インデックス投資のおすすめファンドを紹介

インデックス投資のおすすめファンドを紹介【初心者向け】資産運用
スポンサーリンク
Q:「インデックス投資がおすすめでも何をすればいいかわからない」
Q:「インデックスファンドはたくさんあって何を買えばいいか決めれない」
A:いいえ、インデックス投資をシンプルです

インデックス投資のやり方は「最もコストの低いインデックスファンドを購入する」だけ。

どのインデックスファンドを買うか悩む必要はなく、とにかく低コストのインデックスファンドを買っておけば間違いはないです。

このページではおすすめのインデックスファンドを紹介します。

資産クラスごとにインデックスファンドを2つずつ紹介していますが、結論としては「eMAXIS Slim」を買うべきです。

スポンサーリンク

【随時更新】おすすめのインデックスファンド

(2019年4月1日更新)

資産クラスインデックスファンド名信託報酬(税抜)
日本株式eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)インデックス年0.155%
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド年0.16%
先進国株式eMAXIS Slim 先進国株式インデックス年0.109%
〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド年0.109%
新興国株式eMAXIS Slim 新興国株式インデックス年0.189%
楽天・新興国株式インデックス・ファンド実質0.2696%
全世界株式eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)年0.142%
楽天・全世界株式インデックス・ファンド実質0.2296%
国内債券eMAXIS Slim 国内債券インデックス年0.120%
〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ国内債券インデックスファンド年0.139%

上記のインデックスファンドはすべて低コストなので、どれを買っても失敗ではありません。

ただ、どれにしようかと悩むなら「eMAXIS Slim」を買いましょう。

なぜかというと、「eMAXIS Slim」はどの資産クラスにおいても低コストを維持しているから。

さらに、「eMAXIS Slim」は業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続けると明言しています。

低コストのインデックスファンドがそろっているうえに、とことん低コストを追求するというのですから、「eMAXIS Slim」を選ばない理由はありません。

スポンサーリンク

初心者が運用しているインデックスファンドを紹介

病院のリハビリ職として働いている私のインデックスファンドを紹介します。

資産クラスインデックスファンド名信託報酬(税抜)
先進国株式たわらノーロード 先進国株式年0.20%
先進国株式eMAXIS Slim 先進国株式インデックス年0.109%
日本株式三井住友・DCつみたてNISA 日本株式インデックスファンド年0.16%
新興国株式eMAXIS Slim 新興国株式インデックス年0.189%

冒頭では「インデックス投資のやり方は最もコストの低いインデックスファンドを購入するだけ」と言っていましたが、私のインデックス投資ポートフォリオは違います。

「たわらノーロード 先進国株式」の信託報酬は他ファンドと比べて高めです(高めといってもたいした数字ではないですが)

私は最もコストの低いインデックスファンドを選んで投資しているわけではなく、自分の気に入ったインデックスファンドに投資しています。

先進国株式クラスで2つのインデックスファンドに投資している理由は「たわらノーロード」に愛着を感じているからです。

開始当初から積立投資している「たわらノーロード」を切り捨てることができませんでした。

この感じでわかると思いますが、私は雰囲気でインデックス投資をしています(笑)

スポンサーリンク

インデックスファンドのコストを気にしすぎるのはいけない!

インデックス投資家のなかには、インデックスファンドのコストを気にしすぎて、時間を無駄にしている人がいます。

「他のインデックスファンドのコストが引き下げられていないかな~」と何度も何度もリサーチする行為は時間の無駄です。

低コストのインデックスファンドが出現するたびに、今まで投資していたファンドを売却して、より低コストのファンドへ乗り換える行為は時間の無駄です。

インデックスファンドのコストで悩むくらいなら、人生を豊かにするために時間を使ったほうが有意義だと思います。

今のインデックス投資の環境はとても恵まれているので、信託報酬の違いはわずかな差でしかありません。

例えば、信託報酬が0.1%台の「eMAXIS Slim」は、すでに十分すぎるほど低コストなので、これ以上の引き下げを気にする必要はないでしょう。

個人的には信託報酬が0.2%台でも低コストだと思っています。

そもそも、信託報酬0.1%と0.2%はどんぐりの背比べです。

あなたが1億円以上のお金を資産運用しているのなら、信託報酬0.1%と0.2%は大きな違いを生むでしょう。

しかし、数百~数千万円の資産運用であれば、過度に気にする必要はないと思います。

インデックスファンドのコストで差をつけるのではなく、自己投資によって自分を成長させて、他人と差をつけるべきです。

スポンサーリンク

インデックス投資はおすすめだから大丈夫!?

インデックス投資のコストで頭を悩ませているなら、「おすすめだから大丈夫!」と言い聞かせましょう。

インデックスファンドの選択に悩みすぎたり、いろいろな情報に心が揺らいだり、インデックス投資がストレスになるのは最悪です。

インデックス投資の強みは手間がかからないこと。

ストレスフリーのはずであるインデックス投資がストレスになっていたら元も子もありません。

インデックス投資にストレスを感じたときは「おすすめだから大丈夫」と思いましょう。

実際にアクティブ投資と比較したときに「インデックスファンドは多くのアクティブファンドに勝っている」という事実があります。

その事実を心の支えにすればいいのです。

「他のファンドや運用コストが気になるけど、まあいいや。インデックスファンドに投資している時点でアクティブファンドには勝っているから。アクティブ投資家と比べたら・・」

アクティブ投資を見下すようで感じ悪いですが、インデックス投資のストレスを取り除くために、思い切って考え方を変えるべきです。

ストレスフリーがインデックス投資の強みだから。

スポンサーリンク

まとめ

インデックスファンドを選ぶポイントは「とにかく低コスト」です。

もじ、あなたが悩んで決められないのなら、「eMAXIS Slim」を選択するのが無難です。

そして、低コストのインデックスファンドを選ぶことができたら、あとは長期積立投資を続けるだけでお金は増えていくでしょう。

つまり、低コストのインデックスファンドを選ぶことができた時点であなたは勝ち組なのです。


▼インデックス投資の運用ガイド▼


インデックス投資とは
インデックス投資のメリット6つを解説
インデックス投資のデメリット6つを解説
インデックス投資の利回りが「4%~10%」である理由
「インデックス投資は儲からない」のウソ・ホント
インデックス投資の始め方【失敗しないための手引き】
●インデックス投資のおすすめファンドを紹介
インデックス投資のポートフォリオ作成に必要な4つのポイント
インデックス投資のおすすめ本を紹介!手元に持っておきたい3冊
インデックス投資の実績をリアル公開

コメント