スポンサーリンク

会社で悪口を言われると落ち込む!悪口を気にしない方法6選

スポンサーリンク
会社で悪口を言われると落ち込む!悪口を気にしない方法6選人間関係の悩み

このページでは会社で悪口を言われたときの対処方法を紹介します。

他人から悪口や陰口を言われて傷ついた経験は誰にでもあると思います。

  • なんでこんな簡単な仕事もできないの?
  • あの子ってさー、本当に役に立たないのよ
  • 仕事も顔もイマイチだし、良いところがひとつもないね

会社で悪口を言われると落ち込みますし、仕事に行きたくないと憂鬱になります。

悪口・陰口だけでなく、「あいさつしても無視される」「仲間外れにされる」など、陰湿な嫌がらせを受けることもあるでしょう。

会社で悪口を言われて苦しんでいる人は、この記事に書かれていることを実践してみてください。

スポンサーリンク

まともに相手をするのはやめておく

悪口を言われて苦しんでいるのなら「まともに相手をするのはやめよう」と考えましょう。

悪口を言うのは人は未熟者です。

悪口を言うことは「自分のストレスを発散するためだけの未熟な行為」なのです。

悪口を言う未熟な人は、まともに相手をするべきではありません。

未熟な人の悪口に傷ついたり、イライラしたり、嘆いたり、気にしても嫌な気持ちになるだけです。

悪口に対して、傷ついたり、苦しんだり、イライラしてしまったら、相手の思うツボだと思います。

悪口を言う人より上のステージに立って、相手を見下ろすような気分で対応するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

悪口を言う人は心が疲れている

悪口を言われてショックを受けたなら「悪口を言う人は心が疲れている」と考えましょう。

普段は悪い人ではないのに、悩んでいるときやイライラしているときに限って、誰かに当たり散らす人は多いです。

心が疲れているから、イライラしたり、悪口を言ったりしてしまうのでしょう。

悪口を言う人に対しては、あの人は心が疲れていると理解したうえで、「この人にはこういう時もある」と冷静に対処するべき。

心が疲れている人の悪口は軽く受け止めて、左から右へと受け流しておくのが一番です。

スポンサーリンク

悪口を言う人はクセになっている

悪口を言われてモヤモヤするのなら「悪口を言う人はクセになっている」と考えましょう。

悪口を言うこともクセのひとつです。

悪口がクセになっている人は、相手が傷つくことなんか想像できないのです。

何も考えずに悪口を言う人を気にしすぎるのは時間の無駄だと思います。

悪口を言うクセを直すのは簡単ではありません。

その人が悪口をやめないかぎり問題は解決しないと考えていたら、いつまでたっても悩み続けることになるでしょう。

悪口がクセになっている人と接する際は、「この人はこういう人」と割り切って話を聞くべきです。

スポンサーリンク

悪口を言われたら言い返すのは低レベル

悪口を言われて腹が立ったなら「悪口を言われたら言い返すのは低レベル」と考えましょう。

悪口を言ったり、人を傷つけたりする人は未熟者です。

「バカ」という人に対して、「お前のほうがバカ」と言い返してしまうと、やり返したあなたまで未熟者になります。

相手に悪意があるのなら、言い返したりイライラしたりするのは相手の思うツボです。

また、言い返すことで相手の意地悪がエスカレートして、問題が大きくなってしまうかもしれません。

悪口を言う人への一番の仕返しは「無視をする」ことです。

悪口を言われたとしても「こんな人のために傷ついたり、イライラしたりするのは時間の無駄」という考えができるといいでしょう。

スポンサーリンク

悪口を許さなくてもいいけど怒ってもいいことはない

悪口を言われて爆発しそうになったなら「悪口を怒ってもいいことはない」と考えましょう。

正直いうと、悪口を許さなくてもいいのです。

許さなくてもいいけど、怒りの感情にまかせて、怒りを爆発させてはいけません。

短気は損気です。

イライラしたときこそ、「こういうこともある」と自分の考えを受け入れたほうがいいでしょう。

気持ちが落ち着けば、「この場を離れよう」「頭を冷やしてこよう」と考えながら深呼吸をするのが良いと思います。

人間であるかぎり、怒りを感じないというのは無理な話。

だからこそ、「怒りを爆発させなければいい」と努力することが大事なのです。

さらにいうと、怒りを持ち続けないことが幸せの秘訣だと思います。

怒りを持ち続けても、気分の悪い時間が増えるだけで、幸せに過ごせる時間が減ってしまいます。

そのためには気分転換が重要です。

  • 深呼吸をする
  • コーヒーを飲む
  • 散歩をする
  • 睡眠をとる
  • ランニングをする
  • 音楽を聴く
  • 読書をする
  • スポーツをする

怒りをコントロールするために、自分なりの気分転換法をもつといいでしょう。

関連記事:職場で好かれる人の7つの特徴と人付き合いのコツ

スポンサーリンク

悪口を言われても自分は変わらない

悪口を言われて落ち込んだのなら「悪口を言われても自分は変わらない」と考えましょう。

悪口を言われて傷つくことがあっても、あなたという存在は変わりません。

悪口を言われてイライラすることがあっても、あなたという人間は変わりません。

あなたを変えることができるのはあなた自身です。

悪口というのは蚊みたいなもの。

蚊に刺されたとしても、かゆくなるくらいで、あなたの性格や評判に影響はありません。

あなたが日頃から真面目に振る舞っていれば、悪口をどれだけ言われたとしても、あなたに影響はないのです。

また、悪口を言う人は自分の評判を下げています。

人の悪口というのは聞くだけで耳障りです。

「ただ悪口を言い続ける人」と「悪口に反応せず仕事をするあなた」

どちらの評判が悪いのかは一目瞭然だと思います。

関連記事:自分を大切にする効果をバカにしてはいけない理由

スポンサーリンク

まとめ

人間関係で悩んでいるなら、悪口を言われたときの対処方法(心が楽になる考え方)を実践してください。

  • まともに相手をするのはやめておく
  • 悪口を言う人は心が疲れている
  • 悪口を言う人はクセになっている
  • 悪口を言われたら言い返すのは同レベル
  • 悪口は許さなくてもいいけど怒ってもいいことはない
  • 悪口を言われてもあなたは変わらない

自分の考え方を変えるだけで、悪口の苦しみから解放されますし、人生がもっと幸せになるはずです。

そして、悪口に対して言い返してはいけません。

悪口を言うような最低な人間と同じステージには絶対に立たないようにしましょう。

関連記事:人付き合いの苦手を克服する方法

コメント