ニキビ跡の気にしすぎはNG!?正しい対処方法と治療を紹介

ニキビ跡の気にしすぎはNG!正しい対処法と治療スキンケア
スポンサーリンク

「顔にニキビ跡があって鏡を見るのが苦痛」
「ニキビ跡で顔がデコボコして見た目が悪い」

ニキビ跡の悩みは深刻ですよね。

私も中学校のころからニキビができ始め、20代の前半までニキビ跡で悩まされました。

ニキビ跡で悩んでいたころによくいわれたのがニキビ跡を気にしすぎるのは良くないよの一言です。

そして、この言葉をいうのはニキビで苦労したことのない人でした。

はたして、ニキビの気にしすぎは良くないのでしょうか?

このページでは中学校からニキビで苦しんだ私がニキビ跡について私見を書いていきます。

ニキビ跡に苦しんでいる人の参考になれば幸いです。

美肌作りの正しい方法を解説!最も大切なのは肌の細胞を守ること
美肌作りの正しい方法を紹介!間違ったスキンケアによって美肌から離れている人は意外と多いです。美容・美白に力を入れる前にするべきことがあります。美肌作りは「肌を守る」ことから始まるのです。肌本来の機能を取り戻すと自然に肌は綺麗になります。そして、食事・運動・ストレスを意識するともっと綺麗になります。
スポンサーリンク

