会社で悪口を言われると落ち込む!悪口を気にしない方法6選

悪口を言われても気にならない方法人間関係の悩み
スポンサーリンク

「なんでこんな簡単な仕事もできないの?」
「あの子ってさー、本当に役に立たないのよ」
「仕事も顔もイマイチだし、良いところがひとつもないね」

他人から悪口や陰口を言われて傷ついた経験がある人は多いと思います。

自分の行動や発言をチェックされて悪く言われると落ち込みますよね。

悪口・陰口だけでなく、「あいさつしても無視される」「仲間外れにされる」など陰湿な嫌がらせを受けることもあるでしょう。

会社という組織には本当にいろいろな人がいるので、悪口・陰口を言う人や嫌がらせをする人は必ずいます。

だからこそ、悪口を気にしないことが大切なのです。

このページでは会社で悪口を言われたときの対処方法(心が楽になる考え方)を紹介します。

会社で悪口を言われて苦しんでいる人は、この記事に書かれていることを実践してみてください。

【後悔しない生き方の手引き】人生は簡単に変えられる
後悔しない生き方の手引きを紹介。アンケートによるとアメリカの90歳以上のお年寄りの9割が人生に後悔しているそうです。人生最後の日に後悔はしたくないでしょう。後悔しない生き方の手引きは5つあるのですが、誰でも簡単にできて明日からでも始められます。素晴らしい人生を送るためにあなたの行動を変えていくべきです。
スポンサーリンク

まともに相手をするのはやめておく

悪口を言われて苦しんでいるのなら「まともに相手をするのはやめよう」と考えましょう。

悪口を言うのは相手の問題です。

自分が悪いのではなく「相手が未熟だから」です。

悪口を言う未熟な人は、まともに相手をするべきではありません。

嫌なこと、不満なこと、イライラすることは誰にでもありますが、それを悪口として口に出しても何も解決しません。

つまり、悪口を言うことを「何の解決にもならない自分のストレスを発散するためだけの未熟な行為」なのです。

未熟な人を変えることはできません。

未熟な人の悪口に傷ついたり、イライラしたり、嘆いたり、気にしても余計に嫌な気持ちになるだけです。

悪口を言う人はまともに相手をしないのが一番です。

「悪口は気にしない、気にしない」と心の中でつぶやきましょう。

悪口に対して、傷ついたり、苦しんだり、イライラしてしまったら、相手の思うツボだと思います。

悪口を言う人よりひとつ上のステージに立って、相手を見下ろすような気分で対応するのが良いでしょう。

人付き合いの苦手を克服する方法!仕事を上手く乗り切るために
人付き合いの苦手を克服する方法を紹介。仕事の人付き合いがストレスに感じている人は多いでしょう。どうしても人付き合いの苦手を克服したいなら自分から行動する必要があります。また、考え方を変えると人付き合いの苦手意識を軽減することもできるのです。ただあなたの繊細な性格は素晴らしい個性であることも忘れないでください。
スポンサーリンク

悪口を言う人は心が疲れている

悪口を言われてショックを受けたなら「悪口を言う人は心が疲れている」と考えましょう。

自分がつらいときや悩みを抱えているときは人に当たってしまうことがあります。

普段は悪い人ではないのに、悩んでいるときやイライラしているときに限って、誰かに当たり散らす人は多いです。

人間は疲れているときほど悪くなるもの。

ということは「悪口を言う人は心が疲れている」のです。

心が疲れているから、八つ当たりをしたり、悪口を言ったりしてしまうのでしょう。

つまり、悪口を言う人に対しては、「あの人は心が疲れているんだな」と理解したうえで、「この人にはこういう時もある」と冷静に対処するべき。

心が疲れている人の悪口は軽く受け止めて、左から右へと受け流しておくのが一番です。

悪口を言われて、悔しい気持ちや悲しい気持ちはわかりますが、人が変わるのを期待するのはやめて、自分の考え方を変えたほうがいいでしょう。

周りからどう思われているか気になるときの対処法
周りからどう思われているか気になるときの対処法を紹介。人の目を気にして周りの人におびえて悩み苦しむのはつらいです。職場や学校の人間関係は複雑なので空気を読んだり気遣ったり周りの目を気にしなければいけません。ただ、どうしても苦しいのなら自分らしく生きる道を選んでいいのです。
スポンサーリンク

