【年代別のスキンケア】肌の変化に合わせて対策するべき

年代別のスキンケアを紹介!スキンケア
スポンサーリンク

いくつになっても美肌でいたいものですよね。

年齢を重ねるごとに肌は衰えていきますが、あなたの頑張り次第で肌老化を遅らせることはできます。

芸能人の肌は一般人より綺麗に見えるでしょう

なぜかというと、芸能人は美肌を維持する努力をしているから。

お金と手間をかけてスキンケアしている芸能人の肌が若いのは当たり前です。

莫大なお金をかけて美肌を保っている芸能人はいますが、一般人がそこまでする必要はありません。

一般人は自分に出来る範囲で年代に合わせたスキンケアをすれば十分です。

このページでは年代別のスキンケアを紹介します。

20代、30代、40代、50代のスキンケアは始めるのが早ければ早いほど、将来の肌老化を遅らせることができます。

肌の老化の原因を解説!若さを保つために気をつけること
肌の老化の原因を解説。肌の老化を避けることはできませんが努力次第で肌老化を遅らせることはできます。実は肌の老化は20代から始まっているのです。いつまでも若々しい肌でいたいなら今すぐにスキンケアをするべき。老化対策は始めるのが早ければ早いほど効果があります。
スポンサーリンク

20代のスキンケア

20代の肌の細胞は元気なので、多少のダメージ(日焼け・摩擦など)があっても回復します。

海に行ったときの日焼けのダメージ。

毎日のメイクによる肌ダメージ。

アウトドアによる紫外線・摩擦ダメージ。

肌がダメージを受けても自然と回復するので、20代のうちはスキンケアを多少サボってもなんとかなります。

しかし、20代だからといって安心するべきではありません

20代の肌が30代の肌をつくり、30代の肌が40代の肌をつくり、40代が50代の肌をつくるのです。

つまり、20代のスキンケアが将来の肌をつくるということ。

20代から肌の健康を維持することが、30代以降の肌老化スピードを遅くすることにつながります。

20代の肌でありがちなので、顔の部位によって肌の状態が異なるケースです。

額から鼻にかけて油分が多く、頬から顎にかけては乾燥していて、部位によってはニキビが目立つという感じ。

20代は部位によって肌状態が異なるので

・油分が多い部分は保湿しない
・乾燥している部分は念入りに保湿
・ニキビなどの疾患は皮膚科を受診する

といった対策が良いと思います。

また、女性の場合は毎日のメイクによって肌はダメージを受けています

そのため、①低刺激のクレンジングでメイクを落とす、②寝る前にメイクは必ず落とす、③メイクオフ後の保湿は念入りにすることを意識してください。

さらに、20代は紫外線対策も忘れてはいけません。

20代で紫外線ダメージを受けすぎると、30代以降の肌老化スピードを速めるので、UVカットのファンデーションや日焼け止めで保護しましょう。

シミ・しわの一番の原因は紫外線です。

スポンサーリンク

30代のスキンケア

30代になってくると、すべての肌ダメージを回復できない状態になります。

見た目には大きく現れないかもしれませんが、30代の肌には紫外線やメイク刺激などのダメージが蓄積しているのです。

また、30代から肌の老化が始まります。

紫外線やメイクによるダメージに加えて、仕事や子育てのストレスも肌老化を進めるのです。

30代はさまざまな肌ダメージにさらされて、肌の弾力・ハリ・キメが維持できない状態に陥りやすい時期だと思います。

30代はしっとり肌の人も乾燥肌の人も、保湿効果の高い化粧水・乳液(コラーゲン・ヒアルロン酸など)で保湿をしましょう。

保湿・保護目的としてワセリンを使うのもいいと思います。

注意として、保湿効果が高いほどいいというわけではなく、自分に合ったスキンケア商品を使うことが大切です。

また、シミを増やさないために保湿・紫外線対策は継続して、それと同時に生活習慣の改善にも取り組みましょう。

あなたの肌を作るのはあなたの生活習慣といっても過言ではありませんから。

顔のたるみに関して、表情筋トレーニングや顔マッサージをする人がいますが、やり過ぎは逆効果なので注意してください

表情筋トレーニングや顔マッサージで皮膚が過度に伸ばされると、顔のたるみが悪化してしまうかもしれません。

基本的に伸びてしまった皮膚は戻らないので、顔を力強く動かすのはあまり良くないのです。

笑顔を心がける、自然な表情をつくるなど、筋肉に合わせて肌の表面が少し動く程度であれば、顔のたるみ防止に効果があります。

スポンサーリンク

40代のスキンケア

40代は30代より肌老化のスピードが速くなるので、美肌を維持するための勝負の年代です。

40代は女性ホルモンのバランスが崩れやすい時期でもあり、肌の細胞組織は破壊されやすくなります。

これまでと同じダメージを受けていても、40代の肌に現れる老化は大きくなるのです。

肌のシミ・しわを隠そうと過度なメイクをしてしまいがちですが、肌の負担を考えたら避けるべきだと思います

40代は肌のオンオフを上手に切りかえて、肌の負担を減らすことも意識してください。

そして、40代のスキンケアは

・保湿
・紫外線対策

基本的な2つのスキンケアを徹底してやりましょう。

肌の乾燥は大敵だと思って、こまめな保湿を心がけるべきです。

シミ・しわが生じやすいので、紫外線対策として帽子・日傘・長袖シャツを利用してください。

また、40代から背中、腕、脚などにもシミが生じやすくなります。

