失恋の傷が癒えないときの対処法!幸せになれる「おまじない」

失恋の傷が癒えないときの対処法人間関係の悩み
スポンサーリンク

叶わぬ恋によって心に傷を負うことはありますよね。

私は高校生のときに大好きだった人に告白をして振られた経験があります。

当時の振られたショックはとても大きなものでしたし、心に傷を負って立ち直るのに時間がかかりました。

心にポッカリと穴があいたようで、勉強や部活動に身が入らなかったことを覚えています。

身体のすり傷は1週間もすれば回復しますが、失恋の傷は簡単には癒えません。

失恋による心の傷は根深いのです。

何十年と癒えない失恋の傷をもっている人もいるでしょう。

このページでは失恋の傷が癒えないときの対処法を紹介します。

人によってさまざまな失恋があると思いますが、幸せになるために心の傷を癒して、人生を進んでいく必要があるのです。

自分を大事にする方法を紹介!幸せを引き寄せるために必要なこと
自分を大事にする方法を解説。自分を大事にしたいけど大事にできないと悩んでいる人は多いはず。自分を大事にするとはどういうことかイメージしにくいのが原因です。少しだけ意識を変えれば誰でも自分を大事にできます。劣等感、孤独感、自己嫌悪に苦しみながら人生を過ごすのはもったいないです。
スポンサーリンク

好きな人に振られて心が傷ついた

失恋のなかで一番多いのが好きな人に告白をして振られたときです。

相手に自分の気持ちを伝えたけど、恋が叶わず泣いた人は多いのではないでしょうか。

周りからは「よく言った!」とたたえられますが、振られた本人には失恋の傷が残るはず。

また、相手に告白するといっても、いろいろなケースがあります。

本人を目の前に告白して振られた。

・LINE・メールを通して告白して振られた。

・電話で告白して振られた。

・手紙で気持ちを伝えたけど振られた。

・人づてに気持ちを伝えたけど振られた。

などなど。

告白して振られたときの失恋といっても、直接的に告白したのか、間接的に気持ちを伝えたのかによって、心の傷の大きさは違うと思います。

本人を目の前にして振られたときの相手の表情、声のトーン、別れの言葉などは失恋の傷として残るかもしれません。

LINEで告白して振られたときの返事(文字)のむなしさ、本人を目の前に告白しなかった後悔、画面に残り続ける別れの言葉などは胸を締めつけるかもしれません。

「告白しない後悔より、告白する後悔」と言いますよね。

しかし、告白したことによる失恋の傷が、その後の私生活や仕事に影響するかもしれないので、心づもりだけはしっかりとしておいたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

相手の浮気で失恋した傷は深い!

大好きな彼氏・彼女に浮気をされて別れたときの心の傷は深く、今まで好きだった相手が大嫌いになることもあるでしょう。

浮気や不倫によって恋が失われたとき、被害者の心に残る傷は想像できないほど大きいはず。

彼氏・彼女のために精一杯の努力をして、大好きな人のために尽くして、これからもずっと一緒に居たいと願っていたのに、浮気や不倫によって恋愛は一瞬で終わるのです。

また、浮気や不倫による失恋の傷はなかなか消えないと思います。

大好きだった人に裏切られたわけなので、人間不信に陥るかもしれません。

男の人が信じられなくなったり、女の人が嘘をついていると疑ったり、恋愛が怖くなったりすることもあります。

浮気や不倫をした相手がいちばん悪いのですが、いちばん可哀そうなのは被害者です。

ひとりの軽率な行動によって、恋愛相手の心を傷つけて、もしかしたら一生の傷を残すかもしれないのです。

【後悔しない生き方の手引き】人生は簡単に変えられる
後悔しない生き方の手引きを紹介。アンケートによるとアメリカの90歳以上のお年寄りの9割が人生に後悔しているそうです。人生最後の日に後悔はしたくないでしょう。後悔しない生き方の手引きは5つあるのですが、誰でも簡単にできて明日からでも始められます。素晴らしい人生を送るためにあなたの行動を変えていくべきです。
スポンサーリンク

