ドルコスト平均法をわかりやすく解説

ドルコスト平均法を投資初心者にわかりやすく解説
スポンサーリンク

「ドルコスト平均法は投資リスクを下げてくれるので初心者におすすめ」と思っていませんか?

ドルコスト平均法が有利な投資方法だという理解は間違いです。

ドルコスト平均法は有利でも不利でもない。

ドルコスト平均法を十分に理解していないまま投資をしていると、いつか大きな失敗をしてしまうかもしれません。

このページではドルコスト平均法についてわかりやすく解説します。

相場によって味方や敵にもなる「ドルコスト平均法」をしっかりと理解して、自分に合った投資ライフを送りましょう。

スポンサーリンク

【わかりやすく解説】ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法は一定期間ごとに一定金額で同じ投資対象を買い付ける投資方法です。

具体的にいうと

・毎月15日に投資信託を1万円分買う
・毎週月・水曜日に投資信託を1万円分買う
・偶数月に1回投資信託を10万円分買う
・半年に1回投資信託を50万円分買う

こんな感じの投資方法です。

買い付ける間隔や金額に決まりはなく、とにかく一定期間ごとに一定金額を投資します。

私も実践している投資方法です(インデックスファンドを毎月購入)

ドルコスト平均法はインデックス投資関連の書籍でよく推奨されています。

本書では「積み立て投資」をおすすめします。積み立て投資は、定期的に、たとえば毎月、一定額で同一の投信を購入することを継続します(これを「ドルコスト平均法」といいます)
引用:お金は寝かせて増やしなさい/水瀬ケンイチ

インデックス投資界の大御所である水瀬ケンイチさんは、著書「お金は寝かせて増やしなさい」のなかでドルコスト平均法をおすすめしています。

なぜドルコスト平均法がおすすめなのか?

ドルコスト平均法がおすすめされる理由に

「変動相場において平均購入単価を安くできるかもしれない」

ことが挙げられます(水瀬ケンイチさんがおすすめしている理由は異なります)

ドルコスト平均法がおすすめされる仕組みは、ドルコスト平均法と定数購入を比較すればわかりやすいです。

半年間、ある株式を購入するとします。

ドルコスト平均法では毎月10000円分だけの株式を購入します。

定数購入では毎月100株ずつの株式を購入します。

そして、株式価格の変動が大きかった場合、以下のような結果が想定できます。

株式価格ドルコスト平均法定数購入
購入金額購入
株数
購入金額購入
株数
1月1000円10000円10株10000円10株
2月1250円10000円8株12500円10株
3月2000円10000円5株20000円10株
4月500円10000円20株5000円10株
5月500円10000円20株5000円10株
6月1250円10000円8株12500円10株
合計60000円71株65000円60株
平均購入単価1株845円1株1083円

ドルコスト平均法のほうが多くの株式を購入することができており、平均購入単価も安くすることができています。

これが「ドルコスト平均法は変動相場において平均購入単価を安くできる」の意味です。

しかし、その一方で、ドルコスト平均法は特別有利ではないとも述べています。

「積み立て投資」(ドルコスト平均法)はタイミングを図って売買することと比べて有利なのでしょうか。これについては、べつに有利でも不利でもないと言わざるを得ません。
引用:お金は寝かせて増やしなさい/水瀬ケンイチ

実際に投資リスクの観点から考えると、ドルコスト平均法は有利でも不利でもありません。

上記の例では、結果的にドルコスト平均法で安く購入できただけのことです。

注意が必要なのは「書籍で推奨されているから」「著名人がおすすめしているから」といった理由でドルコスト平均法を実践している人です。

なぜかというと、ドルコスト平均法は絶対的に有利な投資方法ではないので、投資家の期待外れに終わることがあるから。

投資初心者こそ、ドルコスト平均法のメリット・デメリットをしっかりと理解することが大切です。

スポンサーリンク

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法は有利ではありませんが、確かなメリットは存在します。

投資本でおすすめされるドルコスト平均法の強みは以下のとおり。

【ドルコスト平均法のメリット】
・投資の自動化ができる
・投資家の不安を軽減してくれる
・高値での全額投資を防いでくれる

▼「ドルコスト平均法のメリット」の詳しい解説はコチラ

関連記事:ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法のメリット
ドルコスト平均法のメリットを解説。「ドルコスト平均法のメリットは投資リスクを下げる」と思っている投資家は間違いです。ドルコスト平均法の最大のメリットは投資家の不安を軽減してくれて、ストレスフリーな資産運用を実現してくれること。投資初心者は利用する価値があります。
スポンサーリンク

ドルコスト平均法のデメリット

ドルコスト平均法は特別に不利ではありませんが、デメリットはあるので注意してください。

ドルコスト平均法があなたの期待外れに終わる可能性はあるのです。

【ドルコスト平均法のデメリット】
・機会損失する可能性がある
・購入手数料が必要となる
・知的向上心を奪う

▼「ドルコスト平均法のデメリット」の詳しい解説はコチラ

関連記事:ドルコスト平均法のデメリット

ドルコスト平均法のデメリット
ドルコスト平均法のデメリットを解説。ドルコスト平均法が有利な投資方法だと思っているなら注意してください。投資初心者にドルコスト平均法はおすすめされますが、デメリットが存在するので場合によっては大きな損失になるかもしれません。しっかりと理解したうえでドルコスト平均法を実践することが大切です。
スポンサーリンク

