ヒルドイドは薬局で購入できない!通販で買えるおすすめ保湿剤

ヒルドイドは薬局で購入できないスキンケア商品
スポンサーリンク

「ヒルドイドは薬局で購入できない!」という不満を抱えている方は多いでしょう。

ヒルドイドを手に入れるには処方箋が必要なので、ネット通販やドラッグストアで簡単に買うことはできません。

しかし、通販で買えるおすすめの保湿剤があります。

おすすめの保湿剤は「ピアソンHPクリーム」です

ヒルドイドと同じ成分(ヘパリン類似物質1g中3mg配合)を含んでいるので、保湿効果は十分にある商品です。

私はヒルドイドからピアソンHPに乗り換えました。

このページではヒルドイドに似た保湿剤「ピアソンHP」を紹介します。

ヒルドイドのために受診するのが面倒くさい方はぜひご覧ください。

【限定お試し】オルビスユーの成分・特徴・口コミを解説
【限定お試し】オルビスユーのトライアルセットを紹介。肌本来の機能を回復させるスキンケア商品「オルビスユー」の7日間体験セットの成分・特徴・口コミを解説しているのでぜひご覧ください。今なら初回サービスと今治タオルがセットになって通販限定価格で販売しています。
スポンサーリンク

ヒルドイドとは

「ヒルドイド」は有名な保湿剤です。

ヒルドイドにはヘパリン類似物質という成分が含まれおり、この成分が保湿に重要な役割を果たしてくれます。

後で説明しますが、ヘパリン類似物質は肌の血行・新陳代謝促進作用、肌に水分を閉じ込める作用があり、お肌の味方物質です。

そして、ヒルドイドは医療用医薬品です。

医療用医薬品なので店頭販売やインターネット販売はされていません。

医師の処方箋をもって薬局に行く必要があります。

ヒルドイドの成分

ヒルドイドの成分をヒルドイドクリームを例にして紹介します。

【基本成分】
・ヘパリン類似物質(1g中3mg)

【添加物】
・グリセリン
・ステアリン酸
・水酸化カリウム
・白色ワセリン
・ラノリンアルコール
・セトステアリルアルコール
・セトステアリル硫酸ナトリウム混合物
・ミリスチルアルコール
・パラオキシ安息香酸メチル
・パラオキシ安息香酸プロピル
・イソプロパノール

添加物が意外と多いと思われた方がいるでしょう。

しかし、ヘパリン類似物質を適切に活用するためには、油剤、界面活性剤、防腐剤などの添加物はある程度は必要です。

皮膚を覆って保湿するための油剤。
皮膚に成分を浸透させるための界面活性剤。
保存期間をのばすための防腐剤。

ヒルドイドは保険適用の商品なので、添加物フリーは難しいと思います。

ヒルドイドには3種類のタイプがある

ヒルドイドは3種類あります。

・ヒルドイドクリーム
・ヒルドイドソフト軟膏
・ヒルドイドローション

以前まで、私がよく使っていたのはクリームとローションです。

3種類とも、1g中に3mgのヘパリン類似物質が含まれています。

医薬品ですから、危険性は少なく、安心して使えるものです。

皮膚科では保湿剤としてよく処方されています。

スポンサーリンク

ヒルドイドの保湿のしくみ

ヒルドイドの有効成分であるヘパリン類似物質は、水分子を引き寄せて保持することで、皮膚に水分を取り込みます(吸水・保水作用

ヘパリン類似物質で水分を取り込むと同時に、基剤(軟膏剤、クリーム剤、ローション剤)によって皮膚を覆い、水分が皮膚外に逃げないようにします。


【イメージ】


ヘパリン類似物質(保水作用)

基剤(軟膏・クリーム)で保湿

天然保湿因子増加・角質細胞修復

皮膚のバリア機能回復

つまり、ヘパリン類似物質によって皮膚の水分を引き寄せ保湿したうえで、クリームやローションなどで皮膚を覆うことによって、高い保湿効果を生み出しています。

そして、ヒルドイドで繰り返し保湿することによって、天然保湿因子が増加し、角質細胞が修復されます。

その結果、皮膚のバリア機能が回復し、正常で健康な肌へとなっていきます。

【セラミド配合】浸透化粧水がおすすめ!成分と理由を解説
おすすめのセラミド配合化粧水を紹介。「セラミド化粧水はどれを買えばいいかわからない」という方に市販のシンプルなセラミド化粧水を提案します。余計な成分が入っていないので乾燥肌・ニキビ肌の方にも使いやすく、市販されているので気軽に試すことができます。セラミドは肌に必須の成分でありスキンケアに欠かせないのでぜひお試しください。
スポンサーリンク

ヒルドイドは薬局で購入できません!

冒頭でも言いましたが、ヒルドイドは医療用医薬品です。

店頭販売やインターネット販売はされていないので、皮膚科を受診しないと手に入りません。

これはかなり面倒です。

他に手に入れる方法はないのか?

