投資信託のリスクとは

投資信託のリスクを初心者でもわかるように解説
スポンサーリンク

投資信託は少額から投資ができるので、個人投資家にとって便利な金融商品です。

投資信託を利用すれば100円から投資ができるので、投資初心者や一般家庭でも気軽に投資を始めることができます。

しかし、投資信託にはリスクがあります。

投資信託のリスクを理解せず、資産運用にチャレンジしているのなら、お金を減らしてしまう可能性は高いです。

このページでは投資信託のリスクについて解説します。

投資信託のリスクをしっかりと理解することで、資産を安全に増やすことができるのです。

スポンサーリンク

投資信託のリスクは主に5つある

まずはじめに、投資信託の運用に影響を与えるリスクを紹介しておきます。

これらのリスクは投資信託にかぎらず、すべての資産運用に大きく関係してくるので知らない人は要注意です。

価格変動リスク金融商品の値動きによるリスク。景気動向、企業業績、為替相場などさまざまな要因により、金融商品の価格は変動する。
金利変動リスク金利と債券価格の変動によるリスク。一般的に、金利が上がると債券価格は下落し、金利が下がると債券価格は上昇する。
信用リスク元本や利子が予定通りに支払われないリスク。企業の経営・財務状態が悪くなると、株式、債券、投資信託等の金融商品の価格は下落する。
為替変動リスク為替相場の変動により、外貨建ての金融商品の価値が変動するリスク。
カントリーリスク国の信用リスク。国の政治や経済、社会情勢により変動するリスク。

(みずほ証券HPを参考)

投資家が上記のリスクをどれくらい許容できるかによって、資産運用のリターンが決まります。

これから投資信託を始める方はしっかりと把握しておくべきです。

(※上記に流動性リスクを加えることもあります)

流動性リスクとは、売買が極端に少なくなることで取引が成立せず、売りたいときに売れない可能性があるということ。例えば、企業の不祥事などによる上場廃止が原因で、その企業の株式の出来高が極端に減少し、値がつかず売却できないという事態が起こることがある。
引用:SMBC日興証券HP
スポンサーリンク

投資信託の運用におけるリスクとは?

一般的にリスクとは悪いことが起こる確率のことをいいますよね。

交通事故にあう確率
おみくじで大凶をひく確率
天気予報で雨が降る確率

「リスク=悪い」というイメージがあり、リスクが少ないことを好むのは社会生活においては正しいです。

しかし、投資信託の運用において、リスクの考え方が少し違います。

リスクとは、投資において「結果が不確実であること」を意味する。具体的には、収益(リターン)のばらつきを指す。
引用:投資信託協会HP

投資信託の運用において、リスクとは「リターンのばらつき」をいいます。

ちなみに、リターンとは運用によって得られる収益のことです(リターンがマイナスの場合もあります)

「リスクはリターンのばらつき」ではわかりにくいので、イメージしやすいように例を挙げて説明します。

下表は投資信託の週ごとのリターンです。

リターン
1週目+20%
2週目-45%
3週目+15%
4週目-30%

見てわかると思いますが、リターンの変動が激しいです。

1周目はプラスかと思えば、2週目は大きなマイナスです。

そして、3週目にプラスへ転じたと思えば、4週目にはまたマイナスになっています。

このリターンのばらつきの大きさが投資信託運用のリスクです。

上表の投資信託でいうと、ばらつきが大きいのでリスクは大きいと解釈できます。

では、投資信託の週ごとのリターンが下表のようだった場合、リスクはどうなるのでしょうか?

リターン
1週目-5%
2週目-5%
3週目-5%
4週目-5%

極端な例ですが、週ごとのリターンにばらつきはありません。

リスクの観点からいうと、ばらつきが小さいのでリスクは小さいと解釈できると思います(ただし、期待リターンはマイナスなのでリスクが小さくても誰も投資しません)

このように投資信託の運用におけるリスクとは「リターンのばらつき」を示すのです。

何度もいいますが、投資信託の運用におけるリスクとは、プラスリターン・マイナスリターンの確率ではなく、リターンの振れ幅のことを指します。

スポンサーリンク

投資信託のリスクとリターン

投資信託にかぎらずですが、リスクとリターンは表裏一体の関係にあります。

そのため、投資信託の運用において、リスクとリターンの関係性を理解しておくことは超重要なのです。

リスクとリターンを誤解していると、取り返しのつかない損失を抱えてしまうかもしれません。

・リターンを得るためには、それ相応のリスクを取る必要がある
・投資信託のリスクとリターンは商品によってさまざまである
・リスク許容度の把握は投資信託の運用に必要不可欠
・投資信託のリスクとリターンを確認する方法は関連記事へ⇩

▼「投資信託のリスクとリターン」の詳しい解説はコチラ

関連記事:投資信託のリスクとリターン

投資信託のリスクとリターン
投資信託のリスクとリターンを解説。「投資信託は株式より安全!」といわれますが、リスクとリターンの関係性を誤解して、大きな損失をする投資家はいます。投資においてリスクとリターンは表裏一体であり、ハイリスクの投資信託もあればローリスクの投資信託もあるのです。
スポンサーリンク

