分散投資とは

分散投資について初心者でもわかるように解説
スポンサーリンク

私は投資の三原則を「長期投資」「分散投資」「低コスト」だと思っています。

このなかでリスク低下の効果を発揮するのは分散投資です。

分散投資は合法的にリスクを下げることができるので、利用していない投資家は大きな損をしています。

このページでは分散投資について解説します。

投資するうえでいちばん大切なことは分散投資だといっても過言ではありません。

スポンサーリンク

分散投資とは

「分散投資」とは、投資先を一つに限定せず、複数の投資先に投資することをいいます。
引用:みずほ証券HP

その名のとおりで分散投資とは「幅広く投資をする」ことです。

あなたが100万円を投資するとき

株式に25万円
債券に25万円
不動産に25万円
金に25万円

というように、複数の投資先に投資することを分散投資といいます。

分散投資はリスクを下げる効果があるので、投資家が利用しない手はありません。

スポンサーリンク

分散投資の種類

分散投資は2種類に分けることができます。

①投資商品の分散
②国・地域の分散

投資で失敗しないために、それぞれの特徴を理解しておくことが大切です。

投資商品の分散

投資商品の分散ではさまざまな金融商品に分散投資をします。

代表的なものとしては

・株式
・債券
・投資信託
・不動産
・金
・原油
・定期預金

などが挙げられます。

基本的に株式はリスクが高く、債券や預貯金はリスクが低いです。

また、金はインフレに強く、不動産はインフレ・デフレの影響を受けにくいとされています。

それぞれの金融商品に特徴があるので、しっかりと考えて分散投資をしましょう。

投資する国・地域の分散

投資する国・地域の分散では国内と海外に分散投資します。

国レベルでの分散投資を考えると

・アメリカ
・日本
・イギリス
・中国
・ドイツ
・オーストラリア
・インド
・ブラジル
・ロシア

など、世界各国が投資の対象となります。

地域レベルでの分散投資を考えると

・先進国
・新興国
・ヨーロッパ
・アジア諸国
・太平洋諸国
・中東諸国

など、世界地域が投資対象となります。

世界大国のアメリカはマイクロソフト、アップル、アマゾン、グーグル、フェイスブックなどの巨大企業を中心にして、これからも成長していくでしょう。

中国は強力な経済成長によって、アメリカに次ぐ世界第2位の経済大国となりました。

将来的に人口大国や資源国が集まっている新興国は急激に成長するかもしれません。

国・地域によって経済の成長は異なるので、世界経済を考えながら分散投資をしましょう。

スポンサーリンク

分散投資の効果を解説

分散投資にはリスクを下げる効果があるのですが、どのような仕組みでリスクが低下するのでしょうか。

簡単にいうと、値動きの違う投資商品を組み合わせることで、お互いにカバーし合ってポートフォリオを支えてくれるのです。

相関係数という概念も関係してくるので詳しくは下記の関連記事をご覧ください。

・分散投資の効果はリターンを維持したままリスクだけを下げる
・分散投資の対象は相関係数が低いものがいい
・国際分散投資の効果は素晴らしい

▼「分散投資の効果」の詳しい解説はコチラ

関連記事:分散投資の効果をわかりやすく解説

分散投資の効果をわかりやすく解説
【例題あり】分散投資の効果をわかりやすく解説。「なぜ分散投資でリスクが下がるの?」という疑問をもっている初心者はいるはずです。分散投資でリスクが下がる仕組みを投資の名著から紹介します。分散投資の効果は嘘ではなく、投資家の努力次第で手に入るのです。
スポンサーリンク

分散投資の唯一のメリット

分散投資の唯一のメリットはリスクを下げることです。

分散投資でリスクを下げることができると、さらにリスクを追加することができるので、さらなるリターンを狙うことができます。

また、分散投資にはいくつかの注意点もあるので、しっかりと理解を深めておきましょう。

・分散投資のメリットはリスクを下げること
・分散投資に偏りがあると効果が発揮されない
・時間の分散(投資タイミングの分散)はリスクを下げない

▼「分散投資のメリット」の詳しい解説はコチラ

関連記事:分散投資のただひとつのメリットを解説

分散投資のただひとつのメリットを解説
分散投資のメリットを解説。分散投資のリスク低下メリットは投資対象を分散したときだけに発揮されます。つまり、時間(投資タイミング)を分散してもリスクは低下しません。時間分散はリスクを先送りしているだけで、まとまった投資資金を分けて投資するのは非効率なのです。
スポンサーリンク

