スポンサーリンク

職場の気が合わない人とうまく付き合う方法

スポンサーリンク
職場の合わない人と上手く付き合う方法人間関係の悩み

このページでは職場の気が合わない人とうまく付き合う方法を紹介します。

世の中のすべての人と気が合うわけはないので、気が合わない人がいるのは当たり前のことです。

  • どうしても会わない人
  • 仕事の相性が合わない人
  • なんとなく波長が合わない人

気が合わないからこそ、人間関係が悪くなったり、トラブルが頻発したりするものです。

気が合わない人ばかりの職場でストレスを抱えている人は多いでしょう。

気が合わない人との人間関係に悩んでいる人は必見です。

スポンサーリンク

職場の気が合わない人と過ごす時間はちょっとだけ

気が合わない人との仕事を憂鬱に感じている人は、「職場の合わない人と過ごす時間はちょっとの時間だけ」と考えましょう。

職場に気が合わない人がいたとしても、顔を合わすのは数分~数時間くらいだと思います。

気が合わない人と1か月も一緒にいるわけではありませんし、長い人生を考えたら気が合わない人と過ごす時間はわずかです。

「気が合わない人と過ごす時間はちょっと」と考えることで、気持ちが少しは楽になるかもしれません。

気が合わない人を極端に避けていると、一緒に仕事することになったとき、嫌な思いが強くなり耐えられないでしょう。

「ちょっとの時間だけやり過ごせばいい」と最初から考えておくと、会う前から余計な心配をする必要はありませんし、一緒に仕事をするときのストレスも軽減するはずです。

スポンサーリンク

どうしても合わない人はやり過ごせばいい

気が合わないからこそ、トラブルになったり、嚙み合わなかったり、言い合いになったりするはずです。

「どうして自分がこんな思いをしないといけないの」と泣きたくなることもあるでしょう。

「なんで上手くいかないんだろう」と悩むこともあるでしょう。

どうしても合わない人がストレスなら「こういうこともある」とやり過ごせばいいのです。

気が合わない人に過剰反応すると、悩みの種をさらに増やしてしまいます。

「気が合わないのだから仕方がない」
「この人はこういう人なんだ」
「このぐらいは大丈夫」
「まぁいいか」

上記のように、気が合わない人をやり過ごす一言がとても大切なのです。

嫌なことがあったとき、「こういうこともある」と自分で言えると、その後の考え方がずいぶん違ってきます。

気が合わない人との付き合いの中で嫌なことがあっても、過剰反応せずにやり過ごすことができれば、すぐに忘れることができるのです。

スポンサーリンク

職場以外のプライベートな時間を大切にする

気が合わない人が職場にいると、その人の嫌なところばかりを考えてしまいます。

「あの人のここが嫌だ」
「あの人は○○だから気が合わない」
「あの人は△△するから友達になれない」

ひとりでいるときやプライベートのときでさえ、嫌な相手のことを考えて、嫌な気持ちになってしまうこともあると思います。

そんなときは「プライベートな時間を大切にする」と考えましょう。

ひとりでリラックスしているときに嫌な気持ちになるのは残念です。

楽しいプライベートの時間を気が合わない人のことで使うのはもったいないです。

気が合わない人のことを考えて嫌な気持ちになる時間を減らし、自分が楽しく過ごせる時間を増やしたほうが幸せになれます。

「あんな人のことを考えるより、もっといいことを考えよう」と思えるほうが絶対に幸せです。

人生を楽しく過ごすためには、職場以外のプライベートな時間を大切にすればいいのです。

スポンサーリンク

職場の合わない人にストレスを感じない考え方

職場の気が合わない人と無理に合わせる必要はありません。

気が合わないからといって悩み苦しむことはありません。

気が合わない人との付き合いは仕事に支障が出ない程度で大丈夫です。

正直いうと、人間関係に悩みすぎると幸せになれません。

「人間関係の悩みの解決に時間を費やすよりも、自分が幸せになれることに時間を使ったほうがいい」と考えるほうが幸せになれます。

職場に気が合わない人がいた場合、その人との付き合いをどれくらい重視するか決めましょう。

気が合わない人にどれくらい自分のパワー(時間・精神)を使うかを判断します。

考え方が変わると、気が合わない人と一緒に仕事する瞬間なんてわずかと感じられるでしょう。

重視したいものに時間を使って、自分の生き方・生活を大切にすることが幸せの法則です。

関連記事:すぐ人にイライラする性格を直したいなら○○をするべき

スポンサーリンク

やるべきことはしっかりとやる

「気が合わないならやり過ごせばいい」と言いましたが、相手を雑に扱ってもいいのではありません。

社会人としてやるべきことはしっかりとやりましょう。

  • あいさつをする
  • お礼を言う
  • 悪いときは謝る
  • 無視をしない
  • 約束は守る

気が合わない人だからといって、当たり前のことを疎かにしてはいけません。

礼儀を疎かにすると、あとで何倍にもなって自分に返ってきます。

仕事に私情は挟まないのと同じで、人の礼儀に私情を挟んではいけません。

やるべきことをしっかりとやる。

そして、基本的なことをしっかりとやっておけば、あとは適度にやり過ごしておけばいいのです。

関連記事:職場で好かれる人の7つの特徴と人付き合いのコツ

スポンサーリンク

まとめ

職場の人と気が合わないからといって、自分を責める必要はありません。

気が合わない人がいるのは当たり前です。

気が合わないことで悩んでいる人は「気が合わないならそれなりでいい」と考えてみましょう。

気が合わない人と過ごすのはちょっとだけ。

気が合わないならやり過ごせばいい。

それよりもっと自分の時間を大切にしよう。

人間関係の悩みに時間を使うより、自分が大切にしていることに時間を使ったほうがいいと思いませんか。

まずは考え方を変えることから始めてください。

少しずつ考え方を変えていけば、人生が今よりもっと幸せになるはずです。

関連記事:自分の本当にしたいことがわからないときの対処法

コメント