作業療法士の残業について!リハビリ業界の裏側を語る

作業療法士の残業を現役OTが語る作業療法士
スポンサーリンク

当ブログに15年以上のベテラン作業療法士の方からコメントをいただきました。

以下より、コメントを抜粋します。

私も作業療法士です。

キャリアは15年以上ありますが。

遅ればせながら今年からインデックス投資をはじめました。

平均よりはもらっていますが、いかんせんやりがいがあまりない。

記事にも書いてありましたが、医療関係者は株式とか投資とかの話大っ嫌いですね。なんでですかね。不思議です。

病院みたいな世間の景気とあまり関係がない場所にいると景気による恩恵を受けるのはずっと後ですし、その恩恵も小さいです。

投資家というのはこうした環境とは真逆の立場だと投資家になって気が付きました。

私たちOTに勝ち負けがあるのならそれはポストかと思っていたのですが、ポストによって給料があまり違わないということもわかりました。

ということはやはり個人の資産こそ勝ち負けを分けるものだと思います。

主さんは40万以上の収益を上げていますね。

ということは月に3万以上の稼ぎということです。

OTは書類業務が多く残業も多いですが、残業はあまりつけられません。

私の残業代は2250円ですから実に13時間以上の残業分を稼いでいるわけです。

うらやましいです。

作業療法士としてキャリア15年を重ねて「見えた景色」はとても参考になります。

上記コメントからメインで取り上げるのは「作業療法士の残業事情」です。

作業療法士の残業は多いのか?
作業療法士にサービス残業はあるのか?
作業療法士の仕事はブラックなのか?

このページでは作業療法士の残業について解説します。

学生さん、新人作業療法士、仕事に悩む作業療法士など、リハビリ業界の働き方に不安を感じている方はぜひご覧ください。

当ブログの記事にコメントしていただいた作業療法士の方にはお礼を申し上げます。

スポンサーリンク

作業療法士の残業について

冒頭で紹介したコメントから「残業に関する部分」を抜粋します。

OTは書類業務が多く残業も多いですが、残業はあまりつけられません。私の残業代は2250円ですから実に13時間以上の残業分を稼いでいるわけです。

キャリア15年以上の作業療法士の方の残業代は2250円とのことです

いただいたコメントから「OTの残業は多い」けど、「残業はあまりつけられない」から、「私の残業代は2250円」と読み取れます。

つまり、暗黙のルールで残業代の上限(2250円)が決められているという感じでしょう。

文脈の感じから「毎月の残業時間が数時間あり、1時間ごとの残業代が2250円」ということではないと思います。

月30時間残業しても、残業代の上限(2250円)が適用されるのはつらすぎます

暗黙のルールで残業代の上限が決めらているのであれば労働基準法違反です。

実際に残業している分の残業代が支払われていないわけですから。

リハビリ業界を知らない人は「病院・施設がブラック企業なわけない!」と思いますよね。

しかし、この方のおっしゃることは真実だと思います。

職場によって作業療法士の残業事情は大きく異なり、「残業の上限がある」「残業代が出ない」という状況があるのは事実です。

作業療法士はいらない!?OTの失業リスクを紹介
作業療法士の失業リスクを紹介。「作業療法士はいらない」といわれる時代がくるかもしれません。作業療法士にかぎらず、理学療法士や言語聴覚士の将来は安泰ではないのです。医療・介護保険に守られてきたPT・OT・STが当たり前のようにリストラされる可能性はあります。
スポンサーリンク

作業療法士にサービス残業はあるのか?

結論ですが、作業療法士にサービス残業はあります

私の職場ではサービス残業が当たり前です。

私の働いている病院(リハ科)は残業を基本的につけません。

ほとんどのリハビリ職種は書類業務で定時を過ぎても残業申請することはないです。

誰に言われるでもなく「みんなが残業をつけないから誰もつけない」という暗黙のルールが存在しています

ただ、一部例外はあって、訪問リハビリや外部研修などの避けることができない残業は申請している職員が多いです(それでも、すべての職員が申請するわけではない)

私の職場でサービス残業が広がっている理由は「書類業務での残業はつけにくいから」だと思います。

残業せずに定時内で書類業務をこなす先輩がいるので、後輩は仕事量が多くても残業をつけにくいのです。

「○○は定時で仕事をこなしているのに△△は残業をつけるのか?」と指摘されたら面倒くさい。

「先輩とは担当患者さんの数と任されている仕事の数が大きく違います」と反論するのは怖い。

私の職場ではさまざまな不条理を抱えこみながら、7割以上のセラピストがサービス残業を受け入れているのです。

しかし、すべての病院・施設が上記のような現状ではないですし、残業代をしっかりと払ってくれる職場はあります。

私の同期が働いている病院では残業代はオールOKです。

訪問リハビリで働く同期は手当・残業代がしっかりと出るので、私の給料の1.5~2倍ほどを稼いでいます。

そのため、作業療法士の残業が不安な方は職場選びをしっかりとするべき。

【転職】マイナビコメディカルの特徴・評判・口コミを解説
【PT・OTの転職】マイナビコメディカルを解説。ひとりでの転職や初めての転職で不安を感じている理学療法士・作業療法士の方はマイナビコメディカルがおすすめです。無料で利用でき、スピーディーかつ丁寧に転職をサポートしてくれるので、転職の失敗を防ぐことができます。マイナビコメディカルをひとつの転職ツールとして使うべきでしょう。
スポンサーリンク

作業療法士の残業は多いのか?

