スポンサーリンク

【作業療法士の残業について】リハビリ業界の裏側を語る

スポンサーリンク
【作業療法士の残業について】リハビリ業界の裏側を語る作業療法士

このページでは作業療法士の残業について解説します。

作業療法士の残業は多いのか?
作業療法士にサービス残業はあるのか?
作業療法士の仕事はブラックなのか?

リハビリ業界の働き方に不安を感じている方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

作業療法士の残業について

当ブログの記事に作業療法士の残業事情についてコメントをいただきました。

コメントから「残業に関する部分」を抜粋します。

OTは書類業務が多く残業も多いですが、残業はあまりつけられません。私の残業代は2250円ですから実に13時間以上の残業分を稼いでいるわけです。

キャリア15年以上の作業療法士の方の残業代は2250円とのことです。

いただいたコメントから「OTの残業は多い」けど、「残業はあまりつけられない」から、「私の残業代は2250円」と読み取れます。

つまり、暗黙のルールで残業代の上限(2250円)が決められているという感じでしょう。

文脈の感じから「毎月の残業時間が数時間あり、1時間ごとの残業代が2250円」ということではないと思います。

暗黙のルールで残業代の上限が決めらているのであれば労働基準法違反です。

スポンサーリンク

作業療法士にサービス残業はあるのか

結論ですが、作業療法士にサービス残業はあります。

私の働いている病院(リハ科)は残業を基本的につけません。

誰に言われるでもなく「みんなが残業をつけないから誰もつけない」という暗黙のルールがあります。

ただ、一部例外はあって、訪問リハビリや外部研修などの避けることができない残業は申請している職員が多いです。

私の職場でサービス残業が広がっている理由は「書類業務での残業はつけにくいから」だと思います。

「○○は定時で仕事をこなしているのに△△は残業をつけるのか?」と指摘されたら面倒くさい。

「先輩とは担当患者さんの数と任されている仕事の数が大きく違います」と反論するのは怖い。

残業せずに定時内で書類業務をこなす先輩がいるので、後輩は仕事量が多くても残業をつけにくいのです。

しかし、すべての病院・施設が上記のような現状ではないですし、残業代をしっかりと払ってくれる職場はあります。

私の同期が働いている病院では残業代はオールOKです。

訪問リハビリで働く同期は手当・残業代がしっかりと出るので、私の給料の1.5~2倍ほどを稼いでいます。

作業療法士の残業が不安な方は職場選びをしっかりとするべき。

スポンサーリンク

作業療法士の残業は多いのか

私自身や同僚の残業時間から判断すると

多い人は月20~30時間
少ない人は月0~5時間

0~30時間の間が作業療法士の残業相場だと思います。

仕事量は役職・人員・環境によって変わるので一概にはいえませんが、私の職場で残業30時間を超える人はいないはずです。

個人的に作業療法士の残業は多くはないと思っています(ちなみにですが、私の残業時間は月0~3時間程度です)

ただ、時間感覚は人それぞれです。

月20~30時間の残業を少ないと感じる人もいるでしょうし、月5~10時間の残業を多いと感じる人もいるでしょう。

残業の頻度が多いことを苦に感じる人、残業の質によって疲労感が変わる人もいると思います。

残業時間については個人の価値観が大きく関係するので言い切ることは難しいです。

また、場合によっては月50~100時間の残業が当たり前の職場があるかもしれません。

セラピストの数が極端に少ないと仕事量が必然的に増えるので、過労死ラインを超えた残業もなくはないのです。

職場によって残業事情は違うのでブラック病院・施設には気をつけてください。

スポンサーリンク

作業療法士の残業で悩んでいるなら職場を変えるべき

作業療法士の残業事情について不満を感じている人はいるはずです。

  • サービス残業がつらい
  • 仕事ができない上司のせいで残業するのは腹が立つ
  • あきらかに仕事量が違うなかで残業代が出ないのはおかしい

月50~100時間の残業をしている作業療法士もいるかもしれません。

過労で倒れたら元も子もないので、作業療法士の残業で悩んでいるなら職場を変えるべきです。

あなたの力だけで現在の職場環境・残業事情を変えるのは難しいと思います。

残業の不満を解決するには「雇用環境の良い職場に転職する」ことが手っ取り早いです。

そして、転職に失敗したくないなら、しっかりとした転職サービスを利用するべきだと思います。

作業療法士の転職ならマイナビコメディカルがおすすめです。

大手の転職サイトは情報量をもっているので、あなたの希望にあった転職先が見つかりやすいでしょう。

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

マイナビコメディカルの登録は無料です。

無料登録しておくと、あなたの希望にあった求人をメール・電話で教えてくれます。

無料登録だけでも済ませておくと、自動的に転職情報が入ってくるので、辞めたいと思ったときに素早く行動できるのです。

スポンサーリンク

まとめ

現在の残業事情を変えたいなら、自分で行動するしかありません。

あなたが残業で苦しんでいるからといって、トップの人間は動いてくれません。

経営者にとってあなたは1つの駒でしかないのです。

サービス残業が嫌なら職場を変えるしかない!

月50時間の残業が苦しいなら身体が壊れていないうちに転職するべき!

あなたの人生は一度きりなので、ブラック職場に人生を台無しにされるのはもったいないです。

コメント