悪口を言う人はクセになっている

悪口を言われてモヤモヤするのなら「悪口を言う人はクセになっている」と考えましょう。

誰にでもクセはあると思います。

無意識のうちにしてしまうクセ、何度も繰り返してしまうクセは誰でも持っています。

悪口を言うこともクセのひとつです。

「悪口を言われて傷ついているのに、クセで片づけられるのは納得できない!」と思う人はいるでしょう。

ですが、悪口を本人の前で平気で言うことがクセになっている人は、相手が傷つくことなんか想像できないのです。

ましてや、悪口を言う当人は「軽い冗談」や「からかっている」つもりかもしれません。

何も考えずに「ひょうひょうと悪口を言う人」を気にしすぎるのは無駄な時間です。

悪口を言うクセを直すのは簡単ではありません。

その人が悪口をやめないかぎり、自分に謝罪しないかぎり問題は解決しないと考えていたら、いつまでたっても悩み続けることになるでしょう。

悪口がクセになっている人と接する際は、「この人はこういう人」とわかったうえで話を聞くべきです。

「仕事が楽しくない」と感じた時に問いかけたい5つの質問
仕事が楽しくないときの対処法を紹介。仕事が楽しくないときは自分の心に問いかけることで現状を打開できます。仕事が楽しくない理由もまとめているので「仕事が楽しくないから辞めたい」と悩んでいる人は参考にしてください。仕事は楽しくないのが当たり前といわれますが仕事を楽しめるのが一番良いです。
スポンサーリンク

悪口を言われたら言い返すのは低レベル

悪口を言われて腹が立ったのなら「悪口を言われたら言い返すのは低レベル」と考えましょう。

悪口を言ったり、人を傷つけたりする人は未熟なのです。

悪口をいうような未熟な人をまともに相手すると、自分も低レベルになってしまいます。

「バカ」という人に対して、「お前のほうがバカ」と言い返してしまうと、やり返したあなたまで未熟者になります。

相手に悪意があるのなら、言い返したりイライラしたりするのは相手の「思うツボ」ではないでしょうか。

そして、「言い返すあなたも未熟者」という姿を見せることは相手を喜ばせるだけです。

また、言い返すことで相手の意地悪がエスカレートして、問題がどんどん大きくなってしまうかもしれません。

悪口を言う人への一番の仕返しは「無視をする」ことです。

悪口を言われたとしても「こんな人もいる。こんな人のために傷ついたり、イライラしたりするのは損だからよそう」という考えができるといいでしょう。

仕事の人間関係を割り切る方法!気持ちが楽になる考え方
仕事の人間関係を割り切るとストレスや悩みを解消することができます。世の中に嫌な人はたくさんいますし、人間は簡単には変わりません。職場の人間関係が耐えられないときは考え方を変えると気持ちが楽になるはずです。人間関係に悩む時間を減らして楽しい時間を増やしましょう。
スポンサーリンク