ニキビ跡を気にしすぎるとさらに悪化する

結論としてニキビ跡を気にしすぎると悪化することが多いです。

なぜなら、ニキビ跡を気にしすぎることで悪循環に陥ってしまうから。

実際に私は中学・高校とニキビを気にして、いろいろなことを試した結果、ニキビが悪化してしまいました。

いくつか例を挙げます。

ニキビを触ってしまう

ニキビを気にしすぎる人は頻繁に鏡で自分の顔をチェックしがちです。

「新しいニキビができていないかな」
「ニキビが酷くなっていないかな」

というように何度もニキビをチェックします。

そして、気になるあまり、ニキビに触れてしまいます

すると

・赤ニキビを触って血が出てしまう
・白ニキビを触って潰してしまう

ということが起きやすくなります。

ニキビを潰すことは基本的に良くありません。

ニキビを触ることによって、炎症が強くなり、皮膚のダメージが蓄積することによって、ニキビ跡がくっきり残るようになります。

ニキビを気にして触ると、ニキビが悪化し、ニキビ跡も酷くなるという悪循環が起こるのです。

洗顔を頑張ってしまう

ニキビ・ニキビ跡を気にする人は過剰な洗顔をしがちです。

顔の汚れを取ることに執着して、ゴシゴシと強く洗顔してしまいます。

過剰な洗顔によって皮膚を強く擦ったり、余分な皮脂を取り除いたりするとニキビが悪化します。

皮膚への刺激や摩擦に反応して炎症が強くなりますし、潤いのない乾燥した肌はボロボロになるでしょう。

一日の汚れを取るための洗顔は確かに大切ですが、過剰な洗顔はニキビを悪化させるだけです。

過剰な洗顔は肌を傷つけ、ニキビを悪化させ、ニキビ跡をひどくします。

保湿剤・クリームなどいろいろな物を試してしまう

「ニキビ跡とサヨナラしたい」と強く思う人ほど、いろいろな化粧品を試しがちです。

テレビやネットで紹介されている商品を片っ端から試している人もいるでしょう。

「なんとしてでもニキビ跡を治したい!」と思う気持ちはわかります。

しかし、ニキビ跡を気にして、いろいろな物を試しすぎるのは危険です

いろいろと試すこと自体が肌の刺激になりますし、自分に合っていない商品を試したときのダメージは大きいです。

テレビやネットの商品は過剰広告されていることが多いので、宣伝通りの効果が表れるとは限りません。

わけのわからない商品を試して取り返しのつかないことになる人もいます。

精神的ストレスを感じてしまう

「ニキビ跡が気になってオシャレもできない」
「他人にニキビ跡を見られているようで怖い」
「ニキビ跡のせいで人前に出るのが嫌になる」

ニキビ跡による悩みやストレスは相当なものです。

私もニキビが酷かったときは友達の視線が気になりましたし、外に出かけるのも憂鬱でした。

顔のニキビ・ニキビ跡は隠すことができないから余計にストレスを感じます。

そして、強いストレスはホルモンバランスや自律神経を乱して、ニキビをさらに悪化させます。

人によってはストレスで生活リズムや睡眠時間が崩れて、ニキビが酷くなる人もいるでしょう。

ニキビ・ニキビ跡で悩んだことのない人にこの苦しみはわからないはず。

化粧品の嘘に騙されるな!間違えられやすい5つのスキンケア
化粧品の5つの嘘を紹介。化粧品の間違った情報で肌が荒れた人はいると思います。化粧品の嘘によって被害を受けるのは自分自身です。スキンケアで後悔しないために正しい知識を身につけましょう。化粧品を使うこと自体は問題ないのですが化粧品の嘘に騙されるのは危険です。
スポンサーリンク

「気にしない!」と思っても気になるのがニキビ跡

・ニキビを触る
・過剰な洗顔
・過度なニキビ対策
・精神的ストレス

ニキビ・ニキビ跡の気にしすぎによる弊害は上記4つです。

ニキビで悩んだことのない人は「ニキビ跡なんて気にしないで!」「ニキビのことは忘れて我慢して!」と簡単にいうでしょう。

確かにその通りで、ニキビを気にしすぎることは良くありません。

しかし、それでも気になるのがニキビです!

顔のニキビ跡は隠すことができないからこそ気になるのです!

気にしないと思えば思うほど気になるんですよね。

特に10~20代のころは、恋愛、オシャレ、遊び、旅行など楽しいイベントがたくさんあって、一番充実しているときです。

10~20代にニキビで悩まされるのがどれほど苦痛なことか。

「なんで私だけ!!」
「できれば生まれ変わりたい!」

10~20代は二度と戻ってこないからこそ、深く悩んで気にしすぎてしまうのです。

【即効】ニキビの治し方!朝起きたら吹き出物が消えている
ニキビの即効性のある治し方を紹介。赤ニキビや黄ニキビを明日・明後日までに治すことはできます。100%の確率で完治することは難しいですが、事実として私はニキビを即効で治しています。顔のニキビは気になりますし、できるだけ早く治したいものです。すべての方に適用するかはわかりませんが参考程度にご覧ください。
スポンサーリンク

他人はニキビ跡なんか気にしていない!?

私は10年ほどニキビ・ニキビ跡で悩んでいました。

一番苦痛だったのがニキビとニキビ跡で荒れた肌を他人に見られるときです。

「ニキビが酷いと思われているんじゃないか」
「ニキビ跡が汚いと嫌われるんじゃないか」

ニキビ跡を気にしすぎるあまり、かなりネガティブになっていました。

しかし、今は違います。

「ほとんどの人はあなたのニキビを気にしていない」という事実を知ってから気持ちがとても楽になりました。

だって、考えてみてください。

街の中でニキビの酷い人を見かけたとき、ジロジロと凝視しますか?

