作業療法士の平均ボーナスはいくら?現役OTの年間賞与も紹介!

作業療法士の平均ボーナスと20代OTの手取り賞与を公開作業療法士
スポンサーリンク

「作業療法士のボーナスは高いの?低いの?」
「作業療法士に賞与はあるの?」

リハビリ専門職のボーナス金額は気になりますよね。

作業療法士を目指している学生さんにとって、ボーナス金額は将来を左右する重要な要素なので絶対に確認しておくべきです。

しかし、医療の世界にお金の話を持ち込むのは「やらしい」とされているので、実際のボーナス金額なんてわかりませんよね。

このページでは作業療法士の平均ボーナスと現役20代作業療法士の年間賞与を紹介。

病院に勤務している20代作業療法士の給料明細から、夏期賞与と冬期賞与の手取り金額を晒しているので必見です。

※記事の金額は「平成30年 賃金構造基本統計調査」より引用。
※表示金額は所定内給与金額です(きまって支給する現金給与額のうち、時間外勤務手当、深夜勤務手当、休日勤務手当など超過労働給与額を差し引いた金額)
※調査した企業の規模は10人以上。
スポンサーリンク

作業療法士の平均ボーナスは66万円!

理学療法士・作業療法士(全体)

66万2200円


理学療法士・作業療法士(男性)

66万2700円


理学療法士・作業療法士(女性)

66万1600円


作業療法士の平均給料が27万円くらいなので、年間賞与は2.4か月くらいということ。

平均ボーナスが年間3か月分にも届かないというのはさびしい結果です。

ただ、職場によってはボーナスがもらえない作業療法士もいます(私の知り合いのOTはボーナスカットされていた)

作業療法士としてボーナスをもらえるだけでもありがたいと考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

作業療法士の年代別ボーナス額

作業療法士のボーナスは年代に紹介します。


20~24歳

男性 28万9800円

女性 55万2800円


25~29歳

男性 64万4500円

女性 61万5100円


30~34歳

男性 68万7600円

女性 62万8700円


35~39歳

男性 78万2400円

女性 66万円


40~44歳

男性 90万100円

女性 81万900円


45~49歳

男性 76万7400円

女性 79万8200円


50~54歳

男性 108万3700円

女性 95万4100円


55~59歳

男性 111万200円

女性 132万6900円


40代~50代になるとボーナスが大幅に増加しています。

おそらくですが、これは40代~50代の作業療法士の基本給が異常なほど高いからでしょう。

40~50代になると大幅にボーナスがアップするというわけではありません。

40~50代の作業療法士は、リハビリ専門職が金のなる木だった時代に働き始めているので、基本給が今の時代より高く設定されています。

リハビリ専門職が金のなる木だった時代は、高い給料を払ってでも、病院・施設は理学療法士・作業療法士を欲しかったらしいです。

一度上げた給料を下げることは難しいので、40~50代の作業療法士は古き時代を受け継いで、今の時代に高いボーナスをもらっています。

また、40~50代になると管理職の作業療法士が増えてくることも要因でしょう。

リハビリ専門職でそれなりの給料をもらっている人は、それなりの役職についている人がほとんどですから。

スポンサーリンク

現役の20代作業療法士の年間賞与を公開!

20代作業療法士の年間賞与を公開!

2018年 夏期賞与
賞与317000
控除56637
手取り賞与260363円
2018年 冬期賞与
賞与320000
控除43399
手取り賞与276601円

当ブログ管理人のリアル年間賞与です。

手取りで年間53万円くらい。

額面でいうと63万1000円なので、ほぼ平均と同じくらいもらっていることになります。

年齢を考えると平均以上のボーナスをもらっているのでありがたいです。

しかし、同じ年齢でも私よりボーナスをもらっている作業療法士はいます

また、企業に勤める友達は100万円近くのボーナスをもらっているので満足はしていません。

スポンサーリンク

作業療法士の年間賞与は大体何か月分?

作業療法士の年間賞与は職場によってさまざまです。

4.5か月のところもあれば、3か月、2か月、1か月のところもあるでしょう。

ちなみに、私の職場は年間賞与3か月分と聞いています(実際に3か月分のボーナスが出たことはないですが・・)

では、作業療法士の年間賞与は大体何カ月分が多いのか?

ズバリ、4か月分です!

