ボーナス全額を投資した結果!投資信託がおすすめだと思った理由

ボーナスを全額投資した結果投資コラム
スポンサーリンク

「ボーナスの使い道で人生は決まる」

人生が決まるかどうかはわかりませんが、ボーナスの使い道が今後の人生に影響を与えることはあると思います。

洋服を買ったり、高級料理を食べたり、旅行に行ったり、飲みに行ったり、何も考えずにボーナスを散財してしまう人は人生の後半で後悔するかもしれません。

ボーナスに特別な喜びがあるのはわかります。

毎月の給料にはない「臨時収入としての喜び」がボーナスにはありますよね。

しかし、臨時収入だからといって、何も考えずに使い切ってしまうのは良くないです。

なぜなら、毎月の給料も、6月のボーナスも、12月のボーナスも、どれも同じお金であり価値は全く変わらないから。

ちなみに、私はボーナスを全額投資しました。

2018年の冬ボーナスを使って、インデックス投資信託を買いました。

このページではボーナスを全額投資した私が感じたこと(ボーナス投資に投資信託がおすすめな理由)を紹介します。

冬のボーナスを全額投資したことは全く後悔していません。

【投資で勝つための手引き】最初にやるべきことは簡単な〇〇
投資で勝つための手引きを解説。投資で勝つためには負けない投資を続けることが重要であり、最初にやるべき大切なことがあります。簡単な作業で投資の勝率を高めることができ、株式市場の混乱から投資家を守ってくれるでしょう。簡単な〇〇と負けない投資が組み合わされば投資に勝ったも同然です。
スポンサーリンク

ボーナス全額を投資信託に投資

私はボーナスを使って、インデックス投資信託を買いました。

ボーナスをつぎ込んだインデック投資信託は以下のとおりです。

・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
・eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

ボーナスは12月中旬ごろに支給されたのですが、投資するのをすっかり忘れていたので、年末ギリギリのタイミングになってしまいました。

投資した金額は以下のとおり。


eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

【14万円】


【eMAXIS Slim 新興国株式インデックス】

【14万円】


ちなみにですが、私の2018年の冬ボーナスは、2017年より金額は上がっていたのです!

ただ、ボーナスが上がった理由は、2018年の4月に昇給して基本給が上がったからなので、それほど驚きはありませんでした。

ボーナス水準は例年どおりで「業績が良かったから例年以上のボーナスアップ」というわけではありません。

2019年の4月に昇給があって、2019年も例年どおりにボーナスが支給されれば、2019年のボーナスは2018年より金額が高くなるでしょう。

それでも実際にボーナスの金額は上がっているので、深くは考えずに「とにかく良かった」と終わらせておきます。

リハビリ専門職である私のボーナスが詳しく知りたい方は下記の関連記事をご覧ください。

作業療法士の平均ボーナスはいくら?現役OTの年間賞与も紹介!
理学療法士・作業療法士の平均ボーナス金額と20代OTの手取り賞与を紹介。リハビリ職の給料は安定しているといわれていますが賞与金額はどうなのでしょうか。記事では現役20代作業療法士の年間賞与も公開しているので学生さんや同業者はリハビリ職のリアルな数字をぜひご覧ください。
スポンサーリンク

ボーナスを全額投資した結果は「生活に何も影響なし」

私は20万円以上の冬ボーナスを全額投資しました。

では、ボーナス全額を投資した結果はどうなったのでしょうか?

ズバリ、20代の私の生活に何も影響はないです。

ボーナスを全額投資したからといって、私生活に良い変化があるわけでもなく、悪い変化があるわけでもありません。

しいていえば、私の総資産における投資割合が増えただけです。

「投資割合が増えただけ」といいましたが、これは資産形成において小さくもあり大きな変化だと思っています。

そして、私は老後資金のために投資をしているので、ボーナスを投資に回すことが20~30年後に活きてくると信じています。

投資における4つの才能!ゼロでもお金を増やすことができる
投資における4つの才能を紹介。「私には投資の才能がない」と悩んでいる人は多いでしょう。投資の才能が存在するのは事実で、才能ある人が投資で成功します。しかし、投資の才能がゼロでもお金を増やすことはできるのです。インデックス投資を長期間続けることができれば高確率でお金を増やすことができます。
スポンサーリンク

【初心者におすすめ】ボーナスを投資して資産形成を目指す

私はボーナス全額を投資しましたが、「ボーナス全額投資は怖い」と考える人もいるでしょう。

確かに、ボーナスを投資した直後に株価が大暴落したら、精神的なストレスが半端ではないと思います。

しかし、投資方法と考え方を変えれば、不安を軽減しながら、ボーナスを投資して資産形成することができます。

それは「2018年の夏冬ボーナスを2019年に1年間かけて投資していく」という方法です。

例えば、2018年の夏冬ボーナスの合計が36万円だとしたら、その36万円を12等分して2019年に毎月投資していきます。

【2018年】ボーナス合計金額:36万円
2019年1月3万円投資
2019年2月3万円投資
2019年3月3万円投資
2019年4月3万円投資
2019年5月3万円投資
2019年6月3万円投資
2019年7月3万円投資
2019年8月3万円投資
2019年8月3万円投資
2019年9月3万円投資
2019年10月3万円投資
2019年11月3万円投資
2019年12月3万円投資
【2019年】投資合計金額:36万円