悪口を許さなくてもいいけど怒ってもいいことはない

悪口を言われて爆発しそうになったなら「悪口を怒ってもいいことはない」と考えましょう。

悪口を言われたとき、怒りの感情がおさまらないのは「許せない」という気持ちがあるからだと思います。

「許せない」という思いは長く続きやすいものであり、相手のことを考えるたびにモヤモヤしてしまいます。

正直いうと、悪口を許さなくてもいいのです。

許さなくてもいいけど、怒りの感情にまかせて、怒りを爆発させてはいけません。

短気は損気です。

怒ってもいいことはありません。

イライラしたときこそ、「こういうこともある」「悪いことを考えてしまうのも仕方がない」というように、自分の考えを受け入れたほうがいいでしょう。

状況が落ち着けば、「この場を離れよう」「頭を冷やしてこよう」と考えながら深呼吸をするのが良いと思います。

人間であるかぎり、怒りを感じないというのは無理な話。

だからこそ、「怒りを爆発させなければいい」と努力することが大事なのです。

さらにいうと、怒りを持ち続けないことが幸せの秘訣だと思います。

怒りを持ち続けても、気分の悪い時間が増えるだけで、幸せに過ごせる時間が減ってしまいます。

イライラして嫌な時間が増えるのはもったいない。

そのためには気分転換が重要です。

深呼吸をする。
コーヒーを飲む。
散歩をする。
睡眠をとる。
ランニングをする。
音楽を聴く。
スポーツをする。

などなど、自分なりの気分転換法をもっていると役に立つでしょう。

気分が悪いと怒りを引きずってしまいがちですが、ぜひとも幸せになる考え方を心がけましょう。

短気は損気です。

【ストレスによる肌荒れ】男性のほうが気をつけるべき理由
男性がストレスの肌荒れを気をつけるべき理由を紹介。「男に肌荒れは関係ない」と思っている人は絶対にスキンケアをするべきです。ストレスによる肌荒れを放置していると最悪の事態になります。肌荒れは仕事に悪影響を及ぼすのです。ストレスによる肌荒れの治し方を紹介しているので今すぐに実践してください。
スポンサーリンク

悪口を言われても自分は変わらない

悪口を言われて落ち込んだのなら「悪口を言われても自分は変わらない」と考えましょう。

悪口を言われて傷つくことがあっても、あなたという存在は変わりません。

悪口を言われてイライラすることがあっても、あなたという人間は変わりません。

あなたを変えることができるのはあなた自身です。

悪口なんてものは受け流しておけばノーダメージだと考えましょう。

「だからどうした!お前になんと言われようが関係ないんだよ!」というくらいの強い気持ちでいるべきです。

なぜなら、悪口を言われてもあなたは変わらないから。

悪口というのは蚊みたいなものです。

蚊に刺されたとしても、かゆくなるくらいで、あなたの性格や評判に影響は全くありません。

あなたが日頃から真面目に振る舞っていれば、悪口をどれだけ言われたとしても、あなたに影響はないのです。

どうしても耐えられないときは、「言いたい人には言わせておけばいい」「真実は自分だけが知っている」と考えれば、気持ちが楽になるでしょう。

悪口で悩み続けるなんて苦しいだけです。

また、悪口を言う人は自分の評判を下げています。

人の悪口というのは聞くだけで耳障りです。

周りの人たちはしっかりと見ています。

「ただ悪口を言い続ける人」と「悪口に反応せず仕事をするあなた」

どちらの評判が悪いのかは一目瞭然だと思います。

職場の気が合わない人にストレスを感じないための幸せの法則
気が合わない人と上手く仕事をしていく考え方を紹介。職場の気が合わない人にストレスを感じていませんか。気が合わないからこそトラブルになったり人間関係が悪くなりがちです。しかし、考え方を変えるだけで気持ちが楽になります。人間関係で悩み自分を責めるより大切なことに時間を使いましょう。
スポンサーリンク

まとめ

目の前で悪口を言われたり、あいさつしても無視されたり、コソコソと陰口を言われたり、仲間外れにされたりすると気分は良くありません。

そんなときは以下の考え方を心がけましょう。

・まともに相手をするのはやめておく
・悪口を言う人は心が疲れている
・悪口を言う人はクセになっている
・悪口を言われたら言い返すのは同レベル
・悪口は許さなくてもいいけど怒ってもいいことはない
・悪口を言われてもあなたは変わらない

自分の考え方を変えるだけで、悪口の苦しみから解放されますし、人生がもっと幸せになるはずです。

同じ会社の社員に悪口を言ったり、無視したり、嫌がらせをしたり、仕事に支障をきたしたりするのは、社会人としてあるまじき行為です。

そして、悪口は気にしないのが一番だと思います。

悪口に対して言い返してはいけません。

悪口を言うような最低な人間と同じステージには絶対に立たないようにしましょう。

コメント