肌断食はまったく効果なし!むしろ悪化した経験を語る

肌断食は効果なし!悪化した経験談を語るスキンケア
スポンサーリンク

このページでは肌断食によって肌荒れが悪化した経験談を紹介します。

私は肌断食を半年ほど続けましたが、まったく効果がありませんでしたし、むしろ肌荒れが悪化しました。

今では適切なスキンケアによって、肌の状態は改善しましたが、肌断食をしていた時期はとても苦しかったです。

肌断食をすれば美肌になれるわけではないので注意してください。

スポンサーリンク

肌断食とは

肌断食とは従来のスキンケアをまったくしないことを言います。

断食とは食物を断つことをいいますが、肌断食もそれと同じで肌への刺激・メイク・化粧品をすべて断ちます。

肌に何もしないことによって、肌本来のチカラを取り戻すことが目的です。

肌断食の方法

肌断食の方法は以下のとおり。

・洗顔はぬるま湯でする
・洗顔後は何もつけない
・メイクは一切しない
・クレンジングやピーリングはしない

肌断食の定義や決まった方法はないので、人それぞれなのですが、基本は従来のスキンケアを一切断ちます。

洗顔後に肌のつっぱりや乾燥を感じてもそのまま放っておき、肌から皮脂が出て保湿してくれるのを待つのです。

肌の刺激となるメイクは一切しません。

クレンジングやピーリングも肌の刺激になるので断ちます。

肌断食は本当に何もしないのです。

肌断食によって肌がキレイになる?

書籍が出るほど肌断食は有名になっていますが、なぜこれほど肌断食が取り上げられているのか?

それは肌断食で肌がキレイになるといわれているからです。

肌断食によって肌への余計な刺激を取り除き、肌へのダメージをリセットすると、肌本来の保湿機能やバリア機能を回復するらしいです。

そして、肌断食は以下の効果をもたらすとのこと。

・乾燥や敏感肌の改善
・素肌がキレイになる
・肌のキメが整う
・毛穴が目立たなくなる
・ニキビが減る

スポンサーリンク

私は肌断食の実践者

私は数年前に肌断食を実践していました。

当時、ニキビ・毛穴汚れに悩んでいた私は肌断食を試してみました。

朝と夜にぬるま湯で顔を洗い、それ以外は本当に何もしませんでした。

「とにかく肌をキレイにしたい」という一心でスキンケアを断ち、肌断食を半年ほど続けました。

肌断食をすると、一時的に悪化するという情報があったので、乾燥やニキビがひどくなっても我慢して肌断食を続けました。

しかし、肌断食をして半年が経ったとき、とうとう限界がきたのです。

スポンサーリンク

肌断食によって乾燥肌とニキビが悪化!

