【要約】チーズはどこへ消えた?

【要約】チーズはどこへ消えた?絶対に読むべき本棚
スポンサーリンク

このページではチーズはどこへ消えた?のレビューを紹介します。

チーズはどこへ消えた?は累計400万部のベストセラー本であり、全世界2800万人に読み継がれている名著です。

本書は96ページと短いのですが内容はとても深くて、人生の変化にどう立ち向かうべきかを教えてくれます。

チーズはどこへ消えた?は「1時間で読めて10年間役に立つ本」なのでぜひご覧ください。

本書は変化の多い現代だからこそ読むべき1冊です。

スポンサーリンク

【登場人物】チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた?は、ある迷路で起こった出来事をめぐる物語を中心に書かれています。

登場人物はチーズを探し求める2匹のネズミと2人の小人です。

2匹のネズミ:「スニッフ」と「スカリー」
2人の小人:「ヘム」と「ホー」

2匹のネズミと2人の小人がチーズを探す過程で、どのように考え、どのように行動し、どのような結果が待っているかを本書は描いています。

チーズはどこへ消えた?は単純な話なのですが、登場人物が現実世界の色々な部分を象徴しており、人生の変化について「1つの教訓」を示してくれます。

スポンサーリンク

【あらすじ】チーズはどこへ消えた?

ある国に2匹のネズミ(スニッフとスカリー)と2人の小人(ヘムとホー)が住んでいた。

ネズミと小人の日課は迷路に入ってチーズを探すこと。

スニッフとスカリーは単純な頭脳しか持っておらず、何もなければ別の道を探し、道に迷っては引き返し、試行錯誤しながらチーズを探していた。

ヘムとホーは複雑な頭脳を持っており、過去の経験や教訓から物事を考えて、高度な方法に頼ってチーズを探していた。

ある日、ネズミと小人はチーズ・ステーションCで大量のチーズを発見する。

スニッフとスカリーは早起きして迷路に入り、チーズ・ステーションCについたら周りを気づかいながらチーズを食べる。

ヘムとホーはチーズ・ステーションCの近くに引っ越して、毎日チーズをお腹いっぱい食べてはゆっくりと家路についていた。

あるとき、チーズ・ステーションCのチーズがなくなっていた。

スニッフとスカリーは次のチーズを探すため迷路にすぐ入ったが、ヘムとホーは過去のチーズが忘れられずショックを受けて立ちつくすだけ。

ヘムとホーがその場で混乱している間に、スニッフとスカリーは試行錯誤しながら迷路を進み、新しいチーズがあるチーズ・ステーションNを見つける。

一方でヘムとホーはチーズ・ステーションCに行き、チーズがないのを確認しては家に帰ることを繰り返していた。

状況が好転しないことを悟ったホーは、迷路に入って新しいチーズを探すことを決意する。

ヘムはホーの行動を否定してチーズが戻ってくるのを待つことを選んだ。

迷路に入ったホーは恐怖・不安を感じながら進んでいたが、あるときから新しいチーズを探すことが楽しくなってきた。

そして、試行錯誤しながら迷路を進んだホーはチーズ・ステーションNを発見する。

そこにはスニッフとスカリーがいて、ホーに気づいた2匹のネズミは手を振った。

スポンサーリンク

チーズはどこへ消えた?のメッセージ

チーズはどこへ消えた?から得られる教訓を紹介します。

人によって解釈はさまざまでしょうが、私が感じたメッセージは以下のとおりです。

人生において変化は避けられない

人間は安心を求めるものですが、生きていくうえで変化は避けられません。

  • 会社から移動を言い渡される
  • 人件費削減のためクビにされる
  • 人との出会い別れ
  • 技術や能力の衰退
  • AIの代替
  • 賃金の減少

社会は変わり続けるものであり、私たちは変化の中を生きているのです。

急な変化に対して、恐怖、不安、戸惑い、混乱、怒りを感じる人は多いでしょう。

ただ、生きているうえで急な変化は仕方ないことであり、いずれは受け止める必要があるのです。

ネガティブな感情に流されて、変化から目を背けてはいけません。

変化を予想することに努める

変化が起きたとき驚かないように、日頃から変化を予想することが大切です。

変化に対して無防備だと、いざ変化が起きたときに遅れをとってしまいます。

いつでも動けるように、いつでも対応できるように、変化を予想して適応できる準備をしておきましょう。

  • 経済情勢に目を向ける
  • 産業の衰退を予想する
  • 経営状況を把握しておく
  • 新しい知識や技術を身につける
  • 投資資金を用意しておく

変化を待つのではなく変化を求めることで、いつ変化が起きるのかを感じ取れるようになります。

変化にはすばやく対応する

時間は戻ってこないので、変化の対応が遅れるほど後悔は大きくなります。

  • 経営方針を変えていたら
  • 人員管理を行っていたら
  • 転職に取り組んでいたら
  • 新しいキャリアに挑戦していたら

すばやく過去に見切りをつけていたら、その分だけ新しい変化を手にすることができるのです。

絶え間なく変化していく現代において、過去にしがみつくのは危険だと思います。

時代遅れという言葉があるように、変化を拒否することは破滅への道につながるのです。

変化にすばやく対応するという勇気が、あなたの将来を有意義なものにするはず。

変化を楽しめると道が開ける

どのように変わるのかわからない状況が恐ろしくて、その場に留まってしまう人は多いでしょう。

ただ、人間が成長していくためには変化を受け入れる必要があり、変化に恐怖心を抱くのではなく、変化を楽しむ気持ちが大切です。

変化とは新しい景色であり、あなたの心を満たしてくれるもの。

変化によって「より良い環境」「より良い人脈」「より良い待遇」が手に入る可能性はあるのです。

変化は悪いものではなく、楽しいものだと感じられると、あなたはさらなる高みに近づけるはず。

より良い結果は必ずあるから変化を恐れるな

恐怖を乗り越えて、試行錯誤しながら進めば、いつかより良い結果が手に入るはずです。

以下の考え方を肝に銘じると人生は良い方向に進みます。

  • 物事を簡潔にとらえ、柔軟な態度ですばやく動くこと。
  • 問題を複雑にして悩みすぎないこと。
  • マイナス思考にとらわれて冷静さを欠いてはいけないこと。
  • 小さな変化に気づいて、大きな変化に備えること。
  • 変化に早く適応すること。

良い結果を考えることができると、あなたの行動は自然と変わっていきます

変化に対する最大の障害は自分自身の中にあり、自分が変わらなければ現状は何も変わりません。

居心地の良さを抜け出して、変化に向かっていけたなら、いつの日か報われます。

スポンサーリンク

まとめ

チーズはどこへ消えた?はシンプルな物語ですが、変化に対してどう対応するべきかを説く、深い内容がこめられているのです。

私たちはすぐに行動することもできるし、いち早く変化に気づくこともできるし、変化の波にうまく乗ることもできます。

「チーズ」とは私たちが人生で求めるものであり、仕事、家族、財産、健康、安定などの象徴。

「迷路」とはチーズを追い求める場所であり、会社、地域社会、家庭、精神などの象徴。

私たちは迷路の中で自分の道を選んで進み、時代の変化の中でチーズを手に入れていく必要があるのです。

さあ、今すぐ新しいチーズを探しにいきましょう。

コメント