スポンサーリンク

職場で好かれる人の7つの特徴と人付き合いのコツ

スポンサーリンク
職場で好かれる人の特徴と人付き合いのコツ人間関係の悩み

このページでは職場で好かれる人の特徴を紹介します。

他の職員と比べて、明らかに好かれやすい人はいるものです。

心配されたり、気さくに話しかけられたり、相談されたりと、職場で好かれる人の周りにはたくさんの人が集まります。

実は職場で好かれる人には特徴があるのです。

好かれる人と嫌われる人を分けるのは日頃の言動が関係しています。

職場で好かれたいなら、誰でもできる人付き合いのコツを学びましょう。

スポンサーリンク

職場で好かれる人の7つの特徴

職場で好かれる人の特徴は以下のとおりです。

  • 他人に関心をもっている
  • 批判しない
  • 笑顔を忘れない
  • 名前を覚える
  • 聞き手にまわる
  • 心からほめる
  • 嘘をつかない

他人に好意を示すシンプルな方法ですが、実践できている人は少ないです。

以下より、解説します。

他人に関心をもっている

職場で好かれる人は他人に誠実な関心をもっている人です。

人間は他人のことには関心をもたず、自分のことに関心をもっている生き物です。

口には出しませんが、人は自分に注目してほしいと心の底で思っています。

親しみをこめて挨拶をしたり、気さくに世間話をしたり、相手の体調を気にしたりする人は、他人からの好意を集めます。

受付スタッフ、警備員、清掃員など、上から下のすべての職員に気遣いができる人は好かれること間違いなしです。

批判しない

職場で好かれる人は他人を批判しない人です。

人間はどんなに間違っていても自分が悪いとは思いたがらない生き物です。

悪いと思っていない人を批判しても何も解決はせず、相手は自分を守るために反抗心を強めてくるでしょう。

動物の訓練で、良いことした時にほうびをやった場合と、間違った時に罰を与えた場合を比べると、ほうびをやった場合のほうが訓練の効果は上がるそうです。

つまり、批判しても改善は得られず、相手の怒りを買うだけなのです。

人間はほめられることを強く望んでいますが、それと同じ強さで批判されることを恐れています。

笑顔を忘れない

職場で好かれる人は笑顔を忘れない人です。

人間は笑顔を見ると心が安心する生き物です。

笑顔を見せる人はそうでない人より、経営、販売、教育などの面で効果を上げるそうです。

笑顔を見せることで周りの人たちが笑顔を返すようになるでしょう。

苦情や不満を持ち込んでくる人にも笑顔を忘れないようにすると問題の解決が容易になります。

笑顔は好意のメッセージであり、受け取る人たちの気持ちを明るくします。

名前を覚える

職場で好かれる人は他人の名前を覚える人です。

人間は自分の名前の扱いを気にする生き物です。

自分の名前を覚えてくれることは気分の良いもので、どんな誉め言葉よりも効果があるでしょう。

政治家が最初に覚えるべきことは有権者の名前であり、それを忘れることは有権者から忘れられることに値するそうです。

名前は本人にとって最も大切な響きをもつ言葉なのです。

聞き手にまわる

職場で好かれる人は聞き手にまわる人です。

人間は話し上手より聞き上手を好む生き物です。

腹を立てている人、不満を抱えている人、傷ついている人など、心に悩みがある人すべてが聞き手を欲しがっています。

自分の話を聞いてもらいたいばかりに、医者を呼ぶ患者はたくさんいるそうです。

人は心の中の気持ちを吐き出すことで安心を感じるため、話を聞いてくれる人の存在がとても嬉しいのです。

心からほめる

職場で好かれる人は他人を心からほめる人です。

人間は周りの人から認めてもらいたいと思っている生き物です。

人は何からの点で優れていると思っており、自分の良い部分を認めてもらえると誰でも嬉しいでしょう。

重要な人物になりたいという願望は人間の最も強い欲求です。

ほめることは他人の人生を変えるほどの強大なパワーをもっています。

自分をほめて自信をつけてくれる人がいたら誰でも好きになると思います。

嘘をつかない

職場で好かれる人は嘘をつかない人です。

人間は嘘つきを自分から遠ざけようとする生き物です。

社会において信頼関係はとても重要であり、一度でも嘘をつかれると他人を信用できなくなります。

嘘をついた当人は冗談のつもりでも、嘘をつかれた被害者のショックは大きいかもしれません。

嘘をつかない正直者が信頼を集めて人から好かれるのは当たり前のことです。

