【2019年2月10日】海外ETFの投資成績はマイナス58606円

ETF成績2019年2月10日 投資成績

病院のリハビリ職が海外ETF投資を実践しています。

2019年2月10日の投資成績はマイナス58606円でした。

私の海外ETF投資について詳しく知りたい方は以下の関連記事をご覧ください。

関連記事:米国ETFをNISAで積立した結果!初心者の投資成績を公開

米国ETFをNISAで積立した結果!初心者の投資成績を公開
投資初心者がNISAで米国ETFを積立した結果を紹介。初心者がNISA口座をフル活用してVTに投資しています。VT100%のポートフォリオ成績を公開しているのでぜひご覧ください。バイアンドホールドを掲げながら米国ETFをコツコツと積立したいと思います。
スポンサーリンク

海外ETFの投資成績はマイナス

2019年2月10日の投資成績は以下のとおりです。


2019年2月10日の投資成績

赤:プラス
青:マイナス


Vanguard Total World Stock ETF (VT)
損益368.52USD(58606円)
評価額10425.12USD(1144782円)
分配金6831円(2019/01/04)


私はVanguard Total World Stock ETF (VT)をコツコツと積立投資しています。

評価額が初めて1万ドルを超えました!

今までは9000ドルだったのが大台にひとつ乗ったので、投資家としてワンランクアップした気分でした(笑)

ただ、評価額は上下変動するので、来月には1万ドルを下回っているかもしれません。

来月の資産額は私に予想できません。

私がすることは給料と余剰資金を投資にコツコツと回すだけです。

関連記事:貯金が1000万円を超えたらどうなった!?20代が達成後を語る

貯金が1000万円を超えたらどうなった!?20代が達成後を語る
20代で貯金1000万円を達成した方法を解説。20代から節約に取り組んだ結果、貯金1000万円を超えました。貯金が1000万を超えると生活が大きく変わります。心の余裕と安心を手に入れ、投資にチャレンジすることもできたのです。20代で貯金1000万円を達成した節約法はおすすめなのでぜひご覧ください。
スポンサーリンク

前月の海外ETFの投資成績と比較

比較のため2019年1月13日の投資成績を紹介。


2019年1月13日の投資成績

赤:プラス
青:マイナス


Vanguard Total World Stock ETF (VT)
損益700.40USD(107828円)
評価額9258.88USD(1003292円)
分配金6831円(2019/01/04)


2019年1月13日はマイナス107828円でした。

関連記事:【2019年1月13日】海外ETFの投資成績はマイナス107828円

【2019年1月13日】海外ETFの投資成績はマイナス107828円
【VTへの総投資額100万円突破】2019年1月13日の海外ETFの投資成績はマイナス107828円でした。病院で働くリハビリ職がNISA口座で米国ETFに投資をしています。VTのみをコツコツと積立買付していき、現在ではVTへの総投資額が100万円を超えています。これからもドルコスト平均法と世界分散投資でお金を増やしていきます。

そして、2019年2月10日はマイナス58606円なのでマイナスは小さくなっています。

「いつの間に!!」という感じです。

去年の12月下旬に大きく下げたのですが少しずつ戻してきましたね。

去年の暴落で大きなダメージを負った投資家は多いでしょうが、株式市場から脱落してしまえば傷を癒すことはできません(インデックス投資に限る)

ピンチをチャンスと考えて相場に残り続けることが大切なのです。

関連記事:株価下落は投資信託の買い時なのか?暴落時に28万円を投資した話

株価下落は投資信託の買い時なのか?暴落時に28万円を投資した話
「株価下落は投資信託の買い時」や「暴落はバーゲンセール」といわれる理由を紹介します。私は暴落に関係なく給料から一定金額を投資していますが投資家にとって株価下落は気になるものです。しかし、暴落したからといって投資信託を損切りするような間違った行動は控えましょう。
スポンサーリンク

SBI証券のNISA口座で海外ETFに投資しています!

SBI証券ではNISA口座を利用すると海外ETFの買付手数料が無料になります。

そのため、手数料を気にすることなく、コツコツと積立投資ができるのです。

海外ETF投資の場合、少額での買付は手数料で損をしてしまうかもしれません(手数料負け)

そのときはNISA口座の出番です。

NISA口座は海外ETFへのハードルを確かに下げてくれます。

SBI証券の口座開設に興味のある方は以下のリンクからどうぞ!

【SBI証券の解説ページ】


スポンサーリンク

VTをコツコツと定期買付

私は「米国株式・ETF定期買付サービス」を利用してVTをコツコツと積立しています。

「米国株式・ETF定期買付サービス」を設定してしまえば、あとは何もすることはなくほったらかしです。

NISA口座での投資だから買付手数料を気にすることなく、海外ETFのドルコスト平均法が実現できます。

ちなみにドルコスト平均法は有利でも不利でもありません。

「ドルコスト平均法は気休め!」とも言われます。

しかし、気休めにでもなれば十分です。

関連記事:ドルコスト平均法のメリットとデメリットをわかりやすく解説!

ドルコスト平均法をわかりやすく解説
ドルコスト平均法をわかりやすく解説。「ドルコスト平均法はリスクを下げる」はウソであり、ドルコスト平均法は有利でも不利でもない投資方法です。投資初心者にもわかりやすくドルコスト平均法の基礎知識をまとめているので、金融関係者に騙されないためにもぜひご覧ください。

そして、私は分散投資を基本としています。

VTを選んだ理由は世界分散投資です。

完全に正の相関でないかぎり、分散投資をすればリスク低下に役立つ可能性があるのです。

関連記事:ポートフォリオと相関係数の理解は投資リスクを下げるために必要不可欠

ポートフォリオと相関係数についてわかりやすく解説
ポートフォリオと相関係数について解説。安全な資産運用のためには「ポートフォリオを分散させる」「資産ごとの相関係数を意識する」ことが大切です。また、分散投資をしたつもりでもポートフォリオと相関係数によってはリスク低下の効果が発揮されないので注意してください。

さらにVTはバイアンドホールドします。

追加投資・配当再投資しながら、長期投資を心がけて、元本割れを防ぎたいと思います。

長期投資でリスクは縮小しませんが、元本割れの確率を下げてくれるかもしれません。

関連記事:長期投資でリスクは縮小しない!「元本割れしないかも」が正しい

長期投資でリスク低減しない理由
長期投資でリスク低減しない理由を解説。投資本やネットで「長期投資はリスクを下げる」と書かれていることがありますが長期投資はリスクを下げません。これはリスクの捉え方の違いが原因なのですが投資期間によって標準偏差は変わりません。正しくは長期投資によって標準偏差のばらつきは小さくなるです。
スポンサーリンク

ドルは住信SBIネット銀行で買付

私はドルの買付を住信SBIネット銀行で行っています。

なぜなら、住信SBIネット銀行はドル買付時の為替手数料が4銭とかなり安いからです。

たとえ4銭でも塵も積もれば負担にはなります。

しかし、私は過度に気にすることなく、ある程度のまとまった金額でドルを買付しています。

さらに、住信SBIネット銀行では定期的に「ドル買付時の為替手数料0銭」というキャンペーンを実施してくれます。

定期的にHPを確認して、キャンペーンを逃さないようにしましょう。

コメント