【年齢別】貯金の目安を紹介!平均より低いとヤバいかも

年齢別の貯金の目安を紹介お金の話
スポンサーリンク

「今の貯金額で大丈夫なのかな?」
「お金をもっと貯めないといけないのかな?」

世の中には貯金の悩みを抱えている人が多いと思います。

実際、私の周りには「お金をどのくらい貯めればいいのかわからない」と悩んでいる人がいるのです。

他人と比べて、自分の貯金は多いのか、それとも少ないのか、心配になる気持ちはわかります。

「社会人1年目」「結婚」「子育て」「老後」というようなライフステージの節目ごとで、自分の貯金額は気になるもの。

このページでは年齢別の貯金の目安を紹介します。

20代、30代、40代、50代、60代の貯金事情を紹介しているので、貯金で悩んでいる人の参考になるはずです。

※記事の金額は「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯](平成30年)」より引用。
中央値を使用。
※貯金の目安の最低ラインは金融資産を保有していない世帯を含む統計を使用。
※貯金の目安の最高ラインは金融資産保有世帯のみの統計を使用。
スポンサーリンク

【20代】貯金の目安

【20代の貯金の目安】

111万円~250万円

統計的にみると、20代の貯金の目安は111万円~250万円と示すことができます。

ただ、個人的に「20代で111万円」は最低ラインだと思っているので、20代のうちに250万円はつくりたいところです。

正直いうと、20代で貯金111万円は頼りない印象があります。

22歳で111万円は十分だけど、29歳で111万円は少ないです。

20代から貯金の習慣をつける

20代で250万円を貯めるためには、コツコツと貯金する習慣が必要です。

20代で貯金の習慣が身につくと、30~60代における資産管理が楽になります。

20代の若者は「毎月3万円の貯金」から始めましょう。

毎月3万円ずつ貯金をすると、1年間で36万円のお金が貯まります。

年間36万円の貯金が達成できるなら

・20歳から30歳までの10年間で360万円のお金がつくれます。
・22歳から30歳までの8年間で288万円のお金がつくれます。

20代から30代までの8~10年間において、毎月3万円の貯金を継続すれば、ある程度のお金が貯まるのです。

給料の全額を使うのではなく、「給料から3万円は貯金する」という習慣を身につけましょう。

20代から貯金に縛られるのは良くない

20代は可能性のある時期なので、貯金に縛られるのは良くないです

貯金も大事ですが、自己投資のお金を惜しんではいけません。

・勉強
・セミナー
・旅行
・読書
・人脈

20代の過ごし方で30代以降の人生が決まるので、「いろいろな経験」にお金を使うことも大切だと思います。

毎月3万円の貯金ができれば、残ったお金は自由に使ってもいいでしょう。

20代から給料全額を貯金する必要はありません。

20代は社会人として仕事を始めて、徐々に仕事に慣れていき、自分の成長に向かって努力をする時期です。

いろいろなことに挑戦して、人間として成長することが、20代で一番大切なことかもしれません。

貯金が1000万円を超えたらどうなった!?20代が達成後を語る
20代で貯金1000万円を達成した方法を解説。20代から節約に取り組んだ結果、貯金1000万円を超えました。貯金が1000万を超えると生活が大きく変わります。心の余裕と安心を手に入れ、投資にチャレンジすることもできたのです。20代で貯金1000万円を達成した節約法はおすすめなのでぜひご覧ください。
スポンサーリンク