肌断食をすると一時的に悪化するとありますが、私の場合は半年後も悪化した状態でした。

外出するのも気が引けるほどの肌になっており、ストレスは半端じゃなかったです。

乾燥肌がひどくなった

私は元から乾燥肌だったのですが、肌断食をしてから肌の乾燥がひどくなりました。

洗顔後の乾燥はつっぱりというより、痛みに変わっていきました。

ぬるま湯でしか洗顔をしていないのに、肌はパリパリに乾いて、角質がカサカサしているのが目で見てもわかる状態でした。

乾燥と同時に肌の赤みもひどくなっていき、誰がみても肌が汚い状態になっていたのです。

ニキビが悪化した

肌断食をしても、ニキビはできました。

むしろ、肌断食をしてからニキビが大量発生しました。

また、厄介なことにニキビの治りが遅いのです。

肌断食をしてから、白ニキビが化膿して、大量の膿を持つようになりました。

白ニキビができるたび、パンパンに膨れるまで膿が溜まり、膿が出た後はニキビ跡が残り、ニキビ跡が消えるまで時間がかかりました。

肌の汚れが溜まっていった

肌断食をしていたころは、ぬるま湯でしか洗顔していなかったので、肌の汚れが溜まっていきました。

ピークのときは汚れが溜まりすぎて、肌の表面が硬くなって、鼻は鱗をまとっているようでした。

汚れがあまりにひどかったので、一度だけしっかりと洗顔したことがありました。

しかし、汚れを無理に落とすと下の角質も一緒にそぎ落としてしまい、皮膚が赤みを増して余計にひどい状態になりました。

あの時は「もうどうしたらいいの!?」という感じでした。

あまりにひどくて医者から重病を疑われた

後述しますが、肌断食の限界がきて私は皮膚科に行きました。

そして、最初の診察のときに医者から

「これは重病の可能性がある」

といわれて、靴下を脱いで両足の指先をチェックされました。

「荒れているのは顔なのになぜ足の先!?」と思いながら、重病といわれてドキドキしたのを覚えています。

結局は重病と関係はなかったのですが、当時の私の肌は皮膚科医が重病を疑うくらいにひどかったということです。

上手くはいえませんが、映画「ファンタスティック・フォー」に登場する岩のキャラクターみたいで、肌がゴツゴツバリバリしている感じでした。

スポンサーリンク

肌断食によって悪化した肌をキレイにするまで

肌断食をしていたころ、私の肌はひどかったですが、今ではキレイになりました。

ここでは私が肌をキレイにするために実践したことを紹介します。

肌断食に失敗した人、肌に悩みを抱えている人は参考にしてください。

皮膚科への受診

肌の悩みを解決する一番の方法が皮膚科への受診です。

肌断食で悪化した肌は、専門家に診てもらい、薬を処方してもらい、継続的な治療を行うことで改善していきました。

「ニキビで受診するのは恥ずかしい」
「毛穴の悩みくらいで受診するのが気まずい」

皮膚科への受診を先送りにしてしまう人もいるでしょう。

肌の悩みを抱え込んで、自分でなんとかしようと思うんですよね。

しかし、個人にできることは限界がありますし、専門家の治療(特に塗り薬)の効果は抜群なので、勇気をだして皮膚科を受診してください。

関連記事:皮膚科医に「スキンケアはしない」と言ったら笑われた!

スキンケアの基本は洗顔と保湿

私が肌をキレイにするために実践したことは以下のとおり。

①皮膚科への受診
②朝・夜に石鹸をしっかりと泡立てて洗顔
③洗顔後は化粧水とクリームで保湿
④洗顔後に皮膚科で処方された塗り薬を使用

皮膚科の先生もいっていましたが、スキンケアの基本は洗顔と保湿です。

1日の皮脂汚れを落として、保湿してあげることで、弱ったバリア機能が回復していきます。

また、塗り薬は清潔な状態で使用しないと効果が発揮されないので、きちんとした洗顔と保湿はとても大切なのです。

肌が弱っているときに肌断食なんかしても良くなりません。

スポンサーリンク

肌断食をしてみた感想

私は肌断食をしたことをむちゃくちゃ後悔しています。

肌荒れのせいで人の目を気にして、自分に自信が持てず、いろいろな時間を無駄にした気分です。

ただ、今では「結果的に肌断食をして良かったのかもしれない」とも思っています。

大きな失敗をしたからこそ、気づいたことがあったのです。

肌断食の効果は人による

私の肌断食の方法が間違っていたのかもしれませんが、肌断食で私の肌が荒れたことは事実です。

肌断食によって肌がキレイになる人もいれば、肌が汚くなる人もいます。

元々肌が弱い人、脂漏性の人、乾燥肌の人、肌が弱っている人は肌断食をしても効果がない気がします。

ある程度の肌の強さ・肌の健康があってこそ、肌断食の効果があるのだと思います。

私は肌断食を通して、ネットの情報はむやみに信用しないことを学びました。

洗顔と保湿だけでキレイな肌にできる

現在の私は洗顔と保湿のみで美肌を保っています。

・ピアソンHPクリーム
・ピアソンHPローション

上記の保湿剤を使用してスキンケアをしています。

「ピアソンHP」はヒルドイドとほぼ同じ成分で構成されており、とても優れた保湿剤です。

1日の汚れをしっかりと取り除き、ピアソンHPクリームで保湿をすれば、肌はキレイになっていくはず。

関連記事:ピアソンHPクリームはヒルドイドの市販薬として超おすすめ!

どうしてもダメなときは皮膚科に行くべき!

