貯金が1000万円を超えたらどうなった!?20代が達成後を語る

20代で貯金1000万円達成した節約法を紹介お金の話
スポンサーリンク

「貯金1000万円」というのは大きな目標であり、とても魅力的な数字だと思います。

私は20代で貯金1000万円を達成しました。


画像は当時の私の預金通帳残高です。

「1000万円には足りないけど・・」と思いますよね。

記録がないのですが、銀行預金とは別でネット銀行に300万円くらいあったので、当時の貯金合計は1000万円ということになります。

(※ちなみに、現在では証券口座と別の銀行口座に分かれています)

このページでは20代で貯金が1000万円を超えた私の体験談を紹介します。

・貯金1000万円を達成して変化したこと
・1000万円を貯めようと思った理由
・1000万円を貯めるうえで重要だったこと
・20代で貯金1000万円を達成した節約法

貯金1000万円を目指している人はぜひご覧ください。

手取り20万円に満たない私でも1000万円が貯められました。

スポンサーリンク

貯金1000万円を超えたら生活はどのように変わったのか!

私は大学を卒業してから、病院でリハビリ専門職(作業療法士)として働いて、20代で貯金1000万円を達成しました。

貯金が1000万円を超えたことによる変化は以下の3つです。

・複数の銀行口座を開設した
・自信がついた
・心に余裕ができた

人生が変わるほどの大きな変化はありませんが、1000万円を貯めることによって生活の質は間違いなく上がりました。

貯金が1000万円を超えたら複数の銀行口座を開設するべき!

1つの銀行口座にお金を貯めている人は、残高が1000万円を超えたら貯金はストップして、銀行口座をもう1つ開設したほうがいいでしょう。

なぜかというと、リスク管理(ペイオフ)のためです。

普通預金(利息付)の場合、取引金融機関が破綻しても1000万円までは補償してもらえます。

しかし、1000万円を超えた分に関しては銀行が破綻しても補償はありません。

そのため、1つの口座だけに1000万円以上のお金を入れておくことは最善ではないのです。

メインバンクに1500万円を貯金していたとしても、メインバンクが破綻した場合には1000万円しか戻ってこず、残りの500万円は補償してくれません。

だから、私は銀行口座とネット銀行に1000万円を分けました。

現在では生活用口座、給料振込口座、投資用口座に分けて、1000万円をそれぞれの口座に分配しています。

貯金が1000万円を超えたら自信がついた

貯金1000万円というのは私の第一目標でした。

20代で貯金1000万円を達成できたことは私の自信になったのです。

途中で挫折することなく、あきらめることなく、目標に向かって努力できたことは私の心の基礎になりました。

生きていくうえで自信は大切だと思います。

中学・高校のときの話ですが、部活動をしていた私はある時期から急激に強くなったのです。

なぜかというと、それは他校との練習試合で格上の相手に勝つことができたから。

正直いうと、練習試合は運で勝ったみたいなものでした。

しかし、格上の相手に勝ったことが私の自信になったのです。

「意外といけるんじゃない!?」

根拠のない自信が湧き出てきて、私のレベルはさらに上がりました。

万年予選敗退だった私が予選で3位になり、県大会でベスト16に入り、県ベスト4の選手とも接戦ができるようになりました。

成績こそ自慢できるものではありませんが、最初のころを考えれば成長したと思います。

私の成長を導いてくれたのが「自信」です。

自信はその人の雰囲気、行動、メンタルを変えてくれます。

それがプラスに働くか、マイナスに働くかはわかりませんが、殻を破るきっかけを与えてくれるでしょう。

「20代で貯金1000万円を達成した」という自信は私をレベルアップさせてくれました。

貯金が1000万円を超えたら心に余裕ができた

私は20代で貯金1000万円を達成しましたが満足していません。

1000万円なんて車や学費などの支出でなくなりますし、マイホームを買えばゼロになります。

人生を有意義に過ごすためには、貯金1000万円では足りないです。

しかし、貯金1000万円があると心に余裕ができます。

1000万円を貯めて以降、イライラすることが減りましたし、節約に必死になるのもやめました。

生活スタイルが少し緩くなったことで、以前より支出は増えたのですが、心の余裕が毎日を幸せにしてくれます。

1000万円を貯めた結果、心に余裕ができて、新しいチャレンジできるようになったことが最大のプラス要素です。

貯金1000万円は心に余裕をつくって挑戦を促してくれます。

そして、1000万円を貯めた私は投資でお金を増やすチャレンジをしているのです。

詳しく知りたい方は下記の関連記事をご覧ください。

インデックス投資の実績をリアル公開
初心者のインデックス投資実績を公開。病院で週5勤務しながらインデックス投資をしている20代が途中経過を報告します。投資ブログのなかで具体的なポートフォリオや投資実績を公開している人は多くないので、これから投資を始める方には参考になると思います。
スポンサーリンク