【30代】貯金の目安

【30代の貯金の目安】

382万円~500万円

統計的にみると、30代の貯金の目安は382万円~500万円と示すことができます。

「20代より貯金が200~300万円ほど多い」というのが30代の目安となるでしょう。

できれば、30代のうちに貯金500万円を達成したいところです。

結婚・出産・マイホームなど、30代は出費が増える時期ですが、40代以降のために安定的な資産をつくっておくべきでしょう。

30代の10年間で最低240万円を貯める

30代はお金のかかる時期なので、貯金のペースが落ちるのは仕方がありません。

30代の方々は10年間で240万円を貯金することを目指しましょう。

年間24万円の貯金なので不可能ではないと思います。

・毎月2万円ずつ貯金をする
・ボーナス全額を貯金する

簡単なルール決めで年間24万円の貯金は達成できるはずです。

誘惑に負けてしまう方は財形貯蓄を利用して、自動的に給料から天引きするのもひとつの手だと思います。

30代の貯金は楽ではない

30代は仕事にも慣れて、責任ある仕事を任されたり、後輩の指導をしたりと仕事をバリバリする時期です。

それと同時に、子供が生まれたり、子供が進級したり、マイホームを買ったり、ライフスタイルが大きく変化する時期でもあります。

さらに、30代になると疲れやすくなったり、ストレスが溜まったりと、悩み・身体の変化が増えてきます。

「30代で貯金500万円」は簡単な金額ではないので、無理はしないようにしてください

貯金にこだわりすぎると疲れてしまうので、たまには気分転換するのがいいと思います。

貯金の目安が苦しいのなら「自分は自分、他人は他人」と割り切って考えても大丈夫です。

定期預金の平均金額はいくら?お金はどのくらい増えるのか
日本人の定期預金の平均金額を紹介。多くの日本人が定期預金を利用しており何年間もお金を預けています。しかし「定期預金でお金は増えない」「定期預金の満期は長いと非効率」なので定期預金にはいくらも預けるべきではないのです。定期預金ではなく投資をして効率的にお金を増やすべき。
スポンサーリンク

【40代】貯金の目安

【40代の貯金の目安】

550万円~800万円

統計的にみると、40代の貯金の目安は550万円~800万円と示すことができます。

「30代より貯金が300万円ほど多い」というのが40代の目安となるでしょう。

できれば、40代のうちに貯金800万円を達成したいところです。

子供の大学費用によってお金が消えていく40代ですが、自分の老後のためにも工夫してお金を貯めていくべき。

40代から貯金と投資のバランスを考えてもいい

40代のうちにしておくべきことは貯金と投資です。

・最低でも年間24~36万円の貯金
・生活に支障のない範囲で投資

私は貯金と同じくらいに投資が大切だと思っています。

20代から投資を始めることができれば最高ですが、遅くても40代までには投資を始めたいです。

なぜかというと、40代を過ぎた後には老後が待っているから

「給料は上がらないけど支出は増える」という状況において、貯金だけで老後資金を用意するのは簡単ではありません。

余裕のある老後を過ごすためには、投資でお金を増やす必要があるのです。

ほとんどの40代は厳しい生活をしている

「40代のうちに貯金800万円を達成したい」と書きましたが、ほとんどの40代は貯金の目安に届いていないと思います

私は病院で働いていますが、周りの40代は子育て・住宅ローンに追われて、貯金をする余裕がありません。

40代シングルマザーの方が800万円の貯金をするのは難しいでしょうし、同じ40代といっても環境はそれぞれです。

子供の大学入学から卒業、就職、結婚、出産など、40代はお金のかかる時期だと思います。

40代はお金の自由がない時期なので「目安はあくまで目安」と考えましょう。

早くお金を貯める方法を紹介!誰でも簡単にできる貯金術
早くお金を貯める方法を紹介。誰でも簡単にお金を貯められるので学生・20代・主婦の方におすすめです。少し工夫するだけで「お金の貯め方がわからない」という人でもすぐに貯金ができます。シンプルで簡単な貯金方法なのでぜひ実践してみてください。20代前半にどれだけお金を貯められるかによって人生は変わるはず。
スポンサーリンク

