中学生のお金の使い道!絶対に後悔しない使い方

中学生のお金の使い道!絶対に後悔しない使い方 お金の話

中学生ごろからお金の使い方について考え始める人は多いと思います。

中学生になるとお年玉である程度の金額をもらいますし、バイトをしてお金を稼ぎ始める人もいるので、使えるお金の量が小学生より格段に増えます

また、興味や知識が増えて行動範囲も広がるので、中学生の時期からお金を使う選択肢は増えるはず。

つまり、中学生の時期は自由に使えるお金が増えて、なおかつお金を使う対象も増えるのです。

だからこそ、お金の使い道を悩む中学生は意外と多いと思います。

このページでは中学生のお金の使い道とお金で後悔しないための考え方を紹介します。

中学生本人だけでなく、中学生の子どもをもつ親も、わが子のお金づかいは気になるでしょう。

自分の子どもが無駄づかいをしていると不安な親はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

【8種類】中学生のお小遣いの使い道はさまざま!

時代とともに中学生のお小遣いの使い道は変わっていきますが、現代の中学生はどんなものにお金を使っているのでしょうか。

正直いうと、私は20代なのでわかりません。

ただ、いろいろな情報網を頼りにして、中学生のお小遣いの使い道について調べてみました。

中学生の子供をもつ職員に聞いてみたのですが、私が中学生のころには考えられなかったお小遣いの使い道があったので驚きです。

本・教科書・参考書

義務教育といっても勉強は大切なので、教科書や参考書などの本代は必要不可欠です。

中学3年生になると高校受験もあるので、勉強と本への出費は多くなるでしょう。

また、読書が好きな人は小説や文学作品を買うでしょうし、今の時代は自己啓発本も人気なので、お小遣いを本に使う中学生は多いと思います。

ただし、中学生のお小遣いなんてすぐに底がつきるので、欲しい本をすべて買うのではなく、図書館を利用することも大切です。

本を買うのはもったいない?買う派と借りる派の意見を整理した
本を買う派と本を借りる派の意見を解説。「本は買うべきか借りるべきか?」と悩んでいる人は多いでしょう。本を買うメリットと本を借りるメリットを紹介しています。個人的には「買う」と「借りる」を使い分けるのがベストです。買うべき本だけを買って、その他の本は借りて済ませましょう。

ゲーム・スマホ課金

お小遣いをPS4やニンテンドーDSなどのゲームに使う中学生は本当に多いです。

私が中学生のときもそうでしたが、お年玉・誕生日の使い道はゲームソフトでした。

そして、今の時代は技術も進歩しているので、ゲームの面白さが半端ではありません。

ゲームのリアリティ、臨場感、操作性、ストーリー性は過去とは比べものにならないでしょう。

中学生がお小遣いをゲームに使う気持ちがわかります。

また、スマホゲームにお金を使う中学生も多いです。

スマホゲームに課金して、アイテムを手に入れたり、ゲームを有利に進めたりできるのですが、誕生日プレゼントにスマホ課金をお願いする子どもがいるから驚きます。

いつでも手軽にゲームができて、なおかつスマホならではの面白さがあって、中学生がスマホゲームにハマるのも仕方がないかもしれません。

私が中学生の時代にはなかったので、正直うらやましいです(笑)