肌のトラブルはひとりで悩まずに皮膚科へ行くのが最善です。

思春期のホルモンバランスによるニキビや肌荒れは、自分でなんとかしようと思っても難しいです。

ネットの情報をいろいろ試すほど悪くなっていきます。

だから、どうしてもダメなときは皮膚科に行きましょう。

皮膚科の先生に話を聞いてもらうと安心しますし、今のニキビ薬や塗り薬はとても優秀なので絶対に大丈夫です。

あとで後悔するから、まずは皮膚科に行ったほうがいい!

スポンサーリンク

まとめ

当時の私の肌はダメージを受けすぎていて、肌断食で回復する状態ではなかったのです。

ニキビ・乾燥・紫外線でボロボロになっていた肌を、肌断食で放っておくと悪化するのは当たり前でしょう。

たまに、「なぜ皮膚科に行かなかったんだ!」と腹が立つことはあります。

ただ、後悔したところでどうしようもなくて、これからのスキンケアを頑張るしかないと気づきます。

何事も悪くなるのはあっという間だけど、良くなるのは時間がかかります。

私も肌をキレイにするまでに時間がかかりました。

現在、肌断食で苦労している人はこの記事を読んで今すぐ行動してください。

コメント

  1. えりちゃん より:

    皆肌断食失敗言ってはりますが、一緒に食事見直してほしいですね。女性ですもん綺麗になりたいに決まってます!私は毎日キムチ納豆、無糖の生ヨーグルト、グレープフルーツ(赤)、カフェインレスのコーヒーに豆乳とシナモンパウダー入れて飲んでます!なんと顔はまだ少ししか効果出てませんが、手の濃いシミが薄くなってました( ˊᵕˋ )肌断食して1年ですが、辛かったぁ、けど綺麗になっていくのがわかってきたときには、感謝でしかありませんよ諦めずに頑張ってね!

  2. オオチ ケンジ より:

    コメントありがとうございます。「私」という一人称を使ってますがブログ管理人は男性なのです(実は)。誤解を招いてすみません。ひどい肌荒れで悩んでいた時期は神に願いながら肌断食を試してました。ただ、食事の見直しまでは徹底できてなかったです。食べたものが身体をつくるので食事の見直しも大切ですね。コメント頂いたスキンケア食事メニューは試してみたいと思います!

  3. えりちゃんえ より:

    失礼いたしました男性の方でしたか。。
    今は男性もお肌の手入れ頑張ってはりますもんね。頑張りましょうね(๑´ㅂ`๑)でもあまりストレス溜めないでね

  4. きこ より:

    初めまして。
    私も肌断食をやっておりますが、正直肌断食は長期的に続けられる時間と心の余裕がある人向けかなと思っております。
    肌断食提唱者の宇津木先生の書籍を読んでから始めましたが、書籍の中でも早くて半年~1年、通常は肌が奇麗になるのに3~5年、最長で12年ほどかかった方もいると書かれていたので、そこまでやりきる覚悟(?)と時間と心の余裕がある人向けかなと…笑
    私は平日夜と休日くらいしかやってませんが、肌断食の他に先の方も仰っているように食事管理と睡眠をしっかりとること、後は普段から意識して「水」を飲むことを意識するだけでかなり肌質は変わりました…正直肌断食よりそっちの効果が大きいのかなって感じです。
    特に「水」を意識して摂取することってかなり大事だそうで、他のことで皮膚科に行った際にも皮膚科の先生が「正直肌をきれいにするなら水を飲むこと」だと仰っていました。
    普段コーヒーや紅茶を飲んでいたものを基本水に変えただけでかなり変わったので、お水の効果は絶大です(と勝手に思ってます)。
    ちなみに肌断食提唱者の方も水を飲みなさいと書籍の中で明言しておられました。

    昨年の記事に今更(しかも長々と)コメントしてしまいすみません…!

  5. オオチ ケンジ より:

    コメントありがとうございます。確かに肌断食は誰にでもおすすめできるスキンケア法ではないと思います。改善まで時間がかかったり、副作用的な肌荒れがあったり、間違った方法で悪化してしまったりと向き不向きがありますね。当時の私には適切な肌断食を実践できる余裕がなかったように思います。あと、他の方も言われていますが、美肌のためにはスキンケアだけでなく、食生活や生活習慣の改善も大切なのですね。「水」は敬遠しがちでしたが、どのように変わるか、それとも変わらないか、少し試してみたいと思います!