スポンサーリンク

【投資の才能4つを解説】凡人でもお金を増やすことはできる

スポンサーリンク
投資の才能4つを解説投資コラム

このページでは投資における4つの才能を紹介します。

「株式投資を始めたけど利益はゼロ」
「FXで損失だけが膨らんでいく」

投資の勉強をしっかりとしたのに利益が出ないと「私には投資の才能がない・・」と深く悩んでしまうでしょう。

投資で富を得た人は非凡な才能を持っていますが、お金を増やすくらいなら才能がなくても可能です。

少しの努力で始められるので、仕事をしながらでも、家事をしながらでも、凡人でもお金を増やすことはできます。

スポンサーリンク

投資の才能とは

投資の才能はいろいろとありますが、私が考える投資の才能は4つです。

  • 決算書を読み込むことができる
  • 政治経済に関心をもつことができる
  • 正確な将来を予想することができる
  • 自分を信じることができる

素晴らしい投資家は4つの才能を持っていると思います。

投資において才能を努力で超えることはできますが、生まれつき能力をもった投資家は強いです。

決算書を読み込むことができる

「企業の決算書を読むことが楽しい」と感じる投資家はいます。

ほとんどの人にとって、企業の決算書を読むことは退屈だし、企業を分析することは面倒です。

細かい文字を読んだり、頭を使って考えたりすることはストレスなので、決算書に楽しみを見出すのは難しいでしょう。

だから、決算書を読むことに楽しみを感じる人は才能を持っているのです。

決算書を読むことに楽しみを感じる人は、毎日のように読み込むことができるし、何時間でも企業分析することができます。

楽しいからこそ熱中でき、楽しいからこそ成長でき、決算書を読み込むことができる投資家は才能に溢れています。

政治経済に関心をもつことができる

政治経済の動きは株価に大きな影響を与えますが、政治経済に関心を持っている人は少ないです。

「若者は選挙に行かない」「若者は経済ニュースに興味がない」と言われますが、現実感のないことに関心を持つのは難しいと思います。

政治を勉強しなくても困らないし、経済を知らなくても生活していけるので、日本人の政治経済への関心はさらに薄れていくでしょう。

投票率の低い日本において、政治経済に関心を持つことができる人は才能をもっています。

ほとんどの人は政治経済に関心を持っていないので、政治経済に興味を持つだけで才能に溢れているのです。

政治経済に興味がない私からすれば、「政治経済を集中して勉強できる人はスゴイ!」と本気で思います。

どう頑張っても政治経済に関心を持てないからこそ、政治経済に関心を持てる人に才能を感じるのです。

正確な将来を予想することができる

株式投資で儲けるためには「株価が上がるのか」「株価が下がるのか」を正確に予想する必要があります。

投資家Aと投資家Bがいたとして、2人に同じ情報を分け与えても、それぞれが想像する未来は全く違うでしょう。

つまり、投資で成功するためには「情報をどのように統合解釈して将来を予想するか」が重要なのです。

人間の思考回路は全く違うからこそ、正確な将来を予想することができる人は才能を持っています。

さらにいうと、決算書を読み込むことができて、政治経済に関心を持つことができ、情報を統合解釈して正確な将来を予想できる人は才能に溢れているのです。

「その発想はなかった!」
「そんな考え方があるのか!」

他人の解釈に驚いた経験は誰にもあるはずです。

ほとんどの投資家は間違った解釈で予想を外しますが、才能ある投資家は正しい解釈で予想を当てるのです。

自分を信じることができる

投資で成功している人は、他人の意見に流されずに、自分の考えを信じることができた人です。

投資においてリスクとリターンは表裏一体であり、リスクを取った人だけがリターンを得ることができます。

自分の運用を信じることができず、投資リスクを恐れてしまった投資家はリターンを得ることができません。

世界一の投資家「ウォーレン・バフェット」はコカ・コーラの成長を信じて、大金を投資したからこそ成功しているのです。

自分を信じて貫き通すことができる人は素晴らしい才能を持っています。

人生において、大きな勝負をするときは必ずあるでしょう。

勝負をするときに自分を信じられない人は失敗すると思います。

信じるべきは他人ではなく自分です。

スポンサーリンク

投資の成功者が持っている才能

世の中には投資で成功して莫大な資産を築いた人がいます。

投資の成功者は一般人と比べて何が違うのか。

さきほど紹介した4つの才能に加えて、投資で成功するために欠かせない才能が2つあります。

1つ目は努力できる才能です。

投資の成功者は凡人には真似できないほどの時間と労力をかけて投資に向き合っています。

投資の成功者は凡人の何十倍の努力をしているはず。

何千、何万、何十万という時間を費やして、コツコツと努力を続けられることは素晴らしい才能であり、一般人に真似できることではありません。

努力ができることは立派な才能です。

2つ目は運です。

「運も実力のうち」と言いますが、投資はギャンブル要素を含んでいるので、最終的な結果は運が関係しています。

投資の成功者は素晴らしい運を引き寄せた人であり、到底真似できない非凡の才能を持っているのです。

運だけで片づけてしまうと申し訳ないので、言いかえると「投資の嗅覚」「第六感」みたいなものでしょうか。

投資の世界にはいろいろな投資理論がありますが、将来的に相場がどのように動くのかを100%予想することはできません。

偶然に当たった投資理論が偶然に絶賛されるだけです。

つまり、ほとんどの投資家が投資理論という名の「自分の感覚」を信じて投資をするのです。

努力・勉強によって当たる確率を高めることはできるでしょうが、最後の当たり外れを決めるのは運なのです。

持って生まれた幸運は才能以外の何物でもありません。

スポンサーリンク

ほとんどの人は投資の才能をもっていない

ネットで見かけた専業主婦の悩みを紹介します。

夫は10か月ほど株とFXを続けているが、利益はプラマイゼロ~マイナスを行ったり来たり。投資成績がパッとしません。10か月間、勉強と試行錯誤を続けていますが、夫は投資の才能がないのでしょうか。生活には困らないので黙認していますが、ずっとこのままではさすがに困るのでどっかで見切りをつけて欲しいです。