CD・DVD

中学生にとって好きなアーティストのCDやコンサートのDVDは高いですが、絶対に買えない金額ではありません。

今はYouTubeで音楽が聴ける時代ですが、好きなアーティストであればCD・DVDが欲しくなると思います。

AKB48のファンはCDを買うでしょうし、嵐のファンはDVDを買うでしょう。

中学生でもファンの気持ちは同じです。

漫画・雑誌

私が中学生のときはゲームと漫画にほとんどのお金を使っていました。

週刊少年ジャンプに掲載されている漫画を中心に集めていました。

漫画を買えばいつでも読むことができるし、部屋に並べたときの満足感が幸せでした。

漫画への興味は今の中学生も変わらないと思います。

少し違うのが今の時代は電子書籍で漫画が読めることです。

書店にいかなくてもKindleで購読できるので、とても手軽に大量の漫画が読めます。

私も中学生のときに電子書籍が欲しかった。

買い食い

中学生のお金の使い道で意外と多いのが買い食いです。

特に多いのが学校帰りのコンビニだと思います。

授業や部活動が終わってお腹が減っているとき、コンビニのお菓子、フライドチキン、肉まんは最高の買い食いです。

夏はアイスクリーム、冬はおでんと季節ごとに買い食いの楽しみがあります。

コンビニは少し探せばどこにでもあるので、育ち盛りの中学生が買い食いの誘惑から逃れるのは難しいでしょう。

部活動

中学生から部活動が始まりますがユニフォーム、道具、遠征費など必ずお金はかかります。

スポーツによって金額の大きさはありますが、出費ゼロで部活動を続けることは難しいでしょう。

道具が古くなってきたら買い換えないといけないし、新しい道具が発売されたら欲しくなるものです。

また、全国レベルになってくると、公式試合や練習試合で遠出することが多くなるので、その分の遠征費がさらにかかります。

部活動のお金は親が負担することが多いですが、足りない分は中学生のお小遣いから出すしかありません。

ファッション・化粧品

中学生になると異性や他人の目を今までより気にするようになるので、ファッションや化粧品にお金を使い始めます。

オシャレな洋服が欲しくなりますし、男子であればワックス、女子であれば化粧品も使い始める時期でしょう。

また、今の時代は男女ともにスキンケアを強く意識しています

中学生の思春期から化粧水・乳液・保湿クリームを使って、美肌を手に入れたいと思う気持ちはわかります。

「お金がないけど美肌が欲しい」とコスパの高い化粧品を探している中学生は多いです。

ハトムギ化粧水の成分と効果を解説!コスパ最高だからおすすめ
ハトムギ化粧水の成分と効果を解説。私がおすすめするのは「ナチュリエ/ハトムギ化粧水」です。①シンプルな成分構成、②十分な保湿効果、③大容量で惜しみなく使える、④低刺激で安全というメリットがあります。コスパが高く、顔パックとも併用でき、男性でも問題なく使用できるので一度お試しください。

そして、校外学習や修学旅行など、私服で友達と会うときの身だしなみにも気合いが入ります。

修学旅行に着ていく服を買いに行った経験は誰にでもあるはずです。

思春期ですから友達や好きな人に少しでも良く思われたいですし、ファッションや化粧品にお小遣いを使うことは悪くありません。

お金のない中学生ファッションは不安ですが、ユニクロでもコーディネート次第でよく見えるので安心してください。

貧乏人のファッション入門!お金がなくてもオシャレになれる
お金がなくてもおしゃれになる方法を解説。「貧乏だからオシャレができない」「貧乏だから良い服が買えない」と悩んでいる人は多いでしょう。ユニクロで十分なおしゃれができるので気落ちする必要はありません。貧乏人でもファッションのポイントを押さえれば高級ブランドで着飾っている人よりおしゃれになれます。

インスタグラム

「インスタ映え」という言葉がありますが、10~20代の女子にインスタグラムは大人気です。

もちろんですが中学生もインスタグラムにハマっています。

そして、インスタグラムにハマるとお小遣いを使ってしまうのです。

なぜかというと、フォロワーを集めて、いいねをもらうために、インスタ映えする場所や物をスマホで撮りに行くから。

インスタ映えのためにオシャレなカフェに行ったり、オシャレなものを食べに行ったり、オシャレな場所に行ったりと、インスタグラムに関係して意外とお金を使っていませんか。

昔はなかったですが、今の中学生にとってインスタグラムは立派なお金の使い道だと思います。

スポンサーリンク

中学生はお金を使いすぎても問題ない!

