すぐ人にイライラする性格を治したいなら考え方を変えるのが早い

イライラする 人間関係の悩み

「自分の思い通りにいかないとすぐにカッーとなってしまう」
「マナーが悪い人を見ると注意しないと気が済まない」

気に入らないことがあったり、自分を否定されたりするとイライラしてしまいますよね。

誰でもイライラすることはありますが、なかにはすぐにイライラしてしまう人がいるはずです。

ちょっとのことでイライラしてしまう人は完璧主義・正義感が強い・こだわりが強いという傾向にあります。

それはそれであなたの個性なのですが、すぐイライラしてしまう性格は苦労します。

「すぐイライラするから生きづらい」「ストレスばかりで人生が損をしてる気分」というようにネガティブに考える人もいるでしょう。

今回はすぐ人にイライラする性格を治すための考え方を紹介します。

「短気は損気」はまさにその通りで、イライラしても良いことはないと思います。

イライラしないほうが人生も幸せなはずです。

そして、すぐにイライラする性格は考え方を変えれば治すことができます。

ゆっくりとイライラを克服していきましょう。

ではスタートです!!

スポンサーリンク

[はじめに]イライラするのは決して悪いことではない

「イライラしやすい性格を治したい」と自分を責めてしまう人はいるかもしれません。

確かにイライラするのは良くありませんし、怒ってもマイナスなことが多いでしょう。

ただ、ひとつ頭の片隅に置いておいてほしいのが「イライラするのが絶対に悪い」わけではないことです。

・仕事が全くできない人にイライラする
・礼儀がなっていない人にイライラする
・遅刻する人にイライラする
・返事が遅い人にイライラする

仕事や生活をしているなかで、誰でもイライラすることがあります。

この世に怒ったことのない人やイライラしない人は絶対にいないと思います。

人間であるかぎり、怒りという感情は持ち合わせているはず。

そして、人間関係で重要なことは以下の2つです。

イライラを人に爆発させないこと
イライラを長く持ち続けないこと

イライラすることが悪いのではなく、イライラした後の後処理が重要なのです。

怒りを覚えることは人間の防御反応だと思います。

怒りを覚えて、それを上手く発散することで、人間は感情を保ちながら生きていくのでしょう。

スポンサーリンク

イライラしていると幸せな時間が減ってしまう

考えてみると、イライラしているということは、その間の人生の時間を楽しめていないということです。

イライラしているときに幸せを感じる人はいないでしょう。

怒りが満ちている空間は自分も気分が悪いですし、相手も気分が悪いですし、その場に居合わせた人も居心地が悪くなります。

誰かが怒っていると気を遣いますし、その場から離れたくなるものです。

つまり、あなたがイライラを爆発させると、自分だけでなく周りの人の幸せな時間を奪うことになるのです。

人生の時間は限られているので、せっかくなら幸せな時間を過ごしたいものですよね。

だからこそ、イライラが爆発しそうなときは、「幸せな時間が減っている」と考えるようにして、頭を冷やすように心がけましょう。

ゆっくりと深呼吸をしたり、自分からその場を離れたり、太ももをつねったりして、イライラから意識を逸らすのです。

イライラから少しでも意識が逸れると、爆発することはなくなりますし、あなたの幸せな時間を取り戻せるはず。

いつもイライラしている人は、幸せな時間を減らしているので、本当に人生がもったいないと思います。

スポンサーリンク

「こんな人もいる」とイライラさせる人を受け入れる

挨拶をしない人、道を譲らない人、平気で遅刻する人など、世の中にはイライラさせる人がたくさんいます。

だから、イライラするのはあなたのせいだけではなく、自己中心的で礼儀のなっていない相手のせいでもあるのです。

しかし、イライラさせる人を変えるのは簡単ではありませんし、それによってさらにイライラが積み重なるかもしれません。

だからこそ、「こんな人もいる」とイライラさせる人を受け入れるべきなのです。

道を譲らない人を例として挙げます。

街中を歩いていて、全く道を譲らない人や避けるそぶりを全く見せない人はいますよね。

なかには、自転車や自動車で同じような怖い思いをした人もいるでしょう。

そんなときにイライラが強くなって、相手に対抗したくなる気持ちはわかります。

しかし、最善の方法は「こんな人もいる」と考えて、自分から道を譲って、相手と関わらないことです。

なぜなら、相手が暴力的な人だったり、変な言いがかりをつけられたり、トラブルに巻き込まれたりする可能性があるから。

マナーのなっていない人に関わって、あなたが損をしてしまうことはありますし、小さなことのために危険をおかす必要はありません。

そして、世の中のイライラさせる人全員にイライラしていたら、あなたの生活や仕事が台無しになってしまうでしょう。

それよりも

「こんな人を相手にしてはいけない」
「こんな人にイライラしていたらもったいない」
「こんな人とは関わらないようにしよう」

というように、イライラさせる人をある程度は受け入れて、それ相応の態度で向き合っていくほうが有意義だと思います。

スポンサーリンク

イライラを持ち続けないように工夫する