私が20代で1000万円を貯めようと思った理由

私は作業療法士というリハビリの仕事をしています。

給料は手取り20万円くらいです。

そんな私は20代で貯金1000万円をつくりました。

20代の理学療法士、作業療法士、介護士、ケアマネで1000万円の資産を持っている人はかなり少ないでしょう。

だから、私の年齢で1000万円を貯めたことはスゴいと思います。

では、なぜ私は貯金1000万円を目指そうと思ったのか。

きっかけとなった記事があります。

プレジデントオンラインの記事で、ある作業療法士さんが取り上げられていました。


29歳女性。
首都圏郊外の病院勤務。
一人暮らしで手取り年収300万円台。
毎月の貯蓄は、定期預金に3万円、投資信託に2万円、ボーナス月に10万円。

その作業療法士さんは29歳で貯金940万円を達成されていました。

一部発言を紹介します。

「就職したとき、社会人として貯金がないと恥ずかしい、って思ったんです。周りの人も同じように貯金しているものだと思っていました」
引用:プレジデントオンライン


上記の記事をみたとき、何を思ったのか、私も高額貯金を目指そうと決意したのです。

「1000万円がつくれたらすごいんじゃないの!?」

29歳までに1000万円をつくってやろうと貯金を始めました。

最初はどうなるかと思いましたが、結果として20代で貯金1000万円を達成できたのです。

「お金が貯まらない」と文句をいっている作業療法士へ。

本気でやる。
やればできるから。
本気でやらないとできない。

お金持ちの定義と割合を紹介!日本人の1割が資産4000万円以上
お金持ちの定義と割合を紹介。日本は一部の富裕層と中流以下の家庭で成り立っています。そしてお金を持つ富裕層が投資・副業によってさらにお金持ちになっていくのです。お金がない人はお金のために働きますがお金持ちはお金を働かせます。お金を利用してお金を生み出せないかぎり労働から抜け出せません。
スポンサーリンク

大学生バイトと実家暮らしが貯金1000万円には必要不可欠だった!

少ない給料で20代のうちに1000万円を達成するには重要な要素があります。

・新卒社会人としてのスタート時にどれだけの貯金があるか。
・実家暮らしなのか、一人暮らしなのか。

私が少ない手取りで20代のうちに貯金1000万円が達成できたのは、大学生のころのバイトと実家暮らしがあったからです。

正直いうと、大学生バイト・実家暮らしがなかったら、20代で貯金1000万円は難しかったと思います。

アルバイトは大学生時代の話
実家暮らしは社会人時代の話

以下より、簡単に説明します。

大学生のバイトがなければ貯金1000万円は無理だった

私は大学のときにアルバイトを初めてしました。

稼いだお金で欲しいものが買えて最高に楽しかったことを覚えています。

ただ、大学生の私はアルバイトが楽しくて、お金を稼ぐのも楽しかったのです。

そのため、支出よりも収入のほうが格段に多く、すごいペースでお金が貯まっていきました(今になって考えるとあの時代の私は狂っていた)

大学4回生になると実習、卒論、国家試験で忙しくなったので、稼ぐ金額は少なくなりましたが、それでも大学時代には結構な金額を稼ぎました。

つまり、私は「20代で1000万円」というゲームをイージーモードで始めることができたのです。

大学生時代に150万円くらい?を貯めていなければ、20代で貯金1000万円は無理だったはず。

実家暮らしは貯金1000万円の助けになった

作業療法士として就職してから、数年は実家暮らしをしていました。

当たり前のことですが、実家暮らしと一人暮らしではお金の余裕がまったく違います。

「家賃が存在しない」というのは貯金生活に有利です。

実家暮らしであれば、趣味・娯楽にそれなりのお金を使ってもお金が貯まるはず。

そして、そのころの私はお金を貯めることに必死になっていました。

実家暮らしと「1000万円を貯める!」と本気になった私が合わさると、すごいスピードでお金が貯まっていきました。

つまり、私は「20代で1000万円」というゲームをイージーモードで始めたうえ、経験値を2倍もらっていたのです。

【お金を増やす仕組み】サラリーマンにもできる5つのステップ
お金を増やす仕組みを解説。お金に働いてもらうことで効率的にお金を増やすことができます。お金を増やす仕組みを知らない人はお金で困り続けるでしょう。サラリーマンの給料には限界があるのでお金を増やす方法を学ぶべきです。お金を増やす仕組みはサラリーマンにも真似できます。
スポンサーリンク