紫外線にさらされている頸・腕、摩擦が加わりやすい肘・膝などは要注意です。

入浴後や就寝前には顔だけでなく全身の保湿を心がけましょう。

注意として、40代のシミのなかで、脂漏性角化症や肝斑などの皮膚疾患は、医療機関を受診して適切に対処してください。

さらに、仕事や家庭でのストレスも肌老化を速めます。

40代には40代の悩みがあるので、趣味や運動を生活に取り入れて、ストレスを適度に発散するべきです。

美肌作りの正しい方法を解説!最も大切なのは肌の細胞を守ること
美肌作りの正しい方法を紹介!間違ったスキンケアによって美肌から離れている人は意外と多いです。美容・美白に力を入れる前にするべきことがあります。美肌作りは「肌を守る」ことから始まるのです。肌本来の機能を取り戻すと自然に肌は綺麗になります。そして、食事・運動・ストレスを意識するともっと綺麗になります。
スポンサーリンク

50代のスキンケア

50代になってくると、シミ・しわがどうしても目立つようになってきます。

スキンケアをどれだけ頑張っても、肌の老化を止めることはできないので、ある意味では仕方ないのです。

ただ、シミ・しわをさらに増やさないためにも、保湿と紫外線対策は積極的に行なってください。

50代以降の美肌は高級スキンケア商品ではなく、保湿・紫外線対策によって維持されます。

ワセリンでも50代の肌の保湿・保護には十分ですし、高級スキンケア商品は絶対に必要ではありません。

さらに、50代は紫外線に少し当たっただけでも、シミが生じやすくなり、老人性色素斑も増えてくる時期です

老人性色素斑を放置すると黒くなって、イボのように増えていくので医療機関で早めに治療を受けましょう。

また、更年期には女性ホルモンの分泌が乱れ、身体が大きく変化していきます。

スキンケアだけにとどまらず、全身の若さを保つ生活習慣が重要です。

・食事
・睡眠
・運動

基本的な生活習慣を整えることで、ホルモンバランスが改善し、基礎代謝が上がり、肌の健康を維持できます。

スポンサーリンク

個人的におすすめのスキンケア商品

私が使用しているスキンケア商品を紹介します。

保湿成分が十分に入っていて低刺激であれば、どのスキンケア商品でも大きく違わないのですが、個人的におすすめなのは以下の4つです。


ピアソンHPクリームはヒルドイドの市販薬として超おすすめ!
ヒルドイドの市販薬である「ピアソンHPクリーム」を紹介。皮膚科で処方されるヒルドイドに負けずとも劣らない保湿剤「ピアソンHPクリーム」はおすすめです。ネット通販で手軽に買うことができますし、成分にヘパリン類似物質を含んでいるので乾燥を防いでしっかりと保湿してくれます。

ハトムギ化粧水の成分と効果を解説!コスパ最高だからおすすめ
ハトムギ化粧水の成分と効果を解説。私がおすすめするのは「ナチュリエ/ハトムギ化粧水」です。①シンプルな成分構成、②十分な保湿効果、③大容量で惜しみなく使える、④低刺激で安全というメリットがあります。コスパが高く、顔パックとも併用でき、男性でも問題なく使用できるので一度お試しください。

【セラミド配合】浸透化粧水がおすすめ!成分と理由を解説
おすすめのセラミド配合化粧水を紹介。「セラミド化粧水はどれを買えばいいかわからない」という方に市販のシンプルなセラミド化粧水を提案します。余計な成分が入っていないので乾燥肌・ニキビ肌の方にも使いやすく、市販されているので気軽に試すことができます。セラミドは肌に必須の成分でありスキンケアに欠かせないのでぜひお試しください。


用途に合わせて使い分けているので、現在ではあまり使っていない商品もあります。

紹介しているスキンケア商品は高価ではないので、ぜひとも試してみてください。

※紹介した商品が肌に合わなかった場合は使用を注意してください。

ちなみに、最近ではワセリンの凄さを驚いています。

白色ワセリンは保護・保湿目的として、病院・施設でも使用されていますが、ワセリンの乾燥防止力は半端ではありません。

ワセリンを使えば乾燥とは無縁です。

ワセリンを塗って寝ると、翌朝には肌がプルプルとしています。

難点としては、塗り過ぎるとベタつくこと。

化粧品の嘘に騙されるな!間違えられやすい5つのスキンケア
化粧品の5つの嘘を紹介。化粧品の間違った情報で肌が荒れた人はいると思います。化粧品の嘘によって被害を受けるのは自分自身です。スキンケアで後悔しないために正しい知識を身につけましょう。化粧品を使うこと自体は問題ないのですが化粧品の嘘に騙されるのは危険です。
スポンサーリンク

まとめ

20代の肌が30代の肌をつくり、30代の肌が40代の肌をつくり、40代の肌が50代の肌をつくります。

若いときはスキンケアをサボっても大丈夫ですが、将来の自分のために若いうちからスキンケアを心がけましょう。

そして、年齢とともに肌は衰えていきますが、だからといって美肌を諦めてはいけません。

肌が老化したとしても、日頃からスキンケアを頑張っている人はキラキラと輝いています。

なかには、「若作りをしてみっともない」と批判する人がいるのです。

私は若作りをするほうが絶対にいいと思います

なぜなら、年相応より若く見られたほうが嬉しいから。

若々しさを保っている芸能人はキレイだし、カッコイイし、とても羨ましい存在です。

いつまでも美肌を維持するために、「芸能人になってやる!」と思いながら、年齢に合わせたスキンケアを頑張っていきましょう。

コメント