分散投資のデメリットを解説

分散投資のデメリット投資の基本知識
スポンサーリンク

「分散投資がよくわからない」と思いながら、適当に分散投資をしている投資家は危険です。

なぜなら、分散投資にはデメリットがあるから。

投資の原則として分散投資が挙げられますが、確かなデメリットも存在するのでしっかりと把握しておきましょう。

このページでは分散投資のデメリットを解説します。

分散投資のデメリットを理解しないまま、何も考えずに投資を続けていたら、あなたの理想と全く違う未来が訪れるかもしれません。

スポンサーリンク

分散投資によってリターンが下がる

分散投資には「リターンを押し下げる」というデメリットがあります。

分散投資はリスクを下げる効果がありますが、それと同時にリターンも下げるのです。

資産配分によっては分散投資によってリターンを維持したまま、リスクだけを下げることもできますが、投資初心者がそれを実現するのは困難だと思います。

なので、「リターンを得るためにはリスクを取らないといけない」という投資の原則に従って、分散投資でリスクを下げるとリターンも下がるのです。

分散投資でリターンが下がる理屈を、集中投資と分散投資を比較して解説します。


株式X、株式Y、株式Zがあるとします。

あなたの資金は10万円です。

2030年4月時点、それぞれの株式の価格を以下のとおり。

・株式X:100円
・株式Y:600円
・株式Z:300円

集中投資のあなたは株式Xだけに投資して、株式Xを1000株買います。

分散投資のあなたは株式X、株式Y、株式Zを100株ずつ買います。

そして、2030年10月時点、それぞれの株式の価格は以下のとおりになりました。

・株式X:1000円
・株式Y:500円
・株式Z:500円

では、集中投資と分散投資の評価額を比較してみましょう。

集中投資と分散投資の比較
集中投資では株式Xだけに全財産をつぎ込んでいたので(リスクを取っていた)、成功したときのリターンは大きくなります。

分散投資も元本の2倍になっていますが、投資対象を分散してリスクを下げていたので、その分だけリターンが低くなるのです。


上記のように、分散投資は場合によってリターンを下げてしまいます。

分散投資をすると成績の良い株式があっても、成績の悪い株式が全体リターンを押し下げるので、結果的に平均的なリターンに落ち着くのです。

短期的に大儲けできないことは分散投資のデメリットといえるでしょう。

スポンサーリンク

効果的な分散投資にはお金がかかる

分散投資には「効率化にお金がかかる」というデメリットがあります。

分散投資の対象は多いほど良いとされているので、個別株であれば50~100銘柄に分散して投資したいものです。

しかし、一般の個人投資家には個別株での分散投資は難しいでしょう。

なぜなら、基本的に日本の個別株は100株単位でしか買うことができないから。

株価の高い大企業に分散投資しようと思ったら、莫大な投資資金が必要となるのです。

大企業の最低購入金額を大まかに紹介すると

ソニー:40万円以上
ソフトバンクG:100万円以上
KDDI:20万円以上
任天堂:300万円以上
トヨタ:60万円以上
日立製作所:30万円以上
花王:80万円以上

こんな感じなので、一般の個人投資家が大企業50~100銘柄に分散投資なんて無理です。

中小企業の株でも、100株単位だと1回の取引に数万円が必要となるので、一般の個人投資家にとって個別株での分散投資は現実的ではありません。

スポンサーリンク

分散投資は管理に手間がかかる

分散投資には「管理に手間がかかる」というデメリットがあります。

分散投資の対象は多いほど良いのですが、多すぎると資産ごとの状況を把握するのが面倒です。

個別株50~100銘柄の株価指標をチェックするのは大変ですよね。

株式、債券、投資信託、金、不動産といった資産の価値を一つひとつ分析するのも大変ですよね。

「分散投資は手間がかかる」というデメリットを気にせず、好き放題に分散すると管理ができなくなるかもしれません。

「分散投資をしたらほったらかしでいい」という意見がありますが、ある程度の管理は絶対に必要です。

リバランス、定期的な見直し、銘柄の入れ替えなどは必要ですし、分散投資だから思考停止してもいいわけではありません。

「分散投資は手間がかかる」というデメリットを受け入れて、コツコツと投資を続けられる投資家が成功するのだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

分散投資にデメリットはありますが、個人的には大したデメリットではないと思っています。

なぜなら、インデックス投資家である私にとって、分散投資のデメリットは本当に大したことがないからです。

分散投資はリターンを下げるというけれど、その裏でリスクも下げてくれています。

分散投資はお金がかかるというけれど、インデックスファンドを利用すれば簡単です。

分散投資は管理が大変だというけれど、インデックス投資ならほったらかしでOK。

こんな感じです。

「それでも分散投資のデメリットが気になる」という投資家が100万人に1人はいるかもしれません。

結論として、分散投資のデメリットが気になるとしても、適度な分散投資はしたほうがいいです。

なぜなら、投資リスクを下げられるから。

以上。

私はインデックス投資と国際分散投資で資産形成をしていきます。


▼【徹底ガイド】分散投資とは▼


分散投資の効果をわかりやすく解説
分散投資のただひとつのメリットを解説
分散投資のデメリットを解説
分散投資の基本例をロングセラー本から紹介

コメント