【ストレスによる肌荒れ】男性のほうが気をつけるべき理由

男性がストレスによる肌荒れを気をつけるべき理由スキンケア
スポンサーリンク

「ストレスは万病のもと」といいますが、実際に過度なストレスは身体の不調を引き起こします。

ストレスは脳卒中、心筋梗塞、うつ病など、さまざまな病気のリスクとなるのです。

そして、ストレスは肌荒れも引き起こします。

現代のストレス社会において、肌荒れとストレスの悪循環に陥っている人は多いはず。

特に男性のほうがストレスによる肌荒れを気をつけるべきです。

なぜかというと、ストレスによる肌荒れを予防すれば、さまざまなメリットがあるから。

「ストレス?肌荒れ?関係ない!!」といっている男性は、人生をハードモードで挑戦していることに気づいてください。

このページではストレスによる肌荒れを気をつけるべき理由を紹介します。

肌荒れに悩んでいる男性はストレスを取り除くことが第一歩です。

【即効】ニキビの治し方!朝起きたら吹き出物が消えている
ニキビの即効性のある治し方を紹介。赤ニキビや黄ニキビを明日・明後日までに治すことはできます。100%の確率で完治することは難しいですが、事実として私はニキビを即効で治しています。顔のニキビは気になりますし、できるだけ早く治したいものです。すべての方に適用するかはわかりませんが参考程度にご覧ください。
スポンサーリンク

ストレスが原因となって肌荒れを引き起こす!

外的なストレスはもちろんですが、心的なストレスでも肌荒れは引き起こされます。

ストレスが肌に与える悪影響はいくつかあるのです。

強いストレスを受けると、体内のストレスホルモン(コルチゾール)が増加して、フィラグリン(皮膚バリア維持に欠かせない成分)が減少します。

さらに、過度なストレスを受け続けると、ホルモンバランスが崩れたり、自律神経が乱れたりして、血液循環の悪化や皮脂の増加が引き起こされます。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、2つの神経がバランスよく働くことで、肌の健康を維持しているのです。

肌細胞は神経細胞の一種であり、強いストレスで肌細胞の働きが弱くなると、肌表面の形が崩れて、角質層のバリア機能が弱くなります。

統計的にも、ストレス値が高い人ほどシワ・シミが多いそうです。

肌荒れの原因はストレスだけではなく、いろいろな要素が関係しています。

ただ、ストレスが肌荒れの1つの原因であることは間違いありません。

程よいストレスは仕事の効率を上げ、生活の刺激になるのですが、過度なストレスは悪影響が大きいです。

ニキビ跡の気にしすぎはNG!?正しい対処方法と治療を紹介
ニキビ跡の悩みと正しい対処法を紹介。ニキビ・ニキビ跡は気にしないほうがいいといわれます。しかし、ニキビの悩みは深刻ですし自然と気になるものです。ニキビは毎日の生活に支障が出ますし、顔のニキビは隠せないからこそ気になるのもの。ニキビで悩んでいる方はぜひご覧ください。
スポンサーリンク

男性がストレスによる肌荒れを気をつけるべき理由

はじめに、男性には男性なりの悩みがあり、男性特有のストレスに悩まされている人は多いです。

・仕事でミスをして上司に怒られる
・無能な上司のせいで仕事量が増えてしまう
・サービス残業によって帰宅時間が遅くなる
・職場で悪口や嫌がらせがあって人間関係にイライラする
・仕事で疲れていても彼女のわがままに付き合わされる
・恋人のお金遣いが荒くて困っている
・自分は仕事と家事を頑張っているけど彼女は何もしてくれない
・妻から「給料が少ない」と不満をいわれる
・子育てをしている妻に気を遣わないといけない
・休日は子供と家事を任されるから休む暇がない
・「仕事と家庭のどっちが大事なの!?」と詰められる

