株価下落は投資信託の買い時なのか?暴落時に28万円を投資した話

株価下落は投資信託の買い時なのか投資コラム
スポンサーリンク

投資をしている人は株価の下落が気になりますよね。

「日経平均株価がマイナス〇%急落しました」
「ダウ平均株価は今季最大の下落幅です」

というようなドキドキするニュースを耳にすることもあると思います。

2018年の相場についてですが「暴落といわれるような株価下落」はありました。

2018年末の大幅な株価下落によって株式市場から姿を消した投資家がいるかもしれません。

株価下落が資産を目減りさせることは間違いありませんし、精神的なストレスになることもあるでしょう。

しかし、株価下落は投資信託の買い時であるともいわれます。

特にインデックス投資家は「株価下落はチャンス!」「暴落はバーゲンセール!」と活気づく人が多い印象です。

このページでは株価下落が投資信託の買い時とされる理由を紹介します。

2018年にいくつかの暴落がありましたが、私は株価が下落しても上昇しても変わらずにコツコツと投資しました。

NISAの運用実績を公開!120万円の年間投資枠は絶対に使い切る
NISAの運用実績を公開。2018年からNISAを始めた初心者が非課税を利用して海外ETFを運用しています。年間120万円の投資枠を使い切りながらNISAを限界まで活用します。NISA終了までに720万円をつぎ込む予定ですが「つみたてNISA」への変更も検討中です。NISAの期間は決まっているので効率的な運用を目指していきます。
スポンサーリンク

株価下落が投資信託の買い時とされる理由

株価下落が投資信託の買い時とされる理由は、価格が安くなっているときに買うことで、投資信託の平均購入価格を低くすることができるからです。

グラフを使って説明します。

ケース1のような上下変動のある相場では、一括投資した場合より定額購入した場合のほうが、平均購入価格を抑えられるかもしれません。

上記のグラフでは同じ60万円を投資しても、「一括投資」と「定額投資」では最終の投資信託の購入口数に違いがあります。

なぜかというと、定額投資では「株価が下落して投資信託を安く買えるときに迷わず買っている」からです。

投資信託の価格が安くなっているので、同じ投資金額でもより多くの口数を買うことができます。

インデックス投資家が「暴落はバーゲンセール!」と活気づく理由は、買い付けの平均単価を低くすることができるからなのです。

そして、毎月一定額の投資信託を買う方法では、「株価が高いときは投資信託を少なく買い」「株価が低いときは投資信託を多く買う」という気休めが利用できます。

毎月一定額を投資する方法を「ドルコスト平均法」と呼びます。

ドルコスト平均法は活用している投資家は「株価が下落したら投資信託をたくさん買える!」と喜ぶでしょう。

ただ、ドルコスト平均法は万能の投資方法ではないので注意してください。

なぜなら、ケース2のような上昇相場では一括投資のほうが有利だからです。

「ドルコスト平均法は最強!」と思っている方は間違いなので気をつけましょう。

詳しくは下記の関連記事をご覧ください。

ドルコスト平均法をわかりやすく解説
ドルコスト平均法をわかりやすく解説。「ドルコスト平均法はリスクを下げる」はウソであり、ドルコスト平均法は有利でも不利でもない投資方法です。投資初心者にもわかりやすくドルコスト平均法の基礎知識をまとめているので、金融関係者に騙されないためにもぜひご覧ください。

また、株価下落によって投資信託の平均購入価格を低くすることができても安心はできません

株価下落が喜ばしいのは、その後に株価上昇があってこそです。

あなたが死ぬまで株価下落が続けば、株価下落は買い時ではありません。

将来的な株価上昇が期待できるからこそ、株価下落は買い時なのです。

さらにいうと、投資信託の買い時なんてわかりません。

株価下落しても、さらに下落するかもしれない。

株価下落は一時的かもしれない。

株価下落の底は10年後かもしれない。

「株価下落は買い時!」と活気づきたい気持ちはわかりますが、買い時がわかるのは買い時が過ぎてからです。

スポンサーリンク

売却するまで損失はまぼろし!長期で考えたら資産は増えるはず

株価が下落するたびに「資産がマイナス○○○万円になった!」と騒ぎたてる投資家はいます。

実際にポートフォリオの損益はマイナスになっているのでしょうが、20~30年という長期投資を心がけている投資家は気にしなくて大丈夫です。

「マイナス○○○万円」というのは一時的な数字であって、一時の暴落で投資信託の価格が下がっているだけです。

損失というのは投資信託を売却しないかぎり確定しません(償還された場合を除く)