職場の先輩・後輩の関係がこえられずに失恋

先輩・後輩の関係による失恋はお互いが気を遣うことで起こります。

職場の上下関係、年齢の差、立場の違いを意識するあまり、恋愛に臆病になって失恋という結果になることが多いのです。

「私のようなおばさんでは似合わない」
「年齢が離れすぎてつり合わない」
「先輩に恋愛感情をもってはいけない」

恋愛関係になる前に先輩・後輩の関係ができてしまっているので、過度に相手のことを気遣ってしまうのです。

いつもは怖くてきびしいけど、仕事に一生懸命で、誰よりも仕事ができて、たまに褒めてくれる先輩に惚れている後輩は多いのではないでしょうか。

仕事では頼りなくてミスばかりするけど、素直な心を持っていて、可愛らしい一面もあって、ときおり頼もしい姿を見せてくれる後輩に恋をしている先輩はいるのではないでしょうか。

職場の関係と恋心の間で揺れ動いている気持ちはもどかしいですよね。

告白してしまえば、もどかしい気持ちは消えるのですが、同じ職場の場合は振られたときが気まずいです。

同じ職場であるかぎり、顔を合わせることはあるでしょうし、一緒に仕事をするかもしれません。

恋愛が上手くいかなかったときに失恋の傷として、これまでの先輩・後輩の関係が崩れていく可能性もあるのです。

そして、多くの人が仕事を優先してしまうため、先輩・後輩の関係がこえられずに失恋してしまいます。

「仕事が楽しくない」と感じた時に問いかけたい5つの質問
仕事が楽しくないときの対処法を紹介。仕事が楽しくないときは自分の心に問いかけることで現状を打開できます。仕事が楽しくない理由もまとめているので「仕事が楽しくないから辞めたい」と悩んでいる人は参考にしてください。仕事は楽しくないのが当たり前といわれますが仕事を楽しめるのが一番良いです。
スポンサーリンク

片思いのまま失恋するのは切ない!

相手に気持ちを伝えることができないまま、ふとした瞬間に失恋してしまうことがあります。

それは人づてに相手が付き合っている事実を知ったとき。

「○○さんが付き合い始めたみたいだよ」
「あの子には彼氏がいるよ」

というように、告白して振られるのではなく、恋が叶わないから諦めることによる失恋です。

相手に断られるわけでもなく、相手から嫌われているわけでもなく、相手に好きな人がいるから片思いのまま恋が終わります。

なかには、相手に彼氏・彼女がいても猛烈にアプローチして恋を叶える人がいますが、ほとんどの人は自分から身を引いてしまうでしょう。

片思いのまま失恋するのは切ないですよね。

自分の気持ちを伝えたところで、状況が変わる可能性は低く、どうしようもないのです。

相手にどう思われているかもわからないまま、幸せそうに寄り添って歩く二人を見ているしかできません。

失恋をして「ずっと片思いのままのほうが良かった」と思う人もいると思います。

気持ちを伝えられてないから、ずっと片思いの相手を忘れられない人もいるでしょう。

人によっては片思いの失恋を引きずってしまうのです。

スポンサーリンク

ひどい失恋をする人もいる!?

好きになった相手が信じられないほどのひどい男・女だった場合、そのときの失恋もひどいものになるでしょう。

暴言・暴力がひどかった。
酒ぐせや女ぐせが悪かった。
お金遣いが荒かった。

などなど、恋愛相手がひどい人だと気づいてから失恋することがあります。

付き合いが長くなると人が変わったように態度を変える人はいますし、結婚をしてから本性を出してくる人もいるでしょう。

親密になってから相手のダークな部分を見たとき、ショックは2倍3倍になって押し寄せてきます。

一度は大好きだったけど相手を知れば知るほど嫌いになっていくのですから、そのときの失恋の傷は大きなものです。

また、ひどい男・女というのは別れ話を切り出したときの態度もひどいと思います。

暴言を吐きながら姿を消したり、あることないことを言ってきたり、むちゃくちゃな主張を言ってきたりと、ひどい男・女とは別れるのも大変でしょう。

こちらは失恋をして傷ついているのに、別れのときまでひどいことを言ってくるので、精神的ダメージは半端ではありません。

ひどい人と恋愛をして、関係が上手くいかなかったとき、あなたには心の傷が残るでしょう。

スポンサーリンク

失恋の傷が癒えないときの対処法を実践して幸せをつかむ!

「失恋の傷が癒えない」という人がいます。

その多くの人が失恋の怒りや後悔を抱いたままで、次の恋愛に踏み出せないのだと思います。

浮気や不倫で裏切られた人。
相手への気持ちが忘れられない人。
過去の過ちを後悔している人。

など、ひとつひとつの失恋に物語があるのでしょう。

しかし、いつまでも過去の恋愛に縛られてはいけません。

過去は振り返っても変えることはできませんし、未来に目を向けて生きていく必要があります。

ここでは失恋の傷が癒えないときの対処法を紹介します。

失恋したからといって人生が終わるわけではありません。

失恋を乗り越えて、幸せをつかむことはできます!