【50代】貯金の目安

【50代の貯金の目安】

900万円~1186万円

統計的にみると、50代の貯金の目安は900万円~1186万円と示すことができます。

「40代より貯金が400万円ほど多い」というのが50代の目安となるでしょう。

できれば、50代のうちに貯金1200万円を達成したいところです

子育てが一段落して家計が楽になったとしても、老後生活のために資産管理を徹底するべき。

50代は資産形成を考える時期

子供への出費がなくなって、お金に余裕が出てきたなら、あなたの資産を見直しましょう。

・老後にどのくらいのお金が必要なのか
・どのくらいの貯金をすればいいのか
・どのくらいの投資をすればいいのか

50代のうちに資産を見直して、老後に向けた資産形成を考えることが必要です。

個人的には50代で貯金1200万円も必要ないと思っています。

なぜなら、50代で貯金1200万円よりも、「50代で貯金400万円、投資800万円」のほうが効率的にお金を増やしていけるからです

50代からは貯金の割合と投資の割合をしっかりと考えて、老後資金を本格的に用意していくべきでしょう。

50代はひとつの区切りとして考える

「人生100年時代」といわれているので、50代は人生の折り返し地点ということです。

子育ては終わり、子供は自立して、50代はひとつの区切りとなります。

老後に向けて考えると同時に、これまで頑張った50代の自分を褒めてあげましょう。

・旅行
・趣味
・食べ歩き
・ごほうび

貯金という言葉を忘れて楽しむ時間をつくることで、60代に向かって再び頑張っていけるはずです。

「もう半分の人生を頑張るぞ!」という思いを込めて、自分のためにお金を使うことも大切です。

スポンサーリンク

【60代】貯金の目安

【60代の貯金の目安】

1000万円~1500万円

統計的にみると、60代の貯金の目安は1000万円~1500万円と示すことができます。

「50代より貯金が100~300万円ほど多い」というのが60代の目安となるでしょう。

60代は仕事に区切りをつけて、老後の生活に目を向け始める時期です。

長い労働生活を終えて、定年退職を迎える人も多いと思います。

ただ、60代で1500万円をつくるのは簡単ではありません

ほとんどの人は老後に1500万円を用意することができないでしょう。

そのため、60代は働けるだけ働いて、老後期間を短くすることが大切です。

・60代以降も働いて老後資金をつくる
・働けるだけ働いて老後期間を短くする

人生100年時代において、60代は老後とはいえません

また、「お金はないけど60代以降は隠居したい」というのはわがままです(年金に対する不満も同じようなもの・・)

20代、30代、40代、50代のキャリアがあって60代の資産があるのです。

20~30代の過ごし方で60代の貯金額が決まるといっても過言ではありません。

「お年寄りはお金持ちでうらやましい!」とボヤいているだけの20代はお金持ちになれないと思います。

スポンサーリンク

貯金の目安を深く悩みすぎるのは危険!

貯金の目安はあくまで目安なので、深く悩みすぎるのは危険です。

世帯年収、家計支出、家賃、住宅ローン、家族構成など、貯金をする環境は人それぞれなので、ひとつの数字に固執するのは良くないでしょう。

貯金の目安はシンプルでいいと思っています。

なぜなら、細かく考えすぎることによって、貯金の目安に縛られる人、貯金に疲れ果てる人が出てくるからです。

家計収支を考慮して貯金を考えることは有益かもしれませんが、細かく計算して金額を出してしまうことで、ルールを厳守しなければいけないと思ってしまいます。

「私の環境では○○円の貯金がないといけない」という思考が支配されてしまうと危険です。

そして、貯金の目安に届いていないと、自分が惨めになり、自己嫌悪に陥り、生活の質が落ち、人生の満足度が減少してしまうでしょう。

あなたはあなたであり、目安はあくまで目安です。

スポンサーリンク

まとめ

貯金がほとんどないのはヤバいと思いますが、「貯金の目安に届いていなかった」と過度に落ち込むのはいけません。

貯金の目安に足りなかったとしても死ぬわけではないので。

しかし、貯金が大切なことに変わりはありません。

お金があると人生の選択肢を広げられるので有意義です。

お金は精神安定剤として、あなたの人生を豊かにしてくれます。

貯金の目安と上手く付き合いながら、お金を貯めつつ、人生を楽しみつつ、生きていくのが最高です。

コメント