「お金はしっかりと貯めなさい」と教えられて育った中学生は、お金を使うことを惜しんでしまうでしょう。

しかし、中学生のときはお金を使いすぎても問題ないと思います。

「お金を貯める能力」は確かに大切ですが、それは社会人になってからであって、中学生のころはお金を使いたいだけ使えばいいです。

お金を使うことは勉強であり経験です。

お金の使い方を知らないで大人になるほうが怖いと思います。

中学生が使う金額なんてかわいいものですし、お金を使いすぎたからといって生活苦になることはないでしょう。

中学生がお金の使い方に失敗しても、社会人になってから挽回することは可能です。

だからこそ、中学生はお金を使って経験を買うべき。

お金を使いすぎて後悔するかもしれませんが、それも人生経験のひとつですし、そうやってお金の使い方を学んでいくのです。

また、友達・部活動・流行りなど、あなたが中学生のときにしか経験できないことはたくさんあります。

中学生のときに経験したことがあなたの人生を大きく変えるかもしれませんし、いろいろな経験は人間としての深みにもつながるはず。

中学生がお金の使い方に失敗しても、何度でもやり直しはできるので、お金を使ってたくさんの経験をして欲しいものです。

スポンサーリンク

【失敗しない】中学生のお金の使い方

中学生のお金の使い方の注意点として、欲しいものを買う前には徹底的に調べることです。

・その商品が本当に良いのか
・他の製品と比べてどうなのか

可能なかぎり調べてから、欲しいものを購入するようにしましょう。

間違ったお金の使い方は、何も考えずに買うことです。

お金の使い方を間違うと、何も得るものはありませんし、貴重なお小遣いが減るだけ。

また、調べるクセをつけないと、間違ったお金の使い方をくり返すと思います。

中学生にかぎらずですが、お金を使って後悔した経験は誰にでもあるはず。

買った商品の品質を後悔することはできるだけ少なくしたいです。

今の時代はネットで何でも調べることができるので、欲しいものを買う前にリサーチは絶対しましょう。

スポンサーリンク

中学生のときにお金の使い道で悩みすぎるのはいけない

「どうしてもお金の使い道に悩んでしまう」
「欲しいものはあるけど買う決断ができない」

お金を貯める必要はないといわれても、お金の使い道に悩んでしまう中学生はいるでしょう。

中学生ならお金の使い道に失敗しても問題はないのですが、お金がなくなる不安から貯金を優先する気持ちはわかります。

なぜなら、私もとにかく必死に貯金をした経験があるから(大学生から貯金を頑張って1000万円を貯めました)

貯金が1000万円を超えたらどうなった!?20代が達成後を語る
20代で貯金1000万円を達成した方法を解説。20代から節約に取り組んだ結果、貯金1000万円を超えました。貯金が1000万を超えると生活が大きく変わります。心の余裕と安心を手に入れ、投資にチャレンジすることもできたのです。20代で貯金1000万円を達成した節約法はおすすめなのでぜひご覧ください。

もし、お金の使い道に悩んでいるのなら、「ひとまずは貯める」という選択をしても間違いではないでしょう。

中学生という繊細な時期に後悔するとわかっていてお金を使う必要はありません。

お金の使い道でいちばん良くないのは悩みすぎること。

お金の使い道に悩みすぎて、時間を無駄にしてしまうのは最悪です。

お金の使い道に悩んで毎日をそわそわと過ごすよりも、「貯金する」とキッパリと決めて毎日を楽しく過ごしたほうが有意義だと思います。

お金の使い道を悩むより、目の前のことに100%の力で取り組みましょう。

人生の時間は有限であり、あなたが悩んでいる間に貴重な時間は少しずつ減っているのです。

お金の使い道がない人は必見!みんなは何にお金を使っているのか
お金の使い道を解説。アンケートをもとにお金の使い道ランキングを紹介しているので「みんなは何にお金を使っているの?」と気になる方はぜひご覧ください。お金の使い道に悩んでいる人のために有意義なお金の使い方も解説しています。お金を使わない人はつまらないわけではないので自信を持ちましょう。
スポンサーリンク

中学生はお金の使い方より遊びのほうが重要

「そんなことにお金を使って大丈夫?」というように、中学生をもつ親はわが子のお金づかいを心配すると思います。

しかし、中学生が「お金をどう使っているか」よりも「どんな友達と遊んでいる」に注目してください。

お金の使い道に善悪があるとすれば、ほとんどが周りの友達に影響を受けた結果です。

「類は友を呼ぶ」はそのとおりだと思います。

勤勉グループと仲良くなったら、勉強にお金を使うことが多くなるでしょう。

ゲーム好きの友達ができたらゲームへの出費が多くなり、漫画好きの友達ができたら漫画への出費が多くなりと思います。

不良グループと仲良くなったら、遊びやゲームセンターにお金を使って、夜遅くまで家に帰ってこないかもしれません。

中学生はいろいろと影響を受けやすいものです。

中学生を子にもつ親は、お金の使い方だけでなく、どんな友達遊びをしているかを見るべき。

素晴らしい友達と遊んでいるのなら、お金づかいが少々荒くても問題はないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

中学生のときは勉強だと思って、好きなようにお金を使えばいいでしょう。

中学生のお小遣いは使いすぎても問題ありません。

お金の使い道を悩んでいる中学生は、後悔することを極度に嫌がっているのだと思います。

誰でもお金を使って後悔はしたくないです。

しかし、中学生から大人になって死ぬまでの間、後悔をゼロにすることはできないでしょう。

後悔はゼロにできないので、後悔をひとつの経験としてとらえて、前向きに生きていくほうが有意義です。

中学生のときに後悔するようなお金の使い方をしても死ぬわけではありません。

次からは後悔しないように、しっかりとしたお金の使い方を身につければいいのです。

コメント