上記のようにボーナスを翌年に分割して投資することで、ボーナス投資と大暴落の間にある不安を軽減できるのではないでしょうか。

ただ、これを実践するには、投資先を購入手数料が無料の投資信託に限定しないといけません(詳しくは後述します)

自分へのメリットを残しながら、購入手数料で損をしないように、毎月3万円ずつ投資できる商品は数少ないので、私は自然とインデックス投資信託になりました

ただ、正直いうと、ボーナスを余剰資金(翌年の投資資金)として残さず、全額投資して自分が最適と考える資産割合を維持するのが一番良いとは思います。

インデックス投資の運用ガイド
インデックス投資のやり方を解説。このページでは「投資初心者でも失敗しないインデックス投資」をモットーにインデックス投資のやり方をまとめています。最低限のポイントをまとめているのでインデックス投資の概要が頭の中にスッと入っていくと思います。

ただ、初心者は難しいことを考える必要はありません。

「お金は寝かせて増やしなさい」というインデックス投資の本を読んで、証券口座を開設して、インデックス投資信託をコツコツと買い続けていけば、自然と資産が形成されるはずです。

インデックス投資だからボーナスを全額投資しても平気なのです。

【要約】お金は寝かせて増やしなさい-水瀬ケンイチ・著
「お金は寝かせて増やしなさい」の要約を紹介。お金は寝かせて増やしなさいはブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の運営者である水瀬ケンイチさんの著書であり、インデックス投資についてわかりやすく解説されています。インデックス投資に興味がある投資初心者におすすめの一冊です。
スポンサーリンク

投資信託なら100円から投資ができる!

今の時代なら投資信託に100円から投資ができます。


【SBI証券】


【楽天証券】


【マネックス証券】


SBI証券と楽天証券とマネックス証券では、100円から投資を始めることができるのです。

つまり、ボーナスが1万円だとしても投資ができるということ。

「ボーナスが少ないから」
「お金がないから」

お金がないことを理由に投資をしない人がいますが、毎日の缶コーヒー代を節約すれば投資を始めることができます

人生経験として投資信託から投資を始めるのはとても良いと思います。

ボーナスをどのように投資しようか悩む人は多いはず。

臨時収入だからこそ、なんか失敗したくないし、なんか後悔したくないから悩んでしまうのです。

100円から投資できる投資信託は心理的なハードルを下げてくれます。

「100円だから手軽にできる」
「100円だから失敗してもショックは小さい」

投資信託は私を含む投資初心者の気休めとなるでしょう。

ボーナスが12万円だとしたら、12万円を一気に投資してもいいし、毎月1万円ずつ投資してもいいし、自分の不安が少ないように投資信託を買えばいいのです。

ただし、100円から投資を始めるのなら、購入手数料が無料の投資信託を選びましょう。

そして、信託報酬が低い投資信託を選びましょう。

インデックス投資信託なら購入手数料が無料で信託報酬の低い素晴らしい商品がそろっています。

だから、私はインデックス投資信託を選びました。

インデックス投資の実績をリアル公開
初心者のインデックス投資実績を公開。病院で週5勤務しながらインデックス投資をしている20代が途中経過を報告します。投資ブログのなかで具体的なポートフォリオや投資実績を公開している人は多くないので、これから投資を始める方には参考になると思います。
スポンサーリンク

貯金するより余裕があれば投資したほうがいい?

私はボーナスを貯金するくらいなら投資をしたほうがいいと考えます。

なぜなら、効率よくお金を増やすことができるから。

では、ボーナスを貯金した場合と投資した場合を比較してみましょう。

さきほど、「2018年の夏冬ボーナスの合計が36万円」という例を挙げました。

ここでは年間36万円のボーナスを例にして

・貯金ケース:20年間かけてボーナスをすべて貯金した場合
・投資ケース:20年間かけてボーナスを年利3%で投資した場合

上記2つのケースを比べてみます。


【貯金ケース】

あなたが毎年36万円のボーナスを20年間かけて貯金した場合、単純計算をすると720万円のお金が手元に残ります。

36万円×20年=720万円

しかし、ここに利息がつくので20年後には720万円と数百円くらいの金額が銀行に入っていると思います。

貯金では720万円の資産形成ができていますが、増やすことができた金額はたったの数百円です。


【投資ケース】

投資ケースではさきほど紹介した方法を取り入れます。

今年のボーナス36万円を12等分して翌年に毎月投資していきます。

【今年-翌年の投資例】

今年のボーナス合計金額:36万円
2019年1月3万円投資
2019年2月3万円投資
2019年3月3万円投資
2019年4月3万円投資
2019年5月3万円投資
2019年6月3万円投資
2019年7月3万円投資
2019年8月3万円投資
2019年8月3万円投資
2019年9月3万円投資
2019年10月3万円投資
2019年11月3万円投資
2019年12月3万円投資
翌年の投資合計金額:36万円