20代で貯金1000万円を達成した節約法

私は無駄な支出を節約して貯金1000万円を達成しました。

節約法といっても、難しいことは一切しておらず、私が意識したことは必要と不必要の分別です。

無駄な支出を節約すれば、給料が少ないリハビリ職や介護職でも、1000万円を貯めることはできます。

必要なことにだけお金を使って不必要なことにお金を使わないと自然とお金が貯まるはずです。

以下より、20代で貯金1000万円を達成した節約法を紹介します。

格安スマホで通信料金を節約

一般家庭の節約方法として、よく挙げられるのがスマホ料金の節約です。

格安スマホによる節約は他サイトでも書かれていますが、毎月の支出が大幅に安くなるので大事なことだと思います。

私は以前まで大手キャリアのスマホを使っていて月額料金は7000円くらいでした

現在は格安スマホを使って音声通話機能付きの格安SIMで月額料金は2000円くらいです。

格安スマホにするだけで毎月5000円の節約ができます。

私の使っている格安スマホはSNS・ネットサーフィンをする分には問題ありません(時間帯によっては通信が遅くなりますが)

スマホに毎月7000~1万円を払っている人は今すぐ格安SIMを検討したほうがいいと思います。

無駄な保険を見直して節約

保険の見直しによる節約効果は大きいです。

私は以前まで大手保険会社と契約して保険料は毎月1万円でした。

現在は都道府県民共済に入っており毎月の掛金は2000円くらいです。

保険を見直すだけで毎月8000円の節約ができます。

都道府県民共済は入院保障から死亡保障まで十分カバーされているうえ、大手保険会社と比べると料金が断然安いです。

20代の私には手厚い保障は必要ないので、最低限の保障があれば十分だと思っています(ただし、年齢、持病、家族構成などによって最適な保険は変わります)

健康な20代が毎月1~2万円の保険料を払っているなら見直してみましょう。

私服のベースはユニクロで節約

私はユニクロをよく着ます。

・多用するTシャツ
・靴下などのインナー
・ちょっと使いのパーカーやアウター
・チノパンとジーンズ

私服のベースはユニクロでしか買いません。

また、基本的にユニクロのセール期間でしか買いません。

チノパンだと1980円、パーカーだと1280円、Tシャツ380円みたいな感じで、私のなかに購入金額の基準があります。

私はユニクロを利用することで節約しているのです。

私はシンプルなコーディネートが大好きなので、「むしろユニクロがいい」とも思っています。

ただ、アウター、トップス、スニーカーは自分の好きなブランドを買いますが

貧乏人のファッション入門!お金がなくてもオシャレになれる
お金がなくてもおしゃれになる方法を解説。「貧乏だからオシャレができない」「貧乏だから良い服が買えない」と悩んでいる人は多いでしょう。ユニクロで十分なおしゃれができるので気落ちする必要はありません。貧乏人でもファッションのポイントを押さえれば高級ブランドで着飾っている人よりおしゃれになれます。

行きたくない誘いは基本的に行かない

友達から飲み会、合コン、遊びなどの誘いがあっても、自分が行きたくない場合は基本的に行きません(どうしても行かなければいけないときは我慢して行きますが・・)

「楽しくないだろうな」「こんなことにお金を使いたくないな」というように、自分が嫌だと思った誘いは断ります

行きたくない飲み会
行きたくない合コン
行きたくない遊び

上記の付き合いは無駄な支出だと割り切って、お金の節約を優先するのです。

人によっては嫌味をいわれたり、今後誘われなくなったりしますが気にしません。

その人とはその程度の関係だったというわけです(誘ってくれる人は誘ってくれますし、まったく行かないわけではないですから)