女性には女性なりのストレスがあるでしょうが、男性には男性なりのストレスがあります。

世の男性はさまざまなストレスに耐えながら生きているのです。

そして、男性こそがストレスによる肌荒れを気をつけるべきだと思います。

理由は2つあって、①男性の肌荒れは悪化しやすいから②肌荒れは仕事にマイナスとなるからです。

以下より、説明します。

男性の肌荒れは悪化しやすい

さきほど、ストレスは肌荒れを引き起こすといいましたが、さらに男性の場合は肌荒れが悪化しやすいのです。

なぜかというと、男性は肌荒れの対処が遅くて、なおかつ悪循環に陥りやすいから

スキンケアに力を入れていない男性は多いですし、「男は肌荒れなんか気にしない」という考えを持っている人もいます。

ストレスで肌が荒れても、大半の男性は特別な対処をしないため、肌荒れが悪化していくのです。

ストレスによる肌荒れには適切なケアが必要なのですが、対応が後手に回ってしまう男性は多いでしょう。

スキンケアを大切にしている女性のほうが、ストレスで肌荒れたときの被害を最小限にできます。

さらに、ストレスを感じている男性は悪循環に陥りやすいです。

・ストレスによる暴飲暴食
・ストレスで飲酒量が増える
・ストレスでタバコ量が増える

ストレスで飲酒・タバコが増えて、肌の状態が悪くなっていく男性は容易に想像できます。

ストレス発散するために暴飲暴食をして、肌の健康を犠牲にしている男性は多いです。

ストレスから始まった悪循環で、生活が乱れていくのはどちらかといえば男性だと思います。

肌荒れは仕事にマイナスとなる

「肌が荒れていても仕事には関係ない!」と主張する男性はいるでしょう。

「仕事の良し悪しは実力で決まる」と訴える男性はいるでしょう。

しかし、上記の訴えは間違っており、肌荒れは仕事にマイナスの影響を与えるのです。

なぜかというと、人間は「見た目が良い=全体的に優れている」という印象を無意識のうちに持ってしまうから。

ある調査によると、イケメンの政治家は、そうでない政治家の2.5倍の票を獲得するらしいです。

また、ある研究では、採用面接において身だしなみの良さが、採用決定に大きな影響を与えるとのこと。

「人は見た目が9割」という本がありますが、人間は無意識のうちに見た目から大きな影響を受けているのです。

肌荒れについても同じことがいえます。

肌荒れと作業能力は関係ないと思いながらも、無意識のうちに「肌荒れ=マイナス」という評価をしてしまうのです。

肌荒れをしていると、営業先の人は無意識のうちに注文を断るかもしれません。

肌荒れをしていると、面接官の無意識の行動で落とされるかもしれません。

肌荒れをしていると、新しい仕事相手は無意識のうちに悪い印象を持つかもしれません。

肌荒れが仕事に与える影響を軽視しないほうがいいと思います。

美肌になる習慣を心がけるだけで肌は綺麗になっていく
美肌になる習慣を解説。美肌を一日で作ることはできず、毎日の生活習慣が美肌を作っていきます。肌に良い習慣をしていれば美肌は近づくのですが、肌に悪い習慣をしていれば美肌は遠ざかります。肌に悪い習慣をしている人は意外と多いです。間違った習慣で肌を傷つけているかもしれません。
スポンサーリンク

ストレスによる肌荒れの治し方

ストレスによる肌荒れを治すためには「ストレス解消法」を身につけるのが一番です。

自分なりのストレス解消を見つけて、人生を楽しく過ごすと肌荒れは軽減するかもしれません。

・エステ(マッサージ) ・サウナ
・カラオケ       ・ランニング
・スポーツ       ・筋トレ
・散歩         ・音楽
・映画         ・漫画
・読書         ・旅行
・自転車        ・豪華なランチ
・ひとりで過ごす    ・よく寝る