ヒルドイドの入手方法を調べてみました。

医師の診察

ヒルドイドを一番簡単に手に入れる方法は、やっぱり皮膚科の受診です。

ただ、面倒くさい。

皮膚科を予約して、皮膚科に行って、医師の診察を受けて、処方箋をもらい、薬局でヒルドイドを受け取る。

私は月1回でも面倒でした。

けど、こればかりは仕方がありません。

(※後述しますが、美容目的で健康保険を利用して、ヒルドイドを処方してもらうのはよくありません。可能な限り市販の美容品を使いましょう)

海外輸入

個人でヒルドイドを手に入れるもうひとつの方法は海外輸入です。

ネットで調べてみると、個人輸入を代行してくれるサイトがいくつかあります。

アメリカ、香港、シンガポールなどの外国からヒルドイドを購入できます。

ただ、名称がよくわからない「ヒルドイド○○」みたいな感じで、日本の医薬品とは微妙に違う印象を受けます。

もちろん、海外の医薬品が日本の医薬品と全く同じであるわけがないですが、個人的にはなんか不安でした。

あと、保険が使えないので結構な金額になります。

1本が2000円くらいです。

正直、2000円だったら、国内の市販商品を使ったほうがいいと思います。

スポンサーリンク

ヒルドイドを美容目的で処方してもらうのはNG!

ヒルドイドで問題となっているのが、ヒルドイドを美容目的で手に入れることです。

健康保険を美容目的で利用するのはよくありません。

美容の保湿剤としてヒルドイドを使いたい人たちが、皮膚疾患を抱えているわけでもないのに、皮膚科を受診してヒルドイドを処方してもらう。

それによって健康保険は圧迫されます。

健康保険が圧迫され、財源に困ると、国は患者の保険料負担を増やすかもしれません。

もしそうなった場合、皮膚疾患で困っている方々の負担が増えてしまいます。

まあ、ヒルドイドの処方だけで、それだけの影響があるかはわかりませんが、美容目的での健康保険利用がないに越したことはありません。

肌が綺麗になりたい人は必見!皮膚科受診で美肌を手に入れた話
皮膚科受診で美肌を手に入れた話を紹介。肌が綺麗になりたいのなら皮膚科を受診してみるべきです。なぜなら私は皮膚科を受診することで美肌を手に入れたから。肌荒れで悩んでいる人は専門家の診断とアドバイスを受けたうえで、保湿剤や化粧水を試すことをオススメします。
スポンサーリンク

ヒルドイドの代わりに使えるおすすめ市販薬

「ヒルドイドが簡単に購入できない」という悩みに応えるべく、ヒルドイドの代わりとして十分に使える保湿剤を紹介します。

それは「ピアソンHPクリーム」です。

私も使用している保湿剤であり、ネット通販で買うことができます。

個人的におすすめだと思います。

ピアソンHPクリームとは

ピアソンHPクリームは新新薬品工業株式会社の商品です。

ヘパリン類似物質を1g中3mg配合しており、成分はヒルドイドクリームとほぼ同じ(添加物は違います)

市販されているのでAmazonや楽天から購入することができます。

市販薬ということが、ピアソンHPクリームの強みであり、ヒルドイドにはないメリットです。

ヒルドイドとピアソンHPの成分を比較してみた

「市販されているのはいいけど、ヒルドイドとは違うでしょ!」

というようなヒルドイド信者の方の指摘はわかります。

ヒルドイドとピアソンHPはヘパリン類似物質の分量は同じですがそれ以外の添加物は異なります。

なので、個人的にヒルドイドとピアソンHPの成分・添加物を比較してみました。

詳しくはヒルドイドとピアソンHPの成分比較結果を解説した記事をご覧ください(記事の中盤で成分比較を示しています)

ピアソンHPクリームはヒルドイドの市販薬として超おすすめ!
ヒルドイドの市販薬である「ピアソンHPクリーム」を紹介。皮膚科で処方されるヒルドイドに負けずとも劣らない保湿剤「ピアソンHPクリーム」はおすすめです。ネット通販で手軽に買うことができますし、成分にヘパリン類似物質を含んでいるので乾燥を防いでしっかりと保湿してくれます。

ヒルドイドとピアソンHPは違います。

だけど、「ヒルドイドとは違う!」という主張だけで、ピアソンHPが優れていない理由にはなりません。

私はピアソンHPクリームを良い商品だと思っています。

スポンサーリンク

私が使っているのはピアソンHP

現在、私はピアソンHPクリームを保湿剤として使っています。

以前まではヒルドイドを使用していたのですが、皮膚科の受診が面倒になってきたので、市販のヘパリン類似物質を含む保湿剤に乗り換えています。

ピアソンHPクリームはネットで見つけました。

買う決め手とかはなく、なんとなくで買ったピアソンHPが良い商品だったので、リピートしている感じです。

なので、他のヘパリン類似物質を含む市販薬は詳しく知りません。

もしかしたら、他の商品のほうが良質かもしれません。

また、ピアソンHPは私には合いましたが、合わない人はもちろんいるでしょう。

化粧品はあくまで自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

まとめ

ヒルドイドとピアソンHPについて紹介しました。

この記事を見て、ピアソンHPに興味をもった方はぜひ一度試してみてください。

「ピアソンHPなんてあやしい!」と思った方は、ヒルドイドを引き続き処方してもらうか、別の市販薬を調べてみてください。

また、皮膚科を受診してヒルドイドを処方してもらうのは、個人の自由ですから、私がとやかく言える義理はありません。

ただ、ちょっとでも引っかかってもらえれば幸いです。

この記事の内容はあくまでも個人の見解です。

使用に関しては自己責任でお願いします。

コメント