人生の勝ち組になりたいなら〇〇する力を身につけるしかない!

人生の勝ち組になりたいならやり遂げる力を身につけろお金の話
スポンサーリンク

「どうすれば人生の勝ち組になれますか?」という質問にあなたは何と答えますか?

・努力する
・整形する
・勉強する
・本を読む
・起業する
・投資する
・わからない

などなど、具体的なものから抽象的なものまで、人によってさまざまな答えがあると思います。

経営やマーケティングの勉強をして、人生の勝ち組を目指す人はいるでしょう。

自分の顔を整形して、身体を鍛えて、人生の勝ち組を目指す人もいるでしょう。

ネットを見ると人生の勝ち組になる方法がいろいろと書いてあります。

しかし、人生の勝ち組になるための根本的な部分は書かれていません。

このページでは人生の勝ち組になるために必要な力を紹介します。

人生の勝ち組になるため、共通して必要な力があるのです。

【お金を増やす仕組み】サラリーマンにもできる5つのステップ
お金を増やす仕組みを解説。お金に働いてもらうことで効率的にお金を増やすことができます。お金を増やす仕組みを知らない人はお金で困り続けるでしょう。サラリーマンの給料には限界があるのでお金を増やす方法を学ぶべきです。お金を増やす仕組みはサラリーマンにも真似できます。
スポンサーリンク

人生の勝ち組とは?

私が思う「人生の勝ち組」とは、お金と時間の自由が確立された人生を送れることです。

お金はたくさんあるけど、毎日仕事に追われているのは、人生の勝ち組ではないと思います。

趣味の時間はとれないし、自分のやりたいことができないのは、人生の勝ち組ではないでしょう。

反対に、あり余るほど自由な時間があっても、お金がなければ有意義なことは何もできません。

つまり、お金と時間が十分にあってこそ、人生の勝ち組になれるのです。

「お金がなくても幸せ」と主張する人はいるでしょうが、それは自分を騙しているだけ。

個人の感覚で「幸せ」「勝ち組」というものを決めてしまうと、人生の勝ち組になりたいと目指すこと自体が無意味になってしまいます

「自分が勝ち組だと思っていたら勝ち組なの!」といってしまえば終わりだと思います。

自分と他人が「あの人は勝ち組だ!」と共通して主張する人生こそ勝ち組なのです。

スポンサーリンク

負け組から這い上がることはできる!

人生の勝ち組はお金と時間の自由が確立された人生を送れることです。

つまり、人生の負け組とは、お金と時間の自由がない人生を送ること。

・毎日毎日、夜遅くまで働いているけど、給料が低いからお金がない。

・毎月の残業が100時間を超えており、自分の時間が全くない。

お金と時間に追われて、日々過ごしている人は、人生に負けているのです。

しかし、人生の負け組から勝ち組に這い上がることは必ずできます!

あなたの人生は心臓が止まるまで終わりません。

あなたが生きているかぎり、あなたの人生は何度でもやり直しができますし、何回でも逆転するチャンスはあります。

負け組に近づいている人でも絶対に諦めず、この記事に書いてあることを肝に銘じて、これからの人生を生き抜いてください。

そうすれば、人生の勝ち組になることはできます。

貧乏の定義と割合を紹介!日本人の7割が平均以下の貯蓄
貧乏の定義と割合を紹介。「日本人は貧乏すぎる」といわれますが実際に貧乏の割合は多いです。貧富の差は広がっており、貧乏人はますます貧乏になっていきます。お金をもっているというのは強みですし、貧乏人は何もしないと一生貧乏のままです。貧乏から抜け出したいなら今すぐに行動してください。
スポンサーリンク

人生に勝ちたいなら「やり抜く力」を身につけるしかない!

お金と時間の自由を手に入れるためには

・企業してお金持ちの経営者になる
・プロ野球選手で活躍する
・選手としてFIFAワールドカップに出る
・ライブ満員にできるアーティストになる
・大企業の社長と結婚する
・宝くじ6億円を当てる

などの方法があります。

上記以外にもいろいろな方法で「人生の勝ち組」になることができるでしょう。

ただ、お金と時間の自由を手に入れるために、共通して大切なことがひとつあります。

それは「やり抜く力」です。

ある研究で成功するための条件が検証された結果、「やり抜く力」が成功を左右していたとのこと。

様々な状況において、あるひとつの特徴が成功を左右していました。それは「やり抜く力」です。やり抜く力は超長期目標に向けた情熱や忍耐力であり、明けても暮れても自らの将来にこだわることです。その週だけとか、その月だけではなく、何年もの間、一生懸命に取組み、その夢を実現することです。
引用:TED talks(アンジェラ・リー・ダックワース)

