【職場の人間関係が気まずい】明日からできる人付き合いの処世術

職場の気まずい関係を解決する方法人間関係の悩み
スポンサーリンク

会社や職場にはいろいろな人がいるので、1~2人くらい「気まずい関係」の人がいてもおかしくはありません。

「二人きりだと会話が続かないから気まずい」
「喧嘩して気まずいから相手を避けてしまう」
「挨拶のタイミングが合わずに気まずい」
「あの人とはなんとなく気まずい」

人間関係はちょっとしたことや小さいことの積み重ねで気まずくなっていきます。

そして、身近に気まずい人がいたり、気まずい人と仕事をしたり、気まずい関係のまま過ごすのはストレスですよね。

「気まずい人間関係」はちょっとした考え方の工夫で解消できます。

このページは職場の気まずい人間関係を解決する処世術を紹介します。

考え方を変えるだけで、気まずくなった人と上手く接することができるはず。

自分を大事にする方法を紹介!幸せを引き寄せるために必要なこと
自分を大事にする方法を解説。自分を大事にしたいけど大事にできないと悩んでいる人は多いはず。自分を大事にするとはどういうことかイメージしにくいのが原因です。少しだけ意識を変えれば誰でも自分を大事にできます。劣等感、孤独感、自己嫌悪に苦しみながら人生を過ごすのはもったいないです。
スポンサーリンク

ふたりきりが気まずいときは微笑みながら相手の言葉を待つ

気まずくなった人とふたりきりになったとき、会話が続かなくて困った経験をした人はいるでしょう。

「ふたりきりは間がもたない」
「会話が途切れるから気まずい」
「共通の話題がないから話せない」

会話が続かないため、焦ってしまったり、ストレスになったり、ドキドキしたりする人もいます。

「ふたりきりの空間は沈黙が怖い」というやつです。

気まずい人と一緒になったとき、会話が続かないことを苦痛に感じるんですよね。

そして、沈黙を怖がりすぎると、余計に喋れなかったり、変なことを言ってしまったり、焦って何を話せばいいのかわからなくなります。

ふたりきりが気まずいときは「上手く話せなくても微笑んでいればいい」と考えるようにしましょう。

すべての職員と上手く話す人なんていませんし、会話が続かないことがあるのは当たり前のこと。

会話が続かなかったり、話題が思いつかなかったりしたら、微笑みながら相手の言葉を待てばいいのです。

微笑んでいれば相手に嫌な印象を与えることもないでしょう。

黙っているだけだと、職場の人間関係が悪くなりますし、仕事にも支障がでるので、微笑むことを忘れてはいけません。

また、会話が続かないのはお互いさまです。

気まずい関係性はあなたのせいではありません。

間がもたないからといって、「上手く会話ができなくて情けない」「自分はダメな人間だ」と落ち込む必要はないのです。

自分から話せなくても、相手の言葉をゆっくりと待って、相手に話をあわせることができれば上出来だと思います。

会話が上手く続かなくても

①微笑みながら相手の言葉を待つ
②相槌をうって相手の話にあわせる

この2つができれば問題ありません。

いきなり上手く話せる人なんていませんし、少しずつ努力をしていけばいいと思います。

「仕事が楽しくない」と感じた時に問いかけたい5つの質問
仕事が楽しくないときの対処法を紹介。仕事が楽しくないときは自分の心に問いかけることで現状を打開できます。仕事が楽しくない理由もまとめているので「仕事が楽しくないから辞めたい」と悩んでいる人は参考にしてください。仕事は楽しくないのが当たり前といわれますが仕事を楽しめるのが一番良いです。
スポンサーリンク

