分散投資の基本例をロングセラー本から紹介

分散投資の基本例投資の基本知識
スポンサーリンク

「分散投資はどのようにすればいいの?」と悩んでいる投資家は多いでしょう。

分散投資が良いのはわかっていても、基本例がないとわかりにくいですよね。

個人のリスク許容度によって最適な分散投資は違うので正解を示すことはできません。

しかし、分散投資の基本例を参考にしながら、自分の資産配分を考えることは有益だと思います。

このページでは分散投資の基本例について、以下の投資の名著を参考にして解説します。

・ウォール街のランダム・ウォーカー
・お金は寝かせて増やしなさい
・毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術
・株式投資の未来

上記の投資の名著に加えてGPIF(日本の年金基金)の分散投資も紹介します。

スポンサーリンク

分散投資の例1(ウォール街のランダム・ウォーカー)

バートン・マルキールの「ウォール街のランダム・ウォーカー」では、分散投資の基本例として、投資家の年齢で資産配分を決めることをおすすめしています。


【20代半ばの投資家】
ランダム・ウォーカーの20代資産配分


【30代後半から40代初めの投資家】ランダム・ウォーカーの30代~40代資産配分


【50代半ばの投資家】
ランダム・ウォーカーの50代資産配分


【60代後半以降の投資家】
ランダム・ウォーカーの60代資産配分


若い投資家ほど株式を多く組み入れて、年齢とともにリスクの高い投資の割合を減らしていき、債券やREITの割合を増やすべきだと示しています。

20代なら株式市場の変動を乗り切っていくだけの時間的余裕があって、これから働いてお金を稼ぐこともできるので、リスクが高めに設定してあるのです。

そして、定年が近づくにつれて、利子や配当収入を中心とした資産配分に切り替えるべきだと示しています。

60代の投資家は債券の比率を高めて利子収入を狙い、株式についても配当収入を重視した資産運用を心がけるべきとのこと。

しかし、20~30代は結婚、出産、マイホームなど、お金が必要となる時期です。

お金が必要となる20~30代にリスクの高い株式を組み入れるのは危険だという意見もあります。

スポンサーリンク

分散投資の例2(お金は寝かせて増やしなさい)

水瀬ケンイチさんの「お金は寝かせて増やしなさい」では、世界各国の株式時価総額と同じ比率で考えた資産配分の基本例が紹介されています。

「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス」という株価指標を参考にして株式クラスの配分を決めるのです。

そのため、株式クラスの資産配分を

・国内株式:10%
・先進国株式:80%
・新興国株式:10%

上記の割合で考えるとのこと。

そして、「お金は寝かせて増やしなさい」では、債券クラスの配分を調整して、自分のリスク許容度にあった資産配分をつくることが推奨されています。

つまり、株式の割合(世界各国の株式時価総額と同じ比率)に対して、どれくらいの債券を組み入れるかで最適な資産配分をつくるのです。

以下の早見表を参考にしながら、株式と債券の資産配分を考えてみるといいでしょう。

国内
債券
国内
株式
先進国
株式
新興国
株式
0%10%80%10%
10%9%72%9%
20%8%64%8%
30%7%56%7%
40%6%48%6%
50%5%40%5%
60%4%32%4%
70%3%24%3%
80%2%16%2%
90%1%8%1%
100%0%0%0%
スポンサーリンク

分散投資の例3(毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 )

カン・チュンドさんの「毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術」では、「ビギナー型」「均等型」「積極型」と題して、投資家にあわせた資産配分の基本例が紹介されています。


【ビギナー型】
ビギナー型の資産配分


【均等型】
均等型の資産配分


【積極型】
積極型の資産配分


日本株式、日本債券、海外株式、海外債券の四大資産を基本としながら、新興国クラスの株式を調整して資産配分が決められています。

安全資産は日本債券のみで、それ以外の資産クラスはリスク資産になるとのこと。

スポンサーリンク

分散投資の例4(株式投資の未来)

ジェレミー・シーゲルの「株式投資の未来」では、株式ポートフォリオの資産配分について、インデックス投資より高いリターンを狙う戦略例を紹介しています。

株式ポートフォリオ:100%
ワールド・インデックスファンド:50%リターン補完戦略:50%(各10~15%)
・米国株:30%
・非米国株:20%
・高配当戦略
・グローバル戦略
・セクター戦略
・バリュー戦略

国際分散投資をしたインデックスファンドをポートフォリオの中心として、残りの半分でより高いリターンを狙うとのこと。

リターン補完戦略については、どれに、どの程度を配分すればいいか、正確な数値を示すことはできず、株式市場の状態と投資家のリスク許容度で決定します。

また、上記の比率はあくまで例なので、インデックスファンドの比率を高めてもいいし、リターン補完戦略の比率を高めてもいいでしょう。

スポンサーリンク

分散投資の例5(GPIF)

GPIFは国民が納めた年金保険料を運用している独立行政法人です。

GPIFは「長期的な観点から安全かつ効率的な運用」を行うため、各資産を組み合わせた資産構成割合を「基本ポートフォリオ」として定めています。

基本ポートフォリオは以下のとおり。

GPIFの基本ポートフォリオ
GPIFのポートフォリオは定期的に審議・検証されており、上記のポートフォリオに変更したのは平成26年10月31日です。

GPIFのポートフォリオでは実質的な運用利回り1.7%を目指しているとのこと。

スポンサーリンク

まとめ

分散投資の資産配分に正解はないので、基本例を参考にしながら自分で決めるしかないです。

しいていうのなら、あなたのリスク許容度にあった資産配分が正解だと思います。

資産配分には悩むと思いますが、何度でも変更してかまわないので、試行錯誤しながら決めていけばいいでしょう。

個人的におすすめなのは「お金は寝かせて増やしなさい」の基本例です。

なぜかというと、債券の割合でリスク調整することを重要視しているから

「お金は寝かせて増やしなさい」では分散投資の資産配分について、より具体的に書かれているので投資初心者の方は必読です。


▼【徹底ガイド】分散投資とは▼


分散投資の効果をわかりやすく解説
分散投資のただひとつのメリットを解説
分散投資のデメリットを解説
分散投資の基本例をロングセラー本から紹介

コメント