自分の感情を受け入れる

失恋した直後は悲しい気持ちがあふれてくるでしょうが、まずは自分の感情を受け入れることから始めましょう。

「悲しいのは仕方がない」
「泣きたければ泣けばいい」
「失恋は多くの人が経験していること」

自分の感情をありのまま受け入れることで、失恋をしたショックで不安定になっている気持ちを落ちつける必要があります。

失恋をすると自己嫌悪に陥ったり、物事をネガティブに考えたり、すべてを否定したくなる人がいます。

しかし、自分を責めて、ネガティブになることは良くありません。

それよりも、自分の感情を受け入れ、「今はあれこれ悩むのはやめよう」と考えることが大切です。

失恋は人生における大きな不幸なので、ある程度の悲しみは仕方がありません。

失恋の悲しみから目を背けるより、受け入れて前向きに考えていくほうが得だと思います。

希望をもつ

自分の感情を受け入れることができたなら、次第に希望をもつこともできるようになるはずです。

「これから素晴らしい出会いがあるはず」
「この悲しみもいつかは忘れるだろう」
「そのうちに幸せにむけて動き出せる」

というように、失恋にとらわれるのではなく、明るい未来を考えることが大切です。

希望をもつ段階まで進むには時間がかかるかもしれません。

明るい未来をなかなか考えられない人もいるでしょう。

しかし、「希望がもてるようになれたらいいな」と思い続けていれば、希望がもてるときが必ずくるはずです。

希望がもてるようになれば、元気も出てきますし、物事を明るく考えることができます。

そして、少しずつですが自分の幸せに向かって歩いていけるでしょう。

幸せになれる考え方を心がける

希望をもつことができたのなら、失恋をひとつの人生経験と考えて、自分の幸せを考えるようにしましょう。

どうしても失恋にはマイナスイメージが先行してしまいます。

「失恋をして自分は不幸だ」
「もう二度と恋愛をしたくない」
「自分は恋愛にむかない人間だ」

失恋をマイナスにしかとらえられないと幸せになることは難しいと思います。

マイナスはマイナスを引き寄せてくるので、次の恋愛も失敗する確率が上がります。

そのため、失恋をひとつの人生経験として考えて、次の幸せに向かって動きだす必要があるのです。

「失恋から何かを学んで、次の恋愛に活かそう」
「悲しいのはそれだけ幸せだった証拠」
「恋愛について考え直す良い機会」

というように、失恋をひとつの経験としてプラスにとらえるといいでしょう。

失恋を人生にとっての大切な経験と考えることができると、過度に落ち込むことはなくなりますし、思い出したときにも人生の糧になってくれるはず。

そして、失恋を乗り越えて、自分の幸せに向かって動き出せたら、さらに良いでしょう。

「もっと魅力的な人になろう」
「別れは素晴らしい出会いのチャンス」
「これを良い機会に何かを始めてみよう」

などなど。

失恋を受け入れて、希望をもつことができれば、自分の幸せを考えることができるはずです。

誰かが失恋の傷を癒してくれるかもしれませんが、それはいつの日かわかりません。

それよりも自分で失恋の傷を癒すほうが有意義だと思います。

傷ついた状態から立ち直れたとき、あなたは一回りも二回りも大きくなっているでしょう。

他人に頼るよりも、失恋の傷が癒えないときの対処法を試していき、自分で立ち直っていくほうが自分の幸せをつかめるはず。

スポンサーリンク

まとめ

失恋をしたときに「人生の終わり!!」とマイナスに落ちていってしまう人がいます。

他の人の幸せが羨ましかったり、恋愛に焦ってしまったり、出会いに臆病になってしまったり、ネガティブ思考が頭をめぐることもあるでしょう。

失恋で落ち込むことは悪くはないです。

人間ですから落ち込むこともあります。

ただ、大切なのは失恋の傷をしっかりと癒すこと。

失恋を受け入れて、希望をもつことができないと、幸せにはなれないと思います。

幸せになるためには傷を癒して、人生を進んでいく必要があるのです。

今まさに失恋で傷ついている人は失恋の傷が癒えないときの対処法を実践してみてください。

失恋を乗り越えることができたら、あなたはさらに強い人になっているでしょう。

コメント