投資信託のリスクと標準偏差

投資信託のリスクを理解するうえで、標準偏差の知識はとても大切です。

標準偏差を知らないと安全な資産運用ができないといっても過言ではありません。

標準偏差が理解できると、資産運用の視野が広がるでしょう。

また、標準偏差を使えば、あなたの資産運用の最大損失額を計算することができるので、これから投資を始める方は必見だと思います。

・標準偏差とは投資リスクの指標であり、投資信託のリターンのばらつきを表す
・標準偏差を理解している投資家だけが適切な資産運用ができる
・標準偏差を使えばどれくらいの最大損失が発生するかを把握することができる

▼「投資信託のリスクと標準偏差」の詳しい解説はコチラ

関連記事:投資信託のリスクと標準偏差

投資信託のリスクと標準偏差
投資信託のリスクと標準偏差を解説。投資を始める前に標準偏差の理解を深めておくことはとても大切です。なぜなら、標準偏差は投資リスクの指標であり、標準偏差から予想される最大損失額を把握することができるから。この記事では最大損失額の計算方法についても解説しているので投資初心者は必見です。
スポンサーリンク

投資信託のリスクは低いのか?

「投資信託は株式と比べてリスクが低い」と宣伝する金融関係者はいますが、リスクのバカ高い投資信託も存在するので注意してください。

リスクが低い投資信託はありますが、リスクが高い投資信託もあります。

質のよい投資信託(インデックスファンド)を利用すれば、リスクをコントロールしながら、自分に合った資産運用をすることができるはずです。

・リスクの高い投資信託はある
・リスクの低い投資信託もある
・投資金額が大きくなると変動が大きくなる

▼「投資信託のリスクは低い」の詳しい解説はコチラ

関連記事:投資信託のリスクは低い?実はそうでもない理由

投資信託のリスクは低い?実はそうでもない理由
「投資信託のリスクは低い?」という疑問を解説。結論としてはリスクの高い投資信託もあれば、リスクの低い投資信託もあるので、一概に「投資信託だから安全!」とはいえません。投資初心者はできるだけリスクを抑えた投資信託を選んで、株式市場の雰囲気に慣れることから始めましょう。
スポンサーリンク

投資信託のリスクを分散する方法

投資信託の運用において、できるだけリスクは分散したいですよね。

投資の原則として「分散投資」がありますが、投資信託のリターンを維持したまま、リスクだけを分散することができるのです。

また、投資信託を利用すれば、投資初心者でも手軽に分散投資をすることができます。

・投資対象の分散を第一に考える
・投資対象の数は多いほうがいい
・投資比率の偏りはないほうがいい

▼「投資信託のリスクを分散する方法」の詳しい解説はコチラ

関連記事:投資信託のリスクを分散する方法

投資信託のリスクを分散する方法
投資信託のリスクを分散する方法を解説。投資信託のリスクを下げる方法は「幅広い分散」です。投資信託にかぎらずですが分散投資はリターンを維持しながらリスクだけを下げることができます。また、投資信託は少額で分散投資ができるので、投資初心者の導入としてはおすすめだと思います。

▼失敗しないための投資知識▼


インデックス投資の運用ガイド
インデックス投資のやり方を解説。このページでは「投資初心者でも失敗しないインデックス投資」をモットーにインデックス投資のやり方をまとめています。最低限のポイントをまとめているのでインデックス投資の概要が頭の中にスッと入っていくと思います。

分散投資とは
分散投資について解説。投資の基本である「分散投資」についての基礎知識をまとめました。分散投資はリスク低下という素晴らしい効果をもっており、その恩恵を受けるためには適切な理解が必要不可欠です。分散投資は投資家の努力で実現できるので、やっていない投資家は損をしています。

長期投資とは
長期投資について解説。「投資は長く続けるほど良い」という教えがありますが、長期投資が絶対に報われるとはかぎらないのです。長期投資のリターンがプラスになるかマイナスになるかはわからないという現実を理解しておきましょう。私たちは長期投資が勝つと期待して将来に賭けているだけなのです。

積立投資とは
積立投資について解説。小さなことを積み重ねるのが成功への近道であり、投資初心者は投資信託の積立投資から始めるといいでしょう。資産運用の一部としてインデックスファンドの積立投資はおすすめできます。初心者でもコツコツとお金を増やすことができるはず。

ドルコスト平均法をわかりやすく解説
ドルコスト平均法をわかりやすく解説。「ドルコスト平均法はリスクを下げる」はウソであり、ドルコスト平均法は有利でも不利でもない投資方法です。投資初心者にもわかりやすくドルコスト平均法の基礎知識をまとめているので、金融関係者に騙されないためにもぜひご覧ください。

ポートフォリオと相関係数についてわかりやすく解説
ポートフォリオと相関係数について解説。安全な資産運用のためには「ポートフォリオを分散させる」「資産ごとの相関係数を意識する」ことが大切です。また、分散投資をしたつもりでもポートフォリオと相関係数によってはリスク低下の効果が発揮されないので注意してください。

スポンサーリンク
オオチ ケンジをフォローする
スポンサーリンク
こころどブログ