学生を例にすれば

「元々、頭が良い」
「両親が熱心で、毎日塾に通っている」
「お金持ち」
「学校での生活」
「友達の種類」

などの環境に関わらず、やり抜く力を持っている生徒の方が卒業する確率が高いとのこと。

つまり、成功するためには、元々の頭のよさ、生活環境、お金の有無は関係なく、物事を最後までやり抜けることができるかが重要だということです。

実家がお金持ちで毎日塾に通っていても、本人が目標を持って勉強をやり抜かないと意味はありません。

芸術・スポーツの才能があっても同じです。

絶対お金持ちになる方法!貧乏からの脱却を目指す
絶対お金持ちになる方法を紹介。お金持ちになる7つの方法をやり遂げることができれば必ずお金持ちになれます。絶対に不可能な方法ではなく誰にでも実現可能な方法だと思っています。行動する前からお金持ちという夢を諦めている人が多すぎるので、お金持ちになりたいなら必ず実践してください。
スポンサーリンク

何かをやり抜かないと人生の勝ち組にはなれない!

どんな方法で目指すかは関係なく、人生の勝ち組になるためにはやり抜く力が必須です。

例えば

お金持ちと結婚をして、お金と時間の自由を手に入れる

という勝ち組の人生を目指すとします。

その場合は、たとえ自分の容姿に自信がなくても、モテる努力をして、お金持ちと結婚できるまで努力をやり抜くのです。

食生活、運動、美容、言葉遣い、立ち振る舞い、マナーなどに気を遣い、自分を磨いて異性からモテることを諦めてはいけません。

これは他の方法でも同じです。

つまり、人生の勝ち組になる方法はたくさんあるけど、目標に向かってひとつのことを努力してやり抜く力がないと実現できないということ。

・企業してお金持ちになりたいのなら、途中で経営が不振になっても、自己破産したとしても、途中で諦めることなく、事業をやり続けなければいけない。

・プロ野球選手として活躍したいのなら、小さいころから毎日練習をして、友達が遊んでいるときも野球のことを考えて、夢を実現するまで野球をやり続けなければいけない。

・FIFAワールドカップに出たいのなら、試合で結果が残せなくても、毎日の練習は欠かさず、体調管理をしっかりとして、サッカーをやり続けなければいけない。

・アーティストしてライブを満員にしたいのなら、たとえCDが売れなくても、ボイストレーニングをして、作詞・作曲して、曲を歌い続けなければいけない。

・大企業の社長と結婚したいのなら、見た目が普通だとしても、綺麗になるために整形して、身体を鍛えて、男性が惹くような言動を勉強して、自分磨きを続けなければいけない。

・宝くじを当てたいのなら、どうせ当たらないと思っても、毎年ハズレくじを確認しても、家族からバカにされても、くじを買い続けなければいけない。

などなど。

人生の勝ち組になる方法はいくつかありますが、どの方法も簡単ではなく、失敗したり、挫折したり、嫌になったり、諦めそうになったりと困難な道のりです。

そのなかで、「人生に勝つ」という目標のために、情熱をもって、忍耐強く、こだわって、やり抜ける人が勝ちます。

1日・1か月だけではなく、何年にもわたってやり抜ける人が、人生の勝ち組になれるのです。

スポンサーリンク

成功者の要素:1万時間の法則

「やり抜く力」に関連して、1万時間の法則というものを紹介します。

1万時間の法則とは

プロのアーティストやスポーツ選手、大企業の経営者や発明家などが、プロで活躍するまでに費やした時間が大体1万時間であった

というもので、成功するための要素を示した法則です。

1万時間を費やせば、必ず「その道のプロ」になれるというものではありませんが、多くのプロはひとつのことに1万時間くらいは費やしているということ。

10000時間はかなりの時間でしょう。

1日に8時間を費やすとして1250日かかるわけで、まさに「やり抜く力」が必要です。

マイクロソフトを設立したビル・ゲイツは1万時間の法則について以下のようにいっています。

「一つのことに1万時間費やせばその分野にずば抜けて強くなる」という人もいるが、私はそんなに単純だとは思わない。実際には50時間を費やした後、90%が脱落する。好きになれない、向いていないという理由でだ。そしてさらに50時間費やした人の90%があきらめる。このような普遍的なサイクルがあるんだ。運だけでなく、続けるだけの熱意も必要だ。1万時間費やした人は、ただ1万時間費やした人ではない。自分で選び、さまざまな過程の中で「選ばれた人」なんだ。

神々しいニュアンスを含んだ「選ばれた人」という言葉で、次元の違いを表現したかったのだと思います。

「高い技術を持つ」という簡単な言葉で片づけるんじゃないと。

野球界のスーパースターであるイチローは、私たちでは想像できないほどの練習をやり抜いて、これまでの活躍があります。

イチローと同じ時代に野球をしてきた人の多くは、「つらい」「苦しい」「楽しくない」と脱落していったでしょう。

しかし、そのなかで、野球をやり抜いたイチローは「選ばれた人」なのです。

スポンサーリンク

人生に勝つために何を始める?