私はしません。

「あの人はニキビがあるんだな」「肌が弱くてニキビ跡ができるんだな」と思うくらいで、それ以上でも以下でもありません。

ニキビの人を見かけたからといって、指をさして笑ったり、大きな声で指摘したりはしません。

ただ、ふと見て、「ニキビがあるな」と思うだけです。

友達の肌が荒れていたとしても同じ。

「友達の肌が荒れているな」と思うだけです。

ただ思うだけで、それ以上でも以下でもありません。

また、友達の肌が荒れていたとしても、ニキビ跡があったとしても、シミがあったとしても、見慣れてしまえば全く気になりません。

毎日会っていれば見慣れますし、慣れてしまえば視線がいくこともないです。

ニキビ跡を気にしているのは他人ではなく自分なのだと思います。

「ほとんどの人はあなたのニキビを気にしていない」と考えることで気持ちがとても楽になるはずです。

【ストレスによる肌荒れ】男性のほうが気をつけるべき理由
男性がストレスの肌荒れを気をつけるべき理由を紹介。「男に肌荒れは関係ない」と思っている人は絶対にスキンケアをするべきです。ストレスによる肌荒れを放置していると最悪の事態になります。肌荒れは仕事に悪影響を及ぼすのです。ストレスによる肌荒れの治し方を紹介しているので今すぐに実践してください。
スポンサーリンク

私もニキビに苦しめられていた

私は中学から20代の前半までニキビ・ニキビ跡に悩んでいました。

中学から高校はニキビの大量発生に苦労して、大学から20代はニキビ跡に苦労しました。

ニキビのせいで鏡を見るのが嫌でした。

1つ治ったら、また1つできるニキビが憎かった。

ニキビができると必ず赤くなってニキビ跡ができた。

ニキビのせいで自分に自信がもてなかった。

つらすぎて思い出すと涙がでます。

ニキビ・ニキビ跡は人生を変えます。

ニキビで苦しんだ経験者として断言できます。

「もしニキビがなかったら、もっと人生は楽しかっただろうな」と本気で思っているので。

【年代別のスキンケア】肌の変化に合わせて対策するべき
年代別のスキンケアを紹介。20代、30代、40代、50代ごとに肌は変化していきますが、肌老化を遅らせるためには適切なスキンケアが必須です。いつまでも美肌を保ちたいなら今すぐに保湿と紫外線対策を徹底するべきでしょう。将来の美肌を作るのは今のスキンケアであり、後悔しないためにも明日から取り組んでください。
スポンサーリンク

ニキビ跡の正しい対処法とは?