投資の悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

ほとんどの平凡な個人投資家は成功できずに終わります。

投資の才能に恵まれて勝つことができる投資家はごくわずかです。

たまに株式投資やFXで利益を出している人はいますが、ほとんどの投資家がビギナーズラックで終わります。

むしろ、ビギナーズラックで小金を得てしまうと厄介だと思います。

「明日になれば株価が上がるかもしれない」
「もう少しで成功するかもしれない」

一度味わった成功が忘れられず、ズルズルとドロ沼にハマって、抜け出せないまま損失がどんどん膨らんでいくでしょう。

さらに、凡人の精神状態では株やFXの投資状況が気になって、仕事・人間関係・生活が手につかなくなるかもしれません。

「自分には投資の才能がない」と気づいた時点で手を引けばいいのですが、お金を増やしたい気持ちを押し殺すのは難しいです。

スポンサーリンク

才能がなくてもお金を増やすことはできる

才能がないと投資で成功してお金持ちになることはできません。

しかし、才能がなくてもお金を増やすことはできます。

才能ゼロでお金を増やす方法は「インデックス投資」です。

私はインデックス投資を実践しています。

私の投資成績が知りたい方は下記の関連記事をご覧ください。

関連記事:投資初心者のインデックス投資成績を公開

ちなみに私は投資の専門家ではありません。

病院でリハビリ職種として働いています。

投資の「と」の字も出てこない医療業界で働いている私に投資の才能があるわけありません。

インデックス投資を始める前に少し勉強したぐらいで、投資の状況はほったらかしです。

正直いうと、仕事が忙しいので投資に時間をかけていられません。

スポンサーリンク

インデックス投資はゆっくりとお金を増やす

インデックス投資とはインデックスファンド(投資信託の一種)を購入する投資方法を言います。

インデックス投資をコツコツと継続できれば、ゆっくりとお金持ちになることも可能です。

インデックス投資が良い理由は以下3つのポイントです。

  • 長期間でみると良いリターンを上げている
  • 手間がかからないので続けやすい
  • 100円から投資できるのでハードルが低い

突然ですが問題です!

アメリカで1801年に株式投資した1ドルは200年後いくらになったでしょう?

正解は700000倍です。

つまり、1000円投資していたら200年後には7億円になっていたということ。

資本主義経済の発展によって200年前の1000円は7億円に増えたのです。

ということは、資本主義経済に身を任せておけば、これからの世界成長とともにお金が増えていくと考えられます。

インデックスファンドという良質な金融商品に投資して、資本主義経済の発展を信じ続ければ、ゆっくりとお金は増えていくのです。

スポンサーリンク

インデックス投資には少しの努力が必要

インデックス投資にズバ抜けた才能は必要ありません。

少しの努力ができればインデックス投資でお金を増やすことができます。

その努力とは「インデックス投資の本を1冊読むこと」です。

おすすめは「お金は寝かせて増やしなさい/水瀬ケンイチ」という本です。

本書はインデックス投資について初心者にも分かりやすく書いてあります。

「お金は寝かせて増やしなさい」を買っておけば大きな失敗はしません。

本を読むのが重要な理由は、ネットの情報だけでインデックス投資を始めるのが不安だからです。

ネットで検索するとインデックス投資の情報がたくさん出てくると思いますが、ネットの情報だけでインデックス投資に挑戦するのは危険なのです。

なぜなら、インデックス投資でも大きなマイナスになる確率があるから。

インデックス投資は長期的に良いリターンを上げていますが、短期的に見るとマイナスとプラスを行ったり来たりします。

リーマンショックのような株価の大暴落ではインデックス投資でも資産が半分くらいになります。

株価が下がったとき、インデックス投資の中身を把握できていない投資家は市場から脱落してしまうでしょう。

  • あれ!?インデックス投資はおすすめじゃなかったの?
  • インデックス投資なら損をしないんじゃないの?

インデックス投資を把握できていない投資家は、自分の損失を他人のせいにして、他人に罵詈雑言を浴びせるはず。

インデックス投資は長期投資が基本なのに短期的な株価変動に混乱するのです。

暴落相場から自分を守るために、インデックス投資の本が重要だと思います。

投資は自己責任なのでしっかりと準備してから挑戦しましょう。

関連記事:インデックス投資のおすすめ本を紹介!手元に持っておきたい3冊

スポンサーリンク

まとめ

すべての投資家が投資で成功して大金を手に入れたいと思っていますが、夢を叶えることができる人はごくわずかです。

私には投資の才能があると勘違いして挑戦した人のほとんどが失敗して終わります。

凡人は最初からインデックス投資をすればいいのです。

インデックス投資は早く始めるほど有利です。

10年より20年、20年より30年、30年より40年。

インデックス投資は長く続けるほど大きな力を発揮してくれます。

そして、今の時代は「つみたてNISA」という最高の制度があります。

つみたてNISAは20年間にわたり非課税の恩恵が受けられるのでおすすめです。

今の20代の人たちは恵まれた投資環境を利用しない手はありません。

私は20代からインデックス投資を始めることができて本当に良かったと思っています。

コメント