「人生の勝ち組になるためにやり抜く力が必要なのはわかったけど、具体的に何をすればいいのかわからない」

ここでは人生の勝ち組になるための行動指針を示します。

無難なものから、ギャンブル的なものまで、どれを選択するのかはあなた次第です。

ある程度のお金を貯めてみる

何をするにもお金は必要なので、ある程度のお金を貯めてみるといいかもしれません。

超有名YouTuberのヒカキンはスーパーの店員として働いていたころ、夢を実現するためにお金を貯めていたそうです。

ヒカキンは200円の定食を4年間食べ続けて、100万円の貯めたとのこと。

そして、頑張って貯めた100万円があったからこそ、YouTubeがヒットし始めたときに、迷うことなくYouTuberの道を選ぶことができたのです。

ある程度のお金が手元にあると、チャンスが訪れたときに迷うことなく一歩を踏み出すことができます。

人生の勝ち組になるプランが定まっていないときはお金を貯めましょう。

お金を貯めながら、焦らず考えていけばいいのです。

ちなみに、私は人生の勝ち組になるためにお金を貯めました。

そして、貯金1000万円をつくりました。

貯金が1000万円を超えたらどうなった!?20代が達成後を語る
20代で貯金1000万円を達成した方法を解説。20代から節約に取り組んだ結果、貯金1000万円を超えました。貯金が1000万を超えると生活が大きく変わります。心の余裕と安心を手に入れ、投資にチャレンジすることもできたのです。20代で貯金1000万円を達成した節約法はおすすめなのでぜひご覧ください。

図書館で本を読みまくる

人生において、豊富な知識は邪魔にはなりません。

むしろ、人生に勝つために知識は必要不可欠です。

人生の勝ち組になるアイディアが浮かんでいない人は、図書館に通いまくって、気になる本を片っ端から読んでみるのがいいかもしれません。

さまざまな本から勝ち組になるアイディアが見つかるかも。

そして、人生の方向性が決まった人は、図書館でその分野の専門書を読みまくりましょう。

自分が決めた分野の勉強をしっかりとして、知識を蓄えて権威性を身につけることが重要です。

権威性が高まると、自分の行動範囲が広がり、他者に影響を与えることができて、人生の可能性が広がるはず。

ある分野に精通するということは、人生に勝つためのポイントです。

本を買うのはもったいない?買う派と借りる派の意見を整理した
本を買う派と本を借りる派の意見を解説。「本は買うべきか借りるべきか?」と悩んでいる人は多いでしょう。本を買うメリットと本を借りるメリットを紹介しています。個人的には「買う」と「借りる」を使い分けるのがベストです。買うべき本だけを買って、その他の本は借りて済ませましょう。

転職する

「今から人生を変えるなんて遅い」
「一生負け組のままだ」

そんなネガティブ思考が頭の中をぐるぐると回っている人は、思い切って環境を変えてしまうのがいいかもしれません。

思い切って転職しましょう!

今している仕事を辞めて、面白そうな仕事を探してみましょう!

ネガティブになってしまう仕事なんか辞めて、自分が好きな仕事、楽しそうな仕事、給料の高い仕事への転職を考えてもいいと思います。

転職に制限はありませんし、自分の心に従って動けばいいのです。

一度きりの人生ですから、後悔しないように行動しましょう!

スポンサーリンク

まとめ

あなたにとって人生の勝ち組とは何でしょうか?

人それぞれの勝ち組があると思います。

しかし、人生に勝ち切るためには「やり抜く力」が必要です。

自分の目標に向かって、やり抜くことができる人が成功します。

身近なことからでもいいので、何かをやり抜くことを意識してください。

知識や技術の獲得が不可能なことは少なく、一生懸命努力をして時間をかけてやり抜くと、いつかは獲得できるものです。

たとえ同じものが獲得できないとしても、別の方向や視点から同じレベルにまで辿り着くことはできるはず。

さあ、やり抜く力を育てましょう。

20代の投資家が人生の勝ち組である理由
20代の投資家はお金を長く運用できるので人生の勝ち組になりやすいです。多くの20代が無駄遣いする中、堅実な投資を続けた投資家は報われるはず。「お金を増やしたい」と考えていた私は20代から投資を始めました。今では本当に投資を始めて良かったと思っています。投資は早く始めるほどに有利であり高確率でお金を増やしていけるのです。

コメント