スポンサーリンク

人から好かれるためのコツ

職場で好かれたいなら、人付き合いのコツを身につけましょう。

誰でもできることなので明日からでも実践してください。

相手のことを考える

職場の人と接するとき、相手のことを真っ先に考えます

仕事をしているなかで相手の変化を見逃さないように心がけるのです。

  • Aさんは調子が悪そう
  • Bさんが何かに困ってそう
  • Cさんが髪の毛を切っている

相手に関心を寄せて、何か手伝えることは手伝ったり、伝えたいことは伝えるようにしましょう。

また、職場の人との会話のなかで相手が関心をもつ話題を見つけるように心がけるのです。

  • Aさんの趣味は何だろう
  • Bさんのお子さんはいくつだろう
  • Cさんの悩みは何だろう

人から関心を向けられることで、相手は心を開いて話そうと思います。

相手が興味をもっていることを覚えておき、会話のなかで自然と話題にするのも効果的でしょう。

批判せず理解を示す

人が間違いを犯したときに誤りを正そうと真正面から批判するのは良くないです。

正論で批判された相手は追い詰められて逃げ場がなくなり、結果的に怒りや恨みを抱えることでしょう

他人を批判するかわりに相手を理解するよう努力してください。

  • Aさんはどうしてあんなことをしたのか
  • Bさんはなぜ同じ失敗を繰り返すのか
  • Cさんは間違いをどう感じているのか

相手の立場で物事を考えて、間違いをおかした人がどんな気持ちでいるか考えましょう。

相手の気持ちが理解できたなら、正論で批判しようとは思わないはずです。

笑顔を絶やさない

笑顔には人を安心させる力があるので、どんな時も笑顔を絶やさないようにしてください。

笑顔を見せる気分でないときは、意識的に幸せであるようにふるまうといいでしょう。

  • とにかく笑ってみる
  • 鼻歌を歌う
  • 口笛を吹く

感情は行動によって調整できると言われており、気分がすぐれなくても笑うことで気分は良くなっていくのです。

毎朝、鏡の前に立って笑顔の練習をすると、周りの人からの印象が変わってくるはず。

初対面から名前を覚える

名前を間違えるのは失礼になるので、初対面の人の名前はしっかりと覚えるクセをつけましょう。

初対面の人からは氏名、職業、家族、趣味などを聞き出し、メモに残して顔と情報を結びつながら記憶します。

また、会話の中で相手の名前を繰り返し、顔、表情、姿を一緒に頭の中に入れてください。

さらに、一人になったとき、相手の名前を紙に書いて、それを見つめながら集中して覚えると確実です。

相手が喜ぶ質問をする

自分の話をすることばかり考えて、耳のほうが留守になっている人は多いです。

相手が喜んで答えるような質問をして、聞き上手になる努力をしてください。

  • 得意なこと
  • 活躍したこと
  • 心配していること
  • 悩んでいること

相手が話したいと思っていることをこちらから尋ねてみましょう。

あいづちやリアクションは忘れずに、相手が気分よく話せるよう環境を整えてください。

相手が話しているのに愛想のない態度や退屈そうな態度をすると、聞き上手になるどころか聞き下手になってしまいます。

スポンサーリンク

職場で好かれる人を真似するのが最善の方法

好かれる人の特徴を言葉で説明しましたが、難しく考えてしまい実践できない人はいるでしょう。

一番簡単な好かれる方法は「好かれている人の真似をすること」です。

目の前にお手本がいるわけなので、好かれている人の発言・行動を隅々まで観察してください。

その場で発言を真似てもいいですし、一緒に行動してもいいと思います。

仕事が終わってから好かれている人の言動を振り返って、紙に書き起こしてみるのも効果的です。

好かれている人が実際にしていることを真似するだけなので簡単です。

難しいことを考える必要はないので、明日からでもチャレンジできるはず。

スポンサーリンク

まとめ

職場で好かれる人には特徴があり、日頃の言動が大きなポイントになっています。

  • 他人に関心をもっている
  • 批判しない
  • 笑顔を忘れない
  • 名前を覚える
  • 聞き手にまわる
  • 心からほめる
  • 嘘をつかない

好かれる人の7つの特徴を意識して、毎日の仕事に取り組めば印象が良くなるはずです。

一番簡単な方法は好かれている人の真似をすることです。

どんな発言をして、そんな行動をとっているか、好かれている人を観察してみましょう。

コメント