ストレスが限界にきたとき、肌荒れが深刻になったとき、自分を救うためにもストレス解消法をいくつか持っておくことは大切です。

エステやマッサージなどは、普段の生活から離れた空間で身体を癒すことができるので、ストレス解消に良いかもしれません。

また、気分転換に外出したり、身体を動かして汗をかいたり、アクティブに行動するのがストレス解消になる人もいるでしょう。

反対に、漫画を読んだり、映画を見たり、音楽を聴いたり、家で1人の時間を過ごすのがストレス解消になる人もいます。

「日本は働きすぎ」といわれますが、人生を豊かにするためにストレス解消法は重要です

肌荒れだけでなく、病気の予防のためにもストレスをためないようにしましょう。

職場の気が合わない人にストレスを感じないための幸せの法則
気が合わない人と上手く仕事をしていく考え方を紹介。職場の気が合わない人にストレスを感じていませんか。気が合わないからこそトラブルになったり人間関係が悪くなりがちです。しかし、考え方を変えるだけで気持ちが楽になります。人間関係で悩み自分を責めるより大切なことに時間を使いましょう。
スポンサーリンク

生きていくうえでストレスは避けられないもの

ストレスをまったく感じずに生きていくことは不可能です。

幼稚園、保育園、学校、仕事など、人間が成長していく過程でストレスはたくさんあります

・学校の友達と上手く付き合えない
・勉強が面白くない
・部活動をやめたい
・受験が怖い
・就職が決まらない
・仕事のプレッシャーが大きい
・職場の人間関係が難しい
・毎日の仕事が憂うつ
・人の視線が気になる

日々のストレスを挙げるとキリがありませんし、生きていくうえでストレスを避けることはできません。

だからこそ、ストレスと上手く付き合っていく必要があるのです。

ストレスを完全に避けることはできないので、自分からストレスに立ち向かい、ストレスをひとつずつ解消していくしかありません。

また、「ストレスを抱えているのは自分ひとりではない」と考えることで、少しは気持ちが楽になると思います。

誰もがストレスを抱えているはずですし、ストレスによる肌荒れに悩んでいる人はたくさんいます。

今の時代はSNSによってたくさんの人と交流できるので、ストレスによる肌荒れの悩みを共有してもいいでしょう。

同じ肌荒れの悩みをもっている人との何気ないやり取りが、あなたの美肌の第一歩になるかもしれません。

仕事の人間関係を割り切る方法!気持ちが楽になる考え方
仕事の人間関係を割り切るとストレスや悩みを解消することができます。世の中に嫌な人はたくさんいますし、人間は簡単には変わりません。職場の人間関係が耐えられないときは考え方を変えると気持ちが楽になるはずです。人間関係に悩む時間を減らして楽しい時間を増やしましょう。
スポンサーリンク

ストレスと肌荒れの悪循環に入ってしまうと危険

「肌荒れがストレスとなって、さらに肌荒れが悪化する」というケースは多いと思います。

ストレスと肌荒れの悪循環に入ってしまうと、毎日の生活が嫌になって生活の質が下がるでしょう。

「肌荒れが気になる➡人の目がストレス➡学校・仕事に行きたくない➡学校・仕事に行かないといけない➡さらにストレスがたまる➡肌荒れが悪化」

「肌荒れが気になる➡鏡ばかり見てしまう➡外出するのが憂うつ➡外出するたびにストレスがたまる➡肌荒れが悪化」

ストレスと肌荒れでネガティブ思考になってしまうのは危険です。

「たまごが先か、にわとりが先か」と同じようで「肌荒れが先か、ストレスが先か」はわかりませんが、悩みをひとりで抱えこまないようにしましょう。

両親でもいいし、きょうだいでもいいし、友達でもいいので、誰かに悩みを相談するべき。

身近な人に相談しにくいのであれば、皮膚科を受診するのもひとつの手です。

私は肌荒れが限界になったとき、皮膚科を受診したのですが、皮膚科の先生が親身になって話を聞いてくれて、とても気持ちが楽になりました。

専門家に肌荒れの悩みを聞いてもらうと、心が落ち着くうえに適切なアドバイスをもらえるのでおすすめです。

皮膚科医に「スキンケアはしない」と言ったら笑われた!
皮膚科医が「スキンケアしない(肌断食)」ことをどう思っているのか紹介します。ちなみに私が皮膚科を受診したとき「スキンケアをしていない」といったら先生に笑われました。肌断食はネットやテレビで取り上げられますが皮膚科医は基本的におすすめしないとのこと。スキンケアの基本は洗顔と保湿です。
スポンサーリンク