人付き合いは大切ですが、すべての誘いに価値があるのでしょうか。

読みたい本は①図書館で借りる②ブックオフで買う

私は読みたい本があれば

①図書館で借りる
②ブックオフオンラインで買う

この①→②のステップを徹底しています。

読みたい本があれば初めに図書館の蔵書を調べます。

そして、図書館になかった場合や読んだ本が欲しくなった場合はブックオフオンラインで探して買います。

この方法は読みたい本がすぐに手に入らないというデメリットがあります。

でも、図書館だとタダで本が読めるのです。

ブックオフだと半額くらいで手に入るのです。

図書館とブックオフという段階を踏むことで大幅な節約ができます。

本を買うのはもったいない?買う派と借りる派の意見を整理した
本を買う派と本を借りる派の意見を解説。「本は買うべきか借りるべきか?」と悩んでいる人は多いでしょう。本を買うメリットと本を借りるメリットを紹介しています。個人的には「買う」と「借りる」を使い分けるのがベストです。買うべき本だけを買って、その他の本は借りて済ませましょう。

給料日に1ヶ月分の生活費を引き出してしまう

私は1ヶ月分の生活費を給料日に銀行から引き出して、それ以降はお金を引き出さずに生活します。

1ヶ月の食費、雑費、交際費などの生活費は大体想像できるはず。

だから、先に引き出してやりくりしても、それほど困ることなく生活できます。

「難しいんじゃないの?」と思う人もいるでしょうが、いざやってみると意外とできるのです。

私の場合、まず給料の2分の1を生活費として1ヶ月過ごしてみて、翌月からできる範囲で徐々に減らしていきました。

また、最初から一切引き出さないというのも難しかったので、引き出す回数を少しずつ減らしていきました。

だた、ここまでしなくても管理できる人は管理できると思います。

これは現金決済に依存している私の方法であり、クレジットカードなどのキャッシュレス決済を基本としている人には適用しない方法です

むしろ、クレジットカードなどキャッシュレス決済のほうが、ポイント付加されるのでより効率的かもしれません。

買い物に行くときは不必要なものを買わない

基本的に私が買い物に行くときは何かが必要なときだけです。

何が必要か、何を買うか、目的が決まった状態で買い物に行き、それ以外は買いません。

ブラブラ買い物をすると、自分の物欲を満たすため、買い物カゴに適当なものを放り込んでしまいがち。

そんなに欲しくないものでも、店頭で実際に見たり、店員の言葉に乗せられると魅力的に思えるものです。

「ウインドウショッピングだけ!」と心に決めていても、お店に来たからには何か買わなければいけないと思ってしまいます。

買い物に行くといろいろな影響をうけるので、不必要なものを買いやすくなるのです。

無駄な買い物を節約するため、「これだけを買う!」と決めてから買い物には出かけましょう。

私は何かが必要になったときだけ、その何かを買いに出かけます。

彼氏・彼女のブランド好きを直したい!貧乏なのに高級志向はNG
彼氏・彼女のブランド好きを直す方法を紹介。貧乏なのに高級志向な人と一緒になると苦労すると思います。お金がないのに高級ブランドを買っていると家計は赤字になっていくはず。お金に困って借金を抱えないように彼氏・彼女の過度なブランド好きは直したほうがいいです。
スポンサーリンク

まとめ

私は20代で貯金1000万円を達成しましたが、その裏には我慢・忍耐がありました。

1000万円を貯めるために、買いたいもの・やりたいことを我慢してきたのは事実です。

「若いときはお金を貯めるのではなく、お金を使うほうがいい」と考えは一理あります。

しかし、私は1000万円を貯めたことを後悔していません。

なぜかというと、心に余裕ができて、さまざまなチャレンジができるようになったから。

私の次の目標は2000万円です。

ライフステージのことを考えたら出費は増えるわけで、今の状態で貯金2000万円は簡単ではありません。

困難な道のりですが、諦めずに挑戦したいと思います。

最後に私からのアドバイスとしては

まずはお金を貯める!
お金が貯まったら投資をする!

これに尽きます。

【年齢別】貯金の目安を紹介!平均より低いとヤバいかも
年齢別の貯金の目安を紹介。「お金をどのくらい貯めればいいのか」と悩んでいる人は貯金の目安を参考にしてください。他人と比べて貯金が少ないと不安になったり、貯金ができないと落ち込んでしまうことを防げます。年齢によって貯金の重要性は変わるので注意が必要です。

コメント