「作業療法士の残業時間はどれくらいなのか?」と気になる人は多いでしょう。

私自身や同僚の残業事情から判断すると

多い人は月20~30時間
少ない人は月0~5時間

上記くらいが作業療法士の残業相場だと思います。

仕事量は役職・人員・環境によって変わるので一概にはいえませんが、私の職場で残業30時間を超える人はいないはずです。

個人的に作業療法士の残業はそれほど多くはないと思っています(ちなみにですが、私の残業時間は月0~3時間程度です)

ただ、時間感覚は人それぞれです。

月20~30時間の残業を少ないと感じる人もいるでしょうし、月5~10時間の残業を多いと感じる人もいるでしょう。

残業の頻度が多いことを苦に感じる人、残業の質によって疲労感が変わる人もいると思います。

残業時間については個人の価値観が大きく関係するので言い切ることは難しいです。

また、場合によっては月50~100時間の残業が当たり前の職場があるかもしれません。

セラピストの数が極端に少ないと仕事量が必然的に増えるので、過労死ラインを超えた残業もなくはないのです。

重要な仕事をまかされると残業が月50時間を超えることもありえます。

職場によって残業事情は違うのでブラック病院・施設には気をつけてください

作業療法士に将来性はない!?OTが40代までにするべきこと
理学療法士・作業療法士に将来性がない理由を解説。「リハビリ職は安定した職業」といわれますが将来性があるとは断言できません。これからの時代は生き残る作業療法士と生き残れない作業療法士に分かれるでしょう。将来性のある作業療法士になるため40代までに多動力を身につけておくべきです。
スポンサーリンク

作業療法士の残業で悩んでいるなら職場を変えるべき!

「サービス残業がつらい」
「仕事ができない上司のせいで残業するのは腹が立つ」
「あきらかに仕事量が違うなかで、残業代が出ないのはおかしい」

職場によって働き方はさまざまなので、作業療法士の残業事情について不満を感じている人はいるはずです。

月50~100時間の残業をしている作業療法士もいるかもしれません。

違法な残業で身体を壊したら、人生が台無しだと思いませんか。

作業療法士の残業で悩んでいるなら職場を変えるべきです。

私の職場はサービス残業ですが月0~5時間程度の残業時間なので、身体を壊したりすることはありません。

私の同期が働いている施設では、残業代をすべて出してくれるらしいです。

あなたの力だけで現在の職場環境・残業事情を変えるのは難しいと思います。

残業の不満を解決するには「雇用環境の良い職場に転職する」ことが手っ取り早いです。

今のあなたには見えていないだけで、残業代をしっかりと出してくれる職場は必ずあります。

スポンサーリンク

残業で悩んでいるならマイナビコメディカルで転職

残業のない職場に転職したいなら「マイナビコメディカル」がおすすめです。


【マイナビコメディカルの特徴】
・登録から入職までに費用はかからない
・簡単に利用できるサービス体系(登録は1分で完了)
・厚生労働省から認可を受けた転職・就職支援サービスだから安心
・各地の医療機関や施設に精通した専門のキャリアアドバイザーが相談にのってくれる

転職に失敗したくないなら、しっかりとした転職サービスを利用するべきだと思います。

「マイナビコメディカル」を運営するのは「マイナビ」や「マイナビ転職」で有名なマイナビグループです。

大手の転職サイトは圧倒的な情報量をもっているので、あなたの希望にあった転職先が見つかりやすいはず。

また「マイナビコメディカル」の登録は無料です。

無料登録しておくと、あなたの希望にあった求人をメール・電話で教えてくれます。

転職情報を収集するために「マイナビコメディカル」への登録だけをしておいてもいいでしょう。

無料登録だけでも済ませておくと、自動的に転職情報が入ってくるので、「辞めたい!」と思ったときに素早く行動できるのです。

さらに、マイナビコメディカルは専任のキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれます。

専任のキャリアアドバイザーが職場を丁寧に紹介してくれて、職場の雇用環境や職場の雰囲気まで詳しく教えてくれるのです。

残業代が出ないブラック病院・施設は、紹介の時点でキャリアアドバイザーがふるい落としてくれるでしょう

無料登録はコチラ⇩
PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

最高の求人を見逃さないために「マイナビコメディカル」を利用する価値はあるでしょう。

1分で無料登録ができるので善は急げです。

詳しく知りたい方は下記の関連記事をご覧ください

【転職】マイナビコメディカルの特徴・評判・口コミを解説
【PT・OTの転職】マイナビコメディカルを解説。ひとりでの転職や初めての転職で不安を感じている理学療法士・作業療法士の方はマイナビコメディカルがおすすめです。無料で利用でき、スピーディーかつ丁寧に転職をサポートしてくれるので、転職の失敗を防ぐことができます。マイナビコメディカルをひとつの転職ツールとして使うべきでしょう。
スポンサーリンク

まとめ

作業療法士の残業で悩んでいながら、泣き寝入りしている人は多いでしょう。

現在の残業事情を変えたいなら、自分で行動するしかありません。

あなたが残業で苦しんでいるからといって、トップの人間は動いてくれません。

経営者にとってあなたは1つの駒でしかないのです。

サービス残業が嫌なら職場を変えるしかない!

月50時間の残業が苦しいなら身体が壊れていないうちに転職するべき!

あなたの人生は一度きりなので、ブラック病院・施設に人生を台無しにされるのはもったいないです。

コメント