人間関係において、イライラを爆発させないことと同じくらいに、イライラを持ち続けないことは大切です。

イライラを抱えたままで良好な人間関係ができるでしょうか。

イライラを持ち続けていると自分では気づかないうちに誰かを傷つけてしまうかもしれません。

イライラが心の中にずっとあると

・全く関係のない友達に強くあたってしまう
・自宅に帰ったときに家族に愚痴ってしまう
・仕事の効率が落ちてしまう

などなど、あなたにとってマイナスな影響がたくさんあるはず。

だから、イライラを持ち続けないように工夫することはとても大切なのです。

怒りが続くのは単純にそのことを考えてしまうからなので、イライラしたときの気分転換法を見つけましょう。

・音楽を聴く
・散歩をする
・ランニングをする
・スポーツをする
・カラオケにいく
・買い物をする

自分なりの気分転換法によって、気持ちをリフレッシュすることができたなら、あなたの人生はより豊かになるはずです。

すぐにイライラする性格を治すだけでなく、自分なりの気分転換法をもっておくことも、人間関係を円滑にするうえで大切だと思います。

スポンサーリンク

イライラしない考え方を心がけていく

イライラするのは相手のせいでもありますが、怒りの感情を強くして長引かせてしまうのは自分のせいでもあります。

怒りの原因が「相手のせい」「相手が悪い」としか考えられない人は、怒りを爆発させたり長引かせたりしがちで、相手が変わることが無意識に期待しているのです。

しかし、相手が変わることを期待するより、自分の考え方を変えてイライラを抑えられたほうが、自分の人生のためにはいいでしょう。

イライラしやすい人は「私には人にイライラしやすいクセがある」と自覚することが大切です。

あなたがどのような人にイライラするのか。

あなたがそのような状況で怒りを覚えるのか。

自分のイライラする考え方のパターンを考えてみましょう。

・ルールを守れない人にイライラしやすい
・マナーが悪い人にイライラしやすい
・挨拶をしない人にイライラしやすい
・お礼を言わない人にイライラしやすい
・仕事が遅い人にイライラしやすい
・優柔不断な人にイライラしやすい
・努力しない人にイライラしやすい

というように、人によって怒りを覚えるパターンはさまざまだと思います。

ただ、あなたのイライラしてしまう考え方のパターンやクセをひとつ知るだけでも大きな成果です。

そして、自分のイライラするクセを自覚していれば、「またこのことでイライラしている」と気づくことができるはず。

イライラしたときに少しでも自覚することができると、怒りを抑えたり、意識を変えたり、受け流したり、あなたにとってプラスな行動がとれると思います。

自分のイライラしやすい考え方のパターンを自覚して、「怒りが大きくなるのは自分の考え方のせい」と考えられるようになると怖いものなしです。

怒ってもいいことはありません。

自分の怒りが原因となって、人間関係を悪くしてしまったり、八つ当たりをしてしまったり、自己嫌悪になってしまったりすることになりかねません。

怒りを爆発させ、怒りを長引かせるのは、百害あって一利なし。

スポンサーリンク

すぐ人にイライラする性格はゆっくりと治していけばいい

「イライラしやすい性格を治そう」と思っても、すぐには上手くできずに、イライラを抑えられないこともあるでしょう。

そういうときは長い目で考えてゆっくりと直していけばいいのです。

性格なんて簡単に直るものではありません。

生まれたときからの気質や長い年月でつくられた性格を直すことは難しいと思います。

だからこそ、時間をかけてゆっくりと自分を育てていくことが大切なのです。

考え方によっては自分をイライラさせる人は「よい練習相手」です。

イライラさせる人に対して、「イライラしないようにしよう」と考えながら、接することが第一歩だと思います。

もちろん上手くいかないことはあるでしょうが、そのときは「まだまだ未熟だな」と笑い飛ばせばいいのです。

「イライラしやすい性格を治さないと!」というように、焦ってしまえばリバウンドしてしまうかもしれません。

自分の性格はゆっくり直せばいいですし、最悪は直らなくてもいいです。

ただ、「人にイライラするのはやめよう」という明確な目標をもって取り組めば、1年後には「少しは人にイライラしなくて済むようになれた」くらいには思えるようになるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

イライラする性格を治す方法について紹介しました。

誰でも怒ることはありますし、イライラするのは正常な感情でもあります。

しかし、強い怒りや長引く怒りはいいことではありません。

強い怒りは暴言や暴力などの衝動を生み、長い怒りは憎しみや恨みにつながる危険性があります。

イライラやストレスは健康や美容にも良くないとも言われます。

自分の怒りをコントロールすることは人間関係においてとても大切です。

だからこそ「怒ってもいいことはない」「怒りは自分の敵である」と考えられるといいでしょう。

そして、イライラしやすい性格を治すために、少しずつ行動を変えていくべきだと思います。

イライラという敵から離れることができると、あなたの人生は豊かになること間違いなしです。

コメント