スポンサーリンク

高卒の初任給は平均いくら?男女・企業・都道府県別に紹介

スポンサーリンク
高卒の初任給の平均金額・手取り・男女別を紹介お金の話

このページでは高卒の初任給の平均金額を紹介します。

  • 初任給の平均金額
  • 初任給の手取り
  • 男女別の初任給
  • 企業別の初任給
  • 都道府県別の初任給

高校を卒業してから働いて初任給でガッカリしないために相場を知っておくべきです。

※「平成30年 賃金構造基本統計調査(初任給)」より引用。
※金額は新規学卒者の6月分所定内給与金額(きまって支給する現金給与額のうち、時間外勤務手当、深夜勤務手当、休日勤務手当など超過労働給与額を差し引いた金額)
※調査した企業の規模は10人以上。

スポンサーリンク

高卒の初任給の平均は16万5100円

高卒の平均初任給は16万5100円です。

残業代や通勤手当は含まれていないので実際はもう少し貰えます。

あくまで平均なので参考程度にしてください。

高卒の平均初任給の推移は以下のとおりです。

平成29年:16万2100円
平成28年:16万1300円
平成27年:16万900円
平成26年:15万8800円

高卒の平均初任給の推移をみると金額は増加傾向にあります。

サラリーマンとして賃金が上がるのは嬉しいことです。

スポンサーリンク

【男女別】高卒の初任給

高卒の平均初任給の男女別金額は以下のとおり。

男性16万6600円
女性16万2300円

高卒の初任給を男女で比べたとき、男性のほうが金額は多いです。

高卒にかぎらず、短大卒・大学卒・大学院卒でも男性のほうが初任給は多くなっています。

男女別の初任給の推移は以下のとおりです。

男性女性
平成29年16万4200円15万8400円
平成28年16万3500円15万7200円
平成27年16万3400円15万6200円
平成26年16万1300円15万4200円

男女の初任給の推移をみても平均金額は上がっています。

金額の上げ幅は少ないですがモチベーションにはなるでしょう。

平成26~29年まで女性の初任給は15万円台でしたが平成30年では16万円台になっています。

女性の社会進出とともに給料相場はどんどん上がっていくと思います。

スポンサーリンク

高卒の初任給の手取りは約13万円

手取り給料は額面の約80%といわれています。

高卒の初任給(全体)が16万5100円なので

165100×0.8=132080

高卒の初任給の手取りは約13万2080円と計算できます。

統計上の数字なので参考程度にご覧ください。

手取り13万円はあまりに少なすぎるので、実際の高卒給料と大きく離れている可能性はあります。

男女別で計算すると初任給の手取りは以下のとおり。

男性:13万3280円
女性:12万9840円

女性の初任給の手取り金額は13万円を下回っています。

ただ、あくまで初任給なので昇給とともに給料は上がっていくはずです。

関連記事:【一瞬でお金を増やす方法3選】人生を変える投資術とは

スポンサーリンク

【企業別】高校卒の初任給!トップ3・ワースト3も紹介

企業別の高卒初任給を紹介します。

最も初任給が高い企業を赤色、最も低い企業を青色で示します。

大企業16万6500円
中企業16万4000円
小企業16万5200円
建設17万2300円
製造16万4300円
情報通信16万4600円
運輸・郵便16万8500円
卸売・小売16万5100円
金融・保険14万8900円
専門・技術サービス16万7600円
宿泊・飲食サービス16万4900円
教育・学習支援15万9200円
医療・福祉15万9200円
サービス16万7100円

高卒の初任給は建設企業が最も高く、金融・保険企業が最も低くなっています。

初任給で後悔しないためには、企業をしっかりと選ぶことが大切です。

また、平成29年と比べたとき、初任給相場が減少している企業はありませんでした。

給料が上がらないと言われていますが、賃金は少しずつ上昇しています。

上昇率が最も高かったのは運輸・郵便企業で平均初任給が8000円ほど上がっています。

企業別の高卒初任給のトップ3・ワースト3は以下のとおり。


【トップ3】

建設17万2300円
専門・技術サービス16万8500円
情報通信16万7600円

【ワースト3】

金融・保険14万8900円
教育・支援15万9200円
医療・福祉15万9200円

トップ3とワースト3で1万5000円~2万円ほどの差があります。

金融・保険業界の給料の安さには驚きましたし、医療・福祉業界は予想通りの低賃金です。

スポンサーリンク

【都道府県別】高卒の初任給!トップ3・ワースト3も紹介

都道府県別の高卒初任給を紹介します。

最も初任給が高い都道府県を赤色、最も低い都道府県を青色で示します。

北海道15万8600円
青森15万1900円
岩手14万8800円
宮城15万7500円
秋田14万6900円
山形15万1500円
福島15万8900円
茨城16万7500円
栃木16万2700円
群馬16万6300円
埼玉16万9500円
千葉17万800円
東京17万5000円
神奈川17万4200円
新潟16万4700円
富山16万4200円
石川16万8200円
福井16万7100円
山梨16万6800円
長野16万3600円
岐阜16万6900円
静岡17万1100円
愛知16万8200円
三重16万4100円
滋賀16万7800円
京都17万200円
大阪16万9600円
兵庫16万8000円
奈良16万5500円
和歌山15万9700円
島根15万3300円
鳥取15万5800円
岡山16万5700円
広島16万6500円
山口16万4500円
徳島15万4500円
香川16万7200円
愛媛16万1400円
高知15万4100円
福岡16万1700円
佐賀15万5600円
長崎14万8500円
熊本15万6500円
大分15万6400円
宮崎15万4100円
鹿児島15万3600円
沖縄14万8100円

都道府県別の高卒初任給をみると地域によって多少の金額差があります。

初任給は関東・近畿は高く、九州・東北は安いです。

仕事を選ぶときは地域格差を考慮しましょう。

都道府県別の高卒初任給のトップ3・ワースト3は以下のとおり。


【トップ3】

東京17万5000円
神奈川17万4200円
静岡17万1100円

【ワースト3】

秋田14万6900円
沖縄14万8100円
長崎14万8500円

都道府県別の高卒初任給は秋田県が頭ひとつ抜けて安いです

ただ、東北・九州は全体的に初任給が安いので「秋田県だけ給料が安い」と一概には言えません。

学歴別に初任給をまとめているので気になる方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

統計をみると全体的に初任給は上がっている傾向にあります。

それでも「高卒の初任給は安い」と感じる人はいるでしょう。

しかし、学歴によって給料が変化するのは仕方がありません。

学歴は能力を分類する1つの指標なので、高卒と大学卒で給料に差が出るのは避けられないのです。

ただ、学歴がすべてではありません。

大学院卒・大学卒でも仕事ができない人はたくさんいますし、高卒でも月30万円以上稼いでいる人はたくさんいます。

関連記事:一人暮らしの家計簿を公開!20代男性が普通に生活した結果

コメント