つまり、投資ケースでは今年から投資ができません。

今年のボーナスを翌年から投資するので、まず1年間は仕事を頑張ってボーナスをもらう必要があります。

では、投資ケースの結果発表です。

あなたが毎年36万円のボーナスを20年間かけて年利3%で投資した場合、複利計算をすると約920万円のお金が手元に残ります。


引用:【金融庁HP】資産運用シミュレーション

貯金ケースは約720万円なので、結果の違いに驚きます。

運用期間が19年になっているのは、最初の1年目は投資ができないからです(1年間は仕事を頑張ってボーナスをもらう必要がある)

グラフにすると以下のとおり。


引用:【金融庁HP】資産運用シミュレーション

貯金ケースでは数百円しかお金が増えていませんが、投資ケースでは約230万も増やすことができています。

そう考えると投資の力は凄いと思います。

ちなみにですが、年利5%で運用できた場合は1000万円超です。


ここまでで「ボーナスを貯金するのと投資するのでは結果が大きく違う」とわかっていただけたと思います。

しかし、ここで挙げたのはあくまで例です。

銀行の預金金利が上がれば、貯金したほうがお金を増やせるかもしれません。

投資をしても年利3%のリターンが得られないかもしれません。

景気が悪ければ、投資によってお金を減らしてしまうかもしれません。

20年後の将来なんて誰にもわからないです。

ボーナスを貯金するのか、ボーナスを投資するのか、あなたの選択で将来が決まります。

私は「ボーナスをインデックス投資する」を選びました。

日本人は投資の割合が低すぎる!預金してもお金は増えない
日本人の投資割合と投資しない理由を紹介。「日本人は貯金しすぎ」といわれますが投資をしている人は本当に少ないです。株式投資や資産運用を実践しないと貯金だけでお金を増やせません。日本人の投資割合の低さには驚きますし、お金持ちになりたいなら投資で資本を増やすべきです。
スポンサーリンク

サラリーマンはボーナス投資をチャレンジしても大丈夫!

サラリーマンが「ボーナスを投資して失敗したらどうしよう」と過度に不安視する必要はないでしょう。

なぜなら、毎月の給料があるからです。

ボーナス全額が消えてしまったとしても、会社から安定して月給をもらえていれば、生活にそれほど影響はないと思いませんか。

毎月の給料で普通に生活できていれば、人生経験としてボーナスを投資するのは悪いことではありません。

私の場合はある程度の預貯金があるので、ボーナスが消えてなくなっても生活に影響はないです。

預貯金が生活を守ってくれるので、ボーナスを使ってガンガン投資できます。

しかし、ボーナス投資をしないほうがいいサラリーマンはいます。

ギリギリの生活をしていたり、ボーナス返済を想定して住宅ローンを組んでいたり、ボーナスがないと死活問題になるサラリーマンは投資をしないほうがいいでしょう。

投資はプラスになる可能性もありますが、マイナスになる可能性もあるので。

そんなサラリーマンはお小遣いから投資を始めるのがいいと思います。

毎月のお小遣いから投資をしてもお金を増やすことはできるのです。

なぜなら、給料も、ボーナスも、お小遣いも、すべて同じお金だから。

サラリーマンの小遣いから投資をしてもお金は増やすことができる
サラリーマンのお小遣いからできる投資を紹介します。「お金がない」といって投資を避ける人がいますが、今の時代なら100円から投資ができるのです。サラリーマンの資産運用の味方であるインデックス投資は少額から始められて、なおかつシンプルにお金が増やせるので初心者におすすめだと思います。
スポンサーリンク

まとめ

私は2018年の冬ボーナス28万円を使って、インデックス投資信託を買ったわけですが、みなさんはどのような使い方をしたのでしょうか。

・両親への親孝行
・誰かへのプレゼント
・自分へのごほうび
・銀行への貯金

ボーナスの使い道は自由なので「あなたのボーナスの使い道は間違い」とケチをつけるのは的外れです。

ということは、ボーナスを全額投資することも間違いではありません

私はボーナス全額を投資したので、老後にむけた資産形成が少し進みました。

もし、あなたがボーナス投資を始めようと思ったなら、インデックス投資信託であれば100円から投資できます。

NISAの運用実績を公開!120万円の年間投資枠は絶対に使い切る
NISAの運用実績を公開。2018年からNISAを始めた初心者が非課税を利用して海外ETFを運用しています。年間120万円の投資枠を使い切りながらNISAを限界まで活用します。NISA終了までに720万円をつぎ込む予定ですが「つみたてNISA」への変更も検討中です。NISAの期間は決まっているので効率的な運用を目指していきます。

コメント