ドルコスト平均法が気休めである理由

「ドルコスト平均法は気休めである」という指摘はまさにその通りです。

ドルコスト平均法に投資リスクを下げる効果はなく、投資家の気を休めるために活用するべきなのです。

・ドルコスト平均法は気休めなので投資リスクを下げない
・ドルコスト平均法は投資リスクを先送りにしている

▼「ドルコスト平均法は気休め」の詳しい解説はコチラ

関連記事:「ドルコスト平均法は気休め」の理由を解説

「ドルコスト平均法は気休め」の理由を解説
「ドルコスト平均法は気休め」といわれる理由を解説。ドルコスト平均法は有利でも不利でもない気休めの投資法であり、投資リスクを下げる効果はありません。しかし、気休めというのは投資家の精神的不安を取り除いてくれるので投資初心者にとっては価値があると思います。
スポンサーリンク

ドルコスト平均法のシミュレーション

ドルコスト平均法の成績は相場によって大きく変わるので、投資シミュレーションをしておくことは大切です。

ドルコスト平均法のシミュレーションしておくと、その時々で最適な投資判断ができると思います。

・変動相場のドルコスト平均法は価値がある
・上昇してから下落する相場のドルコスト平均法は弱い
・右肩上がりの相場ではドルコスト平均法は非効率

▼「ドルコスト平均法のシミュレーション」の詳しい解説はコチラ

関連記事:ドルコスト平均法の投資シミュレーション

ドルコスト平均法の投資シミュレーション
ドルコスト平均法の投資シュミレーションを解説。「ドルコスト平均法はどのような相場で得をするのか?」という疑問についてグラフを使って紹介します。変動相場や上昇後に下落する相場ではドルコスト平均法に強みがありますが、右肩上がりの相場では一括投資が効率的です。
スポンサーリンク

最後に:金融関係者のドルコスト商法には気をつけろ!

「投資初心者にはドルコスト平均法がおすすめです!」

こう言いながら、笑顔で近寄ってくる金融関係者がいたら注意してください。

あなたに笑顔で近寄ってきた金融関係者は

「契約獲得!簡単に投資を納得してくれたし、あとは何も言わなくてもドルコスト平均法という名目で商品を買ってくれる」

と思っているかもしれません。

ドルコスト平均法は一定期間ごとに一定金額で買い付けるというルールです。

人はルールを破ることを恐れ、できるだけルールを破らないように生活しています。

そのためドルコスト平均法で「いつ、何を、いくら買うのか」というルールを一度決めてしまえば、それ以降ルールに縛られてしまう人が多いです。

これは素人や投資初心者に多いのではないでしょうか。

「ドルコスト平均法はおすすめ」
「ドルコスト平均法でリスクが低下する」

金融関係者の甘い言葉を信じたお客さんは、何のアプローチをせずとも、疑うことなく商品を買ってくれる「カモ」です。

ドルコスト平均法という名目で、運用コストの高い商品を勧められたら断りましょう。

現在、買っているのなら解約を考えましょう。


▼失敗しないための投資知識▼


インデックス投資の運用ガイド
インデックス投資のやり方を解説。このページでは「投資初心者でも失敗しないインデックス投資」をモットーにインデックス投資のやり方をまとめています。最低限のポイントをまとめているのでインデックス投資の概要が頭の中にスッと入っていくと思います。

分散投資とは
分散投資について解説。投資の基本である「分散投資」についての基礎知識をまとめました。分散投資はリスク低下という素晴らしい効果をもっており、その恩恵を受けるためには適切な理解が必要不可欠です。分散投資は投資家の努力で実現できるので、やっていない投資家は損をしています。

長期投資とは
長期投資について解説。「投資は長く続けるほど良い」という教えがありますが、長期投資が絶対に報われるとはかぎらないのです。長期投資のリターンがプラスになるかマイナスになるかはわからないという現実を理解しておきましょう。私たちは長期投資が勝つと期待して将来に賭けているだけなのです。

積立投資とは
積立投資について解説。小さなことを積み重ねるのが成功への近道であり、投資初心者は投資信託の積立投資から始めるといいでしょう。資産運用の一部としてインデックスファンドの積立投資はおすすめできます。初心者でもコツコツとお金を増やすことができるはず。

投資信託のリスクとは
投資信託のリスクについて解説。これから投資信託の運用を始める方が絶対に知っておくべき基礎知識をまとめました。投資信託のリスクを理解しておかないと適切な資産運用はできません。リスクとリターンの関係性を誤解していると、大きな損失を抱えることになるでしょう。

ポートフォリオと相関係数についてわかりやすく解説
ポートフォリオと相関係数について解説。安全な資産運用のためには「ポートフォリオを分散させる」「資産ごとの相関係数を意識する」ことが大切です。また、分散投資をしたつもりでもポートフォリオと相関係数によってはリスク低下の効果が発揮されないので注意してください。

スポンサーリンク
オオチ ケンジをフォローする
スポンサーリンク
こころどブログ