワセリンが有名です。

ワセリンは石油を原料として作られているので、皮膚の表面に塗ると油を張った状態になり、皮膚内部からの水分蒸発を防ぐことができ、高い保湿力を発揮してくれます。

ただ、ワセリンを塗りすぎるとベタつきが強くなって、不快に感じる人もいるので使用量には注意してください。

ワセリンはドラッグストアで売っていますが比較的に安価です。

私は乾燥が強い日にワセリンを少量だけ塗っていますが、500gの白色ワセリンを使用しています。

500gの白色ワセリンは十分な量があるうえ、グラム当たりの値段を抑えられるので、お金をかけずに保湿することができます。

白色ワセリンならお金をかけずに全身の保湿ができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

お金をかけてパックしても意味はない

美肌作りとしてパックを取り入れている人は多いでしょう。

さまざまな成分を配合したパックがあり、通販を利用すれば誰でも簡単に購入することができます。

パックを使用するのは自由ですが、お金をかけた分だけの効果が期待できるかは疑問です。

パックの目的はあくまで保湿であり、保湿以上のものでも保湿以下のものでもありません。

美白成分・エイジングケア成分を配合したパックがありますが、化粧品の有効成分は肌の奥まで届かないので効果はほとんどないです。

保湿は化粧水やクリームで十分なので、お金をかけてまでパックをする必要はないと思います。

また、毎日のようにパックを使用している人は適切に使用できているでしょうか?

お金をかけてパックを使用していても、方法が間違っていたら効果は半減です。

パックを使用するうえでの注意点は以下のとおり。

  • パックを張りつけたまま寝ない
  • パックを使用する前には洗顔やクレンジングを行う

パックを使用するタイミングには気をつけてください。

パックを張りつけたまま寝ると、肌の水分がシートに吸い取られるので、かえって肌を乾燥させてしまいます。

また、メイクや汚れがたまったままだと、保湿がしっかりとできないので、パックの前は洗顔とクレンジングが必要です。

スポンサーリンク

お金をかけないスキンケアは誰でもできる

お金をかけないスキンケアには日頃の生活習慣が挙げられます。

生活習慣は特別にお金をかける必要はなく、乱れている習慣を正せばいいだけです。

お金をかけずに美肌を手に入れる第一歩は生活習慣の改善と言っても過言ではありません。

適度にストレスを発散して肌を守る

強いストレスを受けると自律神経の働きが乱れ、ホルモンバランスを崩したり、代謝リズムが狂ったりするので肌荒れが悪化しやすくなります。

心的ストレスで色素細胞の働きが阻害されると、真皮の凹凸の形は崩れ、表皮や角質層のバリア機能も崩れやすくなります。

また、ストレスホルモンによって、水分保持機能の低下、肌の血流の減少が起こり、肌の状態は悪化しやすくなるでしょう。

だからこそ、適度にストレスを発散して肌を守ることが大切なのです。

お金をかけずともストレス解消はできますし、綺麗な肌を作るために自分だけのストレス解消法を見つけましょう。

わずかな時間とわずかなお金で心的なストレスを解放することが美肌につながります。

肥満予防が肌のダメージを減らす

ある程度の皮下脂肪がついていると、肌にハリ・弾力が生まれて、肌の状態は良くなります。

しかし、脂肪が肌に悪影響を与えることもあるのです。

  • 太りすぎて皮膚が伸びると伸びきった皮膚がシワやたるみにつながる
  • 内蔵脂肪から身体に悪さをするホルモンが分泌される

過度な肥満は肌作りを阻害しますし、体重の大幅な増減も肌には良くないです。

ダイエットはお金をかけなくてもできますし、美肌になりたいなら肥満予防に取り組むべきです。

肥満が進行して、高血圧・高脂血症・動脈硬化・糖尿病が起こると、身体の健康状態が崩れ、結果として肌の状態も悪くなります。

肥満予防のためにジム通いするのはお金がもったいないので、お金をかけずに自宅での筋トレから始めましょう。

毎日の食事から美肌は作られる

美肌を作るうえで外からのケアも大切ですが、内からのケアはそれ以上に大切です。

ビタミンは三大栄養素の代謝を助ける働きをしており、身体をスムーズに動かすための補助をしています。

美肌を作りたいなら、ビタミンも摂る必要があるのです。

ただし、ビタミンは摂りすぎると過剰症になるので注意してください。

ビタミンはお金をかけずとも普段の食事を工夫すれば効率的に摂取できます。

以下より、ビタミンを含む食材を紹介するので、上手に取り入れてみてください。

効果食材
ビタミンA目や皮膚の粘膜を健康に保つ。抵抗力を強める。豚・鶏レバー、うなぎ、牛乳、バター、チーズ、卵、海苔、しそ、にんじん、かぼちゃ
ビタミンD骨格と歯の発育促進。神経伝達や筋肉の働きをサポート。きくらげ、しめじ、しいたけ、あんこう、いわし、にしん、さけ、卵黄、バター
ビタミンE抗酸化作用が非常に強く、老化防止に効果あり。血管を健康に保つ。赤血球の破壊を防ぐ。アーモンドなどのナッツ類、胚芽油、とうがらし、緑茶、ウナギ、大豆
ビタミンK血液凝固に関与。骨の形成を促す。緑茶、海藻、しそ、モロヘイヤ、納豆
ビタミンB1エネルギー産生。肉類、魚類、豆類
ビタミンB2発育促進。皮膚、髪、爪などの細胞の再生。魚介類、レバー、藻類、豆類、牛乳、卵
ビタミンB6免疫機能の維持。皮膚の抵抗力の増進。ヘモグロビンの合成。神経伝達物質の合成。とうがらし、にんにく、米ぬか、小麦、まぐろ赤身
ビタミンB12アミノ酸や脂肪酸の代謝。赤血球の成熟。さけ、イワシ、うなぎ、しじみ、あさり、のり、レバー
ビタミンCコラーゲンの生成。血管・歯・軟骨などを正常に保つ。皮膚のメラニン色素の生成を抑制。日焼けを防ぐアセロラ、グァバ、ピーマン、キャベツ、ブロッコリー、ジャガイモ、緑茶

健康な肌に欠かせないのは抗酸化作用のあるビタミンA・ビタミンC・ビタミンEです。

ビタミンB2は美容ビタミンと言われます。

肌荒れやニキビなどのトラブルが続いているなら、ビタミンB2が不足しているサインかもしれません。

ビタミン摂取はお金をかけなくても、普段の食事を気をつければいいので、明日からでも実践できると思います。

スポンサーリンク

まとめ

美肌作りの基本は「肌の細胞を守る」ことです。

肌の細胞を守ることで、肌本来の機能が取り戻され、美肌が作られていきます。

肌細胞を守るためにお金をかける必要はなく、ドラッグストアに売っている保湿剤と日焼け止めがあれば十分です。

肌作りをしたいなら保湿と紫外線対策に取り組んで、肌を守って育てることから始めましょう。

また、食事・ストレス発散・運動は美肌に欠かせません。

お金をかけなくても食事・ストレス・運動に気をつけることはできます。

スキンケアを意識すると顔だけに力を注ぎがちですが、美肌を手に入れたいなら全身に力を注ぐべきです。

コメント