スポンサーリンク

職場の気まずい人間関係を克服する5つの方法

スポンサーリンク
職場の気まずい人間関係を克服する5つの方法人間関係の悩み

このページは職場の気まずい人間関係を克服する5つの方法を紹介します。

身近に気まずい人がいたり、気まずい人と仕事をしたり、気まずい関係のまま過ごすのはストレスだと思います。

  • 職場で気まずくなった人と一緒に仕事をする
  • ふたりきりだと会話が続かないから気まずい
  • 同僚と喧嘩してから気まずくて避けてしまう
  • なんとなく気まずい人間関係がある
  • 挨拶のタイミングが合わずに気まずい

私たちは人生の大半を仕事に費やすので、職場の気まずい人間関係は改善したいものです。

気まずい人間関係は考え方の工夫で解消できるためぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

ふたりきりが気まずいときは微笑みながら相手の言葉を待つ

ふたりきりになったとき、会話が続かなくて困った経験をした人はいるでしょう。

「ふたりきりは間がもたない」
「会話が途切れるから気まずい」
「共通の話題がないから話せない」

気まずい人と一緒になったとき、会話が続かないことを苦痛に感じるんですよね。

沈黙を怖がりすぎると、余計に喋れなかったり、変なことを言ってしまったり、焦って何を話せばいいのかわからなくなります。

ふたりきりが気まずいときは「上手く話せなくても微笑んでいればいい」と考えるようにしましょう。

会話が続かないなら、微笑みながら相手の言葉を待てばいいのです。

微笑んでいれば相手に嫌な印象を与えることもないでしょう。

会話が続かないのはお互いさまです。

間がもたないからといって、「上手く会話ができなくて情けない」「自分はダメな人間だ」と落ち込む必要はありません。

自分から話せなくても、相手の言葉をゆっくりと待って、相手に話をあわせることができれば上出来だと思います。

スポンサーリンク

同僚と喧嘩して気まずい関係になったら気持ちをはっきりさせる

職場で同僚と喧嘩をして、相手とは気まずい関係になることはあります。

「喧嘩した相手を避けてしまう」
「仲直りしたいけど声をかけにくい」

喧嘩した同僚に気を遣って、いつも通りにふるまえない人は多いでしょう。

同僚と喧嘩して気まずいときは「自分の気持ちをはっきりさせる」ことが大切です。

喧嘩した同僚と「仲直りをしたい」のか、それとも「仲直りをしなくてもいい」のか、まずは自分の気持ちをはっきりさせます。

あなたが喧嘩相手と仲直りしたいのなら、自分から行動するべきです。

あなたから相手に声をかけて、自分の悪かった部分を謝罪して、仲直りの提案をしましょう。

相手が避けている様子でも、あなたから少しずつ歩み寄って、仲直りの意思を示すのです。

相手が楽しいこと、相手が嬉しいことなどを考えて、良い関係に戻れるような提案をすれば、喧嘩した関係は改善していくと思います。

あなたが喧嘩相手と仲直りをしたくないのなら、「なるようになる」「まあいいか」とその場を済ませてしまえばいいです。

あなたにとって大したことのない関係なら、仲直りの方法を考えること、変に気遣いをすること、関係改善の努力をすることはしなくていいでしょう。

喧嘩した同僚と気まずくても、仕事・職場に支障がない範囲で、それなりに付き合えばいいと思います。

関連記事:仲直りしたいのにできない関係を修復する方法

スポンサーリンク

挨拶が気まずいと感じるときは深く考えずに挨拶をする

挨拶を気まずく感じてしまう人は多いと思います。

「上司への挨拶が怖い」
「挨拶をしたけど返してくれなかった」
「挨拶をするときに緊張する」

上司・先輩・後輩・同期など、職場にはいろいろな立場の人がいるので、挨拶ひとつにしても気を遣います。

また、気難しい人、意地悪な人、礼儀が悪い人など、いろいろな性格の人が職場には集まっているので、挨拶がスムーズにいかないことも多いです。

挨拶が気まずいときは「深く考えずに挨拶をする」ことを心がけましょう。

余計なことは考えずに「とにかく挨拶をする」「挨拶をされたら返す」だけを実践するのです。

挨拶をしたけど相手からの返事がなかったときは、「あの人は社会人として失格だ」と心の中でつぶやいてください。

「なんで挨拶を返さないんですか」「これからあの人は無視しよう」と敵意をあらわにしてはいけません。

相手を無視するとあなたも同類になってしまうので、挨拶を返さない人にも一貫して挨拶をしていくべきだと思います。

職場において「挨拶をしない」ことが一番ダメです。

自分の感情はゼロにして、誰に対しても挨拶をすることを心がけましょう。

スポンサーリンク

気まずい理由がわからないときは問題ないと考える

職場の人に対して「なんとなく気まずい」と感じることはあるでしょう。

  • 嫌な人ではないんだけど、一緒にいるとなんか気まずい
  • 理由はわからないけど、気まずい空気が流れてしまう」

人間には相性がありますし、自分でも気づかない感情が心の奥にあるはずです。

気まずい理由がわからないときは「この程度なら人生には関係ない」と考えるようにしましょう。

自分は悪いことをしていないし、自分に思い当たることがないのであれば、「この程度の気まずさは問題ない」と軽く受け流せばいいのです。

気まずい理由がわからないときは、相手のほうに問題があったりするので、解決が難しいことも多いです。

だから、深入りせずに「気まずくても大丈夫」と考えることも大切だと思います。

関連記事:仕事が面白くないときに問いかけたい5つの質問

スポンサーリンク

気まずい人間関係はどこにでもあるもの

どんな職場にも気まずい人間関係はあります。

すべての職員と仲良くすることは不可能ですし、気まずい人がいることは悪くありません。

仕事相手の気持ちを考えすぎて、悩み苦しむなんて無駄な時間だと思います。

相手に悪意があったとしても、それは相手の問題ですし、意地悪な職員とは深く関わらないほうがいいでしょう。

気まずい人間関係は、あなたがそれなりの対応をすれば、問題ないことがほとんどです。

気まずくてもそれなりでいいのです。

気まずくても人生に影響はありません。

気まずい人間関係は断ち切っても問題ありません。

スポンサーリンク

まとめ

気まずさ解消の処世術は以下のとおりです。

  • 会話が続かないときは微笑みながら相手の言葉を待つ
  • 喧嘩して気まずい関係になったときはどうしたいのかはっきりさせる
  • 挨拶が気まずいと感じるときは深く考えずに挨拶をする
  • 気まずい理由がわからないときはこの程度なら問題ないと考える

職場に気まずい人がいて悩んでいる人は実践してみてください。

しかし、上手くいかないこともあるので、そのときは無理をせずに「気まずくてもそれなりでいい」と考えましょう。

職場の人間関係なんてそれなりのいいのです。

どうしても我慢できなければ転職すればいいと思います。

気まずい人間関係を悩むより、自分の幸せに向かって動き始めるべきです。

関連記事:職場で話さない部下と良好な関係を築く方法

コメント