私は過去にニキビ・ニキビ跡に苦労しましたが、今ではサヨナラしています。

たまに「久しぶり」と戻ってくることがありますが、ニキビと出会う回数は激減しました。

ここでは、私がニキビ・ニキビ跡を改善するために効果的だった対処法を紹介します。

あくまで個人の経験なので参考程度にしてください。

皮膚科を受診する

ニキビ・ニキビ跡の一番の解決策は皮膚科への受診です。

迷わず専門家のチカラを借りましょう。

「ニキビで皮膚科を受診するのは気が引ける」
「受付で他人から見られるのが嫌」

といった理由で皮膚科受診に抵抗がある人は結構多いです。

しかし、心配はいりません。

ニキビも皮膚の疾患なので、しっかりと診てもらえます。

私も初めての受診はドキドキしましたが、医師から特別視されることはなく、普通に診察してもらいました。

そして、医師からもらった塗り薬で大きな改善がみられました。

今まで悩んでいたのがウソのようにニキビが改善して、「もっと早くに皮膚科へ行けば良かった」と強く思ったのを覚えています。

ニキビ・ニキビ跡を治したいなら、まずは皮膚科を受診するのが最善だと思います。

正しい洗顔と保湿をする

皮膚科の受診でニキビ・ニキビ跡が改善してからは、ほとんど受診はしていません。

現在は正しい洗顔と保湿を徹底しています。

そのおかげもあってそれなりの肌を維持できています。

ポイントをいうと

・石鹸を泡立てネットでしっかりと泡立てる
・ゴシゴシ擦らずになでるように洗う
・洗顔後は5分以内に保湿する

こんなところです。

それほど難しいことはしておらず、当たり前のようなことをしているだけ。

保湿剤にはピアソンHPクリームとピアソンHPローションを使っています。

皮膚科の受診を継続していたころは処方されたヒルドイドを使っていたのですが、受診をやめてからはピアソンHPを使っています。

ピアソンHPはヒルドイドと同じヘパリン類似物質が配合されている保湿剤なのでおすすめです。

ピアソンHPクリームはヒルドイドの市販薬として超おすすめ!
ヒルドイドの市販薬である「ピアソンHPクリーム」を紹介。皮膚科で処方されるヒルドイドに負けずとも劣らない保湿剤「ピアソンHPクリーム」はおすすめです。ネット通販で手軽に買うことができますし、成分にヘパリン類似物質を含んでいるので乾燥を防いでしっかりと保湿してくれます。

規則正しい生活を心がける

皮膚科を受診したとき医師から言われたのが、規則正しい生活を心がけることです。

・バランスの良い食事
・十分な睡眠
・適度な運動

この3つを大切にしないと綺麗な肌は手に入らないといわれました。

私の場合は生まれつき肌が弱いので不規則な生活をすると、肌の調子がすぐに崩れます。

また、色白で肌の弱い私はニキビや肌荒れがとても目立ちます。

人より肌荒れが目立つので絶対にニキビ・ニキビ跡は作りたくないのです。

だから、これからも規則正しい生活を続けて、美肌を目指していきます。

スポンサーリンク

私はニキビ跡の治療で改善した!

私が皮膚科を受診して行ったニキビ治療は塗り薬の塗布です。

医師から処方される塗り薬を使用するだけ。

塗り薬で私のニキビ・ニキビ跡は驚くほどに改善しました。

あまり詳しい内容は覚えていないのですが、洗顔後の清潔な顔に塗り薬を使うだけなので簡単でした。

うろ覚えですが

・ヒルドイド
・ダラシンTゲル
・ディフェリンゲル
・ウレパール

これらの塗り薬を処方されていました。

ウレパールは肌断食を実践して肌がボロボロになったときに処方された塗り薬で使用期間はかなり短かったはず。

そのため、ニキビ・ニキビ跡の治療で主に使用したのはヒルドイド、ダラシンTゲル、ディフェリンゲルの3つです。

ニキビの治療は重症度や皮膚科医の方針によってさまざまなので、受診すれば必ず上記の塗り薬が処方されるわけではありません

上記はあくまで私のニキビ治療です。

初めての皮膚科受診やニキビ治療は不安になりますが、ひとまずは皮膚科医を信じて治療を続けてみるのがいいと思います。

肌断食はまったく効果なし!むしろ悪化した経験を語る
私は半年だけ肌断食を実践しましたが全く効果がありませんでした。むしろ肌の状態が悪化し見た目もひどくなりました。この記事では肌断食の実体験と肌トラブルの改善方法を紹介します。肌断食は人によって効果がさまざまなので悪化して困っている人はぜひご覧ください。
スポンサーリンク

まとめ

ニキビ跡を気にしすぎると、肌荒れの悪循環になってしまいます。

ニキビ跡で悩んで苦しいときは、「ほとんどの人はあなたのニキビ跡を気にしていない」と心の中で呪文のように唱えてみましょう。

ニキビ跡に振り回されるのは危険です。

ただ、ニキビ跡の気にしすぎがNGといっても、ニキビ跡を全く気にしないのもNGです

ニキビ跡の正しい対処方法と治療と実行しましょう。

皮膚科の受診、洗顔と保湿、規則正しい生活の3つです。

ニキビ跡は適度に気にしながら、気にしすぎずに向き合っていくことが大切です。

看護師に聞いた!マスクによる肌荒れの悩みと対策方法
マスクの肌荒れの悩みと対策方法を紹介。看護師のマスクの肌荒れ対策とマスクによる肌荒れの原因をまとめています。私は仕事でマスクが手放せないので毎日のように肌荒れと闘っています。マスクによる肌荒れ・ニキビを理解したうえで正しい対処法を実践することが美肌への近道です。

コメント