【仲直りの仕方】一生後悔しないために自分から行動しよう!

仲直りの仕方を解説!人間関係の悩み
スポンサーリンク

これまで生きてきて喧嘩をしたことのない人はいないと思います。

誰でも喧嘩の一つや二つはしたことがあるでしょう。

そして、喧嘩の後には仲直りが必要です!!

喧嘩したままではなく、仲直りをして良好な関係に戻したいところ。

しかし、「仲直りの仕方がわからない」という人がいると思います。

仲直りをする勇気が出なかったり、仲直りが苦手だったら、上手な仲直りができないため、悩んでいる人はいるはず

このページでは喧嘩の後の仲直りの仕方を解説します。

喧嘩をしたからといって難しく考えず、あなたから歩み寄れば仲直りできます。

スポンサーリンク

仲直りしたいのにできない

喧嘩の後は仲直りすることがベストですが、仲直りしたくてもできない状況があるのです。

仲直りしたいのにできないのはいくつか理由があります。

「喧嘩の後は気まずくて仲直りできない」
「喧嘩が長引いて仲直りのタイミングがわからない」
「相手が許せないから仲直りできない」
「喧嘩の理由がわからないから仲直りできない」
「プライドが邪魔して仲直りを切り出せない」
「仲直りを拒否されてどうしたらいいかわからない」

さまざまな理由があって、仲直りしたいのにできないと悩んでいる人が多いでしょう。

仲直りできない状況はストレスですし、毎日の生活も楽しくないと思います。

仲直りしたいのにできないなら、冷静になって自分の心を見直すべきです。

相手が許せないとしても、自分にも悪い部分があったのではないか?

気まずい関係を続けていると、楽しい時間や思い出を作ることができない?

喧嘩が長引いてしまうと、後戻りできなくなって後悔をしてしまうのではないか?

人間には感情があるので、喧嘩をしたり、ぶつかり合ったり、言い合いになったりするのは仕方がありません。

ただ、人間は「許す力」を持っています。

すべての人は「許す」という素晴らしい能力をもっているので、仲直りしようと思えば絶対できるはず。

スポンサーリンク

仲直りしたいなら今すぐにするべき!後悔するかもしれないから

あなたが「仲直りしたい」と思っているなら、今すぐにするべきなのです。

なぜかというと、喧嘩相手と二度と会うことができなくなって、一生後悔するかもしれないから。

何事もそうですが、いつでもできるなんてことはこの世にひとつもありません。

喧嘩をして腹が立っていたとしても、「ごめんなさい」「許してください」は今すぐに伝えたほうがいいのです。

喧嘩が長引いて後悔する日がくるので。

例えば、あなたが両親と離れて暮らしているとします。

両親と離れて暮らしている場合、親と過ごすことができる時間は1320時間といわれます(あくまで目安ですが)

日数にするとわずか55日。

両親と離れて暮らしている人は、わずか2カ月程度しか両親と過ごさないのです

両親だけでなく、恋人、友達、夫婦についても同じことがいえます。

大切な人といつまで過ごせるかはわかりません。

あなたの大切な人は明日にいなくなるかもしれない。

あなたの喧嘩相手は1週間後にいなくなるかもしれない。

謝罪を伝えられなかったと後悔しないため、仲直りをしたいなら今すぐ気持ちを伝えましょう。

「私が悪かった」
「本当にごめんなさい」
「反省しています」

仲直りの言葉を伝えるのは簡単でしょう。

グダグダと喧嘩を引きずっても良いことはありません。

「いつでも仲直りできる」と考えるのではなく、仲直りしたいなら今すぐにするべきなのです。

スポンサーリンク

【仲直りの仕方】自分からきっかけをつくる

仲直りの仕方は関係性や状況によってさまざまだと思います。

・直接会って話す
・電話で話し合う
・LINEで話し合う
・手紙で気持ちを伝える
・知り合いに仲介してもらう

仲直りの方法はいくつかありますが、どれが良くてどれが悪いということはないので、場合によって使い分けましょう。

ただ、仲直りをするうえで覚えておきたいことがあります。

それは「自分から仲直りのきっかけをつくる」ことです。

仲直りをしたいなら、自分から相手に連絡をとって、自分から相手に謝罪するべき。

よくあるのが仲直りを相手にまかせてしまうパターンです。

相手が仲直りを切り出してくるのを待つのではなく、自分から仲直りのきっかけをつくるほうがいいと思います。

自分から仲直りを切り出すほうが

・早く仲直りできる
・喧嘩が長引いて揉めることがない
・冷静な話し合いができる
・後悔することがない
・相手に誠意を示しやすい

といったメリットがあるのでおすすめです。

また、仲直りの言葉は「まっすぐな謝罪」がいいと思います。

「あなたがそう思っているなら・・」
「喧嘩していても仕方がないから・・」
「そういうつもりで言ったんじゃなくて・・」
「実は誤解があって・・」
「お前が勘違いしているだけで・・」