友達から聞いた話や求人を見た限りでは、年間賞与4か月としている病院が多いです。

総合病院など大きな病院・施設であるほど、年間賞与をしっかりと出している気がします。

当たり前のことですが、職場を決めるときは賞与の金額もしっかりと確認しておきましょう。

大学の同期は基本給が私より低いのですが、年間賞与が4か月もあるので、賞与を含めた年収では私が負けてしまいます。

基本給では勝っているのに、ボーナスを含めると負けてしまう。

反対に、年間賞与が2か月しかなくて、泣いている同期もいるので、職場選びは本当に大切だとつくづく思います。

スポンサーリンク

他の医療・福祉職種の平均ボーナスは?

作業療法士だけでなく、他の医療・福祉職のボーナスを調べてみました。

医療・福祉の世界で一番の高給取りはもちろん医者ですが、その他にも意外な職種が高給取りだったりします。

医療・福祉には、医師・看護師・理学療法士・作業療法士以外にも、お金を稼ぐことのできる職種があるので、ぜひ参考にしてください。


【医師】

92万1200円


【看護師】

81万6500円


【薬剤師】

87万7100円


【診療放射線技師】

94万6700円


【臨床検査技師】

89万6500円


【ケアマネジャー】

62万3600円


【ホームヘルパー】

44万300円


【福祉施設介護員】

51万9900円


診療放射線技師のボーナスが医師より高いです(データの信憑性を疑います)

看護師は80万円近くのボーナスがあり、看護学校の多さ、就職、需要を考えるとかなり魅力的だと思います。

介護職は予想通りに低いのですが、ホームヘルパーのボーナスだけが断トツに低い理由がわかりません。

ホームヘルパーは、資格手当がない?、非正規が多い?、そもそも低い?など、いろいろと関係しているのかもしれません。

スポンサーリンク

今後は作業療法士のボーナスはなくなる!?

私の職場ではこれまでボーナスが出なかったことはありません。

職場によってはボーナスカットがあるみたいなので、金額に不満をいうのが申し訳ないほど恵まれていると思います。

しかし、これからの時代はボーナスがなくなるかもしれません。

なぜなら、少子高齢化社会によって、作業療法士の需要が減る可能性があるからです。

作業療法士はいらない!?OTの失業リスクを紹介
作業療法士の失業リスクを紹介。「作業療法士はいらない」といわれる時代がくるかもしれません。作業療法士にかぎらず、理学療法士や言語聴覚士の将来は安泰ではないのです。医療・介護保険に守られてきたPT・OT・STが当たり前のようにリストラされる可能性はあります。

多くの作業療法士の給料は公的保険から出ているので、少子高齢化によって医療・介護保険が崩壊すれば給料は危険にさらされるでしょう。

国が医療と介護にかかるお金を削減しようと動くと、病院・施設への報酬がカットされ、経営が苦しくなると予想できます。

そして、経営が苦しくなった病院・施設は、人件費の削減に動き、給料・ボーナスのカットも考えるはずです。

これまでボーナスが出ているからといって、これからもボーナスが出るわけではありません。

昨年のボーナスが今年になってゼロになる可能性はあります。

スポンサーリンク

作業療法士のボーナスを上げる方法は?

作業療法士のボーナスを上げるのは難しいです。

病院・施設で働いているかぎり、作業療法士の給料はなかなか上がらないので、ボーナスも同じように上がりません。

作業療法士の給料・ボーナスが上がらない理由は作業療法士の給料について書いた記事で解説しているのでぜひご覧ください。

作業療法士の平均給料はいくら?20代OTの手取り給料も公開!
理学療法士・作業療法士の平均給料と20代作業療法士の手取り金額を紹介します。作業療法士の給料が安い理由と手取りを増やす方法も解説しているのでOTを目指している学生さんや新人さんは確認しておくべきです。勤務地、役職、経験年数による給料の違いもまとめています。

ただ、それでは解決にならないので、作業療法士のボーナスを上げる方法をいくつか紹介します。

作業療法士のスキルを活かして事業をする

病院・施設で働いているかぎり、どれだけ知識と技術があっても、ボーナスアップには限界があります。

あなたに素晴らしい知識と技術があるのならば、それを活かしてビジネスを起こしましょう。

・作業療法士の知識と技術を活かして、困っている人をサポートをする事業所をつくる
・セミナー講師として施設や病院で研修を行う
・研究や本の執筆にたずさわる
・作業療法士と関係のない新たな視点から起業する