ストレスに負けない肌作りを心がける

肌が弱っている状態だとストレスの影響を受けやすく、少しのストレスで肌荒れが起きてしまいます。

生きていくうえでストレスは避けられないので、日頃からスキンケアを行って「ストレスに負けない肌」をつくる努力をしましょう

肌はさまざまなストレスにさらされています。

・外的ストレス(大気の乾燥、空気中のほこり、風など)
・内的ストレス(生活習慣の乱れ、人間関係、憂うつなど)

肌荒れを予防するためにも、外的ストレスと内的ストレスに負けない肌作りが必要なのです。

ストレスに負けない肌を作るには

・適度な洗顔
・適度な保湿

上記2つが重要となっていきます。

洗顔では①皮膚に刺激を与えない、②皮脂を取り除きすぎないことを心がけましょう。

洗いすぎは余分な皮脂まで取り除いてしまうので良くありません。

保湿では肌本来の機能を活かすためにも、無駄な保湿を避けることが大切です。

肌には自分の肌の状態を綺麗に保とうとする力が備わっています(保護膜である「皮脂」の生成、角層のターンオーバー促進)

保湿のしすぎは肌本来の機能を妨げるので、最低限の保湿を心がけましょう。

適度な洗顔と保湿を継続することで、「ストレスに負けない肌」をつくることはできます。

皮膚を自然のままにしておくだけで、環境の影響も受けずに肌荒れの発症を押さえることは簡単ではありません。

適度なスキンケアによって、肌をサポートしてあげて、肌荒れの進行を防ぐこと重要です。

美肌作りの正しい方法を解説!最も大切なのは肌の細胞を守ること
美肌作りの正しい方法を紹介!間違ったスキンケアによって美肌から離れている人は意外と多いです。美容・美白に力を入れる前にするべきことがあります。美肌作りは「肌を守る」ことから始まるのです。肌本来の機能を取り戻すと自然に肌は綺麗になります。そして、食事・運動・ストレスを意識するともっと綺麗になります。
スポンサーリンク

まとめ

ストレスによる肌荒れは深刻な悩みであり、ひとりで抱えこんでしまいがちです。

肌荒れが気になって毎日の生活が憂うつになっている人はいます。

肌荒れが気になって外出を控えている人はいます。

肌荒れが気になって顔を触りすぎる人、マスクが手放せない人はいます。

ストレスと肌荒れは密接に関係しており、悪循環に入ってしまうと人生の楽しみが半減してしまうでしょう。

しかし、ストレスによる肌荒れは改善することができます。

肌が荒れているからといって、人生が終わりではありませんし、すべてを諦めることもありません。

私は肌荒れによって悲惨な学生生活を過ごしましたが、今ではそこそこの肌を手に入れて楽しく過ごしています。

ストレスによる肌荒れを克服するために

・自分なりのストレス解消法を身につける
・適度な洗顔と保湿でストレスに負けない肌をつくる

上記2つの努力を続けましょう。

人間の肌は生まれ変わる機能を備えているので、良い方向に進むことは必ずできます。

肌の老化の原因を解説!若さを保つために気をつけること
肌の老化の原因を解説。肌の老化を避けることはできませんが努力次第で肌老化を遅らせることはできます。実は肌の老化は20代から始まっているのです。いつまでも若々しい肌でいたいなら今すぐにスキンケアをするべき。老化対策は始めるのが早ければ早いほど効果があります。

コメント