投資信託を売却するまでの損失はまぼろしです。

そして、株価下落しても投資信託を売却せずにコツコツと買っていけば、20~30年後には資産が増えると信じてください。

なぜなら、株式市場は長期的に右肩上がりだからです。

下記のダウ平均株価のチャートがそれを示しています。

ダウ平均株価の長期チャート

1980年代にダウ平均株価に連動する投資信託に投資していたら、30年後には大きなリターンを得られました。

投資家は資本主義経済の仕組みにしたがって成長を続ける株式市場に期待するしかないのです。

また、過去のデータを振り返ると株式は素晴らしいリターンを残しています。

株式・債券・金の名目トータルリターン

引用:株式投資に未来(第4版)

200年以上にわたって成長を続けてきた株式市場を信じて、投資を続けられた投資家だけが資産を増やすことができます。

インデックス投資家が株価下落を喜ぶのは、長期的には株式市場全体は成長していくと信じているからです。

20~30年の長期投資を志すのなら、少しの株価下落で投資信託を売却してはいけません。

長期投資をブログで公開!投資信託の売買歴をありのままに
長期投資のプロセスをブログで公開。投資初心者が2017年1月から始めた資産運用の過程を紹介します。投資信託の取引明細をもとにリアルな投資をブログで伝えます。まだまだ長期投資とはいえませんが振り返ってみると紆余曲折があって個人的にも面白かったです。
スポンサーリンク

2018年の暴落は大変だったけど何とか生き抜いた

2018年の株式市場は暴落といわれる株価の下落がいくつかありました。

2018年から投資を始めた投資家は驚いたことでしょう。

私の印象に残った2018年の暴落は2月と12月です。

2018年2月上旬ごろにダウ平均株価は大幅下落しました。

2018年2月のダウ平均株価の暴落

上記のグラフの赤枠が2018年2月上旬のダウ平均株価の暴落です。

2018年の2月5日にダウ平均株価は前週末の終値から1175.21ドルも下げました。

それまでは2008年9月29日の777.68ドル安が史上最悪だったので、暴落といっても過言ではないでしょう。

2018年12月下旬ごろにもダウ平均株価は大幅下落しました。

2018年12月のダウ平均株価の暴落

上記のグラフの赤枠が2018年12月下旬のダウ平均株価の暴落です。

19日は前日比マイナス351.98ドル。
20日は前日比マイナス464.06ドル。
21日は前日比マイナス414.23ドル。
24日は前週末比マイナス653.17ドル。

階段をころげ落ちるようにダウ平均株価は大幅下落しました。

2018年末にこれほどの暴落が訪れるとは誰も思っていなかったでしょう。

そして、ダウ平均株価の下落にともなって日経平均株価も大幅に下落しました。


2018年2月6日の東京株式市場で日経平均株価は大幅安となり3日続落。前日比1071円84銭安で終えた。昨年10月以来の安値で下落幅は2016年6月以来の大きさになった。


2018年12月25日の東京市場で日経平均株価は急落。終値は前週末比1010円安の1万9155円。2017年4月以来、約1年8カ月ぶりの水準となった。下げ幅は2月6日以来、今年2番目の大きさとなる。


2018年に株価の下落がいくつかありましたが、私はコツコツと投資を続けました。

給料から毎月一定の金額をインデックス投資に回していたので、2月の暴落でも投資をしましたし、12月の暴落でも投資をしました。

株式市場から脱落することなく2018年の投資を終えることができて良かったです。

長期投資でリスク低減しない理由
長期投資でリスク低減しない理由を解説。投資本やネットで「長期投資はリスクを下げる」と書かれていることがありますが長期投資はリスクを下げません。これはリスクの捉え方の違いが原因なのですが投資期間によって標準偏差は変わりません。正しくは長期投資によって標準偏差のばらつきは小さくなるです。
スポンサーリンク