私にはビジネススキルや先見の明が全くないので、良い例えが挙げられませんがお金になるビジネスを自分で考えて実践すればいいだけ。

自分でやって、自分で稼げば、ボーナスなんて自由です。

病院・施設の偉い人と仲良くなる

病院の経営者や院長先生と仲良くなって、上手いことおねだりをすると、ボーナスを上げてくれるかもしれません。

「そんなことでボーナスが上がるわけないでしょ!ブラック企業じゃあるまいし・・・」と思う人はいるでしょう。

しかし、私の病院では全く同じ条件でも職員によってボーナスが違うというウワサがあります。

あくまで、ウワサなので、真意のほどはわかりません。

職員同士で賞与金額を見せ合うこともないので確認のしようもありません。

ただ、お偉いさんとゴルフに行ったり、飲みに行ったりしている人のボーナスは高いとか。

信じるか、信じないかはあなた次第です。

転職する

「作業療法士のボーナスは上がらない」
「今の職場の年間賞与はもの足りない」

あなたが作業療法士のボーナスで悩んでいるのなら思い切って転職しましょう!

グダグダと悩んでいるだけでは解決しませんし、人生は何度でもやり直しできるので、勇気を出して環境を変えるのがいいと思います。

今よりボーナスが高い職場は必ずあります。

ボーナスを上げるための転職では以下のポイントに注意してください

・ボーナスが何カ月分なのかを確認する
・ボーナスがカットされる可能性を確認する
・基本給と手当の割合を確認する

ボーナスが何か月分なのか、ボーナスカットはあり得るのか、会社に騙されないよう転職時にはしっかりと確認しましょう。

また、ボーナスの金額は基本給をベースにして決まります。

ブラック企業はボーナスを削減するため、契約時の基本給を低く設定するので注意してください。

基本給を低く設定して、資格手当や皆勤手当を高めに設定して、ボーナス削減した契約をする会社はあるのです。

ボーナスをしっかりともらいたいなら、契約時に基本給と諸手当の割合を確認するべき。

そして、ボーナスを上げるための転職なら「マイナビコメディカル」がおすすめです。


【マイナビコメディカルの特徴】
・登録から入職までに費用はかからない
・簡単に利用できるサービス体系(登録は1分で完了)
・厚生労働省から認可を受けた転職・就職支援サービスだから安心
・各地の医療機関や施設に精通した専門のキャリアアドバイザーが相談にのってくれる

転職に失敗したくないなら、しっかりとした転職サービスを利用するべきだと思います。

転職をくり返すのは時間の無駄ですし、頻繁な転職はイメージも良くないので、転職先は1発で決めたいところ

「マイナビコメディカル」を運営するのは「マイナビ」や「マイナビ転職」で有名なマイナビグループです。

大手の転職サイトは圧倒的な情報量をもっているので、あなたの希望にあった転職先が見つかりやすいはず。

また「マイナビコメディカル」の登録は無料です。

無料登録しておくと、あなたの希望にあった求人をメール・電話で教えてくれます。

転職情報を収集するために「マイナビコメディカル」への登録だけをしておいてもいいでしょう。

無料登録だけでも済ませておくと、自動的に転職情報が入ってくるので、「辞めたい!」と思ったときに素早く行動できます。

無料登録はコチラ⇩
PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

さらに、マイナビコメディカルでは専門のキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーが転職先の給料形態・ボーナス事情を紹介の時点で教えてくれるので、転職のミスマッチを減らすことができるでしょう。

「求人ではボーナス4か月と書かれていたけど、実際に働いたらボーナス2か月だった」

悪質な求人がないとはいえないので、キャリアアドバイザーに転職サポートしてもらうと安心だと思います。

詳しく知りたい方は下記の関連記事をご覧ください

【転職】マイナビコメディカルの特徴・評判・口コミを解説
【PT・OTの転職】マイナビコメディカルを解説。ひとりでの転職や初めての転職で不安を感じている理学療法士・作業療法士の方はマイナビコメディカルがおすすめです。無料で利用でき、スピーディーかつ丁寧に転職をサポートしてくれるので、転職の失敗を防ぐことができます。マイナビコメディカルをひとつの転職ツールとして使うべきでしょう。
スポンサーリンク

まとめ

理学療法士・作業療法士(全体)の平均ボーナスが66万2200円という結果をみて、学生はどのように思ったのでしょうか。

あなたがボーナスを少ないと感じたのなら新たな道を考えましょう。

作業療法士としてのボーナスを上げるには限界があります。

もっとボーナスが欲しいのなら、転職をするのが一番確率が高くて、最善の手だと思います。

若ければ若いほど、可能性は無限に広がっており、転職のチャンスが何度もありますし、成功する確率も高いはずです。

コメント