分散投資のデメリット

分散投資にはメリットだけでなくデメリットも存在します。

インデックス投資家にとっては大したデメリットではないのですが、一発逆転を狙っている投資家にとっては大きなデメリットだと思います。

ただ、分散投資はただ飯を提供してくれるので、適度な分散はしたほうがいいでしょう。

・分散投資によってリターンが抑えられる
・効果的な分散投資には費用が必要
・分散が幅広いと管理が大変になる

▼「分散投資のデメリット」の詳しい解説はコチラ

関連記事:分散投資のデメリットを解説

分散投資のデメリットを解説
分散投資のデメリットを解説。分散投資にはデメリットがありますが、だからといって分散投資をしない理由はありません。大切なのは分散投資のデメリットを理解したうえで分散投資を継続することです。分散投資を投資家に「ただ飯」を与えてくれるので使わない手はないです。
スポンサーリンク

分散投資の基本例

分散投資の基本例を示した投資本はいくつかあります。

ウォール街のランダム・ウォーカーでは、投資家の年齢に合わせてポートフォリオの分散比率を調整するように書かれています。

お金は寝かせて増やしなさいでは、世界各国の株式時価総額と同じ比率で分散投資することを推奨しています。

下記の関連記事では4冊の投資本から分散投資基本例を紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください。

▼「分散投資の基本例」の詳しい解説はコチラ

関連記事:分散投資の基本例をロングセラー本から紹介

分散投資の基本例をロングセラー本から紹介
分散投資の基本例を紹介。「分散投資のやり方がわからない」と悩んでいる投資家のためにロングセラー投資本から資産配分の基本例(+国民の年金を運用しているGPIFのポートフォリオ)を紹介します。資産配分に正解はないので、自分のリスク許容度を考えながらゆっくりと決めましょう。

▼失敗しないための投資知識▼


インデックス投資の運用ガイド
インデックス投資のやり方を解説。このページでは「投資初心者でも失敗しないインデックス投資」をモットーにインデックス投資のやり方をまとめています。最低限のポイントをまとめているのでインデックス投資の概要が頭の中にスッと入っていくと思います。

長期投資とは
長期投資について解説。「投資は長く続けるほど良い」という教えがありますが、長期投資が絶対に報われるとはかぎらないのです。長期投資のリターンがプラスになるかマイナスになるかはわからないという現実を理解しておきましょう。私たちは長期投資が勝つと期待して将来に賭けているだけなのです。

積立投資とは
積立投資について解説。小さなことを積み重ねるのが成功への近道であり、投資初心者は投資信託の積立投資から始めるといいでしょう。資産運用の一部としてインデックスファンドの積立投資はおすすめできます。初心者でもコツコツとお金を増やすことができるはず。

投資信託のリスクとは
投資信託のリスクについて解説。これから投資信託の運用を始める方が絶対に知っておくべき基礎知識をまとめました。投資信託のリスクを理解しておかないと適切な資産運用はできません。リスクとリターンの関係性を誤解していると、大きな損失を抱えることになるでしょう。

ドルコスト平均法をわかりやすく解説
ドルコスト平均法をわかりやすく解説。「ドルコスト平均法はリスクを下げる」はウソであり、ドルコスト平均法は有利でも不利でもない投資方法です。投資初心者にもわかりやすくドルコスト平均法の基礎知識をまとめているので、金融関係者に騙されないためにもぜひご覧ください。

ポートフォリオと相関係数についてわかりやすく解説
ポートフォリオと相関係数について解説。安全な資産運用のためには「ポートフォリオを分散させる」「資産ごとの相関係数を意識する」ことが大切です。また、分散投資をしたつもりでもポートフォリオと相関係数によってはリスク低下の効果が発揮されないので注意してください。

スポンサーリンク
オオチ ケンジをフォローする
スポンサーリンク
こころどブログ