上記のような言い訳くさい言葉やまわりくどい言葉は仲直りの場面で必要ありません

あなたが本当に仲直りしたいなら、反省していること、相手の気持ちを受け止めたこと、心から謝りたいことを伝えればいいのです。

「本当にごめんなさい」
「自分のことしか考えてなくて反省している」
「君の気持ちを理解できなかった自分が情けない」

まっすぐな謝罪ほど相手の心に響く言葉はありません。

スポンサーリンク

彼氏・彼女と仲直りする方法

彼氏・彼女との喧嘩は異性とのトラブルが多いと思います。

・男友達とイチャイチャしていて腹が立った
・女友達と遊んでいて連絡がなかった
・浮気をされた

恋愛に夢中になっているからこそ、喧嘩がヒートアップして、仲直りが大変になるのです。

彼氏(彼女)と仲直りがしたいなら、喧嘩の引き金を引いたほうが真っ先に謝るべきだと思います。

誤解を与えた側が素直に謝る。
言いすぎて傷つけた側が謝る。
浮気をした側が誠心誠意を込めて謝る。

「若気の至り」という言葉もあるので、誠意をみせたら関係を修復できるはず。

若さゆえに、ちょっとしたことで喧嘩したり、喧嘩が大きくなったり、お互いに謝れなかったりするものです。

彼氏・彼女との時間を大切にするためにも、悪いことをした側が潔く謝りましょう。

スポンサーリンク

友達と仲直りする方法

友達とは些細なことで仲が悪くなることが多いです。

・ちょっと言いすぎた
・無視された
・約束を忘れた
・お互いの勘違い

本当に些細なことで喧嘩になって、仲の良い友達と疎遠になってしまうことがあります。

「友達と喧嘩している理由がわからない」という場合もあるでしょう。

友達との些細な喧嘩だったら、時間が解決してくれます。

何度か顔を合わせるうち、お互いがお互いを許しあって、知らないうちに仲直りしていることもあります。

しかし、友達との喧嘩が根深いときはアクションが必要です

友達と仲直りしたいなら、すれ違ったときに声をかけたり、LINEで話し合いたいことを伝えたり、直接会って謝ったりするのがいいと思います。

友達との喧嘩は時間が解決してくれることもありますが、あなたが仲直りのきっかけを作ってもいいのです。

スポンサーリンク

夫婦喧嘩を仲直りする方法

夫婦の喧嘩はさまざまなことが原因となって、取り返しのつかない場合もあります。

・子供の面倒をみない
・お金づかいが荒い
・家事を手伝わない
・給料が安い
・酒グセが悪い
・将来の考え方が違う
・不倫

夫婦喧嘩の理由を挙げるときりがないです。

そして、夫婦喧嘩が大きくなりすぎると、離婚の可能性もでてきます。

離婚を防ぐためにも、夫婦喧嘩を円満に解決して、早急に仲直りしたいものです。

夫婦喧嘩を仲直りしたいなら、①素直になること、②相手の意見を受け入れることが大切だと思います。

まずは、自分のプライドは捨てて、素直に謝ることです。

最初に「ごめんなさい」の一言がいえるだけで、夫婦関係がこじれることは少なくなります。

「見栄をはりたい」「優位な立場にいたい」「負けたくない」といった下品なプライドは捨てて、結婚相手との関係改善を優先するべき。

そして、自分の意見だけを主張するのではなく、相手の意見をしっかりと受け入れましょう。

夫婦は一人では成立せず、二人で支え合うことで成り立っています。

夫がいてのあなたです。

妻がいてのあなたです。

結婚相手の意見はしっかりと聞いて、相手の立場も守ってあげるべき。

ある男性とある女性が出会って結婚するなんて奇跡的な確率だと思います。

夫婦というのは奇跡的な絆で結ばれた関係であり、できるかぎり仲直りするほうが好ましいです。

スポンサーリンク

まとめ

人間なので喧嘩をすることは仕方ないとしても、仲直りができないのは悲しいです。

「仲直りしたいけどできない」という境遇は後悔を生むでしょう。

仲直りはチャンスがあるうちに行動してください。

明日になったら喧嘩相手と二度と会えなくなるかもしれません。

喧嘩したままで離ればなれになるのは寂しいです。

仲直りしたいなら、自分からきっかけをつくって、真っすぐな言葉で謝りましょう。

仲直りするのに言い訳くさい言葉やまわりくどい言葉は必要ありません。

「ごめんなさい」の一言があれば、たいていの喧嘩は消えてなくなるはず。

コメント