喧嘩して気まずい関係になったときは気持ちをはっきりさせる

職場において上司・同僚・後輩などと意見が合わず、ぶつかり合って口喧嘩してしまうことは誰にでもあると思います。

そして、喧嘩した相手とは気まずい関係になることが多いです。

「喧嘩した相手を避けてしまう」
「仲直りしたいけど声をかけにくい」

というように、喧嘩した相手に気を遣ってしまうはず。

喧嘩している関係や仲直りできない関係が続くと、ストレスとなって仕事に支障が出てしまうかもしれません。

仕事に行くたび、喧嘩した相手のことを気にして、モヤモヤした気持ちになってしまうでしょう。

喧嘩して気まずいときは「自分の気持ちをはっきりとさせる」ことが大切です。

喧嘩した相手と「仲直りをしたい」のか、それとも「仲直りをしなくてもいい」のか、まずは自分の気持ちをはっきりとさせます。

もし、あなたが喧嘩相手と仲直りしたいのなら、自分から行動するべきです。

あなたから相手に声をかけて、自分の悪かった部分を謝罪して、仲直りの提案をしましょう。

相手が避けている様子でも、あなたから少しずつ歩み寄って、仲直りの意思を示すのです。

相手が楽しいこと、相手が嬉しいことなどを考えて、良い関係に戻れるような提案をすれば、喧嘩した関係は改善していくと思います。

職場の人と喧嘩することで仕事に影響があるのなら仲直りの努力をするべきです。

もし、あなたが喧嘩相手と仲直りをしたくないのなら、「なるようになる」「まあいいか」とその場を済ませてしまえばいいです。

あなたにとって大したことのない関係なら、仲直りの方法を考えること、変に気遣いをすること、関係改善の努力をすることはしなくていいでしょう。

喧嘩相手と気まずくても、仕事に支障がない範囲で、それなりに付き合えばいいと思います。

同じ職場の上司・同僚・後輩と気まずい関係を続くのはストレスかもしれませんが、ある程度の喧嘩は時間が解決してくれます。

お互いに社会人であって、お互いに大人なので、ちょっとした喧嘩をいつまでも引きずる必要はないでしょう。

少しくらい気まずくても、それなりの付き合いを続けていけば、職場の人間関係はなるようになります。

ただ、喧嘩したことが自分の仕事や将来に影響するのなら、早くに仲直りをしてお互いに気持ちよく過ごせるように、「まずは自分から」と行動したほうがいいのではないでしょうか。

【仲直りの仕方】一生後悔しないために自分から行動しよう!
誰でもできる仲直りの仕方を解説。仲直りがしたいなら今すぐ行動するべきです。「いつでも仲直りできる」なんてことはなく、気持ちを伝えるなら早いほうがいいと思います。恋人・友達・夫婦別の仲直り方法を紹介しているので喧嘩をして気まずい関係が続いている人はぜひご覧ください。
スポンサーリンク

挨拶が気まずいと感じるときは深く考えずに挨拶をする

社会人に必要不可欠な職場での挨拶を気まずく感じてしまう人は多いと思います。

「上司への挨拶が怖い」
「あの人に挨拶したほうがいいのか迷う」
「挨拶をしたけど返してくれなかった」
「挨拶をするときに緊張する」

上司・先輩・後輩・同期など、職場にはいろいろな立場の人がいるので、挨拶ひとつにしても気を遣います。

また、気難しい人、意地悪な人、礼儀が悪い人など、いろいろな性格の人が職場には集まっているので、挨拶がスムーズにいかないことも多いです。

毎日の挨拶が上手くいかなかったり、気まずかったりすると、仕事に行くことが嫌になる場合もあると思います。

挨拶が気まずいときは「深く考えずに挨拶をする」ことを心がけましょう。

職場において、挨拶をして間違いはありません。

職員と目が合ったと思ったら、軽く頭を下げて、「おはようございます」「お疲れさまです」と声をかければいいのです。

自分から挨拶ができなくても、しっかりと挨拶を返していれば問題ありません(目上の人の場合は自分からできたほうが良いけど)

今の時代に「挨拶が遅れた!」と怒る上司はいないと思います。

挨拶が苦手でも、余計なことは考えずに「とにかく挨拶をする」「挨拶をされたら返す」だけを実践しましょう。

もし、挨拶をしたけど相手からの返事がなかったときは、「あの人は社会人として失格だ」と心の中でつぶやくだけにしましょう。

「なんで挨拶を返さないんですか!」「これからあの人は無視しよう!」と敵意をあらわにしてはいけません。

挨拶を返さない相手に深く関わる必要はないですし、意地悪な相手はあなたを怒らせることが目的なので、淡々とした対応を取るのがベストです。

そして、相手を無視するとあなたも同類になってしまうので、「あの人はその程度の人間なんだ」と心の中で言いながら、挨拶を返さない人にも一貫して挨拶をしていくべきだと思います。

職場において「挨拶をしない」ことが一番ダメです。

だから、自分の感情はゼロにして、誰に対しても挨拶をすることを心がけましょう。

周りからどう思われているか気になるときの対処法
周りからどう思われているか気になるときの対処法を紹介。人の目を気にして周りの人におびえて悩み苦しむのはつらいです。職場や学校の人間関係は複雑なので空気を読んだり気遣ったり周りの目を気にしなければいけません。ただ、どうしても苦しいのなら自分らしく生きる道を選んでいいのです。
スポンサーリンク