暴落によって投資信託の損益はマイナスになった

2018年12月の暴落によって投資信託の損益はマイナスとなりました。


【2018年12月30日】

評価額:369万7112円
損益:マイナス14万8946円


12月下旬の暴落がなければプラスで終えることができたのに(笑)

しかし、投資成績が悪い年もあれば良い年もあります。

一時の株価下落で落ち込んでいてはいけない。

私が見ているのは20~30年後の資産額です。

それまで購入した投資信託は放り投げずに握りしめておきます。

インデックス投資の実績をリアル公開
初心者のインデックス投資実績を公開。病院で週5勤務しながらインデックス投資をしている20代が途中経過を報告します。投資ブログのなかで具体的なポートフォリオや投資実績を公開している人は多くないので、これから投資を始める方には参考になると思います。
スポンサーリンク

私は暴落しても投資信託を買い増し!!

2018年12月19日~24日にかけてダウ平均株価は大幅に下落しましたが、私は24日の週にボーナス全額を使って投資信託を購入しました

ボーナス投資の合計金額は28万円くらいです。

詳しくは関連記事をご覧ください。

ボーナス全額を投資した結果!投資信託がおすすめだと思った理由
私が2018年の冬ボーナス全額を投資した結果を紹介。ボーナスを投資しようか悩んでいる人は投資信託から始めてみるのがいいと思います。なぜなら少額から投資できるからです。まとまった金額を投資するのは勇気が必要ですがサラリーマンならボーナス投資をしても大丈夫だと思います。

暴落しているから投資したわけではなく、ボーナス投資することをすっかりと忘れていて、思い出したときは年末ギリギリだったという感じです。

「株価下落しているしラッキー!」とは思いました。

ですが、悩ましいことに投資信託の休場日が重なって、下落直後に買うことができませんでした。

ボーナス投資した投資信託の受付日時が12月27日で約定日が12月28日ということに。

案の定、ダウ平均株価は26日と27日に大幅上昇したので、私は少し値上がりした段階で買うという結果になりました。

上手くいかないものですね。

少しはガッカリしましたが「まあいいか」という感じです。

長い目でみれば2018年の暴落なんてたいしたことはないので。

20代の投資家が人生の勝ち組である理由
20代の投資家はお金を長く運用できるので人生の勝ち組になりやすいです。多くの20代が無駄遣いする中、堅実な投資を続けた投資家は報われるはず。「お金を増やしたい」と考えていた私は20代から投資を始めました。今では本当に投資を始めて良かったと思っています。投資は早く始めるほどに有利であり高確率でお金を増やしていけるのです。
スポンサーリンク

まとめ

「株価下落は投資信託の買い時なのか?」に対する答えは「正直わからない」です。

投資信託の買い時がわかれば苦労しません。

暴落が訪れても、株価がもっと下落するかもしれないし、何十年も株価下落が続いて損失を広げてしまうかもしれない。

将来の株価は誰にもわからないので、初心者が予想すること自体が無謀だと思います。

「価格が安くなっているときに買うことで、投資信託の平均購入価格を低くすることができる」というのはあくまで気休めです。

なぜなら、最も良い投資活動は「一番安いときに全額投資する」ことです。

一番安いときに買って、一番高いときに売れば、誰よりも儲けることができます。

しかし、初心者には絶対に無理です。

私にも絶対に無理です。

だから、私は給料から毎月一定の金額をコツコツと投資しているのです。

積立投資のメリット・デメリット
積立投資のメリット・デメリットを解説。つみたてNISAの登場によって積立投資が注目されていますが、積立投資のメリット・デメリットはしっかりと把握しておきましょう。デメリットで後悔しないためには投資を始める前が大切です。投資初心者が何もわからない状態で始めるのは危険だと思います。

コメント