気まずい理由がわからないときはこの程度なら問題ないと考える

職場の人に対して「なんとなく気まずい」と感じることはあるでしょう。

「嫌な人ではないんだけど、一緒にいるとなんか気まずい」
「理由はわからないけど、気まずい空気が流れてしまう」

気まずい理由がわからないのは決しておかしいことではありません。

人間には相性がありますし、自分でも気づかない心の奥で感じていることもあるでしょう。

ただ、職場の「なんとなく気まずい人」は対応に困りますよね。

気まずい理由がわからないので解決に苦労すると思います。

気まずい理由がわからないときは「少しくらい気まずくても人生には関係ない」と考えるようにしましょう。

自分は悪いことをしていないし、自分に思い当たることがないのであれば、「この程度の気まずさは問題ない」と軽く受け流せばいいのです。

一番良くないのは、わからない理由を考えすぎて、ストレスをひとりで抱えてしまうこと。

なんとなく気まずい人間関係は、単純そうに見えて複雑だったりするので、深入りすると悩み苦しんでしまいます。

気まずい理由がわからないときは、相手のほうに問題があったりするので、解決が難しいことも多いです。

だから、深入りせずに「気まずくても大丈夫」と考えることも大切だと思います。

もし、あなたが理由を明らかにしたいのなら、理由を知っていそうな人や共通の知人に相談するか、相手に直接聞いてみるしかありません。

あなたから行動することで、気まずい理由がわかって、モヤモヤが解決するかもしれません。

しかし、気まずい人間関係を解決しようとして、大きなショックを受けることもあるでしょう。

不平不満を浴びせられたり、変な言いがかりをつけられたり、耳が痛い話を聞くことになるかもしれません。

お互いにカッとなって、人間関係が悪化して、余計に気まずい関係になり、仕事に支障が出るかもしれません。

そのため、なんとなく気まずい理由を明らかにしたいときは、それなりの覚悟と対応を用意しておくべきだと思います。

人付き合いの苦手を克服する方法!仕事を上手く乗り切るために
人付き合いの苦手を克服する方法を紹介。仕事の人付き合いがストレスに感じている人は多いでしょう。どうしても人付き合いの苦手を克服したいなら自分から行動する必要があります。また、考え方を変えると人付き合いの苦手意識を軽減することもできるのです。ただあなたの繊細な性格は素晴らしい個性であることも忘れないでください。
スポンサーリンク

気まずい人間関係はどこにでもあるもの!

どんな職場にも気まずい人間関係はあります。

すべての職員と仲良くすることは不可能ですし、気まずい人がいることは悪くありません。

職員ひとりひとりの気持ちなんてわかるわけがないです。

仕事相手の気持ちを考えすぎて、悩み苦しむなんて無駄な時間だと思います。

相手に悪意があったとしても、それは相手の問題ですし、意地悪な職員とは深く関わらないほうがいいでしょう。

気まずい人間関係は、あなたがそれなりの対応をすれば、問題ないことがほとんどです。

気まずくてもそれなりでいいのです。

気まずくても人生に影響はありません。

ただ、気まずい思いをしやすい人には深刻な悩みでもあります。

気まずくて苦しいのなら転職すればいいのです。

気まずい人間関係は断ち切っても問題ありません。

会社で悪口を言われると落ち込む!悪口を気にしない方法6選
会社での悪口を気にしない方法を紹介。会社で悪口を言われたり、無視されたり、いじめられたり、仲間外れにされたりすると気分が落ち込むでしょう。この記事の内容を実践すると悪口にかぎらず会社に嫌な人がいても悩まずに済みます。悪口をいう最低な人は無視して幸せをつかんでください。
スポンサーリンク

まとめ

職場の人とは毎日のように顔を合わすので、ちょっとした気まずさが大きなストレスになると思います。

気まずさ解消の処世術は以下のとおりです。

・職場の人と会話が続かないときは微笑みながら相手の言葉を待つ
・喧嘩して気まずい関係になったときはどうしたいのかはっきりさせる
・挨拶が気まずいと感じるときは深く考えずに挨拶をする
・気まずい理由がわからないときはこの程度なら問題ないと考える

職場に気まずい人がいて悩んでいる人は実践してみてください。

しかし、上手くいかないこともあるので、そのときは無理をせずに「気まずくてもそれなりでいい」と考えましょう。

所詮は仕事なので、職場の人間関係なんてそれなりのいいのです。

もし、どうしても我慢できなければ転職すればいいと思います。

気まずい人間関係を悩むより、自分の幸せに向かって動き始めるべきです。

コメント